閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ワイモバイルのポケットWi-Fiを契約前に知っておきたい注意点!

Pocket

ポケットWi-fi ワイモバイル

多くの種類のWi-Fi端末のなかでも元祖ポケットWi-Fiであるワイモバイルを検討している方は多いです。

しかし、ワイモバイルのポケットWi-Fiを契約する前に注意点を知ってから検討しても遅くはありません。

今回は、ワイモバイルのポケットWi-Fiの注意点を解説するとともに、「じゃあ一体どのポケットWi-Fiを選べば良いの?」という疑問にもバッチリお応えしていきます。
ポケットWi-Fi選びで後悔したくない・お得に使えるポケットWi-Fiが知りたいみなさんは、ご参考ください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ポケットWiFi®の本家、ワイモバイルの特徴

ポケットWi-Fiは今となってはモバイルWi-Fiルーターのことを指して広く使われる言葉になりましたが、「ポケットWiFi®」をはじめに発売したのはワイモバイル(旧イーモバイル)です。

全てのモバイルルーターの前身といえるでしょう。

まずは、詳しくワイモバイルのポケットWi-Fiはどのようなサービスなのか見ていきます。

料金プランと利用できるデータ量

ワイモバイルで提供しているポケットWi-Fiの月額料金とデータプランは次のとおりです。

料金プラン名月額料金月間通信量対象端末
Pocket WiFiプラン2月額3,696円~7GB・603HW
・504HW
・502HW
Pocket WiFiプラン2 ライト月額2,480円~5GB・601ZT
・506HW

それぞれ7GB、5GBの月間通信量が設けられています。

しかし、Pocket WiFiプラン2ではアドバンスオプション(月額684円)を申し込むことで月間通信量が7GBを超えても高速で通信できます

また、通常モードの通信量を使い切ってしまった場合、翌月を迎えるまで最大通信速度が128kbpsまで低速化する速度制限があります。

速度制限にかかってしまった場合は500MBにつき500円課金することで再び高速データ通信を利用できます。

データ容量を追加することで自動でデータ容量が追加される「快適モード」も設定可能です。

ワイモバイルのポケットWi-Fiの機種代金

ワイモバイルのポケットWi-Fiには以下のように機種代金が定められています。

機種名端末料金割賦金(36回払い)
603HW41,400円1,150円
502HW41,400円1,150円
601ZT36,936円1,026円
506HW41,400円1,150円

一括払いと分割払いから支払い方法を選ぶことができ、毎月の料金から機種代金分の割引があるため、機種代金は実質0円と考えられます。

< ポケットWi-Fiの機種代金は実質無料 >

例)603HWをPocket WiFiプラン2、36回払いで契約した場合

3,696円(基本料金) + 1,150円(割賦金) – 1,150円(月額割引) = 3,696円

ポケットWi-Fiの通信速度

ワイモバイルのポケットWi-Fiだけではありませんが、通信速度は機種のスペックによって大きく左右されます。

機種名最大通信速度無線LAN規格
(IEEE802.11)
603HW下り:最大612Mbps
上り:最大37.5Mbps
a/b/g/n/ac
502HW下り:187.5Mbps
上り:37.5Mbps
a/b/g/n/ac
601ZT下り:112.5Mbps
上り:37.5Mbps
b/g/n
506HW下り:112.5Mbps
上り:37.5Mbps
b/g/n

もちろん、最大通信速度の数値が大きければ大きいほど、実際に出る速度が期待できます。

上の図の機種の中では、603HWがダントツで通信速度が速いといえるでしょう。

また、速度において注目したいのが、「無線LAN(Wi-Fi)の規格」です。

a/b/g/n/acはそれぞれ周波数をあらわしています。

速度にこだわりたい方は無線LAN規格の「ac」に対応している機種を選びましょう

他の規格に比べて転送効率が良いため、高速で通信可能です。

この基準も603HWは満たしていますね。

ワイモバイルのポケットWi-Fiの5つの注意点

ここまでワイモバイルのポケットWi-Fiのサービスについて大まかにご紹介しました。

しかし、契約するのはまだ待ってください。

ワイモバイルのポケットWi-Fiにはかならず知っておきたい次のような5つの注意点があります。

  1. 無制限で利用できるエリアが狭い
  2. 無制限でも条件によっては制限される
  3. 動画や写真が圧縮されてしまう
  4. 契約期間が他社と比べ1年間長い
  5. 解約時に機種代金の残債を支払う必要がある
  6. 比較的料金設定が高め

