わたしのネット ロゴ

検索

わたしのネット ロゴ

SIMフリーのポケットWiFiはおトク?料金形態や通信速度を検証

ポケットWi-Fi SIMフリー

ポケットWi-Fiの利用料金を安く抑えることができると話題の「SIMフリーのポケットWi-Fi」ですが、ポケットWi-FiにはWiMAXのように会社で契約する物も同じように人気があるので、正直どちらを選んだ方がお得なのかよくわからないという方が多くなっています。

この記事では「SIMフリーって何?」という基礎の基礎から料金形態や通信速度といった具体的な特徴まで解説します。

ちなみに、ポケットWi-Fiはワイモバイルとソフトバンクの商品名です(正式な表記は Pocket WiFi)。しかし、実際にはモバイルルーター全般の呼称として使われているため本記事でも全般の呼称として使用しています。

♦初期費用18,857円割引実施中♦
Broad WiMAXのキャンペーン内容をみる
※このボタンからお得な特典をチェック

SIMフリーのポケットWi-Fiとは?

SIMフリーって何?

まず「SIMフリーのポケットWi-Fi」について解説する前に、「SIMフリー」という単語について理解しておきましょう。

ポケットWi-Fiのルーターには「SIMカード」という小さなカードが挿入されています。

このSIMカードを挿入することでネット通信が可能になるのですが、docomoやWiMAXといったキャリアでルーターを購入した場合、ルーターとSIMが同じキャリア同士でないと使用はできません。

例を挙げると、docomoで契約したルーターにWiMAXのSIMカードを挿入しても使用できないといった具合です。

このように、キャリアとSIMカードが紐づけされている状態を「SIMロック」と呼びます。

しかし、Amazonや家電量販店には、どこのキャリアのSIMカードを挿入しても問題なく使用できるルーターがあります。これが「SIMフリー」のポケットWi-Fiです!

ですから、SIMフリーのポケットWi-Fiとは、「どのキャリアのSIMカードでも適合するポケットWi-Fi」ということです。

SIMフリーのポケットWi-Fiを使うメリット

「SIMフリーのポケットWi-Fiは、SIMカードにキャリア指定がない」というメリットがありますが、それ以外にも多くのメリットがあります。

月額の料金が格安になる

Y!mobileのPocketWiFiを利用した場合、料金は指定のプランしか選ぶことしかできません。

しかし、SIMフリーのポケットWi-Fiを利用した場合、全キャリアの料金プランの中から自由に選ぶことができるので、安い物を選べば月額料金にここまで差がでてきます。

月額料金 月間データ量
Broad WiMAX
3,411円
無制限
mineo※
1,580円
6GB

※2020年1月時点、価格は税抜
※SIMフリーのポケットWi-Fiは、例としてmineoのSIMカードを使用した場合の料金を表示しています

月間データ量に違いはあるものの、月額料金の差はなんと半額以上!

普通にネットサーフィンを楽しむ程度であれば6GBで十分なので、ポケットWi-Fiの月額料金を安く抑えたい人は、格安SIMが使える「SIMフリーのポケットWi-Fi」の方がオススメといえますね。

違約金や解約金の心配がない

スマホやタブレットを解約する時、更新月ではない時に解約をしたり、使用期間が短いまま解約をしたりすると、違約金や解約金が発生しますよね。

この仕組みはポケットWi-Fiも同じで、WiMAXのようなポケットWi-Fiを解約する時は、使用期間や更新月に気を付けなければ違約金や解約金を取られてしまいます。

たとえばBroadWiMAXの場合、更新月以外で解約を行うと、継続利用期間にあわせて契約解除料9,500円~19,000円が発生します。

しかし、SIMフリーのポケットWi-Fiを利用した場合、違約金や解約金はかからない会社が多いですよ。いろいろなキャリアのSIMを試したい方には嬉しい仕組みですね。

自由なプラン選択ができる

毎月2GBしか使用しない人も、10GB使用する人も、「SIMフリーのポケットWi-Fi」なら全キャリアの中から自分に適したプランのあるSIMカードを選ぶことができます。

選択肢が広がる分、無駄に料金を支払ったり毎月通信量のギガ数を気にしたりしなくてもいいのは嬉しいですね!

