閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光は法人契約できる?料金プランやおすすめ窓口のご紹介

ドコモ光 法人 料金プラン おすすめ窓口

会社やお店などでドコモ光を利用したいときには、個人で申し込むときとは違った「法人」としての契約が必要です。
今回は、「そもそもドコモ光って法人契約できるの?」という疑問にお答えしていくとともに、法人の場合の料金プランや契約手順、おすすめの申込窓口まであわせて紹介していきます。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光でも法人契約は可能

早速ですが、ドコモ光は法人契約も受け付けている光回線で、会社や個人事業主の方が職場にインターネットを引きたいときにも利用できます。
ただ、法人として契約する場合は次の2点に注意が必要です。

1.個人契約とは必要な書類が違う
2.個人契約で使えるプロバイダも、法人契約では利用できないことがある

それぞれ詳しく見ていきましょう。

1. 個人契約とは必要な書類が違う

個人で申し込むときには、契約に必要な書類と言っても本人確認ができる書類くらいのものでしたが、法人として申し込むときには次の3つの書類が必要です。

  1. 登記簿謄本、または印鑑証明書
  2. 申込者の本人確認書類
  3. 委任状・社員証・名刺のいずれか

特に、「登記簿謄本、または印鑑証明書」は法人契約でないとまずお目にかからない書類ですし、それぞれ発行から3ヶ月以内のものでないと利用ができないので、気を付けてください。
また、「委任状・社員証・名刺のいずれか」のうち委任状を用意する場合は、書類に「社印」が必要なことも覚えておきましょう。
委任状を書いた人(個人)の印鑑ではありませんので、間違えないようにしてください。

委任状

参考:委任状 記入例

2. 個人契約で使えるプロバイダも、法人契約では利用できないことがある

ドコモ光を利用するためには、プロバイダも一緒に契約する必要がありますが、プロバイダのなかには法人契約に対応していないところもあります。
みなさんがよく名前を聞く大手プロバイダにも、契約は個人のみというところが多いので、事前によく確認しておきましょう。

たとえば次のプロバイダは法人名義では契約できません。

  • So-net
  • BIGLOBE
  • U-Pa!
  • hi-ho
  • Rakutenブロードバンド
  • Asahiネット

一方、次のプロバイダは法人でも契約が可能です。

  • ドコモnet
  • plala
  • GMOとくとくBB
  • DTI
  • excite
  • OCN
  • @nifty
  • WAKWAK

契約が可能なプロバイダはあくまでも一例で、まだ他にもたくさんあります。
気になる方は、次のページで「契約条件」が「個人/法人」となっているプロバイダをチェックしてください。(「個人のみ」となっている場合は法人では契約できません)
ドコモ光対応プロバイダ一覧

ドコモ光の相談窓口

ドコモ光の法人向け料金プラン

ドコモ光の基本的な料金プランは、法人も個人も実は同じです。
プロバイダとセットのプランは選べるプロバイダによって「タイプA」と「タイプB」の2種類に分かれ、この2つについては月額利用料にプロバイダ料金が含まれています。
もうひとつ、プロバイダは別料金の「単独タイプ」というものもあり、こちらはドコモ光の回線のみの契約なので、別途プロバイダの契約が必要です。

料金プラン月額利用料(税抜)
戸建てマンション
タイプA5,200円4,000円
タイプB5,400円4,200円
単独タイプ5,000円3,800円

法人は「光単独タイプビジネス割」が利用できる

法人の場合、同じ名義で単独タイプを2回線以上契約すると、「光単独タイプビジネス割」に加入できます。
これを適用すれば、戸建て・マンションどちらの場合も1回線あたり月々700円の割引になるので、とてもお得です。

住居タイプ割引前割引後
戸建て5,000円4,300円
マンション3,800円3,100円

複数の事務所でドコモ光を契約する際には、これを利用してみるのも良いですね。

スマホとのセット割も利用できる

すでに会社でドコモのスマホを契約している場合、新たにドコモ光を導入することで、スマホの月額利用料が安くなる「ドコモ光パック」を利用できます。
これは個人契約でも適用できるセット割で、法人契約の場合も割引額は同じです。

法人の場合は、スマホのほうで選べるパケットパックの種類がより豊富になっており、大容量のシェアパックも選択できるところが唯一の違い。
気になる割引額は、次のとおりです。

パケットパック名パケットパック料金割引額
【光ビジネスシェアパック】
30001,900,000円3,200円(※1)
20001,300,000円
15001,100,000円
1000680,000円
700480,000円
500345,000円
400280,000円
300215,000円
250180,000円
200145,000円
150109,000円
10073,000円
7051,000円
5037,000円
1512,500円1,800円
109,500円1,200円
56,500円800円
【光ウルトラビジネス
シェアパック】
10025,000円3,200円(※1)
5016,000円2,500円(※2)
3013,500円2,000円
【データパック】
LL(30GB)8,000円1,100円
L(20GB)6,000円900円
M(5GB)5,000円800円
S(2GB)3,500円500円(※3)

(※1:戸建ての場合です。マンションでは3,000円です)
(※2:戸建ての場合です。マンションでは2,400円です)
(※3:最大1年間の割引額です。2年目以降は通常料金です)

初期工事費無料!さらに最大15,000円キャッシュバック!

