閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

フレッツ光からNURO光へ乗り換えるときのメリット・デメリット!

Pocket

NURO光 NTT回線

フレッツ光はNTTが提供している全国で一番加入者の多いインターネットサービスです。

一方、NURO光はSONYグループのプロバイダ会社であるSo-netが運営しているインターネットサービスです。

今回はフレッツ光とNURO光を比較して、どのような人がNURO光に乗り換えるべきなのかメリット・デメリットをご紹介します!

またフレッツ光からNURO光へ乗り換える手順や注意点も紹介していきます。

NURO光を契約しようかどうか迷っている方はぜひチェックしてくださいね。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

フレッツ光とNURO光のサービスを比較

では早速、フレッツ光とNURO光はどこがどう違うのか具体的な違いを比較していきましょう。

フレッツ光とNURO光の提供エリア比較

フレッツ光とNURO光で大きく違うのは提供エリアです。

フレッツ光はNTTが設備を整えているだけあり、全ての都道府県で利用できます。

NURO光はフレッツ光と比較すると非常に限られた地域でしか契約ができません。

【フレッツ光とNURO光の提供エリアの違い】

回線名提供エリア
フレッツ光日本全国
NURO光関東地方東京都/神奈川県/千葉県/埼玉県/茨城県/栃木県/群馬県
関西地方大阪府/京都府/滋賀県/奈良県/兵庫県
※和歌山県は提供エリア外
東海地方愛知県/三重県/岐阜県/静岡県

上の表を見るとNURO光のエリアが都市近郊が中心になっていることがわかります。

また提供エリアに記載がある都道府県に住んでいたとしても、住んでいる家の近くまでNURO光の設備が来ていないことには契約はできません。

その点フレッツ光はNTT東日本では95%、NTT西日本では93%(2017年3月時)のエリアカバー率を誇っているため、契約できないということはなかなかないでしょう。

フレッツ光とNURO光の最大回線速度は約2倍違う!

フレッツ光とNURO光は最大速度に約2倍の差があります。

回線名最大速度
フレッツ光最大1Gbps
NURO光最大2Gbps

フレッツ光をはじめ、ケーブルテレビやドコモ光など多くのインターネット回線は最大速度が1Gbpsに設定されています。

NURO光はGPONという新しい技術によって最大2Gbpsの速度を実現させました。

またNTTのフレッツ光は既存のユーザーが数千万人と非常に多く、夜間などの時間帯によっては回線の混雑によってインターネットが低速になってしまうことがあります。

その点NURO光はフレッツ光で使っている回線とは別の回線で通信しているため、混雑に巻き込まれず高速で通信できるという特徴があります。

さらにフレッツ光ではプロバイダにオプションとして申し込む必要があるIPv6接続オプションも、NURO光は標準対応しています。

< コラム:IPv6とは >

これまではIPv4と呼ばれる通信が主流でした。
インターネットの爆発的な普及に伴い、既存のIPv4のIPアドレスの数(約43億個)では足りなくなってしまいました。
簡単に言ってしまうと、多くの人が利用する時間帯では、道路が混み合い渋滞して速度が出ない問題が発生したということです。
そこで登場したのがIPv6という通信方式です。
IPv6はほぼ無限(約340兆の1兆倍の1兆倍)といっていいほどのIPアドレスの数があるため、混雑を回避して通信ができます

NURO光を実際に利用しているユーザーの口コミを見ても、NURO光に加入して通信速度が早くなったという声が多く投稿されています。

NURO光の速度に関しては以下の記事でも詳しく解説していますので併せてご覧ください。

【関連記事】NURO光の通信速度をまとめ!速度が遅い場合の原因と対処法も紹介

毎月支払う月額料金を比較

フレッツ光とNURO光は料金形態も大きく違います。

【戸建てタイプの月額料金比較】

回線名NURO光G2Vフレッツ光(NTT東日本)
月額基本料金4,743円4,700円
プロバイダ料金込み500円~1,200円
無線LAN
レンタル代
無料300円
セキュリティソフト無料
※カスペルスキー
400円
※フレッツ・ウイルスクリア
ひかり電話
(別途オプション料金が発生)
500円+通話料500円+通話料金
月額料金合計5,243円6,400円~7,100円

