閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

光回線の速度測定をしよう│速度が遅い時すぐ試せる解決策はコチラ!

Pocket

光回線 速度測定

光回線の速度が遅く感じるとき、速度測定がおすすめです。

具体的な通信速度がわかれば、平均値と照らし併せて、本当に自宅のインターネット回線の速度が遅いのか判断できます。

この記事では光回線の速度測定方法に加えて、平均値や用語の解説・おすすめの速度測定サイト・速度が遅い時の対処法・おすすめの光回線まで解説します。

光回線の速度に悩まされている方は、参考にしてくださいね。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

光回線の速度測定方法

光回線の速度測定は、専用のサイトやアプリから簡単に行えます。

速度測定サイトを利用すれば、下り速度と上り速度、さらにサイトによっては回線速度よりも重要と言えるPing(応答速度)を知ることもできます(用語の意味は記事の中盤で解説します)。

通信速度が遅いと感じたら、速度測定サイトやアプリを利用して実際に出ている通信速度を計測してみましょう。

信頼度が高いおすすめの光回線速度測定サイト3選

スピードテストができるサイトはいくつもありますが、光回線の通信速度を測定する際は複数のサイトを併用するのがおすすめです。

速度測定サイトごとに若干結果が異なってくるので、1つのサイトだけを見るのではなく、いくつかのサイトで試してみましょう。

ちなみにスピードテストサイトごとに回線速度が変わるのは、各サイトでサーバーの場所や接続の経路が異なるからです。

それでは、おすすめ速度測定サイトを紹介するので、それぞれ試してみてくださいね。

おすすめの光回線速度測定サイト1:フレッツ光ナビ

まずおすすめするのは当サイトで公開しているツール、フレッツ光ナビの速度測定ページです。

みな様のために出来るだけ使いやすいよう設計したので、スタートボタンを押せばあっという間に速度を測定できます。

特徴はダウンロード・アップロード・Pingに加えてジッターも計測できることです。

ジッターとはping(伝送)のブレ幅を意味していて、数値が0に近ければ近いほど通信が安定していることをあらわしていますよ。

おすすめの光回線速度測定サイト2:RBB SPEED TEST

RBB SPEED TESTも優れたスピードテストサイトです。

郵便番号と回線の種類(光回線、ケーブルテレビ、ADSLなど)を入力すればすぐに回線速度を計測できます。

RBB SPEED TESTでは独自にデータを集計していて回線の種類ごとの速度ランキングや、回線速度の平均値を紹介しています。

他の回線がどのくらいの速度を出しているのかも見れるため、参考になるでしょう。

おすすめの光回線速度測定サイト3:Radish Network Speed Testing

3つ目のおすすめ光回線速度測定サイトは、Radish Network Speed Testingです。

Radish Network Speed Testingは、東京と大阪、2つのサーバーから好きなものを選んでスピードテストができます。

回線速度を知りたい時は、自宅に近い方のサーバーを選んでテストを開始しましょう。

ちなみに通信の効率がよく、データをスムーズに送れるかどうか知りたい時は、自宅から遠いサーバーでスピードテストをすることで状況をチェックできます。

スマホはアプリからも速度測定ができる!

スマホのLTE・4G回線やWi-Fi接続をしている時の速度は、アプリからすぐにチェックできます。

RBB SPEED TESTやSpeedtest.netなどのアプリをインストールし、計測してみましょう。

RBB SPEED TEST
App store
Google Play
Speedtest.net
App store
Google Play

なお、Wi-Fiの速度は、使っている無線LANルーターやスマートフォンにおける通信速度の上限を確認した上で調査しましょう。

「速度が遅い」と思ったら、元々無線LANルーターやスマートフォン本体の対応速度が遅かったというケースもあります。

Googleでは検索画面上で光回線の速度測定が可能に!

