閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

光回線はプロバイダなしでは利用できない!回線別で選べるプロバイダはここ!

光回線 プロバイダ

光回線とプロバイダの違いを、はっきりと理解している人は意外と少ないはず。

光回線はプロバイダとも契約をしなければ利用はできませんが、そもそもプロバイダはどのような役割をしているのか、まず理解しておきましょう。

さらに、光回線はプロバイダ選びによって、同じ回線を利用していても実際の速度や月額料金に差が出ます。

プロバイダはたくさんありすぎて分からないという方にも、光回線ごとに選べるプロバイダや特長を解説しますよ。

プロバイダだけを乗り換えられる光回線もあり、乗り換え方法はとても簡単。

今、光回線のプロバイダ選びにもっとも大切なポイントをお教えします。

光回線とプロバイダの違いと役割

光回線とプロバイダの大きな違いは、その役割にあります。

光回線は回線事業者と呼ばれ、インターネットをつなげるための光回線を契約者に提供しています

プロバイダは接続事業者と呼ばれ、インターネットをつなげるために信号を流します

いやあ、そう言われても、全く違いがわかりませんね。

では、電車に例えてみましょう。

私たちが電車を利用して最寄りの駅から大きな駅へ移動したい時、電車が来なければもちろん移動できませんし、電車を走らせるレールがなければ電車は走りません。

最寄りの駅はあなたのおうちのパソコンで、大きな駅はインターネットです。

おうちのパソコンからインターネットへ移動、つまりアクセスするためのレールが光回線で、目的地まで移動するための電車がプロバイダです。

電車の場合はJRなど鉄道会社が線路を敷き、電車を運行しますが、インターネット契約の場合、光回線業者が回線を敷き、プロバイダ会社がインターネットをつなげるための電車の役割をしているのです。

鉄道会社に電車の運賃を支払うように、光回線業者と契約して回線利用料を支払い、プロバイダ会社と契約してプロバイダ利用料を支払って始めて、自宅からインターネットにアクセスできるようになるのですね。

「プロバイダ不要で光回線」という宣伝文句は間違い

まれに「プロバイダ不要で光回線が契約できます!」という宣伝文句を目にすることがありますが、正確には間違いです。

今、光回線とプロバイダをセットで契約できる回線業者が増えているので、不要なのではなく「一緒に契約を済ませられる」というのが正しい言い方です。

ただ、プロバイダ不要という言葉に惹かれる人がいるように、プロバイダは種類も多くややこしく感じたり、面倒に感じたりする人も多いですよね。

しかし、光回線はプロバイダによって毎月支払う料金が変わったり、通信速度の安定感が変わったりすることも確かです。

以下の項目では、プロバイダ選びが今よりもっと簡単になる、回線ごとのプロバイダについて説明していきますね。

光回線によって選べるプロバイダは違う

まずは光回線によって選べるプロバイダが違う、ということを理解しておきましょう。

フレッツ光などの老舗インターネット回線はもともと、光回線業者との契約や利用料とは別で、プロバイダ会社との契約とプロバイダ利用料が必要でした。

契約する会社が違うので、もちろん窓口も支払先も別々です。

光回線業者とプロバイダ会社の窓口や料金が別、というわずらわしさが、恐らくみなさんの「プロバイダ契約って面倒くさい」に繋がっています。

しかし、現在では契約時に窓口を光回線事業者が一挙に引き受け、支払いも光回線の基本料金にプロバイダ料金を組みこんで請求するというかたちに代わってきています。

ただし、便利になった分、光回線事業者も契約できるプロバイダを指定したり、自社で運営しているプロバイダ会社1本に契約をしぼったりと条件を設けています

主な光回線10社の指定プロバイダについて、さらにくわしくみていきましょう。

プロバイダ選択型と一体型の光回線

人気光回線でプロバイダが選べる回線事業者と、プロバイダが1社のみの回線事業者を分けてみました。

プロバイダ会社が選べる光回線
プロバイダ会社が選べない光回線
フレッツ光
ドコモ光
auひかり
コミュファ光
ソフトバンク光
NURO光
DTI光
BIGLOBE光
@nifty光
eo光

