閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

インターネットは光回線がおすすめ!光回線の特徴と料金・速度を比較して解説

インターネット光回線の種類と光回線の選び方のご提案

現在、インターネット回線で最も主流なのは、光ファイバーを使った光回線です。

光回線は最大速度1Gbps以上の高速通信を行えるなど、従来のインターネット回線に比べてメリットもあります

ただし、工事が必要だったり、月額料金が他の回線より割高だったりと、デメリットが存在するのも事実です。

この記事では光回線を新たに契約したい方や、現在光回線以外のインターネット回線を契約している方に向けて、光回線と他のインターネット回線は何が違うのか、わかりやすく解説しますよ。

また、光回線ごとの速度や月額料金などを比較し、オススメの光回線事業者も紹介しますので、ぜひ参考にしてくださいね。

インターネットは光回線方式が最もオススメ

インターネット回線には、光回線のほか、ADSL・VDSL・ケーブル回線など、さまざまな選択肢があります。

2019年、インターネット回線を契約するなら光回線が最もオススメですよ。

光回線は他のインターネット回線に比べて高速通信が可能で、通信自体も安定します。

また、ご利用中のスマートフォンや携帯電話とのセット割引が適用される光回線もありますよ。

光回線の「光ファイバー」ってなに?

光回線は、光ファイバーを使っているインターネット回線サービスです。

光回線で使われる光信号はとてもスピードが速いため、通信速度が上下最大1Gbps以上と高速で、動画再生やアプリのダウンロードなど、容量が大きい通信でも、快適に行うことができます。

現在のインターネット契約が光回線か確かめる方法

今使っているインターネット回線が光回線か確認したい場合は、インターネット契約時に届いた書類を参考にサービス名を確認し、調べてみましょう。

部屋のコンセント付近にインターネット用の端子(光コンセント)が付いている場合も、使っているのは光回線であると考えられます。

また、 確認君+(Plus)というサイトにアクセスすると、契約中の回線やプロバイダがわかりますよ。

光回線8社のインターネット提供エリア

ひとえに光回線と言っても、光回線を提供する事業者によって利用する回線が違います。

自社の光回線を敷設しているエリア内でしかサービスを提供できないので、光回線事業者によって提供エリアが変わりますよ。

光回線でインターネットを契約する際にはまず、自宅の住所で契約できる事業者はどこか調べておきましょう。

マンションやアパートなどの集合住宅にお住まいの方は、都道府県が提供エリア内でも、物件によっては契約したい光回線が導入できない場合がありますので、契約前に光回線事業者に問い合わせるなど確認が必要です。

では、主要光回線8社の提供エリアを比較してみましょう。

光回線名
提供エリア(戸建てタイプ)
提供エリア(マンションタイプ)
フレッツ光
日本全国
日本全国
ソフトバンク光
ドコモ光
So-net光
OCN光
auひかり
東海・関西以外
コミュファ光
愛知県・岐阜県・三重県・静岡県・長野県
NURO光
関東・中部・関西のみ

auひかりは戸建てタイプとマンションタイプで提供できるエリアに差があります。

また、提供エリア内の方でも立地条件や地方部などによって、一部提供エリア内の場合もありますので、ご注意ください。

光回線のエリア確認方法については、こちらの記事を参考にしてくださいね。

インターネットを光回線に切り替えるメリット

インターネットを光回線にするメリットは、次のとおりです。

  1. 回線速度が速くなる
  2. 通信が安定する
  3. スマホとのセット割が利用できる
  4. 多彩なオプションサービスが利用できる

現在、光回線以外のインターネット回線をお使いの方に向けて、光回線を利用するメリットをご紹介していきましょう。

これから新たにインターネットを契約したいと考えている方もぜひ、参考にしてくださいね。

回線速度が速くなる

光回線の最大通信速度は1Gbps~が基本です。

一方、VDSL・ADSL回線、ケーブル回線の最大通信速度は光回線に比べて遅いですよ。

インターネット回線ごとの配線方法と速度の違いをみてみましょう。

回線の種類
接続方法
最大通信速度
光回線
光ファイバーを使ってインターネットに接続する回線 下り上りともに最大1Gbps~10Gbps
ADSL回線・VDSL回線
電話回線を使ってインターネットに接続する回線
(ADSLとVDSLの違いは利用する電気信号の周波)
下り最大50Mbps~上り最大15Mbps
ケーブル回線
ケーブルテレビの回線を使ってインターネットに接続する回線 下り最大320Mbps~上り最大10Mbps

光回線やWi-Fiルーターは比較的新しい通信方法ですので、高速で通信できますよ。

速度はMbpsとGbpsという単位で表わされますが、1000Mbpsが1Gbpsなので、光回線はADSL・VDSL回線の約20倍、ケーブル回線の3倍以上の最大速度がでる計算です。

