閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

安いポケットWi-Fiならコレ!ポケットWi-Fiを徹底比較してみた!

ポケットWi-Fi 安い 利用シーンに合わせて選ぶ

ポケットWi-Fiを利用して、スマートフォンのパケット代をうまく節約したいと考えている人もいるのではないでしょうか?

今回は、ポケットWi-Fi提供会社ごとの料金の違いや、安くて性能のいいポケットWi-Fiを契約する方法を調べてみました。

ポケットWi-Fiの端末を無料で手に入れる方法や、安くレンタルできる会社もご紹介します。

ちなみに、ポケットWi-Fiという呼び名は、ワイモバイルとソフトバンクのモバイルルーターの商品名です。

しかし、実際にはモバイルルーター全般の呼称として使われることもありますので、記事でもポケットWi-Fiを全般の呼称として使用しています。

無制限(使い放題)プランで安いポケットWi-Fi4社を比較!

ポケットWi-Fiを提供する会社はさまざまありますが、共通して基本的なプランは2種類です。

  • 1か月のデータ利用量が無制限の使い放題プラン
  • 1か月のデータ利用量上限が定められている定額プラン

インターネットで動画や音楽ダウンロード、ブラウザゲームなどをすると、大容量のデータ利用が必要になるため、上限を気にせず楽しめる使い放題プランを選ぶ人が多いですよ。

モバイルWi-Fiルーターをデータ無制限で利用できる使い放題プランを安く契約できる会社はどこか、調べてみましょう。

ただし、いくら料金が安くても通信速度が遅かったり、つながらないエリアが多いと、結局は無駄な支払いになってしまいますよね。

ポケットWi-Fiを比較する際には、料金の安さ以外にも速度やエリアなど、コスパのよさも検討する必要があります。

では、人気の高いモバイルルーター各社の使い放題プランの料金・速度・エリアを比べてみましょう。

種類
プロバイダ
エリア
月額基本料金
通信速度
ポケットWi-Fi
ワイモバイル
△(都市部のみ)
4,380円
下り最大612Mbps
WiMAX
UQ WiMAX
〇(各都道府県の市町をほぼ網羅)
4,380円
下り最大758Mbps
Broad WiMAX
4,011円
カシモWiMAX
4,079円

現在、主要なポケットWi-Fiで使い放題プランを契約できるのは、ワイモバイルかWiMAXです。

WiMAXは回線の提供元であるUQWiMAX以外にも、さまざまなプロバイダにて契約できます。

WiMAXの回線や速度はどのプロバイダで契約しても変わりませんが、料金やキャンペーンはプロバイダごとに違うので、より安くてお得にWiMAXを契約したい場合はプロバイダを比較し、最もメリットを感じる会社を選びましょう。

初期費用が安いBroad WiMAX

WiMAXを安く利用したい方はBroad WiMAXでの契約をオススメします。

Broad WiMAXは、初期費用を抑えることでお得に利用をはじめられるキャンペーンが充実しています。

  • 月額料金大幅割引
  • 初期費用無料
  • 端末代金無料
  • 他社WiMAXからの乗り換えで解約違約金負担
  • WiMAXに満足できない場合、指定回線への乗り換えで解約違約金免除

Broad WiMAXの月額料金は、契約から最大3か月は基本料金からの大幅割引で、使い放題プランが2,726円です。

Broad WiMAXについては、こちらの記事もご覧ください。

月額料金が安いカシモWiMAX

WiMAXの使い放題プランを毎月安く利用したい方は、月額料金の安さが人気のカシモWiMAXもオススメです。

カシモWiMAXは月額料金への割引キャンペーンを実施しています。

  • 月額料金大幅割引
  • 端末代金無料

カシモWiMAXでは、契約月~1か月目までの最大2か月間、使い放題プランの月額料金が3,299円も割り引かれ、1,380円という安さで利用できます。

また、2か月目以降も月額料金割引が契約期間中ずっと続くため、割引キャンペーンが2年で終了してしまうことも多いWiMAXプロバイダの中でも長くお得な料金が続きますよ。

カシモWiMAXの料金については、こちらの記事でくわしくチェックしておきましょう。

都会・各県の県庁所在地にお住まいならワイモバイル

ワイモバイルのポケットWi-Fiは、アドバンスモードを使えば、ワイモバイルの親会社であるソフトバンク独自のHybrid4G LTE回線で最大通信速度612Mbpsの高速通信が楽しめます。

