閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

光コラボレーションの申し込みの手順とは?おトクに利用できる裏ワザを紹介

光コラボレーション 申し込み

NTTのフレッツ光回線を利用したプロバイダと一体型のインターネットサービス「光コラボレーション」

2015年に始まった新しいサービスですが、すでに2017年3月の時点で光回線契約全体の約3割を占めており、着実にシェアを伸ばしていることがわかります。

今回は、光コラボレーションの新規申し込みの手順利用中のインターネットサービスから光コラボレーションに乗り換える手順について詳しく説明していきます。

お得に申し込むための裏技もご紹介しますので、参考にしてくださいね!

光コラボレーションの申込窓口

光コラボレーションの業者は500以上ありますが、大きく次の3つに分けることができます。

  • 携帯キャリア系
  • プロバイダ系
  • その他

携帯キャリア系は、ドコモやソフトバンクなどの携帯キャリアが運営している光コラボレーションです。携帯電話やスマホとセットで利用すると独自の割引サービスが適用されることもあり、通信費をまとめたい人や通信費を少しでもお得にしたい人から支持されています。

プロバイダ系は、もともとプロバイダを提供していた業者が運営している光コラボレーションです。

NTTのフレッツ光回線とプロバイダを別々に契約するよりも、プロバイダが運営する光コラボレーション1つに契約する方が料金的にお得になることが多く、利用するサービスを変えたくない人や料金だけお得にしたい人、請求書や契約自体を1つにまとめたい人から支持されています。

また、携帯キャリア系でもプロバイダ系でもない光コラボレーション業者もあります。商社や電力会社、ガス会社など多種多様な会社が母体となっており、それぞれ、セット割引やセキュリティプランなどの独自のサービスを提供しています。

店頭申し込み

携帯キャリア系の光コラボレーション業者は、携帯のショップから申し込むことができるケースが多いです。店頭で申し込むので、スタッフと話し合ってプランを決められるというメリットがあります。

ただし、店頭が混み合うことも多いですので、予約をしてから出かけるようにしましょう。

電話申し込み

大抵の光コラボレーションは、電話申し込みに対応しています。ただし、営業時間が平日昼間に限られていることが多いですので、昼間忙しい人には利用しがたい方法となるかもしれません。

インターネット申し込み

電話申し込みと同様、大抵の光コラボレーション業者ではインターネット申し込みに対応しています。基本的にはどの業者でも24時間受付可能ですので、日中忙しい人でも気軽に申し込むことができます。

また、多くの光コラボレーション業者では「WEB限定キャンペーン」を実施していますので、店頭や電話で申し込むよりもお得に申し込めることが多いです。

光コラボレーションの主な申し込み手順

光コラボレーション業者や選択するプランによって申し込み手順が若干異なることがありますが、基本的には以下の流れに沿って申し込みを実施します。

ホームタイプ(戸建てタイプの場合)

戸建て住宅で光コラボレーションに申し込むと、まずは工事の日程を決定します。工事は、最寄りの電柱から光ファイバーを引き込む工事宅内にONU(最終端末装置)を設置する工事の2つを行いますので、2~3時間かかります。

なお、基本的には立ち会いが必要です。

マンションタイプの場合

マンションなどの集合住宅で光コラボレーションに申し込むときも、工事が必要になることが多いです。ただし、マンションの共有部分にすでに光回線が引きこまれている場合は、宅内工事も実施しないケースがあります。

立ち会いも不要のことが多いですので、指定された日時以降に利用者各自がホームゲートウェイをケーブルにつないで、インターネットの利用を開始します。

転用の場合

NTTのフレッツ光から光コラボレーションに乗り換えることを「転用」と言います。

転用の場合は、すでに引きこまれているNTTのフレッツ光回線経由でインターネットサービスを利用しますので、新規に回線工事を行う必要がありません。

なお、NTT以外の業者から光コラボレーション業者に乗り換えるときは、いきなり光コラボレーション業者に申し込みをばOKですが、転用の場合は、最初にNTTから「転用承諾番号」を受け取ってから、光コラボレーション業者に申し込みを行います。

光コラボレーションをお得に申し込む裏技

光コラボレーションを申し込む窓口は、24時間いつでも申し込むことができる「インターネット経由」がオススメです。

好きなときに申し込めるだけでなく、「WEB限定キャンペーン」を実施していることが多いですので、店舗や電話から申し込むよりもお得になるからです。

では、インターネット経由で申し込めば何でも同じかというと、そうではありません。

同じ光コラボレーション業者でも、公式サイトから申し込む方法と正規代理店サイトから申し込む方法がありますので、どちらがお得なのかをしっかりと吟味する必要があるからです。

実際に乗り換えるときに適用されるキャンペーンについては、次の記事もチェックしてみてください。

【関連記事】光回線のキャッシュバックやキャンペーンを比較!一番お得な光回線は?

なお、結論からいえば、光コラボレーション業者に申し込むときは、正規代理店サイト経由で申し込むのが、もっともお得です。

公式サイト経由では公式サイトで実施しているキャンペーンしか適用されませんが、代理店サイト経由の場合は「代理店サイト独自のキャンペーン」も「公式サイトのキャンペーンも両方が適用される」からです。

代理店サイト経由で適用されるキャンペーンには、次のような種類があります。

キャッシュバック

少し前までは公式サイトでもキャッシュバックを実施していることがあったのですが、最近ではあまり見かけなくなりました。

一方、代理店サイトではまだキャッシュバックを実施していることがありますので、活用してお得に乗り換えたいですね。

次のページでは高額キャッシュバックを実施している光コラボレーション業者をまとめて紹介していますので、ご覧ください。

工事費が無料になる

初期工事費が無料になるキャンペーンは、大抵の場合、公式サイトで実施しています。もちろん、代理店サイト経由で申し込んでも適用されますので、キャッシュバックを受けつつ初期工事費も無料にできますよ!

解約金や違約金が無料or負担になる

インターネットを契約すると、2年縛りや3年縛りとなる契約を結ぶことが多く、契約期間中に解約すると数千円~30,000円ほどの解約金や違約金が請求されることがあります。

しかし、乗り換え時に発生する解約金&違約金を負担してくれる業者もありますので、契約期間中に乗り換えるときはとも活用したいですね。

その他のキャッシュバック例

特定のオプションサービスに申し込むと高額キャッシュバックが受けられるというキャンペーンもあります。このキャンペーンを利用するときは、かならず次の2点をチェックしておくようにしてください。

  • 本当に必要なオプションサービスか?
  • オプションサービスはいつから解約できるのか?

光コラボレーションの申し込みはインターネットからが一番お得

光コラボレーションに申し込むときは、インターネット経由、しかも代理店サイト経由で申し込むようにしてください。

代理店に直接電話で申し込むと適用されないキャンペーンもありますので、まずはインターネット経由での申し込みを検討しましょう!

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)