Googleの検索画面で、インターネット 速度測定と検索すると、速度テストができます。

速度テストを実行をクリックすれば、30秒程度で結果が表示される仕組みです。

ダウンロード速度とアップロード速度、レイテンシ(Ping)をかんたんにチェックできるので、試してみましょう。

光回線の速度測定に関する用語を解説!

光回線の速度測定は、用語の意味を知っていれば結果をより詳しく理解できます。

ここからは各種用語の意味を解説するので、用語の意味がわからず困っている方は参考にしてくださいね。

Kbps・Mbps・Gbpsは回線速度の速さを表している

測定結果のbps(ビット・パー・セコンド)という単位は1秒間に何ビットのデータを転送できるか、つまり回線速度を表しています。

1,000bpsは1kbps、1,000Kbpsは1Mbps、1,000Mbpsは1Gbpsです。

Gbps(ギガビーピーエス)>Mbps(メガビーピーエス)>Kbps(キロビーピーエス)の順に速いことを覚えておきましょう。

下り速度はページの読み込み・ファイルのダウンロード速度

下り(ダウンロード)速度は、インターネットのページを読み込んだり、ファイルをダウンロードする速度です。

< 下り速度が関係しているもの >

  • 動画再生
  • 音楽再生
  • ネットサーフィン
  • ゲームやソフトのダウンロード

以上のように、さまざまな場面で下り速度の速さが重要になるため、下り速度の測定結果は高速であればあるほど快適にインターネットができますね。

上り速度はメール・ファイルなどのアップロード速度

上り(アップロード)速度とは、メールやファイルなどをインターネットを介して外部に送信する速さを意味します。

アップロード速度が速いほど送信速度が速くなるので、誰かとデータをやり取りする機会が多い人には重要ですね。

< 上り速度が関係しているもの >

  • SNSへの画像の投稿
  • メールの送信
  • YouTubeへの動画投稿
  • 生放送の配信・視聴
  • クラウドにデータを保存

上記のような機会が多い方に上り速度は重要となっています。

多くの方には下り速度の方が大事と言えますね。

リアルタイムでラグを気にするような方は回線速度よりも「Ping」のほうが重要!

Ping(ピン)は、ネット回線とサーバーとの応答速度を表した数値です。

単位はms(ミリセカンド)と言って、数値が小さければ小さいほど応答が速いということになります。

例えばFPSや格闘ゲームなどコンマ一秒を争うようなオンラインゲームをプレイする方にとってこのpingが非常に重要です。

目安として10ms以下だと応答が速く、反対に100msを超えてると画面のカクつきやタイムラグを感じ易くなります。

Pingの数値は、小さいほど有利になることを覚えておきましょう。

auひかり速度訴求バナー

auひかりは超速い!世界最速10ギガ・5ギガも!

auひかりは超速い!初期費用実質0円キャッシュバックも最大73,000円・・・詳しく見る

光回線速度の平均はどれくらい?

光回線を利用するにあたり重要なのは、快適に使える平均値を知っておくことです。

平均値と速度測定結果を照らし併せて、自宅の回線が快適かどうかチェックしましょう。

光回線速度の目安は常時「50Mbps」出ていれば十分快適

光回線を快適に利用する下り速度の目安は、50Mbpsです。

ネットサーフィンやメールなら約10Mbpsあれば快適、オンラインゲームはPingの数値さえ小さければ、1~2Mbpsでも問題ありません。

動画再生であっても、実は高画質なフルHD動画でなお3.5Mbps程度、低画質な動画なら0.5Mbpsしか出なくても快適にデータを読み込めます。

余裕を持って平均して常時50Mbpsほど出ていれば、インターネットは十分快適といえるでしょう。

auひかり速度訴求バナー

auひかりは超速い!世界最速10ギガ・5ギガも!

