閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

NTTフレッツ光からソフトバンク光へ転用!オプション引き継ぎを解説

ソフトバンク光 ntt

NTTのフレッツ光からソフトバンク光へ転用することで、料金が安くなったり、ソフトバンクスマホとのセット割が使えたりとさまざまなメリットがありますが、ネット環境が変わってしまわないか心配な方もいらっしゃるかと思います。特に、重宝しているオプションなどは、引き継げるのかどうか気になるところですよね。

今回はNTTフレッツ光からソフトバンク光への転用を考えている方のために、転用の流れや各種オプションの引き継ぎについて、分かりやすく解説していきます。転用を決断する前に目を通しておいて損は無いかと思いますので、ぜひご覧ください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

NTTのオプションは基本的に引き継ぎ可能

そもそも”転用”というのは乗り換えと違い、NTT提携の”光コラボ事業者”に契約を移す事によって、ユーザーの環境(携帯会社など)との兼ね合いでお得な割引きなどを受けられるというものです。転用にあたって不都合がないようにソフトバンク光に転用してもNTTのオプションは、基本的に引き継ぐことができます。

気をつけなければならないのが、オプションサービスの提供主です。転用後のオプションは、NTTが継続して提供するものと、ソフトバンクからの提供に切り替わるものがあります。

そのままNTTが提供するオプション

まずはNTTフレッツ光から転用しても、そのまま引き継がれるオプションについてです。

NTT東日本とNTT西日本で異なるオプションもありますので、下記にまとめてみました。

<NTT東日本・西日本共通で引き継がれるオプション>

  • @ビリング
  • フレッツ・スポット
  • セットアップサービス
  • 光☆DUETTO
  • フレッツ・セッションプラス
  • 050IP電話対応機器(IPフォン)
  • フレッツ・VPNワイド/ゲート
  • 電報

<NTT東日本のみで引き継がれるオプション>

  • フレッツ・ミルエネ
  • フレッツ・あずけ~る
  • フレッツおでかけパック
  • 光ポータブル
  • フレッツ・ウイルスクリア(V6含む)

<NTT西日本のみで引き継がれるオプション>

  • PC省エネサポート
  • フレッツ・まとめて支払い
  • 光ポータブルLTE
  • ひかり機器保証
  • 光ソフト使い放題
  • セキュリティ機能ライセンス・プラス
  • セキュリティ機能まるごと
  • Webフィルター

上記のオプションに加入されている場合は、ソフトバンク光に転用してもNTTが継続して提供します。不要な場合はNTTの方に解除の連絡をする必要があります。

ソフトバンクから提供されることになるオプション

転用後、ソフトバンク光から提供されるオプション一覧です。

<ソフトバンク光提供のオプション>

  • ホワイトひかり電話
  • ホワイトコール24
  • 光電話(N)、光電話機能
  • 光BBユニットレンタル
  • Wi-Fiマルチパック
  • おでかけアクセス(公衆無線LAN、モバイル接続サービス、海外ローミング)
  • ダイヤルアップサービス
  • ホームゲートウェイ(N)、無線LAN(N)
  • ソフトバンク光テレビ
  • 愛媛CATV&SoftBank 光
  • 地デジチューナー(R)
  • ひかりTV
  • スカパー!
  • Netflix
  • リモートサポートサービス(N)
  • 24時間出張修理オプション(N)
  • Yahoo! BB基本サービス
  • BBセキュリティ
  • BBフォン
  • とく放題(B)
  • BBマルシェ by 大地を守る会
  • BBサポートワイドサービス
  • BBお掃除&レスキュー
  • BBライフホームドクター
  • BBソフト

書き並べるだけでもかなりの数のオプションがありますね。

上記のうちの「(N)」という表記は、NTTから転用した場合にサービス名が上記のものに変更されるという意味です。NTTから提供されているモデムやホームゲートウェイ、光電話のサービスについてはそのまま使用可能で、機器のレンタル料金はソフトバンクからの請求です。