プロバイダ会社が選べない光回線は、自社でプロバイダ会社を運営している光回線事業者や、電力系の光回線です。

光回線事業者とプロバイダ会社が同じ会社なら、トラブルや解約の際に問い合わせ先が1か所で済むので便利です。

しかし、プロバイダに不満があった場合、光回線ごと乗り換えなくてはいけないというデメリットがあります。

光回線ごとの主要プロバイダを解説!

それでは、人気光回線10社の主要プロバイダとそれぞれのプロバイダの特長を解説していきましょう。

フレッツ光

フレッツ光で契約できる主なプロバイダはこちらです。

プロバイダ名
月額使用料
(戸建て)
特徴
BB.excite
500円
プロバイダ料金最安値
ASAHIネット
780円
顧客満足度No.1
WAKWAK
950円
手厚いサポートサービス
DTI
951円
遠隔操作サポートあり
So-net
1,000円
メール保存容量が無制限
@nifty
1,000円
迷惑メールを自動でブロック
plala
1,000円
NTTの運営で信頼度が高い
OCN
1,100円
国内利用者No.1プロバイダ
BIGLOBE
1,200円
無線LANルーターレンタル無料
hi-ho
1,200円
メールサービスが充実

フレッツ光はなんと、全国数千社以上のプロバイダに対応しているといわれています。

フレッツ光のプロバイダで特におすすめしたいのは、ASAHIネットです。

ASAHIネットは「RBB TODAYブロードバンドアワード」のプロバイダ部門総合1位を獲得したこともあるなど、顧客満足度の高さに定評がありますよ。

SNS上でもユーザーから、ASAHIネットをおすすめする口コミが挙がっています。

ASAHIネットについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。
フレッツ光のプロバイダはASAHIネットが最強?調査結果を大公開

また、こちらの記事ではさまざまな方向から、フレッツ光のプロバイダを比較していますよ。
フレッツ光のプロバイダは結局どこがいい?料金と速度を比較してみた

ドコモ光

ドコモ光で契約できるプロバイダは全部で26社です。

タイプA
ドコモnet、plala、So-net、GMOとくとくBB、@nifty、DTI、ic-net、Tigers-net.com、BIGLOBE、andline、SYNAPSE、excite、エディオンネット、SIS、楽天ブロードバンド、TiKiTiKi、hi-ho、@ネスク、COARA、U-Pa!
タイプB
OCN、@TCOM、TNC、Asahiネット、WAKWAK、@ちゃんぷるネット

ドコモ光のプロバイダの中では、GMOとくとくBBがおすすめです。

GMOとくとくBBは通信速度の安定に力を入れており、万が一速度が100Mbpsを下回った場合、ポイントで還元するというキャンペーンを実施しています。

また、GMOとくとくBBの公式サイトからの申し込みでキャッシュバックももらえますよ。

GMOとくとくBBの評判やメリットについては、こちらの記事も併せてご覧ください。
ドコモ光をGMOとくとくBBで契約するのは正解?評判を踏まえて解説

さらにこちらでは、ドコモ光のプロバイダ26社全てを比較して紹介していますよ。
ドコモ光のプロバイダはコレだ|料金・速度・評判を全26社で比較

ソフトバンク光はYahoo!BB

ソフトバンクグループが運営するソフトバンク光は、契約できるプロバイダも子会社のYahoo!BBのみです。

ソフトバンク光はプロバイダ一体型の光回線なので、プロバイダ料金も基本料金に含まれています

Yahoo!BBを契約していれば、大手インターネットサイトYahoo!JAPANのサービスを利用する際、さまざまな特典を受けられますよ。

Yahoo!BBは最新の通信規格IPv6にも対応しており、安定したインターネット通信ができます。

Yahoo!BBのIPv6サービスについては、こちらの記事も参考にしてくださいね。
ソフトバンク光はIPv6で接続すべき!速度が遅くて困っているなら!

