閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光とSo-net光の違い3点を比較!転用するメリットまとめ

フレッツ光 ソネット

So-net光とフレッツ光の違いを、料金、速度、キャンペーンについて比較したほか、フレッツ光からSo-net光に転用するメリットについて解説していきます。

ご自宅のインターネットサービスをSo-net光回線とフレッツ光回線のどちらにしようかと悩んでいる人、またフレッツ光からSo-net光に転用しようかと迷っている人は、ぜひチェックしてみてくださいね。

結論を言ってしまうと、フレッツ光よりもSo-net光の方がオススメです。オススメな理由は、料金、キャンペーン、スマホとのセット割などの特典がSo-net光の方が豊富だからです。

結論:So-net光はフレッツ光よりもオススメ

回線速度だけで見るとフレッツ光もSo-net光もどちらも同じですが、料金やキャンペーン、スマホとのセット割引などではSo-net光が優位といえます。

特にauスマホを利用している人なら、割引のないフレッツ光よりはSo-net光の方が断然良いのではないでしょうか。

現在フレッツ光を利用中の方なら、転用で工事費をかけることなく乗り換えることができますよ。

また、So-net光をSo-netプロバイダ公式サイトから申し込むと、最大72,000円の割引を受け取ることができます。

割引が入ることによって、So-net光の方が、月額が約1,000円以上安くなりますよ。

これからフレッツ光とSo-net光を比較していきますので、ご参考にしてください。

\3年間で最大72,000円の割引!/
So-net光プラスのキャンペーンをみる
※So-net公式の特典をチェック

フレッツ光からSo-net光に転用する際の価格は?

フレッツ光からSo-net光に転用する際、工事費はかかりませんが他に唯一必要な費用として、1,800円の事務手数料がかかります。

事務手数料こそかかってしまいますが、それも最初の月のみ。

その後はフレッツ光よりも安い月額料金でインターネットを利用できると思えば、気になりませんね。

ただしここで注意して欲しいのが、現在利用している回線の種類を変更する場合は、別途費用の支払いをしなくてはいけないということ。

たとえば、回線タイプを100Mから1Gに変更する場合は税抜き2,000~9,583円、配線方式をVDSL方式から光配線方式に変更する場合は税抜き24,000円の費用が必要です。

転用を考えている方は、自分の現在のフレッツ光の回線タイプを確認しておいた方がよさそうですね。

So-net光とフレッツ光の違い3点を比較!

フレッツ光は、NTTのフレッツ光回線を利用した光回線サービスです。プロバイダはセットになっていませんので、別途、プロバイダ業者と契約する必要があります。

一方、So-net光(ソネット光)は、NTTのフレッツ光回線を利用したプロバイダ一体型のインターネット接続サービスです。すでにプロバイダ料金が込みになっていますので、別途プロバイダ業者と契約する必要はありませんし、請求書が光回線業者とプロバイダ業者の2カ所から来ることもありません。

NTTのフレッツ光回線を利用するインターネットサービスであるという点においては、So-net光もフレッツ光もどちらも同じです。

両者の違いは何なのか、詳しく紹介していきます。

戸建てプラン・マンションプランごとの価格

So-net光
NTT東日本フレッツ光
NTT西日本フレッツ光
ファミリータイプ
(戸建て住宅)
3,980円
5,100~5,800円
4,310~5,010円
マンションタイプ
(集合住宅)
2,980円
3,450~4,900円
3,030~4,370円

※So-net公式特典72,000円割引込みの料金です。
※いずれも最大速度1Gbpsのプランの税抜き料金。
※フレッツ光の戸建てタイプは、選択するプロバイダによって価格差が生じる。
※フレッツ光のマンションタイプは、マンションのタイプとプロバイダによって価格差が生じる。
※一般的に大規模マンションは多数の契約が見込めるため、フレッツ光の基本料金も低く設定されている場合が多い

NTT東日本エリアにお住まいの戸建てタイプの人なら、NTTのフレッツ光よりSo-net光の方が断然安価でインターネット接続サービスを利用できます。

しかし、NTT東日本エリアのマンションにお住まいの人やNTT西日本エリアにお住まいの人の場合は、選択するプロバイダーやマンションのタイプによって、So-net光がお得かフレッツ光がお得かが変わってきます。

回線速度

So-net光
NTT東日本フレッツ光
NTT西日本フレッツ光
下り最大速度
1Gbps
1Gbps
1Gbps

So-net光もフレッツ光も、いずれも最速プランは1Gbpsの回線速度となっています。どちらもNTTのフレッツ光回線を利用していますので、速さに大きな差が出ることはありません。

夜間混雑しやすい点もどちらも同じ

NTTドコモのフレッツ光回線を利用してインターネットに接続しているのは、NTTとSo-net光だけではありません。

ドコモ光やビッグローブ光、ソフトバンク光などの他の光コラボレーション業者も、NTTのフレッツ光回線を利用してインターネットに接続しており、回線が混雑しやすいことから、夜間や土日祝日などのアクセスが集中する時間帯は、繋がりにくくなったり超低速通信になったりすることがあります。