転用後は使えなくなるオプション

基本的にはオプションは引き継ぎ可能といったものの、NTTフレッツ光からソフトバンク光などの光コラボ事業者に転用すことで、使えなくなるものが一部存在します。

こちらもNTT東日本とNTT西日本で違いがあり、下記のとおりです。

<NTT東日本・西日本共通で終了するオプション>

  • フレッツまとめて支払い

<NTT東日本で終了するオプション>

  • フレッツメンバーズクラブ
  • フレッツマーケット
  • 光ソフト使い放題
  • 光iフレーム2
  • 光ステーション

<NTT西日本で終了するオプション>

  • Club NTT WEST
  • セキュリティ対策ツール

基本的には料金確認の照会サービスや、ソフトバンク光に同様のサービスがあるものです。そのため、これらのオプションが終了してしまう事に対して不便を感じる事は無いと言えます。

注意点としては、フレッツメンバーズクラブとClub NTT WESTのポイントが失効してしまいますので、転用の前に所持ポイントを確認し、貯まっている場合には消化するとよいでしょう

電話番号もそのまま引き継ぎ可能

NTTフレッツ光を利用中に「ひかり電話」を利用されていた場合、ソフトバンク光の「光電話(N)」にそのまま電話番号を引き継ぐことが可能です。

電話番号が変わるといろいろと面倒な手続きや連絡が必要ですし、そのまま使用できるというのは嬉しいですね。

プロバイダ独自のオプションは引き継げる?

転用の際に気になる点として、「プロバイダの情報は引き継ぐ事はできるの?」という疑問が生じますよね。

ではプロバイダの引き継ぎに関して解説していきましょう。

Yahoo!BBのオプションのみ引き継ぎ可能

タイトルで既に結論が出てしまってますが、プロバイダオプションは、Yahoo!BBのもののみ引き継ぎ可能となっています。

なぜ他はダメなのかと言いますと、「ソフトバンク光のインターネットプロバイダはYahoo!BBだから」という理由に尽きるわけです。シンプルですね。

そのため、元々Yahoo!BBを利用されていた方はそのままスライド式でソフトバンク光に移行できますが、それ以外のプロバイダから移る場合はプロバイダをいったん解約する必要があります。

では他のプロバイダから移行する方のために、Yahoo!BBのオプションについて解説していきましょう。

Yahoo!BBの主なオプション

Yahoo! BB基本サービス

こちらはYahoo!の基本サービスである「Yahoo!メール」、「Yahoo!オークション」、「Yahoo!ジオシティーズ」、「Yahoo!ウォレット」などが利用できるオプションです。

”スタンダードプラン”と”プレミアムプラン”があり、プレミアムプランですとYahoo!ショッピングをご利用の際のTポイントが14倍になったり、スマホバックアップが無制限で利用できるなどの特典があります。

BBセキュリティ

利用しているパソコンやスマホをウィルスなどから守ってくれるサービスで、パソコンもスマホもまとめてセキュリティ対策ができるもの、それぞれ個別設定でセキュリティ対策ができるものがあり、ニーズに合った対策が可能となっています。

BBフォン

パソコンを介したIPフォンで、BBフォンの利用者同士なら通話料が無料です。

ホワイトコール24という無料オプションに加入すると、ソフトバンク携帯との通話も無料ですので、通話をよく利用される方にはお得であると言えるでしょう。

日常的に使用するのは上記のオプションになるかと思いますが、他にも「インターネットが繋がらない」という時にサポートしてくれる”BBサポートワイドサービス”、手に負えない汚れの掃除や鍵のトラブルにも対応してくれる”BBお掃除&レスキュー”、健康相談や専門医の紹介まで行ってくれる”BBライフホームドクター”などの多彩なオプションが揃っています。Yahoo! BBのサービスだけで、生活の大半はカバーできますね。

プロバイダのメールアドレスを引き続き使いたい場合

プロバイダを変える際に最も危惧されるポイントとして「今まで使っていたメールアドレスが使えなくなってしまうのでは?」という問題があります。サイトの登録情報に使っていたり、連絡手段に使っていたりしたものがいきなり消えるのは困りますよね。

もちろんスムーズに変更手続きができる場合は良いのですが、「どうしてもこのメールアドレスが使いたい」という場合は、大半のプロバイダは月額料金制でメールのサービスを提供してくれます。