SIMフリーのポケットWi-Fiを利用する際の注意点

ここまで「SIMフリーのポケットWi-Fi」に関するメリットを紹介してきましたが、WiMAXのようなポケットWi-Fiと比べると、気を付けなければならない点もあります。

今までWiMAXのようなポケットWi-Fiしか使用したことがないという人は、今まで当たり前だったことがSIMフリーのポケットWi-Fiではできない場合もありますので、注意が必要です。

端末とSIMフリーカードを自分で購入する必要がある

WiMAXのようなポケットWi-Fiの場合、Wi-Fi端末を購入すると専用のSIMカードがセットされています。

しかし、SIMフリーのポケットWi-Fiの場合、端末もSIMカードもそれぞれ自分で探して購入しなければならず手間がかかります。

SIMカードやSIMフリーのポケットWi-Fiは種類も豊富ですし、SIMカードの大きさや周波数も選ぶ端末によって合わせなければなりません。

よって、SIMフリーのポケットWi-Fiを使用する人は、最初の段階から手間や知識が必要となってきます。

設定・トラブル対処は自分で行う

WiMAXのようなポケットWi-Fiは、何か不具合があった際、会社が修理や交換といったサポートを受け付けてくれます。

しかし、SIMフリーのポケットWi-Fiの場合、端末もSIMカードも別会社で契約をしているので、何か不具合が起きても気軽にサポートを受けることはできません。

不具合の原因を自分で調べて解決ができる場合は問題ありませんが、難しい場合は、もしもの時に困ってしまいます。

実用レベルの無制限プランがない

ポケットWi-Fiの通信プランには、データ通信量が使い放題の無制限プランが存在します。

WiMAXのようなポケットWi-Fiであれば、言葉通り高速通信が無制限で利用できるのですが、SIMフリーのポケットWi-Fiにある無制限プランの場合、無制限と言っても「低速通信が使い放題」だったり、「3日で6GB以上を消費すると通信速度が遅くなる制限付き」だったりします。

これを見ると、SIMフリーのポケットWi-Fiで無制限プランを契約しても、普段データ通信をほとんど利用しない人以外は、遅い速度で通信し続けることになるので、実用的とは言い難いですね。

WiMAXのギガ放題についてはこちらの記事でくわしく解説しています。

通信速度が遅い

SIMフリーのポケットWi-Fiで使用する回線は、WiMAXやdocomoのようなキャリア回線をレンタルしたものの一部が充てられています。

しかし、キャリア回線が利用できるといっても、回線に対して契約者数が多くなれば必然と通信速度は遅くなっていきます。

また、どうしても回線速度の安定度はキャリアが優先されますので、SIMフリーのポケットWi-Fiは、多くの人がデータ通信を利用する昼頃や夜間になると通信速度が遅くなってしまいます。

SIMフリーのWiFiルーター選びのポイント

続いては、SIMフリーWiFiルーター選びのポイントについてご紹介していきたいと思います。快適に利用するためには欠かせないポイントばかりですから、下記を参考に自分にぴったりの1台を選んでみてください。

バッテリーの持ちが良いか

WiFiルーターバッテリーの持ちが良ければ、充電を忘れた際にも安心して利用可能です。

また、旅行や出張などでは長時間充電できないこともありますから、外出時で使う機会が多い人ほど重要です。バッテリー容量は各機種のスペック表に記載されていますので、必ずチェックしておきましょう。

対応LTEバンドが豊富か

対応LTEバンドが豊富であれば、それだけ多くのSIMが選択可能となります。色々なSIMを試してみたいという人は特に対応LTEバンドをチェックしておきましょう。

通信速度が速いか

WiFiルーターの通信速度は機種ごとに異なります。ネット動画やオンラインゲームを快適に楽しみたいという方は、より速い通信速度が必要です。

通信速度をチェックする際は、各機種のスペック表に記載されている最大速度ももちろん重要ですが、実際の速度は利用する利用環境によって大きく異なります。実際に利用している人の口コミや実測値評価サイトなどもチェックしてみましょう。