ただし、現在対応しているエリアは、都市部と各県の県庁所在地などに限られていますので注意してください。

アドバンスモードの利用には、月額684円のアドバンスオプションの申し込みが必要ですが、オプション料金が3か月無料になるキャンペーンも実施中のため、3ヶ月間は無料でアドバンスオプションが利用できます。

  • アドバンスオプション3か月無料
  • 家族割引サービス
  • 月額料金割引

ワイモバイルのポケットWi-Fiについては、こちらの記事もあわせて読んでくださいね。

ワイモバイルの契約をしたい方はこちら

アドバンスプランの提供エリアに注意

ワイモバイルの契約前にはアドバンスモードを利用できるエリアを、公式サイトから調べておきましょう。

アドバンスモード 対応エリア

定額プランで安いポケットWi-Fi9社を比較!

ポケットWi-Fiの利用はしたいけど、無制限程のデータ容量は不要という方には、定額プランをオススメします。

データ定額プランを提供しているモバイルルーター各社の料金や特徴を確認してみましょう。

種類
プロバイダ
エリア
月額基本料金
通信速度
ポケットWi-Fi
ワイモバイル
〇(各都道府県の市町をほぼ網羅)
7GB=3,696円
下り最大612Mbps
Yahoo!Wi-Fi
5GB=2,480円
最大 112.5Mbps
WiMAX
UQ WiMAX
〇(各都道府県の市町をほぼ網羅)
7GB=3,696円
下り最大758Mbps
Broad WiMAX
7GB=2,726円
(最大25ヶ月間)
Wi-Fiステーション
docomo
◎(日本全国をほぼ網羅)
1GB=4,300円~
最大 788Mbps
ネクストモバイル
ネクストモバイル
〇(各都道府県の市町をほぼ網羅)
20GB・30GB=3,695円~
最大 150Mbps
SIMフリーモバイルルーター
UQ mobile
〇(各都道府県の市町をほぼ網羅)
3GB=980円~
各キャリアのLTE
回線速度相当
楽天モバイル
3.1GB=900円~

一定額プランといっても、3GBで840円の格安SIM会社から、30GBで3,695円のネクストモバイル、ドコモのWi-Fiステーションでは1GBで4,300円と、大幅な料金設定の差があります。

どの会社が安くて使い勝手がいいのか、よく吟味してから契約しましょう。

大容量で価格が安いネクストモバイル

ポケットWi-Fiの定額プランを検討している方には、大容量なのに価格を抑えて利用できるネクストモバイルがオススメです。

ネクストモバイルの料金設定は通常月額でも十分安いですが、契約から最大2年間は割引キャンペーンでさらに値引きがあります。

〈キャンペーン適用後の月額料金〉

  • 「ギガネクスト20」プラン(データ上限20GB)=2,760円/
  • 「ギガネクスト30」プラン(データ上限30GB)=3,490円
  • 「ギガネクスト50」プラン(データ上限50GB)=3,490円

ちなみに、「ギガネクスト20」プランのデータ量20GBでできることは以下のとおりです。

  • メール:約40,000通
  • ウェブサイトの閲覧:約60,000ページ
  • 高画質の動画視聴:約90時間
  • 音楽のダウンロード:約5,000曲

長時間の動画視聴はしないという方には、20GBのデータ量上限でも十分使えますね。

ネクストモバイルで利用している電波は、ソフトバンクの4G・LTE回線を使っており、WiMAX回線の届きにくい建物内や地下でも電波を拾いやすく、快適にインターネットを楽しむことができます。

ネクストモバイルについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。

ライトユーザーにおすすめのYahoo!Wi-Fi

Yahoo!Wi-Fiは外出中に動画や通信ゲームはほとんどせず、サイトやブログを見る程度というインターネットのライトユーザーにオススメです。

データ通信容量は他と比べると少なめの月間5GBですが、月額2,480円から利用できます。

ただし、Yahoo!Wi-FiをモバイルWi-Fiルーターの最安値である月額料金2,480円で利用するためには、Yahoo!プレミアム会員に登録していることが条件です。