回線速度がインターネットの種類によって変わる理由は、接続方法にあります。

光回線で使う光ファイバーは高速で通信ができますが、VDSL回線やADSL回線、ケーブル回線で使う配線では光回線ほどの速度で信号を送ることができず、通信速度があがりません。

通信が安定する

光回線と他のインターネット回線の接続方法の違いは、速度だけに表われるわけではありません。

VDSL・ADSL回線、ケーブル回線の特徴として、電磁波やノイズなど、周囲の影響を受けやすいというデメリットがあります。

一方、光回線の光ファイバー方式の接続方法は、外部からの影響を受けにくく、安定した通信がしやすくなります。

スマホとのセット割が利用できる

光回線の中には、スマホとのセット割を展開している業者があります。

セット割を利用すれば、毎月の通信費を削減できますよ。

各携帯電話キャリアとセット割に対応している光回線をみてみましょう。

対応する光回線
セット割の内容
ドコモ
ドコモ光のみ
紐付けした回線を毎月100~3,500円(税抜)割引
au
auひかり・コミュファ光・eo光・So-net光・ビックローブ光など
毎月最大2,000円(税抜)×10回線割引
ソフトバンク・ワイモバイル
ソフトバンク光、NURO光のみ
毎月最大1,000円(税抜)×10回線割引

ドコモのセット割に対応するのはドコモ光だけですが、auやソフトバンクのセット割に対応する光回線は複数あります。

auやソフトバンクのユーザーはいくつかの光回線がセット割に対応しているので、お得なキャンペーンや月額料金、サービス内容などを比較し、自分に最適な契約先を選びましょう。

多彩なオプションサービスが利用できる

光回線を契約すると、パソコンなどでインターネット検索する以外にも、さまざまなサービスが利用できます。

特に人気の高い光回線のオプションサービスを紹介しましょう。

光回線を使ったひかり電話

ひかり電話は基本料金が月額500円(税抜)~で、NTTのアナログ加入電話に比べ安い料金で固定電話を使えるサービスです。

現在お使いの加入電話の電話番号も、手続きをすればそのままひかり電話でも利用できます。

光回線を使って通話品質も安定しているので、電話料金を節約したい方にはぜひ使ってほしい機能です。

ひかり電話で現在の電話番号をそのまま利用する方法や、具体的な料金はこちらの記事を参考にしてください。
フレッツ光のひかり電話なら番号がそのまま使える!サービス・料金を紹介

アンテナなしでも豊富なチャンネルが楽しめるテレビサービス

光回線を使って多放送チャンネルを配信するひかりTVサービスは、アンテナ不要で視聴できるため、大がかりな工事やパラボラアンテナの設置などが不要です。

人気のHuluやNETFLIX、スカパー!などももちろん簡単に楽しめますよ。

外にアンテナを設置しないので、天気が悪いときでも放送の映像が乱れづらかったり、CSやBSの専門チャンネルを楽しめたりするのは便利ですね。

光回線を使ったテレビサービスについてはこちらの記事もチェックしてください。

インターネットを光回線に切り替えるデメリット

光回線には、デメリットといえる部分もあります。

  1. 月額料金が高くなる場合がある
  2. 光回線の開通工事が必要
  3. 通信障害が起こる場合がある

では、光回線でインターネットを契約する前に知っておきたいポイントを、ひとつひとつみていきましょう。

月額料金が高くなる場合がある

速度や通信が安定し、さまざまなオプションサービスを利用できる光回線ですが、月額料金はVDSL・ADSL回線やケーブルテレビ回線に比べ高くなる場合もあります。

同じフレッツ光ネクストでも、光回線とマンションによく導入されるVDSL方式の回線では料金が変わります。

例えばマンションタイプで契約できるインターネットの契約プランを、比較してみましょう。

配線方式
インターネット会社
最大通信速度(下り)
月額料金
光回線
フレッツ 光ネクスト ギガマンション・スマートタイプ 最大1Gbps 3,350円
VDSL回線
フレッツ 光ネクスト マンションタイプ 最大100Mbps 2,850円~
ケーブル回線
J:COM スマートお得セレクト NET320M 最大320Mbps 5,757円