SIMカードが何枚入るか

SIMフリーのWiFiルーターであれば、状況に応じてSIMカードを使い分けることが可能です。差込口が1枚の場合でも抜き差しすれば良いですが、手間もかかりますし、SIMカードを紛失してしまうリスクも大きくなります。

できれば、複数枚のSIMカードを挿入できるWiFiルーターであれば、手間もリスクも避けられるでしょう。

持ち運びがしやすいか

WiFiルーターは外出時も持ち運んで利用することが大前提です。ルーター本体の大きさや重さなど、持ち運びやすさをしっかりと確認しておきましょう。タブレット・ノートPCなどへの接続を考えている場合、それらケースのポケットに入れられるサイズだと便利ですね。

海外での利用にも対応しているか

海外出張が多いといった場合は、海外でもそのまま使えるWiFiルーターをオススメします。海外のSIMに対応しているものであれば、現地でのメールチェック、ホテルでの調べものなど、いつも使っているルーターで難なくインターネット接続が可能です。

SIMフリー利用にオススメのWiFiルーター

続いては具体的に、SIMフリー利用にオススメのWiFiルーターをご紹介していきたいと思います。機器選びに迷ったら下記4台から選んでみてください。

HUAWEI E5577

まずオススメするのはHUAWEI E5577です。まずはスペックをご確認ください。

機種名
HUAWEI E5577
連続通信時間
12時間
SIMカードの枚数
1枚
通信速度
最大300Mbps
重量
約112 g
サイズ
約96.8 × 58 × 17.3 mm
海外での利用

カードサイズで持ち運びしやすく、専用ケーブルを利用すればモバイルバッテリーとして利用する事もできるため、いざという時にも安心です。

さらにSDカードシェア機能を利用して、写真の共有も簡単。旅先でお気に入りの写真をすぐに共有することができます。

HUAWEI E5383

続いてオススメするのが同じHUAWEI社のE5383です。まずはスペックについて確認していきましょう。

機種名
HUAWEI E5383
連続通信時間
約13時間
SIMカードの枚数
1枚
通信速度
最大866 Mbps
重量
約120 g
サイズ
約95 × 58 × 16.4 mm
海外での利用

最大のポイントは高速の通信に対応しているということ。高速WiFi規格の11acに対応しているため、下り最大866MbpsというWiFiルーターとしては非常に高速な通信速度となっています。速度を重視の方に特にオススメです。

連続通信時間も13時間と、充電器なしで丸一日持ち歩いても問題ありません。旅行や出張でも大活躍してくれますよ。

Aterm MR05LN

SIMを2枚使い分けたいという人であればAterm MR05LNをオススメします。

機種名
Aterm MR05LN
連続通信時間
約14時間
SIMカードの枚数
2枚
通信速度
最大375Mbps
重量
約115 g
サイズ
約115 × 63 × 11 mm
海外での利用

2枚挿入したSIMの切り替えはワンタッチ。国内用、海外用と入れておけば旅先でもすぐにインターネットの利用が可能となります。海外出張が多く、毎度WiFiルーターを契約している余裕がないビジネスマンの方などにもオススメです。

連続通信時間も14時間と、今回ご紹介しているSIMフリーのWiFiルーターの中では最長の数値となっています。

AirCard AC785

バランスに優れたモバイルWiFiルーターをお探しであればAirCard AC785をチェックしてみてください。

機種名
AirCard AC785
連続通信時間
約10時間
SIMカードの枚数
1枚
通信速度
最大150 Mbps
重量
約127 g
サイズ
約109.9 × 68.9 × 14.6 mm
海外での利用

群を抜いて高いスペックというわけではありませんが、WiFiルーターの実測速度は数十Mbps程度である場合がほとんどですので、150Mbpsという最大速度でも十分なスペックといえるでしょう。公式サイトでは国内各社SIMでの動作確認情報もチェックできるため、SIMフリーWiFiルーター入門機としてもオススメです。

中古のWiFiルーターを使うのはあり?

ヤフオクやメルカリなど、中古のWiFiルーターも簡単に手に入るようになりました。それらを購入して利用するのはどうなのでしょうか?