そして、これらの注意点こそが、ワイモバイルのポケットWi-Fiをおすすめできない理由そのもの。
一体どういうことなのか、ひとつずつ詳細をチェックしていきましょう。

注意点① 無制限で利用できるエリアが狭い

毎月使えるデータ容量が決まっているか、それとも無制限かは、ポケットWi-Fiを選ぶ上で大切なポイントのひとつです。

ワイモバイルの場合、プランによって5GBか7GBが上限となっており、上限を超えると最大通信速度が128kbpsまでガクッと下がってしまいます。

正直それでは使い物にならないので、このうち7GBが上限の「Pocket Wi-Fiプラン2」では、有料オプションの「アドバンスモード」(月額684円)を利用することで無制限に変更もできます。

しかし、このアドバンスモードには思わぬ落とし穴が…!
というのも、標準で利用できるエリアに比べて、アドバンスモードはとても限られた範囲でしか利用ができないのです。

アドバンスモード
<引用:ワイモバイル公式サイト

この地図でいうと、赤い部分が標準で利用できるエリア、青い部分がアドバンスモードで利用できるエリアなのですが…「いやいやいや、青色少なすぎじゃない?」と、思わずツッコミたくなってしまった人もきっと多いはず。
標準で使えるエリアがアドバンスモードでも使えるエリアとは限らないので、無制限にデータを使いたい人にとってはこれは大きなマイナスポイントです。

実際、エリアが狭いことを不満に感じている人も多いみたいですね。

注意点② 無制限でも条件によっては制限される

アドバンスモードの落とし穴は、エリアの狭さだけではありません。
オプション料金を支払っていても、7GBの上限を超えてからアドバンスモードに切り替えた場合は、無制限が有効にならず速度制限がかかってしまいます。

また、7GBの上限を超えたときにアドバンスモードがオンになっている場合でも、そこから通常モードに切り替えてしまうと、再度アドバンスモードに戻した際に通信制限がかかったままになるので、注意が必要です。

つまり、ずーっとアドバンスモードを有効にしておかなければ、実際に無制限の恩恵を受けることはできないということ。
オプション料金を支払っているのに無制限で通信できなくなる落とし穴があるのは要注意なポイントです。

注意点③ 動画や写真が圧縮されてしまう

ワイモバイルのポケットWi-Fiでは、動画や写真の送受信を行ったとき、一時的に速度制限がかかったり、ファイルの画質が悪くなってしまったりすることがあります。

これはワイモバイル特有の現象で、要するに通信量を節約するための仕組みのひとつなのですが、利用者にしてみれば常に劣化したファイルしか見ることができないということになるので、写真や動画をよく利用する人にとってはストレスフルでしょう。

これではインスタグラムやYouTubeのヘビーユーザーの選択肢にはなりません

注意点④ 契約期間が他社と比べ1年間長い

ワイモバイルのポケットWi-Fiは、契約期間が3年間に設定されています。
契約期間内に解約すると9,500円の違約金が発生するので、大体の人は契約の切れ目となる2年間の更新月で解約・乗り換えを検討しますよね。

もちろん、他社のポケットWi-Fiでも中途解約で違約金が発生することに変わりはありませんが、他社の場合は契約期間が2年で、ワイモバイルよりも1年短くなっています。
その点、ワイモバイルは契約の見直し・乗り換えを検討できるチャンスが他社よりも少なくなってしまうというわけですね。

注意点⑤ 解約時に機種代金を支払い終えていない場合、残債を支払う必要がある

ポケットWiFiの機種代金は約40,000円ほどですが、前述のとおり月額料金割引によって実質無料です。

しかし、機種代金36回の割賦金と同額の割引になっていて途中解約する場合は月額割引が打ち切られるため、残りの機種代金を支払わなければなりません。

< 36回払いの603HWを24カ月目に解約した場合 >

41,400円(機種代金) – 1,150円(月額料金割引) × 24ヵ月 = 13,800円
機種代金の残債、13,800円を支払わなければならない

注意点⑥ 比較的料金設定が高め

ワイモバイルのポケットWi-Fiは、同じサービス内容の他社にくらべると料金が高いです。
たとえば、通信量無制限のプランを他社と比較してみると…

月額利用料割引サービス
ワイモバイル4,380円
(アドバンスモード込み)
なし
au4,380円スマホがauなら最大1,000円割引
Broad WiMAX3,411円
(最大3ヶ月は2,726円)
Webからの申し込みで18,857円割引
スマホがauなら最大1,000円割引