ケーブル回線は割高ですがインターネット料金だけでなく、37チャンネル以上が楽しめるケーブルテレビサービス込みの料金です。

現在、光回線ではないインターネット回線で契約がある方は、光回線への乗り換えで料金がどれくらい変わるのかも調べておきましょう。

光回線の開通工事が必要

光回線の開通には、おうちの中に光回線を引き込む開通工事が必要です。

光回線の開通工事費用は基本的に契約者負担ですよ。

ただし、光回線事業者によっては、工事費無料キャンペーンを実施している会社も多いです。

光回線に乗り換える時は、工事費無料キャンペーンを利用できる事業者も検討してみましょう。

光回線の工事内容や、光回線事業者ごとの初期工事費用の金額は光回線開通に必須!インターネット工事内容の項目で改めて説明しますね。

通信障害が起こる場合がある

光回線に限った話ではありませんが、インターネット回線は通信障害がおこる可能性があるのも、デメリットのひとつといえるでしょう。

通信障害が起これば、回線事業者側やプロバイダが復旧を完了するまで、インターネットが利用できません。

通信障害については、こちらの記事を確認してください。
フレッツ光の通信障害が起きたら試してみるべき対処法まとめ!

光回線はフレッツ回線か独立回線にわかれる

 
光回線はどの回線を利用するかで、大きく2つにわかれますよ。

光回線では大手のNTT・フレッツ光が2015年から他社にも自社の光回線を貸し出しており、フレッツ回線を使う光回線事業者を「光コラボレーション」と呼びます。

光コラボレーションは全国に500社以上あり、フレッツ光の契約者とあわせてフレッツ回線の利用者は2018年現在、光回線シェアの67%を占めています。

引用:ブロードバンド回線事業者の加入件数調査(2018年3月末時点、株式会社MM総研)

フレッツ光と光コラボは同じ回線を使うので、提供エリアや通信速度など、回線自体の品質はどこで契約しても変わりません。

一方で、フレッツ光回線以外の光回線を利用してサービスを提供する「独立回線」の光回線もあります。

例えばauひかりは親会社のKDDIが敷設した光回線を、コミュファ光は中部テレコミュニケーションが敷設した光回線を使っています。

NURO光はNTTの光回線で使われていない回線、通称ダークファイバーを借り、独自の回線として利用していますよ。

フレッツ回線がオススメの人

フレッツ光を契約している方は同一回線を使っている光コラボ事業者へ、「転用」という手続きで簡単に乗り換えられます。

フレッツ光を解約しなくても乗り換えができるので、フレッツ光の解約金が免除されます。

フレッツ光から光コラボ事業者への切り替えはNTT局内のみで完了するので、工事の際に面倒な立ち会いや、初期工事費用がいりませんよ。

光コラボには、携帯電話キャリアが運営するドコモ光やソフトバンク光もあります。

〈フレッツ回線がオススメの人〉

  • フレッツ光からの乗り換えの人
  • 独立回線は提供エリア外の人
  • ドコモユーザーでセット割を受けたい人

光コラボについて気になる方は、こちらの記事も参考にしてくださいね。
光コラボって実際どうなの?評判まとめ│あなたは契約するべきか

フレッツ回線は混線しやすい

フレッツ回線はフレッツ光と同じ回線品質や通信速度が約束されているので、人気が高いです。

しかし、それだけ多くのユーザーが同じ回線を利用するため、問題点も発生していますよ。

フレッツ光や光コラボのユーザーからは「夜間は速度が遅くて使いものにならない」「週末はつながりにくい」という声もあがっています。

夜間や週末はインターネットを利用する人が増える時間帯で、アクセスが集中するため、フレッツ回線が混線状態に陥っていることが考えられますよ。

そこで、回線の混雑を回避するためにv6プラスという高速通信サービスが登場しました。

v6プラスは対応しているプロバイダと契約することで利用でき、現在、フレッツ光や光コラボ事業者に対応したv6プラス提供プロバイダも増えています。

v6プラスについては、こちらの記事でくわしく説明しているのでお読みください。

光コラボはプロバイダの乗り換えがしにくい

光コラボレーションでは月額料金にプロバイダ料金が含まれているので、プロバイダ会社に別でプロバイダ料を支払うフレッツ光と比べて毎月の利用料が安くなります。

しかし、光コラボ各社はどのプロバイダでも対応しているわけではありません。

契約する光コラボによって契約プロバイダが1社のみに限定されたり、複数から選べたりと限定されていますよ。

フレッツ光などプロバイダが自由に選べる事業者は契約中にプロバイダだけ乗り換えもできますが、プロバイダ一体型の光コラボの場合はプロバイダ変更に伴い、光回線契約自体を解約しなくてはいけないこともありますので、注意しましょう。

光回線とプロバイダの関係については、こちらの記事も参考にしてください。

独立回線がオススメの人

フレッツ回線を使う光回線と対極の独立回線ですが、こちらも独立回線ゆえのメリットとデメリットがあります。

独立回線は自社のユーザーだけが利用する光回線を使うので、インターネット利用者が多くなる時間帯でもスムーズに通信ができるメリットがあります。

また、独自の技術を使ってフレッツ回線よりも速い最大通信速度を可能にしていますよ。

auひかりやコミュファ光は2018年から最大通信速度5Gbpsと10Gbpsのプランを提供していますし、NURO光は2019年に6Gbpsと10Gbpsのサービスを提供予定です。