答えは必ずしも「ナシ」ではありませんが、古い機器は通信速度や電池の持ちなどは、やはり最新機種には及びません。ストレスなく快適に利用したいというのであれば、最新機種を購入することをオススメします。

ほぼ未使用で販売されていた場合には購入を検討してみても良いですが、この場合も補償が効かないケースなどがありますので、しっかりとチェックしてから購入する必要があります。

SIMフリーのポケットWi-Fiの作り方

SIMフリーのポケットWi-Fiを利用するためには、「SIMフリー対応のWi-Fi端末」と「SIMカード」が必要です。

この項目では、端末やSIMカードの選び方がわからない方も簡単にSIMフリーのポケットWi-Fiが作れるよう方法を解説します。

通信容量を決める

まずは、以下の表を参考にして毎月利用するデータ通信容量を決めましょう。

データ通信容量 データ通信を利用するシーン
1GB~3GB
・メールの送受信
・1日10分程度の動画視聴(低画質)
10GB~30GB
・1日1時間以上の動画視聴(標準画質以上)
・アプリや音楽のダウンロード

契約したデータ通信容量をオーバーしてしまうと通信制限がかかってしまうので、自分の利用シーンをよく考えて契約するようにしましょうね。

利用する周波数(BAND)を決める

周波数にはいろいろ種類がありますが、docomoもauもSoftbankも「プラチナバンド」と呼ばれる周波数を利用しています。

プラチナバンドは低い所を通る周波数なので、家の中や山間部などでも快適に利用ができます。周波数を選ぶ際は、ポケットWi-Fiの端末がプラチナバンドを利用できるかどうかをチェックしておきましょう。

利用する周波数(BAND)は端末とSIMで一致させよう

ポケットWi-Fiのルーターと挿入するSIMカードの系列を一致させなければ、SIMフリーのポケットWi-Fiは利用できないので十分注意して選びましょう。

ここではポケットWi-Fiの人気製品を例に出して、対応周波数を見ていきたいと思います。

ポケットWi-fiの製品名 対応周波数
NEXT mobile FS030W
Softbank 4G・3G・LTE
GL10P Huawei Pocket Wi-Fi
docomo
Speed Wi-Fi NEXT WX04
au 4G・LTE

このように、ポケットWi-Fiには、ルーターごとで対応周波数が決まっているので、自分の端末がどの周波数に対応しているのかよくチェックしておきましょう。

使用する格安SIM(MVNO)を決める

格安SIMは多くの種類が発売されているので、どれを選んだら良いのか悩んでしまいますよね。

そんな時は、良く選ばれているこの3社から選んでみることをオススメします。

  • UQmobile
  • mineo
  • イオンモバイル

この3社は、料金が安いという点も人気の理由ですが、docomoやauの回線を利用できる点も人気の理由です。(UQ mobileはau回線のみに対応)

docomoやauの回線はほとんどのポケットWi-Fiに対応可能なので、安心できますよ。

端末を購入する

購入するSIMが決まったら、次はその周波数に合わせた端末を購入しましょう。

こちらでは、先ほど紹介した「UQmobile」「mineo」「イオンモバイル」のSIMカードが挿入可能なフリーSIM対応のWi-Fi端末を上位2機種ご紹介します!

Aterm MR05LN HUAWEI E5577
製造元
NEC
HUAWEI
通信速度
最大下り速度/375Mbps
最大下り速度/300Mbps
simサイズ
nano sim
標準sim
同時購入可能sim
BIGLOBESIM(au系/docomo系)
楽天モバイル(docomo系)
mineo(au系)
楽天モバイル
mineo
DMMmobile

これらの機種はSIMカードも同時購入が可能な機種なので、「自分が選んだSIMカードは周波数が対応するか心配」「SIMカードのサイズがよくわからない」という人は、SIMカードも同時購入すると良いでしょう。

格安SIMを契約する

ここまで来たら、今までの情報を基に格安SIMを契約して購入するだけです。

契約や購入はオンラインや電話でできてしまうので、家でサクッと注文し、自宅に届けてもらいましょう。

SIMフリーのポケットWi-Fiが向いている人!

ここまで読んでみて、自分にはSIMフリーのポケットWi-Fiが向いているのか、WiMAXのような会社契約のポケットWi-Fiが向いているのか判断できましたか?