auひかり

auひかりのプロバイダは7社から選べます。

auひかり
・au one net
・So-net
・BIGLOBE
・DTI
@nifty
・ASAHIネット
・@T COM

auひかりのプロバイダは全て、最新の通信規格に対応しており、おすすめできる会社ばかりです。

各社契約した際に受けられるオプションサービスなどにも大きな違いはありませんが、高額のキャッシュバックキャンペーンを行っているのは、So-netとBIGLOBEです。

auひかりの公式キャンペーンではau one netを選ぶ以外、キャッシュバックは用意されていないので、せっかくならどこよりも高いキャッシュバックが受け取れるプロバイダを選びたいですよね。

auひかりのプロバイダについては、こちらの記事で比較していますよ。
auひかりのプロバイダ一比較|1つだけ決定的な大きな違いがあった!

NURO光はSo-net

関東・関西・東海地区の方が契約できるNURO光は、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営しているSo-netとの一体型光回線です。

So-netはフレッツ光やauひかり、ドコモ光などのプロバイダとしても利用が可能なので、独立回線であるNURO光に乗り換えても、プロバイダはそのまま利用できる可能性があります。

NURO光は最大通信速度2~10Gbpsの超高速回線で、So-netもその速度に対応できるスペックを兼ね揃えていますよ。

NURO光のプロバイダ・So-netについては、こちらの記事でくわしく紹介していますよ。
NURO光のプロバイダは?料金込みで安い!

コミュファ光

東海地方にお住みの方限定のコミュファ光は、11社の提携プロバイダから選択できます。

コミュファ光
・コミュファ光ネット
・au one net
・エディオンネット
・So-net
・BIGLOBE
@nifty
・ODN
・TNC
・hi-ho
・IIJ
・MediaCat

コミュファ光のオリジナルプロバイダ・コミュファ光で契約すれば、プロバイダ料金がコミュファ光の基本料金に含まれ、毎月の支払いを安く抑えることができますよ。

その他のプロバイダを選ぶ場合は、プロバイダ選択型プランの料金となり、コミュファ光の基本料金とは別にプロバイダ会社にプロバイダ料金を支払います

コミュファ光のプロバイダについては、こちらの記事でくわしく解説を行っていますよ。
コミュファ光のプロバイダを比較!一番おトクでおすすめなのはこれだ!

BIGLOBE光はBIGLOBE

2017年にKDDIグループとなった老舗プロバイダ・BIGLOBEの光回線が、BIGLOBE光です。

もちろん、プロバイダはBIGLOBEの一体型ですよ。

BIGLOBE光を申し込めば、25,000円キャッシュバックか、大幅な月額料金値下げキャンペーンが選べます。

また、IPv6対応の無線LANルーターのレンタル料金が1年間無料でサービスされますよ。

BIGLOBEで受けられるサービスについては、こちらの記事でまとめていますよ。
BIGLOBEが提供している4つのサービスについて概要を説明!

@nifty光は@nifty

プロバイダ会社@niftyは光コラボレーション事業者として、@nifty光も運営しています。

プロバイダはやはり@nifty一本で、プロバイダ料金が@nifty光の基本料金に組み込まれています。

最新の通信規格・v6プラスにも対応しており、安定した速度が保てると評判も良いプロバイダですよ。

@niftyはフレッツ光でも契約できるプロバイダです。

フレッツ光で@niftyを契約する場合と、光回線ごと@niftyにするメリットについて、こちらの記事で解説していますよ。
フレッツ光+@niftyと@nifty光との違いを調査!