以下のポイントに当てはまる方は、独立回線の契約がオススメできるでしょう

〈独立回線をオススメできる人〉

  • 高速通信にこだわりたい人
  • オンラインゲームユーザー
  • 動画配信や視聴が多い人
  • 複数台の通信機器を接続し、同時に通信したい人

オンラインゲームにおいて重要な応答速度(Ping値)も独立回線は安定していると高評価ですよ。

独立回線はエリアが狭い

独立回線は自社で光回線を敷設するため。全国的に光回線を敷設しているフレッツ回線と比べ、提供エリアが狭いです。

例えばコミュファ光は東海地方のみで契約ができ、NURO光は関東地方・関西地方・東海地方限定の光回線です。

しかし、コミュファ光は2018年12月から新たに長野県が提供エリアに加わったり、NURO光はもともと関東限定だったのが、関西・東海地方でも利用できるようになったりと、随時エリアは広がっていますよ。

独立回線は工事費が高額になりやすい

独立回線は新たに光回線のエリアを広げる設備投資が必要で、特殊な工事が必要な場合もあり、工事費用がフレッツ回線に比べ、高額な事業者が多いです。

ただし、この記事で紹介するauひかり、NURO光、コミュファ光は工事費の無料キャンペーンも開催中ですよ。

独立回線と光コラボ回線の工事費用は、光回線の工事費用を比較の項目で具体的な金額を解説します。

【戸建て住宅向け】光回線8社の速度・料金・キャンペーンを比較!

では、光回線で人気の8社の提供エリアや最大通信速度、月額料金、キャンペーンの面から比較してみましょう。

光回線の月額料金は戸建てタイプとマンションタイプでも変わるため、まずは戸建てタイプにお住まいの方向けに比較を行います。

光回線は、プロバイダ料込みで、戸建住宅だと5,200円程度、集合住宅は4,000円程度が相場なので、契約予定の光回線の料金は平均より安いのかどうか判断してみてくださいね。

ただし、月額料金自体が少し高めでも、割引やスマホとのセット割を含めると安くなるケースもあるので、他の条件もしっかり踏まえつつ料金を調査しましょう。

光回線名
通信速度
月額料金(戸建て)
キャンペーン
フレッツ光
最大1Gbps
〈西日本〉5,400円 +プロバイダ料金 〈東日本〉5,200円 +プロバイダ料金
  • 月額料金値引
ソフトバンク光
5,200円
  • 工事費実質無料
  • 他社違約金・撤去工事費など相当額還元(公式)
  • プロバイダオプション初月無料
  • 【代理店限定】最大30,000円キャッシュバック
ドコモ光
5,200円~
  • dポイント最大10,000ptプレゼント
  • 月額料金割引
  • 【代理店限定】最大15,000円キャッシュバック
So-net光
5,700円
  • 月額料金値引(公式)
  • セキュリティオプション最大12か月無料
  • 【代理店限定】最大10,000円キャッシュバック
OCN光
6,200円
  • 月額料金値引
auひかり
最大1・5・10Gbps
5,100円
  • 工事費実質無料
  • 他社光回線違約金の相当額還元
  • 月額料金割引
  • 【代理店限定】最大52,000円キャッシュバック
コミュファ光
5,550円~
  • 工事費実質無料
  • 月額料金大幅割引
  • 【代理店限定】最大55,000円キャッシュバック
NURO光

最大2Gbps
(2019年から6・10Gbpsの
プランも提供予定)
4,743円
  • 工事費実質無料
  • 月額料金大幅割引
  • 最大35,000円キャッシュバック
    (公式特設サイトからの申込みのみ)
  • PS4orVRプレゼント
    (キャッシュバックとの併用不可)

戸建てタイプでオススメの光回線・ソフトバンク光

ソフトバンクやワイモバイルを契約中の方は、セット割が適用できるソフトバンク光を検討しましょう。

ソフトバンク光の料金と通信速度
戸建住宅
集合住宅
月額料金(税抜)
5,200円
3,800円
最大通信速度
1Gbps

ソフトバンク光の月額料金は戸建住宅で5,200円(税抜)、集合住宅では3,800円(税抜)です。

ソフトバンク光の月額料金は以下の記事でも解説しているので、合わせてご覧ください。

ソフトバンク光はキャンペーンの充実度が高く、新規契約をすれば以下の特典を受けられます。

  • 工事費実質無料
  • 他社違約金・撤去工事費など相当額還元
  • おうち割光セットの適用
  • 代理店限定キャンペーンで最大33,000円キャッシュバック