このように、WiMAXのほうが1,000円近くも月額利用料が安くなっています。
その上WiMAXにはいろいろな割引サービスがあり、かろうじて月額利用料が同じauにもスマホとのセット割があるため、ワイモバイルが最も高く見えてしまいますね。

安く無制限で使えるWiMAXがおすすめ

「ワイモバイルが注意点だらけなのは分かったけど…じゃあどのポケットWi-Fiがおすすめなの?」――その答えはズバリ、こちらのWiMAXです。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

WiMAXはポケットWi-Fiを選ぶときに注目したい次の条件をすべてクリアしており、他社サービスと比較しても今1番メリットの多いポケットWi-Fiなんです。

  1. 料金が安い
  2. 無制限で通信ができる
  3. 無制限のエリアが広い
  4. 通信速度が速い

それぞれのポイントを詳しく見ていきましょう。

【料金が安い】月額2,000円台から使える!

さまざまな会社が提供しているWiMAXのなかでも、Broad WiMAXは特に料金がリーズナブルです。
データ無制限のプランでも最初の3ヶ月は月額2,726円で利用ができ、それ以降も3,411円と他社サービスよりお得です。

auのスマホをお使いの方なら、「auスマートバリューmine」の適用でスマホの月額利用料から最大1,000円の割引が受けられるセット割もあります。

さらに、Webからの申し込みで初期費用の18,857円が割引になる「Web割」や、最新機種を含む全端末の購入代金0円キャンペーンなど、お得な特典が盛りだくさん!
コスパで選ぶなら、断然WiMAXでしょう。

使い放題

月額最安級2,726円~!WiMAXならどこでもネット使い放題!

WiMAXなら工事費不要、月額2,726円~どこでもインターネットが使い放題! Broad WiMAXのWebからのお申込みなら初期費用18,857円割引きキャンペーン実施中!・・・詳しく見る

【無制限で使える】月間約100GB!

無制限なのに100GB?と思った方もいるかもしれませんが、WiMAXに限らず一般的なポケットWi-Fiには「○日間で○GBまで」という短期の利用上限が設けられています。

WiMAXの場合は最も制限がゆるい「3日間で10GBまで」で、これを超えると速度制限がかかりますが、制限中も最大1Mbpsでは通信できるので、YouTubeで動画を見るくらいならストレスなく楽しめます。

さらに、制限されるのは3日で10GBを超えた翌日の18時~朝の2時のみ。

それ以外の時間帯は完全に速度制限なしで利用できますし、逆にいえば3日間で9.9GBまでなら、どの時間帯でもサクサク快適に通信できるというわけですね!

ちなみに9.9GBあれば、YouTubeの標準画質で約47時間分の動画を見ることができます。

無制限で利用できるエリアが広い

WiMAXの無制限で通信できるエリアは広く、ポケットWi-Fiのアドバンスモードよりも広いです。

WiMAX area
サービスエリア │ UQ wiMAX

アドバンスオプション エリア
エリアマップ │ エリア │ Y!mobile

東京近郊の無制限で利用できるエリアを比較すると一目瞭然ですね。

生活圏はもちろんエリア内であることが望ましいですが、ちょっと外出する際でもWiMAXの方がエリアが広く電波をキャッチしやすいといえるでしょう。

【通信速度が速い】最大758Mbps!

WiMAXの通信速度は、下り最大758Mbps。

ちょっと詳しい人なら、この「最大○○bps」というのが理論上の最大速度で、実際にはそこまでの速さが出るわけではないこともご存じかと思いますが、WiMAXは実測でも100Mbps前後を誇るエリアが多く、速さにかけてはまさにピカイチ!

100Mbpsといえば光回線の実測値並なので、WiMAXは本当に速いですね。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ワイモバイルのポケットWi-Fiについてのまとめ

まとめますと、ワイモバイルのポケットWi-Fiにはあまりおすすめできない次の6つの注意点がありました。

  1. 無制限で利用できるエリアが狭い
  2. 無制限でも条件によっては制限される
  3. 動画や写真が圧縮されてしまう
  4. 契約期間が他社と比べ1年間長い
  5. 解約時に機種代金の残債を支払う必要がある
  6. 比較的料金設定が高め

逆に今最もおすすめのポケットWi-FiはWiMAXで、その注目ポイントも含めて紹介してきました。
今回ピックアップしたポイントを参考に、みなさんも「安い」「無制限」「速い」と3拍子そろったWiMAXで、快適にポケットWi-Fiを利用してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事