プロバイダのメールアドレスがどうしても必要なら、解約時に”メールのみの契約”への切り替えを行いましょう。

ソフトバンク光への転用の際には自分でプロバイダの解約手続きが必要

転用に際して、プロバイダ契約は勝手に切り替わってくれるものではありません。

例えばOCNからYahoo! BBに切り替える際に、「今月からYahoo! BBに切り替えたからOCNは放っておいても勝手に解約される」というわけにはいかないわけですね。

転用の際は以前のプロバイダには解約の申込を行い、新しいプロバイダに契約の申込をするというのが鉄則です。

解約手続きをきちんとしないと、新しいプロバイダの料金と以前のプロバイダの料金の二重支払いが生じてしまいます。

プロバイダの解約は、ソフトバンク光が開通すればいつでもOKです。ソフトバンク光への転用の場合は、違約金のキャッシュバックシステムもありますので、更新月のタイミングを狙う必要はありません。

転用後に料金が高くなったらオプションの確認を!

「ソフトバンク光にしたら前より料金が高くなった!」という声もありますが、光コラボ事業者との契約は、基本的に利用料金が安くなるように作られています。

高くなる原因としては、”普段使用しないオプションの契約をつけてしまっている”というケースが多いです。

インターネットの契約は複雑です。店員さんや営業マンの言われるがままに契約をして、そのまま放置してしまうという人も多いかと思います。

もちろん契約時は複数のオプションに加入した方がお得な場合がありますので、契約後にご自身が加入しているオプションをきちんと見直し、不要なものは解約する必要があります。

テレビサービスは引き継げる場合と引き継げない場合がある

インターネット経由のテレビサービスにもさまざまな契約形態があり、場合によってはNTTフレッツ光からの引き継ぎが出来ない場合もあります。

NTTが提供する「フレッツ・テレビ」は引き継ぎ可能

NTTフレッツ光を利用時に、NTTから提供されている「フレッツ・テレビ」を利用していた場合は、ソフトバンク光に転用した際も「ソフトバンク光テレビ」として引き続き利用可能です。

NTT自体との契約ですので、移行がスムーズというわけですね。

プロバイダ経由で契約する「ひかりTV」は解約となる場合も

プロバイダ経由で契約されている「ひかりTV」に関しては、転用前のプロバイダに左右される部分があります。

引き継ぎができるのは、以下のいずれかのケースです。

  • 転用前のプロバイダがYahoo! BBの場合
  • ひかりTVの契約先が(株)NTTぷらら代理店である場合

これ以外のケースでは、一度解約をして契約をし直さなくてはいけません。

テレビサービスを利用していて転用をお考えという場合は、現在の契約状況をしっかり見直しておく必要があるというわけですね。

ONU、ホームゲートウェイなど、NTTの機器は返却不要でそのまま使える!

まず「ONUって何ですか?」「ホームゲートウェイって何ですか?」という疑問が聞こえてきそうですので解説しておきましょう。

簡単に言うと両方ともインターネットを接続するにあたって必要な装置です。

インターネットを契約すると、コンセントの近くにある差し込み口と装置をケーブルで繋ぎますよね。

その装置がONU、そしてそれを拡張してくれるのがホームゲートウェイというわけです。

これにはさまざまなタイプがあり、ONUとホームゲートウェイが一体化していることもありますが、とにかく「NTTの機材はそのまま使える」と考えておけばOKです。

転用後の配線と接続設定

ソフトバンク光に転用すると、装置として「ONU」、「ホームゲートウェイ」、「光BBユニット」の3つが手元にある状態を想定した接続設定方法をご案内します。

<ソフトバンク光の配線方法>

  • 各機器をコンセントに接続する
  • 住宅の壁に設置されたインターネット用の差込口からONUの”LINE”というポートにケーブルを繋ぐ
  • そしてONUの”UNI”とホームゲートウェイの”WAN”をケーブルで繋ぐ
  • 次にホームゲートウェイの”LAN”から光BBユニットの”インターネット回線”というポートをケーブルで繋ぐ
  • 光BBユニットの”パソコン”からお手持ちのパソコンにケーブルを繋げば完了