また、ソフトバンクユーザーやワイモバイルユーザーは、セット割が適用され、ソフトバンクスマホ毎月最大1,000円(税抜)×10回線の割引も受けられますよ。

<ソフトバンク光回線はこんな人にオススメ!>

  • 現在フレッツ光を契約していて、月額料金を下げたい人
  • IPv6で高速通信をしたい人
  • スマホはワイモバイルまたはソフトバンクを利用している方

ソフトバンク光なら最短2か月後に最大33,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

ソフトバンク光もSoftBank airでも開通月から最短2か月後に現金33,000円キャッシュバック! フレッツ光からの乗り換えでも13,000円キャッシュバック!有料オプション加入なし!・・・詳しく見る

ソフトバンク光は光BBユニット申込で高速通信可能

ソフトバンク光は光コラボレーションなので、回線が混雑し通信速度が低下しやすいというデメリットもありますが、高速通信サービスに対応した光BBユニットをオプションで利用すると、通信速度の改善ができます。

Twitter上にもソフトバンク光で光BBユニットを使ってIPv6高速ハイブリットサービスを利用した感想があがっていますよ。

(2018年12月 Twitter調べ)

ソフトバンク光を契約する際には、同時に光BBユニットも申し込みましょう。

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッドについては、こちらの記事でくわしく説明しています。
ソフトバンク光はIPv6高速ハイブリッドで速くなる!速度向上の理由を教えます

戸建てタイプでオススメの光回線・ドコモ光

ドコモ光は唯一ドコモケータイとのセット割を適用している光回線です。

ドコモ光の月額料金は契約するプロバイダによってタイプAとBにわかれていますよ。

戸建住宅
集合住宅
タイプA月額料金(税抜)
5,200円
4,000円
タイプB月額料金(税抜)
5,400円
4,200円
最大通信速度
上下1Gbps

ドコモ光では「ドコモ光セット割」で、ドコモで契約しているパケットパックの月額料金から毎月100円~3,500円(税抜)の割引を受けられます。

ドコモ光で展開中のキャンペーンは、以下のとおりです。

  • 初期工事費用無料
  • dポイント最大10,000ptプレゼント
  • 他社携帯電話違約金相当額還元
  • ドコモ光セット割の適用
  • 代理店限定キャンペーンで最大15,000円キャッシュバック(代理店限定)

ドコモ光の契約を機にスマホをドコモに乗り換えるなら、他社携帯電話の違約金相当額である10,260円(税抜)を還元してもらえるのも嬉しいですね。

全国のコンビニやファーストフード店などでも使えるdポイントプレゼントキャンペーンも実施中です。

<ドコモ光回線はこんな人にオススメ!>

  • 現在フレッツ光を契約している人
  • スマホはドコモで利用している方
  • インターネットプロバイダを好きなラインナップから自由に選びたい方

ドコモ光 キャンペーンページはこちら

ドコモ光は24社からプロバイダを選べる

ドコモ光はフレッツ光回線を用いた光コラボであるため通信速度が低下しやすいものの、v6プラス接続に対応しているプロバイダを選べば通信速度の改善ができます。

ドコモ光はプロバイダを24種類から選んでセット契約できるしくみで、選んだプロバイダによって月額料金が200円(税抜)高くなりますが、タイプAとタイプBのプロバイダに性能差はありません。

ドコモ光でv6プラスに対応したプロバイダはこちらの記事で紹介しています。

戸建てタイプで独立回線ならauひかりがオススメ

auひかりは月額料金が安く、通信速度も高速で、キャンペーンも充実しているバランスが良い光回線です。

auひかりの月額料金と通信速度をみてみましょう。

戸建住宅
集合住宅
月額料金(税抜)
4,900~5,100円(ずっとギガ得プラン)
4,050円(マンションギガプラン)
最大通信速度
1Gbps、5Gbps、10Gbps

月額料金は戸建住宅・集合住宅ともに1Gbpsプランが4,000円台から使えるのが嬉しいですね。

また、auスマホとのセット割・auスマートバリューの適用で、スマホ代が毎月最大2,000円(税抜)×10台割引されますよ。

auひかり申し込み時に適用できるキャンペーンはこちらです。

  • 工事費実質無料
  • 他社光回線違約金の相当額還元
  • 月額料金最大600円割引
  • auスマートバリューの適用
  • 代理店限定キャンペーンで最大52,000円キャッシュバック

また、他社のインターネット回線と通信回線を共有していないため、通信回線が混雑しづらく、auひかりは安さだけでなく速度の速さも魅力的です。

<auひかり回線はこんな人にオススメ!>

  • 独立回線による高速通信を楽しみたい人
  • auひかりの提供エリア内の人
  • 家族も含め、auのモバイル回線の契約台数が多い人

auひかりの契約で最短翌月に最大52,000円キャッシュバック!