ドコモ光がお得なポイント

  • 初期工事費無料!
  • 最大15,000円キャッシュバック!
  • ドコモ光セットでスマホ料金が年間最大42,000円割引き!
  • さらに!ドコモ割プラスで年間最大30,000円割引き!

法人の場合の申し込み手順

ここからは、ドコモ光を法人契約する際の申し込み手順について、詳しく見ていきましょう。
基本的な流れは個人名義で契約するときと変わりませんが、新規契約の場合と、フレッツ光から転用する場合の2パターンをそれぞれ紹介していきます。

新規契約の場合

新しくドコモ光の契約を行うときに、必要なものは次のとおりです。

<法人名義の契約に必要な書類>

  • 登記簿謄本、または印鑑証明書(発行から3ヶ月以内のもの)
  • 申込者の本人確認書類(免許証・マイナンバーカードなど)
  • 委任状・社員証・名刺のいずれか

月額利用料の支払い手続きに必要な情報

  • カード払いの場合:クレジットカード
  • 口座振替の場合:キャッシュカード

これらの準備ができたら、次のいずれかの方法で契約の申し込みを行います。

  • ドコモの法人営業担当に訪問を依頼する(メール・電話)
  • ドコモショップに来店する
  • Web代理店を利用する

この中で1番おすすめなのは、一番下のWeb代理店を利用することです。
法人営業担当による訪問は、会社の場所や契約の規模によっては対応してもらえないケースもありますし、かといってドコモショップに来店しても混雑でなかなか窓口にたどり着くことができません。

Web代理店なら、申し込み自体は24時間いつでも可能、その後のやり取りもスムーズなため、余計な手間や時間をかけずに契約を完了させることができます。
Web代理店だけのお得なキャンペーンを利用もできるので、詳しい内容についてはまた後ほどご紹介しますね。

ドコモ光の相談窓口

フレッツ光から転用する場合

すでにフレッツ光の回線を利用している場合、ドコモ光への乗り換えは「転用」という形です。
これはドコモ光も実際にはフレッツ光と同じNTTの回線を利用しているからで、フレッツ光からの転用なら違約金が発生しないところが特にうれしいポイントです。(プロバイダの違約金は発生することがあります)

そんな転用の申し込みには、NTT東日本・NTT西日本が発行している「転用承諾番号」の取得が必要です。
次の情報を参考に、Web・電話のいずれかで取得しましょう。

<取得に必要な情報>

  • フレッツ光のお客様ID・ひかり電話番号・連絡先電話番号のいずれか
  • フレッツ光の契約者名
  • フレッツ光を利用している住所
  • フレッツ光の支払い方法(以下を確認されます)
    └ カード払いの場合:クレジットカードの下4桁
    └ 口座振替の場合:金融機関名・支店コード

<転用承諾番号取得窓口>

窓口営業時間
東日本Webhttps://flets.com/app4/input/index/8:30~22:00
電話0120-140-2029:00~17:00
西日本Webhttp://flets-w.com/collabo/7:00~25:00
電話0120-553-1049:00~17:00

転用承諾番号が取得できたら、あとの流れは新規契約の場合と同じです。
フレッツ光からドコモ光に転用する際、電話番号が引き続き使えるのかどうか気になる人も多いかと思いますが、フレッツ光のひかり電話を使用していた場合は、転用後も引き続き同じ電話番号を利用できます。
ただし、転用はフレッツ光→ドコモ光のみで、その逆(ドコモ光→フレッツ光)はできません。
またフレッツ光に戻りたい場合はいったん解約して新規契約することになり、電話番号も変わってしまうため気を付けてくださいね。

法人契約する際のおすすめ窓口

最後に、申込窓口の中で1番おすすめのWeb代理店について、詳細をご案内します。
先ほどWeb代理店ならお得なキャンペーンを利用できるというお話もしましたが、こちらの代理店では最大15,500円分のキャッシュバックを実施中。

おすすめ窓口工事費無料!キャッシュバックも!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
ドコモ光は初期工事費無料!
さらに最大15,000円キャッシュバック!
スマホとセットでスマホ料金が年最大72,000円割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

フォームに必要事項を入力するだけで簡単に申し込むことができ、何か疑問点があるときにも手軽に問い合わせることができます。
ドコモ光を法人契約したいときには、上記の代理店をチェックしてみてください。

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事