auひかりは超速い!初期費用実質0円キャッシュバックも最大73,000円・・・詳しく見る

光回線の速度測定結果が悪かった!光回線が遅いときの対処法7選

光回線の速度測定結果が悪かった、つまり速度が遅かった時は、対処法を用いれば速度を改善できます。

ここからは7つの速度が低下する原因と速度の改善方法を解説するので、光回線の速度をもっと速くしたい方は試してみてくださいね。

契約しているプランがそもそも遅い

速度が出ていないと感じている場合、そもそも契約しているインターネットのプランは高速通信に対応していないことがあります。

例えば、フレッツ「光」を契約していてもフレッツ光の中には最大100Mbps~200Mbpsまでしか対応していないプランもあります。

フレッツ光の中で最も速いプランは最大1Gbps(1,000Mbps)のため、比較すると最大速度が5~10倍も違います。

毎月届く請求書を見たり契約しているプロバイダに現在のプランを問い合わせて、速いプランを契約しているかどうか確認してみましょう。

最大速度があまり出ないプランを契約している場合、アップグレード工事(品目変更)をすることによって最大速度を引き上げられます。

マンションのVDSL回線は特に遅くなりがち

マンションタイプのインターネット回線を契約していて速度が遅く感じている方は、建物に引き込まれている回線がVDSL方式の場合があります。

VDSL方式とは電柱から建物内のMDF室までは光回線、MDF室から各部屋までは電話用の回線であるメタルケーブルを利用しているタイプです。

VDSL方式
NTT西日本 全戸加入プラン

建物内で光回線から電話用のメタル回線に切り替わっている上に、1つの回線を各部屋まで分配しているため速度も分散しどうしても遅くなってしまう要因となります。

建物によって契約できるインターネットは決まっていることが多いです。

VDSL導入の建物にお住まいでもっと速い回線を利用したい場合は、引っ越しをするか他の回線を導入するしかありません。

例えばNURO光は7階以下の建物であれば戸建てタイプが部屋に引けることがあります。

もちろん建物を管理している人と交渉する必要がありますので勝手に工事をしてはいけませんよ。

周辺機器は光回線の規格に合っているか確認しよう!

「最大1Gbpsの光回線を契約しているのに全然速度が出ない・・・」

そんな方は周辺機器の規格が光回線の最大1Gbpsに対応していない場合があります。

せっかく速度の速い光回線を利用していても周辺機器の規格が古くては光の速さを十分に発揮できません。

見直すべき3つの機器をご紹介します。

LANケーブル

速度が出なくて困っている人は古いLANケーブルを利用していないかどうかチェックしてみましょう。

LANケーブルはカテゴリーごとに対応できる速度が異なります。

光回線のギガビットの速度に対応するために、「CAT(カテゴリー)5e」以上でなくてはなりません。

それ以下では100Mpbsまでしか対応できないため、上位のケーブルに交換しましょう。

<代表的なLANケーブルの規格>

規格対応する速度
CAT7最大10Gbpsまで
CAT6E最大10Gbpsまで
CAT6A最大10Gbpsまで
CAT6最大1Gbpsまで
CAT5e最大1Gbpsまで
CAT5最大100Mbpsまで
CAT3最大10Mbpsまで

細いLANケーブルを良く見ると大抵カテゴリーが書いてあります。

一本だけ古いLANケーブルを使用していても、その先の接続が遅くなってしまいますので注意してくださいね。

LANポート

パソコンのLANケーブルの差込口(LANポート)にも規格があります。

あまりに古いパソコンを使っている場合はLANポートの規格が光回線に間に合っていないことも多いです。

<LANポートの規格>

規格名速度対応
10GBASE-TX最大10Gbpsまで
1000BASE-T最大1Gbpsまで
100BASE-TX最大100Mbpsまで
10BASE-T最大10Mbpsまで