※どちらも2年定期契約の場合

【マンションタイプの月額料金比較】

回線名NURO光 for マンションフレッツ光(NTT東日本)
月額基本料金1,900円~2,500円3,050円~4,050円
プロバイダ料金込み500円~950円
無線LAN
レンタル代
無料300円
セキュリティソフト無料
※カスペルスキー
400円
※フレッツ・ウイルスクリア
ひかり電話
(別途オプション料金が発生)
500円+通話料500円+通話料金
月額料金合計2,400円~3,000円4,750円~6,200円

※どちらも2年定期契約の場合
※フレッツ光のマンションタイプはマンションの規模によって変動。

フレッツ光ではプロバイダ料金は必ず、無線LAN機器のレンタル代、セキュリティサービスが欲しい場合は別途料金が発生するしくみになっています。

一方NURO光の料金を見ると、プロバイダ料金や無線LAN機器のレンタル代、セキュリティサービスが基本の月額料金のなかに含まれています。

最初からさまざまなサービスが含まれているのはうれしいですよね。

またNURO光のマンション専用プラン、NURO光 forマンションは非常に安価な反面、同じ建物内で最低4人以上の利用者が見込めなければ導入不可だったり、利用者数が3人以下になったら強制解約になったりとハードルが高いプランでもあります。

NURO光 for マンションについては以下の記事で詳しく解説しているため、興味のある方はチェックしてみてくださいね。

アパート・マンションの7階以下にお住まいの方は戸建てのプランNURO光G2Vを契約できることもあるため、そちらも検討してみましょう。

NURO光はSoftBankとのセット割を適用できる

フレッツ光では携帯とのセット割引は行っていません。

その点NURO光ではSoftBank携帯とのセット割、おうち割光セットを適用ができます。

回線名NURO光フレッツ光
携帯とのセット割おうち割光セット
(SoftBank)
なし
セット割の月額割引月額最大1,000円/回線数なし

携帯、スマホ、タブレットで契約しているSoftBankのデータプランによって携帯料金から最大1,000円の月額割引を受けることができます。

さらにこのセット割引は家族のSoftBank回線最大10端末まで適用できるため、家族みんなでSoftBankを利用している家庭では大きく通信費を削減できるでしょう。

発生する初期費用を比較

月額料金をみるとNURO光はフレッツ光よりも2,000円ほど安く、さらにSoftBankとのセット割も適用できる回線であることがわかりました。

では、光回線を利用するときに発生する初期費用はそれぞれの回線でいくらほどかかるのでしょうか。

以下の表をご覧ください。

回線名NURO光フレッツ光
登録料
(事務手数料)
3,000円800円
回線工事費用40,000円戸建て:18,000円
マンション:15,000円
工事費の分割代金戸建て:1,333円 × 30回払い
マンション:1,111円 × 36回払い
共通:初回3,000円
戸建て:500円 × 30回
マンション:400円 × 30回
初期費用合計43,000円戸建て:18,800円
マンション:15,800円

初期費用を見るとフレッツ光の方が2倍以上安いことがわかります。

しかし、後述するキャンペーンを適用するとNURO光の工事費は実質0円になるためフレッツ光のほうが高いという見方もできるでしょう。

なぜNURO光の工事費はフレッツ光に比べて高額なのでしょうか。

それは理由があります。

NURO光の回線工事は2回行われる

NURO光の回線工事はSo-net側で行う宅内工事NTT側で行う屋外工事計2回に分けて行われます。

最新規格の通信ができるNURO光ですが、回線工事をSo-netとNTTで行う分工事費が高いのですね。

また2回工事を行うため、So-netとNTT間の連絡が上手くいかないことがあります。

その結果、2回目の工事がなかなか行われなかったり、工事日が最短でも数ヵ月後と言われたりとNURO光の工事が遅いという声は多いです。

その点、フレッツ光はNTTの工事業者が来て1度に全ての工事を終わらせるためNURO光よりも早く開通する傾向にあります。

フレッツ光に限らず、NURO光以外のインターネットは基本的に工事は1回のため、NURO光は他に類を見ない特殊な回線であるといえるでしょう。

フレッツ光とNURO光で行っているキャンペーンの比較

比較の最後に、フレッツ光とNURO光で行われているキャンペーンを比較しましょう。

【 NTT東日本フレッツ光で行われているキャンペーン 】

キャンペーン名特典内容
ギガ推し!割引戸建て:300円割引/30ヶ月間
マンション:200円割引/30ヶ月間
にねん割戸建て:700円割引/24ヶ月間
マンション:100円割引/24ヶ月間
単身&かぞく応援割フレッツ光の2回線分の料金をまとめて割引
戸建て+マンション:最大300円割引
マンション+マンション:最大100円割引