DTI光はDTI

東京電力の子会社「株式会社ドリーム・トレイン・インターネット」が運営するプロバイダ・DTIの光回線がDTI光です。

DTIはウイルスチェックや迷惑メールチェックといった充実のセキュリティサービスも無料で提供しているのが、嬉しいポイントです。

また、初月無料の遠隔サポートサービスが利用でき、パソコンなどの操作が分からない、設定ができない時に、オペレーターが遠隔でパソコンを操作しながら教えてくれますよ。

インターネット初心者にも安心できるプロバイダといえます。

DTI光については、こちらの記事でもくわしく説明していますよ。
DTI光のサービス内容まとめ|他社比較とメリット・デメリットまで

eo光はeo光

関西地区の方が契約できるeo光は関西電力の子会社「株式会社ケイ・オプティコム」が運営している光回線で、プロバイダもeo光です。

プロバイダ料金が含まれた基本料金が、契約1年目は戸建てタイプで2,953円、マンションタイプで2,524円と驚きの低価格です。

さらにキャッシュバックキャンペーンも実施しているので、安くインターネットを利用したい方にはおすすめです。

eo光については、こちらの記事でもくわしく説明していますよ。
eo光とは?プロパイダと回線がセットになるメリットとは

料金重視でプロバイダを選ぶなら

以上、10社の光回線のほとんどがプロバイダ一体型で、どのプロバイダでも基本料金は変わりませんでした。

しかし、フレッツ光とコミュファ光のプロバイダ選択型を契約した場合は、光回線の基本料金のほかに、それぞれのプロバイダ料金が必要になるので、支払料金は変わってきます。

フレッツ光なら、SMARTやBB.exciteの500円がプロバイダ料金の最安値ですよ。

また、ドコモ光は基本料金にプロバイダ利用料も含まれていますが、選べるプロバイダはタイプAとタイプBにわかれており、それぞれ月額料金がタイプAは5,200円、タイプBは5,400円です。

ドコモ光のプロバイダのタイプAとタイプBは200円の差がありますが、少し高いタイプBのプロバイダを選んだからといって、サービスや回線の質が良くなるわけではありません

ドコモ光のプロバイダを選ぶ際には、タイプAを選ぶことをおすすめしますよ。

ドコモ光のプロバイダ選びについては、こちらの記事を参考にしてください。
ドコモ光はタイプAが断然おトク!タイプAの人気プロバイダはここだ!

速度重視でプロバイダを選ぶなら

インターネットを利用する際、速度が速くて安定しているに越したことはありませんよね。

実は光回線で選ぶプロバイダによって、同じ回線を使っていても通信速度の安定度が変わってきますよ。

今、最も安定した通信速度が出るといわれているのが、「IPv6」という新しい通信規格に対応しているプロバイダです。

現在、多くのプロバイダが「IPv6」に対応していますよ。

しかし、「IPv6」にも種類があり、本当に速度が改善しているといわれるのは「IPv6 IPoE(IPv4 over IPv6)」、通称「v6プラス」に対応しているプロバイダだけですよ。

速度を重視したい方は、v6プラス対応のサービスを提供しているプロバイダをおすすめします。

<v6プラス対応プロバイダの一例>
・GMOとくとくBB
・ASAHIネット
・Yahoo!BB
・So-net
・@nifty

v6プラスについて、くわしくはこちらの記事をチェックしてくださいね。
ドコモ光でv6プラス対応のプロバイダは?料金・申込・設定手順まとめ

光回線のプロバイダだけ乗り換えもできる

光回線によっては、プロバイダだけを変更、つまり乗り換えられる場合があります。

プロバイダを乗り換えられる光回線は、こちらです。

プロバイダ乗り換え可能な光回線
プロバイダ乗り換え不可の光回線
フレッツ光
ドコモ光
コミュファ光
auひかり
ソフトバンク光
NURO光
DTI光
BIGLOBE光
@nifty光
eo光