キャッシュバック

auひかりを開通後の翌月に52,000円キャッシュバック! 有料オプションに加入なし!申請も電話で振込み先を伝えるだけ。ネット回線のみでも45,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

auひかりの戸建てタイプは提供してない地域もある

auひかりは独立回線の中では比較的エリアが広いですが、戸建てタイプの場合、関西・東海地方では契約できません。

auひかりが利用できない地域
関西地方
滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、福井県
東海地方
岐阜県、愛知県、静岡県、三重県

ただし、auひかりが契約できない地域では、同じく独立回線でauスマートバリューが適用されるコミュファ光が契約できる場合もあります。

コミュファ光の提供エリア
東海地方
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
中部地方
長野県

また、関西地方の方は独立回線のNURO光もオススメですよ。

コミュファ光の提供エリア
関東地方
東京都、神奈川県、埼玉県、千葉県、茨城県、栃木県、群馬県
東海地方
愛知県、静岡県、岐阜県、三重県
関西地方
大阪府、兵庫県、京都府、滋賀県、奈良県

auひかりが提供エリア外だった場合の代替回線については、こちらの記事でくわしく解説していますよ。

【集合住宅向け】光回線8社の料金を比較!

続いて、集合住宅にお住まいの方に向けて光回線8社の月額料金をみてみましょう。

なお、光回線ごとの最大通信速度やキャンペーンは戸建て・マンションタイプで大きく差はありません。

光回線名
月額料金(集合住宅)
フレッツ光
〈西日本〉3,200円+プロバイダ料金
〈東日本〉3,350円+プロバイダ料金
ソフトバンク光
3,800円
ドコモ光
4,000円~
So-net光
4,600円
OCN光
4,700円
auひかり
3,400円
コミュファ光
3,980円~
NURO光
1,900~2,500円

マンションタイプは光コラボレーション事業者を選ぼう!

マンションタイプの場合、光回線方式以外の接続方法でしかインターネットを契約できない物件も多数あります。

しかし、全国広いエリアで展開するフレッツ回線なら導入している物件も多いため、光コラボを契約すれば集合住宅でも光回線方式で契約できる可能性が高いですよ。

ちなみに、 auひかりはまだ速度が遅いVDSL方式しか対応していない物件が多いようです。

Twitter上でも、 住んでいるマンションがauひかりだとVDSLなのにフレッツ光は光回線で契約できたという人がいましたよ。

(2018年12月 Twitter調べ)

マンションタイプの光回線の契約に関する注意点などは、こちらの記事を参考にしてくださいね。

導入可能なら集合住宅はNURO光が最速通信可能!

高速通信が自慢のNURO光は、集合住宅にお住まいの方に特にオススメしたい光回線です。

マンションやアパートなどは配線方式が各戸まで光回線を引き込まないADSL方式やVDSL方式の場合も多いですが、NURO光のマンション契約は光回線のみなので通信速度が速い光回線を選びたい方にオススメです。

また、ソフトバンクスマホとのセット割・おうち割光セットの適用で、ソフトバンクスマホを毎月最大1,000円(税抜)×10台割引や、、最大35,000円の公式キャッシュバックなど、キャンペーンも充実しています。

NURO光申し込み時に適用できるキャンペーンはこちらです。

  • 工事費相当額の割引
  • 月額料金割引
  • おうち割光セットの適用
  • 最大35,000円キャッシュバックorPS4

ただし、NURO光は関東・関西・東海地方でしか契約できないエリアの狭さがデメリットに挙げられます。

以下の記事ではNURO光のエリア確認方法やエリア外だった時の対処法を解説しているので、参考にしてくださいね。

NURO光回線はこんな人にオススメ!

  • 関東・関西・東海にお住まいの方
  • 通信速度の速さを重視する方
  • ソフトバンクでスマホを利用している方

では、NURO光の通信速度と料金をみてましょう。

<NURO光の料金と通信速度>

戸建住宅・ミニマンション
NURO光forマンション
月額料金(税抜)
4,743円
1,900~2,500円
最大通信速度
下り2Gbps・上り1Gbps

NURO光については以下の記事でも解説しているので、合わせてチェックしてみてください。

NURO光forマンションなら月額1,900円と激安

NURO光は戸建てタイプをマンションでも契約できるマンションミニがありますが、さらに月額料金を抑えて契約できるNURO光forマンションも用意していますよ。

NURO光forマンションは契約条件がいくつもあり、対象になる物件は少ないですが、もし契約できれば月額料金が1,900円~と光回線では最安値で利用できます。

NURO光forマンションの契約条件は以下のとおりです。

<NURO光forマンションを契約できる条件>

  • NURO光提供エリア内の物件であること
  • 基本的には8階以上の高層マンションであること
  • NURO光forマンション導入のための設備が備わっていること
  • マンションの管理会社や理事会の承認が得られること
  • 物件内に4人以上の契約者がいること