【 NURO光で行われているキャンペーン 】

キャンペーン名特典内容
【公式】キャッシュバックキャンペーン35,000円キャッシュバック
【代理店】キャッシュバックキャンペーン最大80,000円キャッシュバック
月額1,980円キャンペーン開通から1年間の月額料金が1,980円に
(月々2,763円、1年間で約33,000円おトク)
ワンコイン体験キャンペーン・最大3ヵ月間500円でNURO光を体験可能
・体験期間内に解約する場合、違約金や工事費残債の発生なし
PlayStation®4プレゼントキャンペーンPlayStation®4 500GB 本体
(ジェット・ブラック、グレイシャー・ホワイト)
定価:29,980円
+
プレイステーション®ストアチケット5,000円分

フレッツ光はにねん割とギガ推し!割引で月々1,000円の割引が適用できます。

NURO光は月額割引やキャッシュバックの他にもSONYのグループ会社であるSo-netが提供しているだけあってPS4のプレゼントキャンペーンなどを行っています。

上記の表に記載したNURO光のキャンペーンはどれか一つを選ぶことですが、フレッツ光の特典と比べても豪華と言えますね。

フレッツ光からNURO光に乗り換えるメリット・デメリット

フレッツ光とNURO光の違いはなんとなくつかめてきましたね。

ではここからは現在フレッツ光を利用している方向けに、フレッツ光からNURO光へ乗り換えるメリットとデメリットをご紹介します!

4つのメリット

まずはNURO光へ乗り換えるメリットを4つご紹介します!

  • 回線速度が速くなる
  • 料金が安くなる
  • SoftBankの携帯代が安くなる
  • キャンペーンが豊富

回線速度が速くなる

フレッツ光からNURO光に乗り換えると回線速度は速くなる傾向にあります。

速度比較でもお伝えしたとおり最大速度も約2倍違う上に、フレッツ回線では多く見られる混雑した時間帯にインターネットが遅くなる問題も解消されるためです。

もちろん、周辺機器が古すぎる場合はNURO光のスペックを活かしきれないので乗り換えにあたって新しいLANケーブルなどの購入も検討してくださいね。

インターネットの月額料金が安くなる

フレッツ光からNURO光に乗り換えると月々のインターネット料金も安くなります。

戸建てタイプのフレッツ光ではひかり電話の通話料も考えると月額8,000円を超えることもありますが、NURO光は5,000円ほどで利用ができます。

ただし、もともと大規模のマンション(16契約以上見込み)にお住まいでフレッツ光の安い料金プランを利用している方で、NURO光の戸建てタイプに乗り換える場合は料金が高くなることもある点は抑えておきましょう。

SoftBankの携帯料金が安くなる

フレッツ光からNURO光へ乗り換えることでSoftBankの携帯代とのセット割、おうち割光セットが適用できます。

家族最大10台まで、端末1台あたり500円~1,000円が携帯代から割引できるためSoftBankを利用している一家にとっては大きく通信費を削減できるチャンスでもあるでしょう。

ただし、おうち割の適用にはNURO光でんわ(月額500円)の加入が必要な点は覚えておいてくださいね。

NURO光でもソフトバンクのセット割

料金

NURO光を契約すると、ソフトバンクスマホの月額料金が1台あたり毎月最大1,000円(税抜)割引!また初期工事費は実質無料に!さらに!この代理店サイトからの申し込み限定で最大12万円の高額還元キャンペーン実施中!・・・詳しく見る

キャンペーンが豊富にある

豊富に実施しているキャンペーンもNURO光に乗り換えるメリットの一つです。

工事費分(40,000円)の月額割引に加え、35,000円以上の特典を受けることができます。

公式のキャンペーンでも月額割引、キャッシュバック、PS4のプレゼントなど豊富なラインナップから選択ができますが、筆者のおすすめは代理店からの申し込みです。

以下の代理店では工事費が実質無料になる割引に加え、最大80,000円のキャッシュバックを行っています。

よりおトクにNURO光を契約したい方は一度チェックしてみてはいかがでしょうか。

下り最大2Gbps!
さらに最大12万円の高額還元も!!