まだよくわからない人のために、ここでは「こんな人にこそSIMフリーのポケットWi-Fiを使ってほしい!」という点をまとめてみましたので、参考にしてみてください。

ガジェットに詳しい人

SIMフリーのポケットWi-Fiは、購入から設定はもちろん、トラブル対処まで全て自分でしなくてはならないので、ガジェットに対して知識がない人にとっては、つまずきポイントが多発してしまいます。

ですから、ガジェットにある程度詳しいことは最低条件となるでしょう。

通信速度が遅くても気にならない人

SIMフリーのポケットWi-Fiはキャリア回線をレンタルしているため、どうしてもWiMAXのようなポケットWi-Fiに比べると通信速度が遅くなってしまいます。

通信速度が遅くても気にしないという方は問題ないでしょう。

月々のデータ使用量が少ない人

SIMフリーのポケットWi-Fiは、データ使用量が増えてしまうとすぐに通信制限がかかってしまいます。

スマホやタブレットなどを使っても、メールや軽いネットサーフィンしかしないという人にはオススメです!

海外によく行く人

SIMフリーのポケットWi-Fiは海外でも利用ができるので、出張や旅行で海外によく行く人にはオススメです!

しかし、国によってはWi-Fi端末に対応する周波数が対応していない場合もあります。

SIMフリーのポケットWi-Fiを海外で利用する際は、その国で利用できる周波数やSIMカードの入手方法も調べておきましょう。

通信速度にこだわるならNEXT mobileがオススメ

ここまでの流れを見てみると、無制限にデータ通信ができるWiMAXのようなポケットWi-Fiの方が便利に思えますが、以下のポイントに当てはまる人はNEXT mobileがオススメです。

  • 無制限プランを組むほどデータ通信は使わない
  • かといって1GBや3GBでは足りない
  • 20GBや30GBもあれば十分だが、高い料金を払いたくない

データ通信量を20GB・30GB・50GBといった大容量ごとに契約できる「NEXT mobile」の料金を、比較してみましょう。

20GB 30GB 50GB
NEXT mobile
2,760円
3,490円
4,880円
mineo
4,070円
5,990円
無し

NEXT mobileなら大容量のギガ数を安い金額で利用できる上、どんな使い方をしても契約上のギガ数を超えなければ、ずっと高速通信を利用できます。

同じギガ数を格安SIMで契約しようとすると、表のように毎月2500円以上もの差額が生じますので、NEXT mobileのお得さがわかりますね!

無制限に使いたいならWiMAX

1日に何時間もデータ通信をする人は、無制限にデータ通信が利用できる「WiMAX」がオススメです!

  • アプリや音楽を頻繁にダウンロードする
  • インスタやTwitterを頻繁に利用する
  • ゲーム通信や動画視聴を長時間利用する

NEXT mobileや格安SIMで契約したSIMフリーのポケットWi-Fiの場合、50GBを超えるようなデータ通信を行うと、毎月5000円近くかかってしまいます。

しかし、WiMAXならいくらデータ通信を行っても月額料金は同じで、Broad WiMAXなら月額 2,726円~という低価格で利用できますよ。
3ヶ月以降は3,411円ですが、それでもお得ですよね!

SIMフリーがよくわからないという人へのオススメ

自分好みにカスタマイズできたり、格安SIMを使えたりとメリットも多いSIMフリーですが、その分各種設定を自分で行う必要が出てきます。

「ガジェットの扱いにイマイチ自信がない…」という人や「うまく使いこなせるか自信がない…」という場合、WiMAXやNEXT mobileなどの利用が簡単なWiFiルーターを契約するのもオススメです。

まとめ

今回の記事では、SIMフリーのポケットWi-Fiの仕組みや料金形態などを詳しく見てみました。

SIMフリーのポケットWi-Fiは格安SIMを使用するので、データ通信量が少ない人にとっては最安のポケットWi-Fiです。
しかし、データ通信を頻繁に行う人や、ガジェットに詳しくない人にとっては逆に高くついてしまう恐れがあるので、自分のスタイルに合わせて使用するポケットWi-Fiを選ぶようにしましょう。

20~30GBの通信量で安く利用したいならNEXT mobile、無制限にデータ通信をしたい人にはBroad WiMAXがオススメです!