閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

ポケットWi-Fiが繋がらない!原因と対処法を徹底解説

ポケットWi-Fi 繋がらない

いつでもどこでも高速のインターネット環境が使えるポケットWi-Fiですが、突然繋がらなくなってしまうことはありませんか?

この記事では、ポケットWi-Fiが繋がらなくなる原因や、試すべき対処法について解説していきます。

なお「ポケットWi-Fi」はワイモバイルとソフトバンクによる商標(正式表記はPocket WiFi)ですが、この記事ではWiMAXやau、ドコモなども含めて「ポケットWi-Fi」と表記しています。

各社で設定・確認方法や問い合わせ先が異なるため、その点にはご注意ください。

繋がらない原因をさがす前にまず確認したいこと

ポケットWi-Fiが繋がらないとき、まずチェックしたいことが3点あります。

いずれも単純なものですが、繋がらないのはこうした理由によるものが多いのです。

機内モードになっていないか

機内モードは電波を発しない状態ですから、当然のようにネットには繋がりません。

自分では設定したつもりがなくても、何かの拍子に機内モードになってしまう事もありますので、ポケットWi-Fiのルータースマホ・PCなどの接続機器が機内モードになっていないかチェックしてみてください。

電池パックやsimカードはしっかり入っているか

購入したばかりのポケットWi-Fiが使えない場合によくある原因が、電池パックやsimカードが上手くささっていないというものです。

電池パックやsimカードがずれていないか、裏返しに挿入されていないかチェックしてみてください。

いったん抜いて表裏をしっかりと確認し、挿入し直してから再起動しましょう。

充電が切れていないか

ほんの少し前まで正常に稼働していたのに突然ネットに繋がらなくなった場合、考えられるのが電池切れです。

画面表示から、電源が入っているのか、十分に充電がされているかをチェックしてみてください。

ポケットWi-Fiが繋がらないときにすぐできる対処法

続いてはポケットWi-Fiが動作しているにも関わらずネットに繋がらないとき、すぐできる方法についてご紹介します。

ルーターと接続機器を再起動する

まず試すべきは機器の再起動です。

もしソフトウエア上のトラブルが発生しているのであれば、再起動によって改善することがほとんどです。

なお、ルーターのみでなく、スマホやPCなどの接続機器も再起動してみてくださいね。

初期化・リセットする

再起動したにも関わらず繋がらない場合には、ポケットWi-Fiを初期化・リセットするのが有効です。

誤った設定が原因で繋がらなくなっている場合は、いったん初期化・リセットを行い、もういちど説明書にそって設定をし直すことで解決できる可能性が高いです。

セキュリティソフトを解除してみる

続いて試したいのがセキュリティソフトの解除です。

セキュリティソフトがポケットWi-Fiでの通信をブロックしている可能性があります。

また、セキュリティソフトは随時アップデートされているため、そのアップデートが原因でネットに繋がらなくなることもあります。

この場合は、セキュリティソフトのサポートセンターに症状を問い合わせてみましょう。

ポケットWi-Fiが原因で繋がらないときの対処法

家や公衆無線LANには接続できるのに、ポケットWi-Fiのみ繋がらない場合は、ポケットWi-Fiのルーター側に原因があると考えられます。

ポケットWi-Fiのサービスエリア外である

ポケットWi-Fiのサービスエリア外では、ネットへの接続ができません。

エリアマップを確認し、自分のいる場所がエリア内かを確認してみてください。

WiMAXであれば、WiMAX 2+サービスエリアマップ、LTEであれば、Ymobileの公式サイトで確認ができます。

通信速度制限にかかっている

頻繁に動画やネットゲームを楽しむ人であれば、通信速度制限にかかっている可能性もあります。

制限時には通常と比べてかなりの低速となりますので、繋がっていないように感じる場合も多々あります。

WiMAXのギガ放題、YmobileのポケットWi-Fiでアドバンスオプションを利用していれば通信制限中の速度は最大1Mbpsと気にならない程度ですが、それ以外の場合には最大128kbpsという厳しい速度制限がかかります。