NURO光forマンションについてくわしくは、こちらの記事をご覧ください。

光回線でのインターネット契約方法・開通までの流れ

光回線で、インターネットを契約したいときは、光回線事業者やプロバイダの公式サイトや電話窓口から申込みを受け付けています。

また、光回線事業者に代わってインターネット契約を募集する、代理店からも申し込めます。

代理店から光回線を申し込めば、公式キャンペーンやプロバイダキャンペーン以外に、代理店限定キャンペーンも受けられますよ。

光回線の申し込みから開通までの流れを確認してみましょう。

  1. 光回線をインターネットや電話で申し込む
  2. プロバイダと契約する
  3. 工事業者から工事日の打ち合わせの連絡がくる
  4. 光回線の開通工事に立ち会う
  5. 光回線の接続・設定を行う
  6. 光回線の開通

今は光回線とプロバイダが一緒に契約できる事業者が多いので、別でプロバイダ契約をしなくてはいけない事業者はめずらしいかもしれません。

光回線の申込みから開通までは1~2か月を目安に考えましょう。

ただし、引っ越しの多い春先や、工事日程が立て込んでいるときなどは、開通工事までに時間がかかる場合もありますので、期間に余裕をもって申込みましょう。

光回線の契約方法や開通までの流れは、こちらの記事でくわしく説明しています。

光回線開通に必須!インターネット工事内容

光回線の工事内容を簡単に説明しておきましょう。

  1. 近くの電柱から光ケーブルを引き込み、外壁にひっかける
  2. エアコンのダクトの穴などを利用して、宅内に光ケーブルを引き込む
  3. 室内に光コンセントを設置し、引き込んだ光ケーブルと回線終端装置(ONU)を接続する
  4. プロバイダの接続・設定を行う

光回線の工事は申し込みから約1か月後に行われます。

光回線の工事は基本的に立ち会いが必要なので、契約時に工事日を光回線事業者と打ち合わせしましょう。

光回線の工事内容や注意点については、こちらの記事をご覧ください。
光回線の工事内容│必ず知っておきたい注意点・工事期間や発生する費用

光回線の工事費用を比較

光回線の工事費用は事業者によって料金設定が異なります。

また、工事を行う住宅のタイプによっても料金が変わる場合もありますよ。

初期工事費
(戸建て)
初期工事費
(マンション)
工事費用に関する
キャンペーン
フレッツ光
18,000円
15,000円
なし
ソフトバンク光
24,000円
初期工事費用相当額を
キャッシュバック
ドコモ光
18,000円
15,000円
期間限定で初期工事費用
無料キャンペーンを実施
So-net光
24,000円
初期工事費用相当額を
月額料金から割引
OCN光
18,000円
15,000円
なし
auひかり
37,500円
30,000円
初期工事費用相当額を
月額料金から割引
コミュファ光
25,000円
初期工事費用無料
NURO光
40,000円
初期工事費用相当額を
月額料金から割引

上記の工事費は通常工事の価格です。

もし、実際の工事内容が特殊な工程を必要な場合は追加工事費が発生し、逆におうちの中だけの宅内工事で済んだ場合は工事費が数千円で済むこともありますよ。

また、夜間や週末でも工事をしてくれる事業者もあり、お仕事で平日はいない方でも安心ですが、その場合も追加工事日がかかりますよ。

工事費実質無料の光回線

光回線の事業者によっては、工事費が無料になるキャンペーンを実施していることもあります。

通常工事で15,000円~40,000円という高額な費用がかかると、光回線の乗り換えには大きな負担が伴いますが、工事費が無料になるキャンペーンがあれば初期費用を抑えて契約できます。

ただ、工事費無料キャンペーンといっても完全に無料になる事業者もあれば、工事費自体は発生しますが、キャッシュバックや月額料金から工事費相当額を割引くキャンペーンなど、内容はまちまちです。