例えば有線LANの規格が「10BASE-T」の規格では最大でも10Mbpsまでしかスピードは出ません。

それに対して、上のグレードである「1000BASE-T」なら、最大で1Gbpsまで対応可能です。

パソコンごとのLANポートによって対応できる通信速度があるため、光回線の速度に対応できるLANポートを使用する必要があります。

無線LANルーター

無線LANのインターネット、Wi-Fiが遅いという場合は電波を飛ばしているルーターの規格が古い場合があります。

高速な通信規格である「IEEE802.11ac」に対応した機種のルーターを使うのがおすすめです。

<代表的な無線LANルーターの規格>

規格名速度対応周波数
IEEE802.11ac最大6.9Gbps5GHz
IEEE802.11n最大600Mbps2.4GHz/5GHz
IEEE802.11g最大54Mbps2.4GHz
IEEE802.11b最大11Mbps2.4GHz
IEEE802.11a最大54Mbps5GHz

無線LANルーターが対応している規格はパッケージや本体の側面に書いてありますので、一度確認してみましょう。

周波数によって電波の特徴があるため、接続先を切り替えると通信が上手くいくこともあるでしょう。

<周波数:5GHzの特徴>
・電子レンジやBluetoothなどの電波干渉を受けづらい
・壁などの障害物に弱い

<周波数:2.4GHzの特徴>
・電子レンジやBluetoothなどの電波干渉を受けやすい
・壁などの障害物に強い

利用している機器を新しいものに交換してもらう

長年同じ光回線を利用している方はレンタルしているONU、ホームゲートウェイが古いために、速度が出ないケースがあります。

契約している光回線の会社へ問い合わせて、必要に応じて機器を新しいものに交換してもらいましょう。

有線接続ができる機器は有線接続しよう!

無線LANでの接続は有線LANでの接続に比べて通信が不安定です。

デスクトップのパソコンやPS4、Switchなどのゲーム機をインターネットに接続したいときは出来る限り無線LANではなく有線LANで接続しましょう。

LANケーブルを直接つなげるだけで劇的にインターネットが快適になることが多いですよ。

IPv6接続・v6プラス接続を行う

光回線の速度は、IPv6接続(IPoE方式)やv6プラスのサービスを使えば改善されます。

今までインターネットで使われてきたIPv4接続は、混み合って速度を低下させてしまうISPの網終端装置を経由する必要がありました。

しかしIPv6接続(IPoE方式)やv6プラスを利用すれば、混雑するポイントを経由せずにインターネットを使えるので、速度が改善されるのです。

IPv6利用者からの口コミを調べてみました。

速度が上下共に100Mbps以上出て、非常に高速な結果が出ています。

2つ目の口コミではなんと、下り400Mbps近い結果が出ていました。

Pingの数値も1桁でとても小さく、オンラインゲームなども快適にこなせるでしょう。

3つ目の口コミでは、v6プラス利用時と利用していない時の速度を比べて、速度が改善されたことを示しています。

各社で展開されているIPv6やv6プラスに関する情報は以下の5つの関連記事で解説しているので、詳しく知りたい方はそれぞれチェックしてみてくださいね。

NTTフレッツ光・光コラボは特に速度が遅くなりがち

NTTのフレッツ光やフレッツ光回線を利用している光コラボは、利用者が多いため速度が遅くなりがちです。

フレッツ光や光コラボでは、IPv6やv6プラスを利用して速度を改善しましょう。

なおIPv6やv6プラスは対応しているプロバイダが限られます。

現在契約中のプロバイダが未対応の場合は、他社プロバイダや他社回線への乗り換えを検討しましょう。

プロバイダを変更する

現在使用中のプロバイダを他社に変更すれば、速度が改善される可能性があります。

  1. 新しいプロバイダを申し込む
  2. プロバイダの契約完了書類が届いたら、新プロバイダの情報をONUまたはルーターに入力・保存する
  3. 接続を確認後、今まで使っていた古いプロバイダを解約する

以上3つの手順を順番に進めて、プロバイダを変更しましょう。

ただし、特定のプロバイダがセットになっている多くの光コラボや、So-netのプロバイダでのみ利用できるNURO光など、プロバイダを乗り換えられない光回線もあります。