夜間や土日祝日も快適にインターネット通信を楽しみたい人は、NTTのフレッツ光回線を使わない光回線業者と契約する方が良いかもしれません。

利用者が多すぎない業者や独自の光ファイバーを使っている業者などを選んでみるのも良いですね。

お得なキャンペーン

インターネット接続サービスを変更したい場合は、できればお得に契約したいですよね。乗り換え時にお得になるのも大切ですが、月額費用が割り引かれて長期的にお得になるのもうれしいですよね。キャンペーンの種類によって、So-net光とフレッツ光を比較しました。

So-net光
NTT東日本フレッツ光
NTT西日本フレッツ光
キャッシュバック
なし
なし
なし
期間限定割引
なし
なし
なし
定期契約割引
36ヶ月間最大2,000円/月の割引
2年契約で100~700円割引
2年契約(更新年からは3年ごとの契約)で770~1,790円割引
スマホとのセット割引
auスマートバリュー
なし
なし

フレッツ光も、So-net光も月額割引キャンペーンを行っていますが、So-net光は3年もの間ずっと最大2,000円割引されるので実際の支払い料金はSo-net光のほうが安くなります。

スマホとのセット割を実施しているのは、So-net光だけです。「auスマートバリュー」は、So-net光のインターネットサービスとひかり電話サービスに加入してたauユーザーに適用される割引で、auスマホやauケータイの月額料金が最大2,000円安くなります。

auスマートバリューは、契約者の家族なら最大10回線まで適用されますので、家族の中にauユーザーが多ければ多いほどみんなの携帯料金がお得です。

\3年間で最大72,000円の割引!/
So-net光プラスのキャンペーンをみる
※So-net公式の特典をチェック

フレッツ光からSo-net光に転用するメリット

フレッツ光から、光コラボレーション回線に乗り換えることを転用といいます。

転用では、乗り換えた後もそれまでのフレッツ光回線をそのまま使うことができるので、工事の必要がありません。

ここからはフレッツ光からSo-net光に転用するメリットについて、6つにわけて紹介していきます。

1.月額利用料金が安くなる

フレッツ光からSo-net光へ転用するメリットの1つめは、毎月の利用料金が大幅に安くなるということです。

インターネットサービスの乗り換えは、手続きが面倒くさいと思う方も多いかもしれませんが、料金的なメリットが大きいのであれば話は別ですよね。詳しく見ていきましょう。

プロバイダーをSo-netでフレッツ光を利用する場合の料金は、以下のとおりです。

<NTT東日本の場合>

  • 光ネクストギガファミリー・スマートタイプ:月額6,700円(にねん割適用で5,600円)
  • 光ネクストギガマンション・スマートタイプ:月額4,250円

<NTT西日本の場合>

  • フレッツ光ネクスト・ファミリータイプ:月額5,300円
  • フレッツ光ネクスト・マンションタイプ:月額3,750円

その他にもライトプランなどありますが、光コラボ同様に1Gbpsの高速通信を無制限で利用できるのは、上記のプランのみです。

それでは、So-net光に転用すると、どのくらい安くなるのかを見てみましょう。

<So-net光の料金>

  • 戸建タイプ:月額3,980円
  • マンションタイプ:月額2,980円

比較すると一目瞭然ですが、So-net光はフレッツ光よりも大幅に料金が安く設定されています。

また、上の比較ではわかりやすく最終的な料金をまとめたものの、フレッツ光は料金体系が非常に複雑です。

その点、So-net光は戸建とマンションの2種類しかなく、プロバイダ料金と回線利用料もまとまっているので、料金プランがわかりやすいというメリットもあります。

2.工事費用がかからない

いくら毎月の料金が安くなっても新たに工事費が発生してしまうなら、お得を実感するためにはかなり長期にわたって利用する必要がありますよね。

しかしご安心ください。

フレッツ光からSo-net光への転用はそのまま同じ光回線を利用するので、新規工事を行う必要が無く工事費用も発生しません。

当然、通信品質もそのままで、光テレビやひかり電話なども継続して利用ができます。

デメリットを1つあげるなら、事務手数料として3,000円かかることが挙げられますが、月額料金の差額を考えられば、長くても数ヶ月で回収ができます。

引っ越した場合にも工事費が割引

フレッツ光からSo-net光への乗り換えの嬉しいポイントに、引っ越しの場合にも工事費が割引になるというものがあります。

引っ越し先で新たにインターネットを利用する場合、当然回線工事が必要です。しかし、そのタイミングでフレッツ光からSo-net光へ乗り換えれば、なんと工事費用が大幅に割引されるのです。

割引額は、引っ越しで東日本と西日本をまたぐかどうかによって変わります。

<割引額>

  • NTTの管轄エリアが変わる場合:24,000円→12,000円
  • NTTの管轄エリアが変わらない場合:24,000円→9,000円

3.解約金・違約金が発生しない

工事費も気になるけれども、解約金や違約金も気になるという人は多いでしょう。
ですがフレッツ光からSo-net光コラボレーションに転用する場合は、解約金や違約金の支払いも免除されるのです。