格安のSIMフリーモバイルルーター

近年登場したSIMフリーのモバイルルーターも、格安でポケットWi-Fiを利用する方法のひとつです。

SIMフリーモバイルルーターはSIMフリーに対応する端末さえあれば、中に入れるデータ通信用のSIMカードだけを購入して、インターネット接続ができます。

データ通信専用のSIMカードはMVNO、つまり格安スマホ会社や格安SIM会社などから購入できます。

コンビニやドラッグストアなどでも買える会社もあり、WiMAXやワイモバイルなどのキャリアよりも安い料金設定で、気軽さがポイントです。

SIMフリーモバイルルーターについては、こちらの記事でもくわしく説明しています。

レンタル向け安いポケットWi-Fiはどこ?

ポケットWi-Fiを日数単位でレンタルできる会社もあります。

短期間の旅行や出張などで、ポケットWi-Fiをレンタルできればどこでもインターネットが利用できて便利ですよね。

ポケットWi-Fiのレンタル窓口の選び方や注意点については、こちらの記事で詳しく説明していますよ。

ポケットWi-Fiのレンタル会社を一挙紹介

安くポケットWi-Fiをレンタルできる会社をチェックしてみましょう。

会社名
レンタル料/1日
送料など
WiFiレンタルどっとこむ
1日378円~
受取手数料540円
NETAGE
1日370円~
送料往復1,000円
WiFiレンタル屋さん
1日450円~
送料無料
WiFiレンタル本舗
1日360円~
送料往復1,080円

どの会社でも、1日あたり400円前後でポケットWi-Fiがレンタルできます。

長期間のレンタルならさらに金額が安くなる場合が多いので、各レンタル会社に問い合わせてみましょう。

海外向け安いポケットWi-Fiはどこ?

海外でもお手持ちのスマートフォンやノートパソコンを使いたい方もいらっしゃいますよね。

SIMフリーモバイルルーターなら、海外でも現地SIMを購入し、端末に挿入することで利用ができます。

しかし、海外でSIMカードを購入するのは語学力も当然必要ですし、セキュリティ面でも不安が残ります。

海外でポケットWi-Fiを利用したい方は、気軽にインターネット接続できる海外向けのポケットWi-Fiのレンタルを検討しましょう。

海外向けポケットWi-Fiのレンタル会社を一挙紹介

安く海外向けのポケットWi-Fiレンタルができる会社をみてみましょう。

ちなみに、海外向けのポケットWi-Fiのレンタル料金は訪れる国によって変わります。

ここでは最安値でのレンタル料金を比較します。

会社名
レンタル料/1日
送料など
イモトのWiFi
1日680円~(韓国)
受取手数料500円
グローバルWi-Fi
1日570円~(韓国)
送料往復1,000円
Wi-Ho!
1日390円~(台湾)
商品手配手数料540円
フォートラベルGLOBAL Wi-Fi
1日120円~(アメリカ)
受渡手数料500円

オプションとして端末本体の保証も付けられるので、万が一の際にも安心です。

海外向けのポケットWi-Fiについては、こちらの記事もあわせてご覧ください。

安いポケットWi-Fiを契約する際にチェックするポイント3つ

ポケットWi-Fiの契約に発生する料金は毎月の月額料金だけではなく、以下の料金も支払わくてはいません。

  • 初期費用
  • モバイルルーター端末料金
  • 他社の解約違約金

安くポケットWi-Fiを契約するなら、契約時に支払う料金をいかに抑えられるかがポイントです。

では、ポケットWi-Fiを安く契約する以下の3つの方法についてくわしく解説していきましょう。

  • 初期費用が安い会社で契約する
  • .無料で端末を手に入れる
  • 月額料金割引やキャッシュバックを実施しているモバイルルーター会社で契約する

初期費用が安い会社で契約する

ポケットWi-Fiの契約には、初期費用が発生する場合があります。

会社によっては、初期費用を無料にするキャンペーンを用意していることがありますよ。

また、ポケットWi-Fiはインターネットからの申込みでも契約できますので、端末などの送料が無料のモバイルルーター会社を選べば、気軽に申し込みができます。

無料で端末を手に入れる

ポケットWi-Fiを利用する際には、端末が必要ですが、端末は1万円から4万円を超えるものもあり高額です。

しかし、ポケットWi-Fiを提供する会社の中にはWi-Fi端末を無料で手に入れることができるところもあります

現在、端末代金の割引や無料キャンペーンを行っている会社をみてみましょう。

契約先
キャンペーン
内容
ワイモバイル
端末代金無料
端末代金分割払い相当額を月額料金から割引
UQWiMAX
端末代金割引
機種代の大幅値引き
Broad WiMAX
端末代金無料
端末代金完全無料
ネクストモバイル
端末代金無料
端末代金完全無料