以下の記事ではプロバイダ選びに関する知っておきたい情報をまとめているので、プロバイダに不満がある方は参考にしてくださいね。

auひかり速度訴求バナー

auひかりは超速い!世界最速10ギガ・5ギガも!

auひかりは超速い!初期費用実質0円キャッシュバックも最大73,000円・・・詳しく見る

光回線を乗り換える

今使っている回線にどうしても満足できない場合は、光回線を乗り換えましょう。

光回線の乗り換え手順は、以下のとおりです。

  1. 新しい光回線を申し込む
  2. 古い光回線の解約手続きをする

今まで使っていた光回線を先に撤去すると、インターネットを使えない期間が発生してしまうので、新しい光回線の工事日が決まったタイミングで、古い回線を解約するのがおすすめです。

新回線の開通工事日と古い回線の撤去工事日はできる限り近い日程にして、インターネットを使えない期間を短くしましょう。

以下の記事では光回線乗り換えのメリットや注意点を解説しているので、参考にしてくださいね。

auひかり速度訴求バナー

auひかりは超速い!世界最速10ギガ・5ギガも!

auひかりは超速い!初期費用実質0円キャッシュバックも最大73,000円・・・詳しく見る

【番外】回線速度重視の方におすすめ!光回線2選(口コミ評判あり)

回線速度重視の人におすすめの光回線は、NURO光とauひかりです。

どちらも口コミ評判を含めて好評で、とても高速で安定した通信ができます。

なんといっても、どちらの回線もIPv6の通信に最初から対応しているため、特別な設定いらずで快適に通信できるのがうれしいですね。

回線速度重視の方におすすめの光回線1:NURO光

NURO光は、回線速度の速さを重視する人におすすめです。

NURO光は独自の通信方式(GPON)を利用しているので、下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsと、他社の上下最大1Gbpsなどより速く通信できます。

NURO光の速度測定を行った口コミでは、好評な意見が多数投稿されています。

1つ目の口コミでは、なんと上下共に1Gbpsに近い結果が出ています。Pingも3で、安定していますね。

2つ目の口コミでも、下り900Mbps近く出ていて、上りは950Mbps程度とかなり高速です。

また、NURO光では、以下のキャンペーンを利用してお得に契約できるのも見逃せませんね。

  • 最大80,000円キャッシュバック
  • 初期工事費39,900円(税抜)が実質0円
  • おうち割光セットでSoftBankの携帯代が10端末まで毎月最大1,000円割引

NURO光について詳しく知りたい方は、以下のページから詳細をチェックしてみてください。

おすすめ窓口最大12万円の特典!
株式会社Life Bank
下り最大2Gbpsの超高速通信
NURO光は月額4,743円で速くて安い!
工事費39,900円が実質無料のキャンペーン
ソフトバンクとのセット割も
最大80,000円キャッシュバック!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

回線速度重視の方におすすめの光回線2:auひかり

auひかりも回線速度の速さを重視する人におすすめの光回線です。

auひかりはKDDIの独自回線を使って展開しているため、フレッツ光や光コラボの回線よりも混雑しづらいく、速度が安定して出やすいメリットがあります。

口コミをチェックしてみても、速度の速さに満足している意見がたくさん見つかりました。

1つ目の口コミでは、フレッツ光よりもauひかりの方が速いと指摘されています。

2つ目の口コミでは、WiMAXをやめてauひかりを契約した結果、速度が下り200Mbps以上出るようになり、アップロード速度も改善されたと報告されていました。

またauひかりでも、キャンペーンによるお得な契約が可能です。

  • 最大73,000円キャッシュバック
  • 他社からの乗り換えで最大30,000円還元、25,000円キャッシュバック
  • 初期工事費用37,500円(税抜)実質無料、月額割引
  • auスマホ毎月最大2,000円(税抜)×10回線割引のauスマートバリュー