基本的にプロバイダが運営する光回線や、eo光、DTI光のような電力会社系の光回線はプロバイダが一体型なので、乗り換えられません

auひかりも契約時には7社からプロバイダを選べますが、プロバイダを乗り換える時はauひかり自体を一度解約しなくてはいけないので、注意が必要ですよ。

auひかりの詳しいプロバイダ乗り換え方法については、こちらの記事でくわしく解説しています。
auひかりでプロバイダーを変更する裏ワザをこっそり教えます

プロバイダの乗り換え方法

フレッツ光など、プロバイダだけを変更できる光回線で乗り換えをする方法を、簡単にご紹介しますね。

プロバイダの乗り換え手順はこちらです。

1.乗り換え先のプロバイダに申し込みをする
2.現在のプロバイダを解約する

プロバイダの乗り換えは基本的に工事が必要ありませんが、必ず先に新しいプロバイダを契約してから、古いプロバイダを解約をしないと、インターネットが接続できない期間が生じてしまいます

プロバイダの乗り換えについては、こちらの記事でもチェックしてくださいね。
プロバイダを変更する前に!乗り換え手順と注意点、おトクなキャンペーンを紹介

違約金に注意!

プロバイダのみの乗り換えは、光回線の乗り換えと違ってリスクが少なく簡単ですが、プロバイダにも解約のタイミングによっては違約金があることを覚えておきましょう。

主要プロバイダの最低利用期間と違約金は以下のとおりです。

プロバイダ
解約金
解約金がかかる期間
WAKWAK
4,500円
23か月
ASAHIネット
2,000円
1年以内
BB.excite
4,000円
1年以内
OCN
2,400円
2年以内
@nifty
3000円
2年以内
BIGLOBE
5,000円
2年以内
hi-ho
10,000円
2年以内
So-net 長割
3,000円
契約更新月以外
(2年間の自動更新)
DTI
0円
なし

プロバイダで月額料金の割引などのキャンペーンを受けていた場合は、キャンペーンに対しての違約金が請求されることもありますよ。

プロバイダごとの問い合わせ先

プロバイダの解約方法は各プロバイダ会社によって変わります。

ほとんどのプロバイダ会社はサポートセンターへの電話や、公式サイト内に設けられた契約者ページなどから解約ができますよ。

主要プロバイダの問い合わせ先を一覧でご紹介します。

プロバイダ名
問い合わせ先
契約者ページ
OCN
0120-506-506
受付時間は月曜~土曜:10時~19時
OCN 契約者ページ
So-net
0120-080-790
受付時間は9時~18時、年末年始(1月1日、2日)、
および指定のメンテナンス以外
So-net 契約者ページ
ASAHIネット
0120-030-275
受付時間は平日:9時~18時、
土曜・日曜・祝日:10時~17時
ASAHIネット 契約者ページ
GMOとくとくBBo
0570-045-109
受付時間は平日:10時~19時
GMOとくとくBB 契約者ページ
DTI
(186)-0120-830-501
受付時間は平日:10時~17時
DTI 契約者ページ
BIGLOBE
0120-04-0962
受付時間は9時~21時
BIGLOBE 契約者ページ
@nifty
0570-03-2210
受付時間は10時~19時
@nifty 契約者ページ
Yahoo!BB
(186)-0800-1111-820
受付時間は10時~19時
Yahoo!BB 契約者ページ

まとめ

光回線はプロバイダ会社との契約なしには、インターネットを利用できません。

光回線ごとに契約できるプロバイダは決まっていることが多く、プロバイダ会社が運営する一体型の光回線もありましたね。

プロバイダ一体型の光回線は基本料金にプロバイダ料金が含まれており、解約などの問い合わせも一か所で済むので便利です。

しかし、プロバイダが原因で通信速度が安定しなかったり、サービスに不満があったりしても、プロバイダ一体型の光回線はプロバイダのみ乗り換えることができませんよ。

プロバイダだけを解約し、新たなプロバイダに契約できる光回線もありますので、速度を重視するのか、料金を重視するのかよく考えて、ご自分にぴったりのプロバイダを見つけてくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

わたしのネット限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する