完全無料になるポケットWi-Fiと、あくまで割引されるだけのポケットWi-Fiがありますので注意してくださいね。

月額料金割引やキャッシュバックを実施しているモバイルルーター会社で契約する

ポケットWi-Fiの契約先によっては、割引やキャッシュバックなどのキャンペーンを実施しているところもあります

特にWiMAXは数多くのプロバイダがあり、それぞれに月額料金割引やキャッシュバックなど、独自のキャンペーンを実施しており、安くポケットWi-Fiが利用できる場合がありますよ。

キャンペーンが豊富なモバイルルーター会社を一覧表でチェックしてみましょう。

種類
契約先
キャンペーン
WiMAX
GMOとくとくBB WiMAX
  • キャッシュバック最大40,500円
  • 端末代金無料
  • 月額料金割引
  • auスマートバリューmine適用
  • 対象プランの契約でLTEオプション永年無料
BIGLOBE WiMAX
  • キャッシュバック最大30,000円
  • 申込手数料(3,000円)が無料
  • 月額料金割引
  • auスマートバリューmine適用
  • 対象プランの契約でLTEオプション永年無料
Broad WiMAX
  • 初期費用0円
  • 端末代金0円
  • 月額料金割引
  • 他社WiMAXからの乗り換えで解約違約金負担
  • WiMAXに満足できない場合指定回線への乗り換えで解約違約金免除
  • auスマートバリューmine適用
  • 対象プランの契約でLTEオプション永年無料
ポケットWi-Fi
ワイモバイル
  • アドバンスオプション3ヵ月無料
  • おうち割光セット適用
  • 月額料金割引
SIMフリー
楽天モバイル
  • 複数回線契約で料金割引
  • 2か月オプション料金無料
mineo
  • 複数回線契約で料金割引
  • 2か月オプション料金無料
  • 家族割引

また、WiMAXはプロバイダ共通でauスマホとのセット割が受けられます

モバイルルーター各社のキャンペーン比較はこちらの記事でも行っていますので、ぜひ読んでみてください。

他社解約違約金を負担してくれるBroad WiMAX

キャンペーンが豊富なBroad WiMAXでは、初期費用無料キャンペーンや月額料金割引のほかに、他社解約違約金負担キャンペーンも用意しています。

他社WiMAXから乗り換えた際に発生した違約金を最大19,000円までキャッシュバックしてくれますよ。

Broad WiMAXのキャンペーンについては、こちらの記事も参考にしてください。

ポケットWi-Fiと固定回線はどちらが安いか比較してみた!

ポケットWi-Fiは自宅でも外でもインターネットができ、固定回線の代わりとしても利用できます。

料金の安いBroad WiMAXのギガ放題と、光回線のソフトバンク光を一覧表で比較してみましょう。

Broad WiMAX(ギガ放題)
ソフトバンク光(5年契約)
月額料金
4,011円
4,700円(戸建て)
3,800円(マンション)
その他費用
契約手数料=3,000円
端末代金20,000円(実質無料)
契約手数料=3,000円
初期工事費用24,000円(実質無料)
最大通信速度
758Mbps
1Gbps(1000Mbps)
通信制限の有無
あり(3日間で10GB)
なし
使用場所
家でも外出先でもどこでも可能
家の中のみ可能
工事の有無
工事なし
工事あり

ポケットWi-Fiの無制限プランと光回線では、あまり料金が変わらない場合もあります。

評判をチェック!ポケットWi-Fiと固定回線を利用している人の満足度は?