128kbpsの制限にかかると、インターネット閲覧にも支障がでてしまいます。

通信制限にかかっている場合は、基本的には解除されるまで待つしかありません。

WiMAXはハイスピードプラスエリアモードの通信制限に注意

特に注意したいのがWiMAXの「ハイスピードプラスエリアモード」での通信制限です。

ハイスピードプラスエリアモードはWiMAX2+のエリアに加え、au4GLTEのエリアでも通信が可能という幅広いエリアがカバーされた便利な通信モードです。

しかし、ハイスピードプラスエリアモードには月間7GBまでの利用上限が設けられています。

月7GB以上ハイスピードプラスエリアモードを利用すると、ギガ放題であっても通常モードを含めたすべての通信が128Kbpsの超低速に大幅制限されてしまいます。

この制限にかかってしまうと月が切り替わるまで待つしかないため、ハイスピードプラスエリアモードの利用は緊急時のみに抑えましょう

まわりに障害物が多く電波が届きにくい

サービスエリア内にいるにも関わらず繋がりにくくなる原因のひとつに、障害物による影響が考えられます。

基地局とポケットWi-Fiとの通信は、ビルなどの障害物の影響を少なからず受けています。

いくつかの条件が重なると、通信が弱まり繋がりにくくなることがあります。

またポケットWi-Fiと接続機器の間でも、壁などの影響を受けて繋がりにくくなることがあります。

このような場合には、ポケットWi-Fiを障害のすくない窓際に移動し、スマホ・PCなどの接続機器をポケットWi-Fiに近づけてみてください

回線が混みあっている

ポケットWi-Fiの回線は多くのルーターが共有しています。

それぞれから同時に大量のデータ通信が行われると、回線が物理的に対応できなくなり、一時的に繋がりにくくなることがあります。

この場合は、重いデータのダウンロードをする時間をずらすなどで対応しましょう。

回線の混み合いは、ポケットWi-Fiと接続機器の間でも起こります。

たとえば、電車の中などで多くのポケットWi-Fiが狭い範囲に集まると、互いの電波が干渉してしまい繋がりにくくなることがあります。

この場合には電波帯域の切り替えを試してみましょう

初期設定では2.4GHzの帯域が使われていますが、5GHzに変更することで、繋がりやすくなる可能性があります。

W04、W05などWシリーズのWiMAXは、本体メニューから「設定」→「通信設定」→「Wi-Fi設定」で電波帯域の切り替えができます。

WX04などのWXシリーズは、本体メニューから「設定」→「LAN側設定」→「Wi-Fi設定」と進み、電波帯域を切り替えてください。

基地局が通信障害やメンテナンス中である

ポケットWi-Fiにも接続機器にも何も問題がない場合は、基地局が稼働していないことも考えられます。

基地局は定期的にメンテナンスが行われるほか、災害などで突発的なトラブルが発生する事もあります。

通信障害やメンテナンス情報はUQコミュニケーションズ公式サイトに現在の状況が掲載されますので、どうしても繋がらないという場合にはチェックしてみてください。

ルーターの不具合

ポケットWi-Fi本体に不具合がある場合も、当然ながらネットに繋がらなくなります。

普段持ち歩く道具だけに、物理的な衝撃や水に濡れるなど、ポケットWi-Fiが故障するリスクはさまざまです。

ルーターの故障を予防するためには、持ち歩く際に専用のケースに入れるなど、取り扱いは丁寧にするべきでしょう。

AndroidやiPhoneなどデバイスが原因で繋がらないときの対処法

パソコンとポケットWi-Fiは通信できるのに、スマホからは通信できないといった場合は、デバイス(接続機器)側の問題が考えられます。

最大接続台数をオーバーしている

ポケットWi-Fiは接続可能な台数に制限があります。

スマホ、PC、タブレット、ゲーム機など、気づかないうちに多くの機器がポケットWi-Fiに接続され、最大接続台数をオーバーしていないか確認してみましょう。

また、接続可能台数をオーバーしていなくても、制限台数に近づくと通信が遅くなりますので、使っていない機器はこまめにネットワークから外しておきましょう

デバイスのWi-Fi受信がOFFになっている

AndroidやiPhoneなどにはWi-Fi受信設定があります。

これがOFFになっていると当然ながらポケットWi-Fiには接続できません。

OFFになっている場合は、Wi-Fiを受信できるように切り替えましょう

間違ったSSIDを選択している

接続を試みているSSIDは本当にポケットWi-Fiのものでしょうか?

コンビニの無線LAN、公衆無線LAN、他人のポケットWi-Fi、デザリング状態になったiPhoneなど、身の回りには常に多くのWi-Fiが飛び交っています。

接続を試みているSSIDが本当に正しいものなのか、ルーターの「Wi-Fi情報」で自分のSSIDをもう一度チェックしてみてください

どうしても原因がわかれなければ問い合わせる

色々試してみても、どうしても繋がらない場合の対処方法について紹介します。

公式サポートセンターか契約したプロバイダに問い合わせ

どうしても原因がわからないときはサポートセンターに問い合わせましょう。

  • ポケットWi-Fi(Ymobile)サポートセンター:0570-039-151(9:00~20:00 年中無休)
  • WiMAXサポートセンター:0120-929-818(9:00~21:00 年中無休)
  • Next mobileサポートセンター:0570-015-154(11:00~18:00 月~土/年末年始は除く)
  • なお、サポートセンターへの問合せ時には、ポケットWi-Fiの機種名接続機器の機種名やOSなどをあらかじめメモしておくとスムーズです。

    解決しない場合は解約や乗り換えを検討

    サポートセンターに問い合わせても解決しない場合には解約や乗り換えを検討する必要があります。

    たとえば、引っ越しなどでポケットWi-Fiのサービスエリア外に移動してしまった場合には、自力での解決は不可能です。
    解約、あるいはエリアをカバーしている別会社へ乗り換えるか、生活環境に合わせて選びましょう。

    まとめ

    ポケットWi-Fiが繋がらなくなる原因はさまざまです。

    多くの場合は再起動や初期化など簡単な方法で解決しますが、通信制限や通信障害、エリア外など、自力では対処できない外部要因も考えられます。

    すぐに解決できない場合には、複雑な問題が隠れている可能性があります。

    サポートセンターなども活用し、いち早く解決を試みましょう。

    WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

    実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

    ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

    そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

    • 月額費用が安くてお得!
    • 月間No.1の申し込み数!
    • 安心のアフターフォローサービス!

    いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
    現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
    では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

    BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

    月額、、、、2,726円!??
    これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

    おすすめ窓口BroadWiMAX

    月額最安級の新プランも登場!
    選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

    ▼おすすめ窓口限定キャンペーン

    お申込みサイトを見る

    関連記事