NURO光がお得なポイント

  • 料金コミコミで月額4,743円
  • 最大12万円の高額還元キャンペーン
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割がお得

3つのデメリット

ここまでメリットを紹介してきましたが、もちろんNURO光にもデメリットがあります。

3つのデメリットを紹介しましょう。

  • エリアが狭い
  • 工事が遅い
  • プロバイダはSo-netのみ

対応しているエリアが狭くそもそも利用できないことも

NURO光の対応エリアはまだまだ狭く、契約したくてもできないこともしばしばあります。

関東、関西、東海地方の1都2府13県でしか利用できない上に、対象の都府県にお住まいでも利用できないエリアがあります。

NURO光の申し込み前には必ずエリア確認をしましょう。

⇒ 今すぐエリア確認【NURO光】

回線工事が2回あり開通が遅くなりがち

先ほども紹介しましたが、NURO光はNTTとSo-netの2社間で工事を行うためインターネットの開通まで遅くなりがちです。

NURO光 for マンションの場合、入居者内とマンションの管理者とも話しをおななう必要があるため、さらに開通は遅れるでしょう。

回線の速度は速いけど開通までが遅いのはNURO光のデメリットの一つです。

フレッツ光からNURO光への乗り換えを行う場合、開通したい日を逆算してできるだけ早く申し込みを行うのがおすすめです!

プロバイダはSo-netしか選べない

フレッツ光のプロバイダは膨大な数の中から1社を選択して契約ができますが、NURO光のプロバイダはSo-netのみの契約です。

フレッツ光からNURO光に乗り換える際はもともとSo-netを利用している場合を除いて、プロバイダが切り替わるため注意しましょう。

プロバイダの選択肢が少ない点もデメリットの一つです。

フレッツ光からNURO光へ乗り換える手順と注意点

では最後にフレッツ光からNURO光への乗り換えのメリット・デメリットを踏まえて、実際に乗り換える手順を紹介していきます。

事前に知っておきたい注意点も併せてチェックしてくださいね。

フレッツ光の回線のままNURO光へ転用はできない!なぜ?

フレッツ光からNURO光への転用はできません。

< 転用とは >
転用とはフレッツ光から光コラボレーション回線へ今使っている設備のままで乗り換えることができる手続きです。
回線工事が発生しないため、工事費の発生がない点や面倒な手続きを行わなくて良いメリットがあります。
(主な光コラボレーション回線:ドコモ光、ソフトバンク光、So-net光など)

NURO光が使用している回線は、同じNTTの光回線です。

ですがNTTのフレッツ光や光コラボレーション業者が利用している「フレッツ光回線」ではなく、「ダークファイバー」と呼ばれる回線を利用しています。

使っているのは同じ会社であるNTTの光回線ですが、厳密には違う回線を利用しているから転用はできないというわけですね。

ダークファイバーとは?

NTTが現在利用していない光回線を「ダークファイバー」と呼びます。光が通っていないために「暗い」という意味を込めて「ダーク」と称しているのです。

一方、NTTが通常利用している光回線(=フレッツ光回線)は「ライトファイバー」と呼びます。光が通って「明るく」なっていますので「ライト」と表現しているのです。

なぜNURO光はNTTのダークファイバーを使用しているのか

NTTでは全国に光ファイバーを敷設しました。

しかしながら、すべての光ファイバーをフレッツ光回線として利用しているのではなく、一部は使われないままダークファイバーとして放置されています。

2001年以降、ダークファイバーはNTT以外の企業にも解放されていますので、許可を得れば他の企業も独自の光回線として利用できるようになりました。

NURO光は、NTTのダークファイバーを利用して独自の光回線サービスを提供している業者です。

NTTのフレッツ光回線を利用している人が光コラボレーション業者に乗り換えるときは、契約する業者は変わっても利用する光回線は変わりませんので、光回線開設工事は不要ですし、工事費用もかかりません。