料金的にはあまり差がないポケットWi-Fiと固定回線ですが、実際に利用しているユーザーの満足度はどうでしょうか。

ポケットWi-Fiと固定回線の評価をそれぞれ、のぞいてみましょう。

ポケットWi-Fiユーザーの口コミ

ポケットWi-Fiを利用している人は、光回線と比べた料金についてどのように感じているのでしょう。


光回線を解約してWiMAXに切り替えた人は、auスマホとWiMAXの併用で割引が適用されたようです。


こちらの方は、現在契約中の光回線からWiMAXに乗り換えれば1,000円ほど料金が安くなるそうです。


オンラインゲームユーザーでWiMAXを契約している方は、料金・速度ともに光回線の方がいいと嘆いています。

光回線ユーザーの口コミ

光回線を契約している方は、料金に対してどのように感じているのでしょうか。


光回線を契約した方はポケットWi-Fiの料金より安いとツイートしています。


外でモバイルルーターを使う必要がなくなったので、光回線の契約を決めたという人もいます。


速度重視の人はモバイルルーターより光回線がオススメという声もありました。


出張などで家をあけることが多い方は、1度も使わなかった光回線の料金を払うのが「モヤモヤする」といいます。
(2019年1月 Twitter調べ)

ポケットWi-Fiと固定回線はインターネットの使い方で決める

ポケットWi-Fiと固定回線は料金にあまり差がない場合もあるので、どちらがいいかはどのようにインターネットを利用するかによって大きく変わります

月に7GB以下のデータ量しか使わない方や、1人暮らしの方は、ポケットWi-Fiで十分満足してインターネットを利用できます。

反対に、高速通信が必要なオンラインゲームユーザーや、家族と複数台の通信機器を接続する方は光回線の方がオススメですよ。

ポケットWi-Fiと固定回線どちらがよいかを考えるポイントは、こちらの記事でくわしく解説していますのでご覧ください。

ポケットWi-Fiとスマホのデータ量アップどちらが安いか比較してみた!

ポケットWi-Fiを利用すればスマートフォンでもインターネット接続ができますが、スマートフォンにはほかの通信機器と接続してインターネットができる「テザリング機能」があります。

スマートフォンのテザリングを使えば、別でモバイルルーターを持ち運ぶこともいらず、契約も1か所にまとめられますね。

しかし、料金的にはテザリングよりもポケットWi-Fiの利用の方が安いです。

各キャリアの大容量データプランと、データ無制限で使えるポケットWi-Fiの料金を比較してみましょう。

会社名
利用可能データ量
料金
ドコモ
パケ・ホーダイフラット
無制限
5,200円
(テザリングの場合は7,800円)
ソフトバンク
ウルトラギガモンスター+
50GB+対象コンテンツデータ使い放題
5,980円
(テザリングの場合は+500円)
au
auフラットプラン30
(テザリングの場合は+500円)
30GB
7,000円
Broad WiMAX
ギガ放題
無制限
(3日間で10GBの速度制限あり)
4,011円
ワイモバイル
アドバンスモード
無制限
(3日間で10GBの速度制限あり)
4,380円

無制限データ通信ならポケットWi-Fiがおすすめ

携帯電話キャリアの定額データプランとポケットWi-Fiの料金を比較すると、外出先で大容量のデータ通信行う場合はポケットWi-Fiの無制限プランのほうが安いことがわかりました。

ただし、固定回線契約があり、外ではあまり動画視聴やゲームをしないという方は、自宅のWi-Fiを利用し、スマートフォンだけで上手にデータ量を節約できる可能性もあります。

まとめ

1か月間データ使い放題で利用できるポケットWi-Fiのプランでは、月額料金割引などが充実したBroad WiMAXやカシモWiMAXが、都市部にお住まいの方にはワイモバイルもオススメでした。

ポケットWi-Fiの定額データプランなら、大容量でも価格が安いネクストモバイルや、SIMフリーモバイルルーターを利用する方法もありますよ。

安くポケットWi-Fiを契約するポイントとしては、以下の3つが挙げられます。

  • 初期費用が安い会社で契約する
  • .無料で端末を手に入れる
  • 月額料金割引やキャッシュバックを実施しているモバイルルーター会社で契約する

また、短期間の利用や海外渡航には安くレンタルできるポケットWi-Fiもあります。

ぜひ、あなたの利用方法や月々の使用データ量にあわせて、ぴったりのポケットWi-Fiを安く契約してくださいね。

月額がお得なBroad WiMAXがおすすめ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
Broad WiMAXといえば毎月の月額料金がお得!さらにWebフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引されます!まずは申込む前に料金シミュレーションをしてみましょう!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る