場合によってはONUとホームゲートウェイが一体型になっていたり、ホームゲートウェイがないという場合もありますので、説明書に目を通して正しく繋ぎましょう。

詳しくはこちらの記事でも解説しています。

NTTフレッツ光からソフトバンク光への引き継ぎのまとめ

インターネットの契約やオプションの契約はややこしいです。

「お得で簡単に移行できます!」みたいな触れ書きが多いですが、中身は複雑ですし、知らないと損をしてしまう事も多々あります。

長々と解説してきましたが、NTTフレッツ光からソフトバンク光に転用する際のポイントとしては

  • 自分が使っているオプションをきちんと見直す
  • プロバイダの解約は転用前に申し込む

これだけで損をしない転用ができるかと思います。

もしソフトバンク光への転用をお考えなら、キャッシュバックが最も充実した、ネット代理店からの転用をおすすめします。

おすすめ窓口最大94,000円
キャッシュバック!
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!
他社からの乗換えで違約金負担も!
さらに最大94,000円キャッシュバック中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ソフトバンク光とSoftBankスマホをセットで契約すると超お得!

フレッツ光ナビではソフトバンク光とSoftBank端末の新規・乗り換え契約で限定キャンペーンを実施しています。

※掲載時のキャンペーン価格のため変動することがございます。
※スマートフォンの機種変更は割引対象外。
※スマートフォン機種ごとの割引額に関しては機種一覧をご覧ください。

限定キャンペーンの金額分、SoftBankショップの店頭や公式サイトから申し込むよりもお得に契約できます!
上記の限定キャンペーンはSoftBank公式キャンペーンとの併用ができるので誰でもお得に契約できます。
そして、直接店頭へ足を運ぶ必要もなく、オプションサービスを無理に勧められるようなこともありません。

またソフトバンク光とSoftBankスマホをセットにすると「おうち割光セット」で携帯回線1つにつき最大月額1,080円割引があるのも大きなポイント。
家族のSoftBank携帯10回線まで割引が適用されるので、月々の通信費を節約したい方は必見です!

限定キャンペーンの申し込み方法

フレッツ光ナビの限定キャンペーンは下記の専用フォームに情報を入力し送信するだけで簡単に申し込みが完了します。
もちろんインターネット回線とスマートフォン、どちらかだけでも契約可能ですのでご安心ください。
ご希望の端末と3つのデータプランを選ぶだけなので簡単に手続きが終わります。

ソフトバンクスマホを契約するとスマホが2年間最大48,600円割引!ソフトバンクWeb申し込みサイトで最大60,000円キャッシュバック+スマホが2年間最大48,600円割引!

【Webフォーム】SoftBankのスマホのみ申し込む

ソフトバンク光のみのお申し込みや、ソフトバンク光とSoftBank端末をセットでお申し込みしたい場合は以下の専用フォームからお申し込みください。

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大60,000円キャッシュバック中!

お申込みサイトを見る

株式会社Life Bankで
ソフトバンク光を申込む

最大60,000円キャッシュバックに加え、
フレッツ光ナビ限定のキャンペーン実施中!
フレッツ光ナビ限定キャンペーンの申し込み

ソフトバンク携帯のご契約の際、お支払い方法はクレジットカードに限ります。

お支払い方法に問題がなければ、下記の契約形態を選択お願いいたします。


機種変更を希望の方は本キャンペーンの対象外です。
ソフトバンク光のみのお申し込みとなります。

株式会社Life Bank株式会社ALL CONNECTの個人情報保護方針、利用目的に同意する
個人情報の利用目的
  • 代理店株式会社Life Bankでのソフトバンク光申し込みのため
  • 代理店株式会社ALL CONNECTでのソフトバンク携帯の申し込みのため
  • 代理店株式会社Life Bankと株式会社ALL CONNECTに対し、お客様の個人情報を提供いたします。

お申込みいただいた情報は、
株式会社Life Bankと株式会社ALL CONNECTに送信されます。

ソフトバンク光・ソフトバンク携帯の申込みが完了しました。

ソフトバンク光・ソフトバンク携帯のお申し込みありがとうございます。
ご入力いただいた情報を代理店株式会社Life Bank・オールコネクトに送信しました。
お申し込み内容のヒアリングのため、代理店より0120-536-7130120-488-512のフリーダイヤルよりお電話がある場合がございます。ご了承くださいませ。

関連記事