しかしながら、同じNTTの光回線を利用するとはいえ、NURO光が利用しているのはフレッツ光回線ではなく今まで使われていなかったダークファイバーです。

そのため、NTTのフレッツ光から乗り換える場合も転用手続きはできず、光回線開設工事が必要になり、工事費用も請求されます。

敷設したのはNTTでも、フレッツ光回線とダークファイバーはまったくの別物だと考える方がわかりやすいですね。

フレッツ光からNURO光へ乗り換える手順

フレッツ光からNURO光への乗り換えの手続きは転用ではなくSo-netとの新規契約です。

手順を抑えておきましょう。

手順①NURO光を申し込む

まずはフレッツ光の契約を残したままNURO光を新規契約します。

先ほどもご説明したとおり、NURO光は工事が遅れがちで開通するまでに期間が開くことが多いです。

先にフレッツ光を解約したあとにNURO光を申し込むと、NURO光の開通までインターネットが利用できない期間が生まれてしまいます。

最悪のケースだとNURO光が開通するまでに数ヶ月間ほどかかることもあるため、必ず先にNURO光を契約しましょう

手順②NURO光を開通させる

So-netとNTT、計2回の工事が完了するとNURO光が開通します。

それぞれの工事で立会いが必要になるうえに、工事の予約がなかなか取れなかったりと難航することもあります。

できるだけスムーズに開通させるためにも、余裕をもって申し込み、NURO光の開通センターと上手くやり取りを行うのが重要です。

手順③フレッツ光を解約する

NURO光が開通してインターネットの接続が確認できたら最後にフレッツ光とフレッツ光で利用していたプロバイダを解約します。

こちらから解約の連絡をしないと毎月フレッツ光とプロバイダの月額料金が請求されてしまいます。

使っていないインターネットの料金を支払うのは避けたいですよね。

必ずフレッツ光の解約を忘れないようにしましょう。

フレッツ光の詳しい解約方法は以下の記事でも紹介しています。

フレッツ光からNURO光へ乗り換える際の注意点

フレッツ光からNURO光へ乗り換える際に覚えておくべき注意点をご紹介します!

フレッツ光を解約するタイミングによっては違約金が発生する

フレッツ光を解約する際、タイミングによっては違約金が発生します。

NTT東日本フレッツ光NTT西日本フレッツ光
工事費の残債
支払いが終わっていない場合一括で清算
にねん割
(2年自動更新)
戸建て:9,500円
マンション:1,500円
光もっともっと割
(3年自動更新)
10,000円~30,000円
プロバイダ
最低利用期間内での解約:0~5,000円

2~3年ごとに契約が満了する更新月で解約すると違約金が発生しないため、できるだけ更新月を狙って解約したいですね。

フレッツ光を解約する際には発生する違約金についてNTTとプロバイダに確認しておきましょう。

ひかり電話の電話番号を引き継げない場合がある

フレッツ光からNURO光へ乗り換えるときにひかり電話の電話番号が引き継げないケースがあります。

アナログ電話時代から使っている電話番号の場合はそのままの番号を利用できますが、フレッツ光を契約したときにできた電話番号は引き継げないケースがあります。

以下の記事でも詳しく取り上げていますので、「電話番号が変わるのは困る」という方はチェックしてみてくださいね。

プロバイダのメールアドレスが利用できなくなる

NURO光のプロバイダはSo-net1社のみです。

フレッツ光で利用していたプロバイダのメールアドレスはプロバイダ解約時に消滅してしまいます。

大事な内容のメールはあらかじめバックアップを取くなどの対策をしましょう。

また、引き続き今までのプロバイダメールを利用したい方はメールアドレスのみ残すプランへ切り替えるのも一つの手です。

例えばOCNではメールサービスをそのまま利用できるバリュープラン(月額250円)で提供しています。

メールアドレスを変更するのが億劫な方は検討してもいいでしょう。

まとめ

フレッツ光とNURO光を比較してみたところ、速度や料金、キャンペーンの面でもNURO光が優勢であることがわかりました。

とくにSoftBankの携帯・スマホを持っている家庭ではNURO光へ乗り換えることで、通信費の節約が見込めるでしょう。

しかしNURO光にも提供エリアがまだまだ狭いという点や、回線工事が2回あり開通まで期間があいてしまうといったデメリットもあります。

メリットとデメリットを踏まえたうえで乗り換えに踏み切りましょう。

実際にフレッツ光からNURO光に乗り換える際は、まず最初に申し込みを行いNURO光が開通してからフレッツ光を解約します。

そうすることでインターネットが利用できない期間が生まれるのを防ぐことができますよ。

以下のオンラインサイトからNURO光を申し込むと最大80,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っています。

公式サイトよりも高額なキャッシュバックキャンペーンですので、これからNURO光を申し込む方はチェックしてみるのも良いでしょう。

超高速2Gbps!nuro光 おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

むずかしいインターネット回線選びをサポートするため、無料ガイドブックを作りました!

各回線の比較の要点をまとめただけでなく、開通までの流れや、お得なキャンペーン情報、各窓口の電話番号など情報が盛りだくさん!インターネット回線選びに悩んでいる方はぜひ読んでいただきたいです!


インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンに登録する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事