NTTの割引サービスの解約金が不要

NTT東日本では、新たに光回線を導入した場合、2年間だけ月々の料金が安くなるにねん割というキャンペーンを実施しています。

2年割を利用している場合は、更新月以外にフレッツ光を解約すると、違約金が発生するのですが、So-net光への転用であれば、違約金がかかりません。

So-net各種特典の違約金も不要

フレッツ光のプロバイダとしてSo-netを利用していた方は、So-netのフレッツ光割引やフレッツ光特典も利用していたでしょう。

これらも解約のタイミングによっては違約金が請求される仕組みになっているのですが、So-net光コラボに転用する場合は、違約金が免除されます。

4.お得なキャンペーン多数

乗り換えることで、お得なキャンペーンをいくつか利用できます。

auスマートバリュー

auのスマホやタブレットを利用している場合は、契約しているデータプランによって月々の携帯代金が、最大2,000円割引されるauスマートバリューが適用可能です。

注目すべきポイントは、1回線だけではなく家族の携帯10回線まで利用できる点です。
また、2年の割引期間が終了しても934円か500円の永年割引もついてきます。

家族でauスマホを利用している場合には、毎月の通信費を大幅に安くができます。

フレッツ光からの転用ではメリットとなりませんが、別サービスからSo-net光へ乗り換える際には、ぜひ活用したいキャンペーンですね。

5.インターネットを使えない期間が発生しない

インターネットサービスの乗り換えを行うと、工事のタイミングなどによって、インターネットを利用できない期間が発生してしまうケースがあります。

しかし、フレッツ光からSo-net光への転用の場合、この様な心配は一切ありません。

全くタイムラグ無く、そのままSo-net光への移行が可能です。

フレッツ光からSo-netへは乗り換え手続きも簡単

もちろん、乗り換え手続きも簡単です。

フレッツ光のプロバイダーとしてSo-netを利用していた人は、NTT西日本もしくは東日本に連絡して転用承諾番号を受け取り、So-netに申し込むだけで完了です。

あとは、So-netの方で勝手に移行手続きを進めてくれ、約14日後には、自動的にSo-net光への切り替えが完了します。

フレッツ光で別のプロバイダーを利用していた場合にも、転用承諾番号の取得に加え、So-netからIDとパスワードを発行してもらうだけでOKです。

So-netにつながったことが確認できたら、利用していたプロバイダーに解約連絡をすればすべて完了です。

6.便利なオプションサービス

So-net光は光電話やテレビといったオプションサービスも充実しています。

  • So-net 光 コラボ電話
  • So-net 光 コラボテレビ
  • U-NEXT for So-net

またSo-net光への転用の際、同時に上記のオプションに申し込むと、月額割引や一定期間無料、ポイントプレゼントなどのお得なキャンペーンを受けることができます。

光電話やテレビの利用を考えている方は、ぜひこれらのオプションサービスも検討してくださいね。

またSo-net光はサポートサービスとしてのオプションも充実しています。

カスペルスキー マルチプラットフォーム セキュリティ

カスペルスキーのセキュリティソフトを月額500円で使用ができます。Windows、Mac、Androidの3つのOSに対応しており、自由な組み合わせで最大5台の機器にインストールができます。

So-net 安心 サポート

インターネットに関する悩みや困りごとがあった際に、So-netの専用ダイヤルからオペレーターに相談ができるサポートサービスです。月額料金は300円です。

So-net くらしのお守りワイド

自宅の水回り、カギ、窓ガラスに関するトラブルがあった際に、専門業者がかけつけ、対応してくれるサポートサービスです。等の生活トラブルの解決が可能です。業者による対応で費用が発生する場合には、最大で5万円割引が受けられるので、安心してサポートをお願いができますね。月額料金は450円です。

ちなみに上記の3つのオプションサービスは、契約時に同時申し込みすれば、12ヶ月間無料で利用ができます。

これは利用するほかありませんね。

\3年間で最大72,000円の割引!/
So-net光プラスのキャンペーンをみる
※So-net公式の特典をチェック

まとめ

So-net光とフレッツ光は、利用する光回線そのものは同じでも、適用される料金やキャンペーンに違いがあります。

月額料金が安くなることをはじめとして、フレッツ光からSo-net光に転用するメリットがたくさんあるところからみても、So-net光がフレッツ光よりもオススメの光回線であるという結論が出ました。

今回の記事を参考に、現在フレッツ光を利用している人もそうでない人も、ぜひSo-net光を検討してみてくださいね。

Sonet光プラスおすすめ申込窓口

おすすめ窓口SONYネットワークコミュニケーションズ

公式サイトの月額割引に注目
公式サイトの月額割引が魅力的!さらにauユーザーであればスマートバリューで月々の携帯代が割引に!auユーザーの方でauひかりが届かないエリアならSo-net光プラスがおすすめです!

お申込みサイトを見る

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)