工事費無料キャンペーンについては、こちらの記事も参考にしてください。

ISDNからの自社切り換えで工事費割引キャンペーンも実施中

フレッツ光やソフトバンク光でADSL回線やISDN回線を契約中の方は、自社の光回線への切り替え工事が無料、もしくは割引になるキャンペーンを実施していますよ。

もし現在の回線が近々終了を予定しているプランだった場合、光回線への移行で特典が受けられないか、契約中の事業者に問い合わせてみましょう。

光回線のインターネット解約方法

光回線のインターネット解約の流れも確認しておきましょう。

  1. 契約中の光回線事業者に連絡する
  2. 契約中のプロバイダに連絡する
  3. レンタルしていた宅内機器を返却する
  4. 回線撤去工事を行う

光回線の解約は光回線事業者に解約したい旨、電話などで連絡をいれます。

事業者によってはプロバイダの解約も光回線事業者が同時に行ってくれることもあれば、別でプロバイダ会社にも解約の連絡を入れなくてはいけないこともあります。

また、光回線の解約に伴い、事業者から貸し出されていたモデムやルーター、LANケーブルなどは速やかに返却しなくてはいけませんよ。

おうちに引き込んでいた光回線も、撤去工事が必要な場合があります。

光回線のくわしい解約方法や注意点などは、こちらの記事を参考にしてください。

光回線の解約金を比較

光回線の契約にはほとんどの場合、2年~5年の契約期間が定められます。

契約期間内に光回線を解約すると、解約金が請求される場合がありますよ。

光回線事業者8社の解約金額をみてみましょう。

回線名
戸建てタイプ
マンションタイプ
フレッツ光
東日本9,500円
西日本10,000円~20,000円
東日本1,500円
西日本3,000円~20,000円
ソフトバンク光
9,500円
ドコモ光
13,000円
8,000円
So-net光
7,500円
OCN光
11,000円
auひかり
9,500円~15,000円
0円
コミュファ光
27,000円
NURO光
9,500円

また、光回線の解約金以外にも、プロバイダの違約金や初期工事費用を分割で支払っていた場合は、残りの工事費の残金も請求される可能性があります。

他社解約違約金負担キャンペーンを実施中の光回線

インターネットの解約で発生する解約金などを支払いたくない方は、他社解約違約金負担キャンペーンを実施している光回線に乗り換えましょう。

他社解約違約金負担キャンペーンを実施している光回線なら、解約金の相当額をキャッシュバックなどで還元してくれますよ。

その際には、他社回線の解約金の支払い明細書や請求書の提示が必要ですので、なくさずに保管しておきましょう。

ソフトバンク光の「ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーン」

ソフトバンク光では他社解約違約金負担キャンペーンとして「ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーン」を実施しています。

「ソフトバンク光あんしん乗り換えキャンペーン」では、他社回線の解約金だけでなく、回線撤去費用やモバイルルーターの端末代金も上限100,000円までキャッシュバックで還元してくれますよ。

還元キャッシュバックの対象となる料金が幅広いうえに、上限金に余裕があるので、他社に支払った違約金のほとんどが戻ってくるのはありがたいですね。

ソフトバンクの違約金負担キャンペーンの申請方法などは、こちらの記事でまとめていますよ。

auひかりの「スタートサポート」

auひかりでも他社解約違約金負担キャンペーンとして「auひかり スタートサポート」を行っています。

auひかりの他社解約違約金負担キャンペーンは他社の固定回線やモバイルルーターの違約金相当額を上限30,000円まで還元してくれます。

auひかりの「スタートサポート」キャンペーンについては、こちらの記事でも説明していますよ。

短期間の契約でも工事・解約が発生しない光回線

単身赴任や通学などで短期間だけ住む場所でインターネットを利用したいという方もいらっしゃるでしょう。

大がかりな開通工事や、契約期間が2年から長くて5年間で解約金が発生するのはちょっと・・・という方は、あらかじめ光回線が導入済みのアパートやマンションに入居するという手もあります。

不動産会社にはインターネットが無料で利用できる物件が用意されていることもあり、事業者は基本的に選べませんが、気軽に光回線でのインターネットができますよ。

また、工事不要でインターネットができるモバイルルーターやホームルーターもオススメです。

小型のルーター本体で電波を受信し、Wi-Fiや有線でもパソコンやスマホを接続できるので、固定回線の代替としても十分利用できます。

持ち運びが簡単にできるところも、引っ越しが多い方には便利ですね。

モバイルルーターのメリットについては、こちらの記事でもまとめていますので参考にしてくださいね。

まとめ

現在インターネット回線で主流になっている光回線は、高速通信が可能で、通信も安定するのでオススメです。

光回線には開通工事が必要で、月額料金はプロバイダ料金が含まれるプロバイダ一体型の光回線も多いですよ。

光回線を選ぶ際には、スマートフォンや携帯電話のキャリアに合わせることでセット割が適用される事業者もあります。

キャッシュバックキャンペーンや、初期工事費用無料キャンペーン、他社解約違約金負担キャンペーンなども用意している場合もあるので、ご自分にとってメリットを感じる光回線事業者を選びましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光などさまざまな光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)をさまざまな事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社さまざまなキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べばよいかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスです。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級の月額!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る