キャンペーンやauひかりの魅力について詳しく知りたい方は、以下のページよりチェックしてみてくださいね。

おすすめ窓口最大135,500円還元!
株式会社25
スマホ料金
最大2,000円割引き!
超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
工事費が実質無料・乗換えで違約金還元!
さらに、最大135,500円大幅還元キャンペーン実施中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

NURO光・auひかりの10Gbpsプランが人気!速度測定結果も良好

NURO光とauひかりでは、最大10Gbps対応のプランが展開されています。

利用者による速度測定結果も良好で、他社に比べて圧倒的なスピードを利用できるのは大きなメリットと言えるでしょう。

上記の口コミではなんと、NURO光の10Gbpsプランにおいて下り6Gbps以上、上りも2Gbps以上出ています。

フレッツ光は上下最大1Gbpsなので、フレッツ光の最大速度のそれぞれ6倍、2倍の結果が実測で出ているのは驚異的ですね。

2つ目の口コミ情報でも、auひかりにおいて上下2Gbps以上の数値が出ています。

これだけ高速で通信できれば、大容量データの送受信などの待ち時間は大幅に削減できますね。

3つ目の口コミでは、auひかりにおいて下り2Gbps以上、上りは5Gbps程度出ています。さらにPingは2と、圧倒的に小さい数値ですね。

ただし、最大10Gbpsの高速プランは関東の一部エリアのみでしかまだ提供されていません。

利用してみたい方はサービスエリアの拡大を待つしかないでしょう。

以下の関連記事では、NURO光の10Gプランについて詳しく解説しています。

より高速な光回線サービスを利用したい方は、チェックしてみましょう。

まとめ

光回線の通信速度はさまざまなサイトやアプリから簡単に測定できます。

まずは気軽に速度測定してみて、普段どのくらいの速度で通信しているか確認してみましょう。

インターネットを快適に利用できる目安は約50Mbpsです。

1桁Mbps以下しか回線速度が出ていない場合はどこかに原因があるはず。

そんなときはこの記事でご紹介した光回線が遅いときの対処法を試してみてくださいね。

どうしても通信速度が出ない場合は、契約しているプロバイダを変更したりNURO光やauひかりへ乗り換えるのもおすすめですよ。

携帯と光のセット割引に注目!キャリア別おすすめランキング

光回線は、フレッツ光以外にも、SoftBank 光auひかりドコモ光NURO光コミュファ光など数十社を超える回線業者があります。

インターネットを利用すると、毎月の出費になるので、できるだけ料金をおさえて、速度が安定する高品質な光回線を選びたいですよね!

例えば、ソフトバンク光やドコモ光は、携帯キャリア業者の中でも「光コラボレーション」なので、フレッツ光と同じ回線を使い、速度や品質もフレッツ光と同じ。そして持っている携帯の月々の料金の割引が適用されます!

auひかりは、光コラボではなく、独自の光回線サービスとなりますが、速度の評判も良く、au携帯とのセットで割引するサービスがあります。

紹介した3大キャリアのインターネット回線に限らず、携帯と光をセットにすることで毎月の携帯料金を割引されることが安くさせるポイント!

ただインターネット回線は選択肢が多く、インターネットを申込む上で不安な気持ちになります・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

結果的に、光回線の選ぶポイントとして、「速度が安定するのか」、「料金は結局月々いくら支払うのか」、「解約金はいくらなのか」が重要です!

また「どのプラン」を利用するかで、無駄に払う料金をなくす方法ということもおさえておきましょう。これは申込む際に、窓口で念入りにプランの相談をすることが大切です。

フレッツ光ナビ運営局で、キャリアごとの「光回線・光コラボ」の料金・速度・キャンペーン・乗り換えで人気の回線」を調査し、評価順でランキングにしてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月額・キャッシュバックでお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプションホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

3位ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷ったことはありませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、使いたい光回線が利用できないエリアであったり、マンションで使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線にしようか踏みとどまっている方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定なので、WiMAXを上手に活用することで、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用もおすすめです!

WiMAX申込み人気No1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事