閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

NURO光とauひかりを徹底比較!高速回線同士、軍配が上がるのは・・・

高速回線であるNURO光。関東在住の方であればご存知の方も多くいることでしょう。
もう一つ、全国区で安定した回線速度を誇るauひかりはみなさんご存知ですよね。

この2つの高速回戦を比較してみると、一体どちらが顧客満足度が高いと言えるのでしょうか。
料金面や、安定性、回線速度などあらゆる面で徹底比較していきます。

果たして軍配があがるのはどちらの回線でしょうか。

NURO光 VS auひかり!徹底比較!

NURO光とは、関東エリアでサービスが提供されている高速インターネット回線です。
口コミ評価も高く、ソニーグループが運営するインターネット回線。

対してauひかりは、KDDIが運営する安定したインターネット回線です。
それぞれ具体的に比較していきましょう。

料金面ではNURO光

最初に料金面を比較してみます。月額料金ではNURO光、初期工事費用ではauひかりに軍配が上がっています。料金面ではお得さを総合的に評価してNURO光がお得だと言えるでしょう。

戸建月額料金ではNURO光が安い

それぞれ戸建の月額料金の比較表を見ていきましょう。月額料金としてはNURO光に軍配が上がる結果に。
NURO光には、2年契約の縛りがあるNURO光G2Vと契約期間がないNURO光G2という料金プランが存在しています。

ここでは、auひかりは2年契約の料金プランであるギガ得プランを、同様に2年間の契約期間のあるNURO光G2Vで比較を実施。auひかりにはこの他に「ずっとギガ得プラン」という料金プランがあり、3年契約することでさらに月額料金が安くなるプランが存在します。

NURO光もauひかりも2年間の契約期間内に解約した場合には契約解除料金として9,500円の費用が発生します。初期工事費用の残債と併せて支払いが発生しますので、ご注意ください。

戸建月額料金月額料金2年間の合計金額
NURO光G2V4,743円113,832円
auひかりギガ得プラン5,200円124,800円

集合住宅の月額料金でもNURO光が安い

集合住宅の月額料金でもNURO光の方が安いという結果になっています。
NURO光の集合住宅とは地上8階以上のマンションなどのこと。
地上7階建てまでは戸建と同様の料金で一世帯であったとしても契約が可能です。

ただし、NURO光の集合住宅は同じ建物内に最低4人の希望者が集まらないと契約ができません。10人以上集まれば月額1,900円という驚異的な安さになることが特徴です。

しかし、そのためには、利用者を4人以上集めること、そしてマンションの管理組合に設備の導入の許可を得られることなどが条件となり、結構な時間がかかることでしょう。

管理組合が許可しない場合には利用できないことも。ただし、「今だけNURO光 for マンション」というキャンペーンを実施中には、1人であったとしても、設備工事ができる可能性があります。

NURO光for マンションの詳細は注意点をまとめた下記記事をご参照ください。

【関連記事】NURO光forマンションについて徹底的にまとめました!格安高速!

集合住宅月額料金月額料金2年間の合計金額
NURO光1,900円〜2,500円45,600円〜60,000円
auひかり3.800円91,200円

初期工事費等はauひかり

ただし、工事費はauひかりが安い結果になりました。工事費用は基本的には分割での支払いとなり、月額料金に上乗せでの請求になります。
途中解約の際には最終請求日に残債を支払うことになりますのでご注意ください。

戸建工事費・登録料金NURO光auひかり
登録料3,000円3,000円
工事費(一括払いの場合)一括払いは不可37,500円
工事費(分割払いの場合)1,333円×30回1,250円×30回(ただし、ひかり電話同時申し込みで無料)
集合住宅工事費・登録料金NURO光auひかり
登録料3,000円3,000円
工事費(一括払いの場合)一括払いは不可30,000円
工事費(分割払いの場合)1,333円×30回1,250円×24回(ただし、ひかり電話同時申し込みで無料)

携帯スマホとのセット割はほぼ同条件

料金で気になることが、スマホやケータイなどとのセット割ですよね。
NURO光ではソフトバンクの携帯電話とセットでお得になる「おうち割」が適用できます。auひかりでは、「auスマートバリュー」のセット割がお得。

それぞれ、家族10回線まで利用でき、携帯電話の料金から割引されるサービスです。2年間は下記金額が割引されることになります。
どちらのセット割でも家族の回線分割引がされることに。
サービス内容や割引率もさほど差異はありません。そのため、セット割でのお得さは引き分けと言えるでしょう。

セット割おうち割auスマートバリュー
データ定額30G2,000円2,000円
データ定額20G1,522円1,410円
データ定額5G1,522円1,410円

速度ではNURO光

速度の面で比較してみるとNURO光の方が断然早い結果になっています。
速度にこだわりたいのならNURO光がおすすめです。

スペックでの速度比較

NURO光は光回線の中でも最速スピードを誇る光回線です。
下りの最大は理論値で2Gbpsの速度を誇ります。上りの速度は最大1Gbpsです。
比較してauひかりは上りも下りも最大1Gbps。あくまでも理論値ですので、実効速度とは違います。

しかし、NURO光もauひかりもフレッツ光や光コラボをはじめとするNTT回線ではなく、独自の回線を敷設しています。そのため、混雑や、他の光回線サービスに影響されることがないのが特徴です。
もちろん、同一光回線内の混雑状況には左右されることに。しかし、NTTのフレッツ光の回線網を共用する、ひかりコラボレーションの回線ほどは影響がないということです。
理論値だけでいうと、NURO光が早いと言えるでしょう。

理論値下り最大上り最大
NURO光2Gbps1Gpps
auひかり1Gbps1Gbps

実効速度の比較

確かに理論値ではNURO光はauひかりの2倍の速度。しかし、現状は、最速2Gbpsの速度に対応する周辺機器やパソコンの規格はまだ普及されていません。

そのため、NURO光の理論値は2Gbpsでも速度が安定しているauひかりとの実効速度の差異はあまりないかもしれません。

Twitterの口コミを見てもauひかりの速度で満足している口コミが多数あります。

実際にどうなのか株式会社Studio Radishの実効速度の計測結果を見てみましょう。

実行速度下り平均値上り平均値
NURO光501.9Mbps396.0Mbps
auひかり236.6Mbps307.2Mbps

取りまとめてみてもやはりNURO光に軍配が上がりました。
NUROひかりの最大2Gbpsという数値は回線技術のなせる技。

しかし、この2Gbpsという数値は下りの速度だけです。動画などの視聴には有利という意味。
Instagramなどへの画像アップロードでは上りの速度が重要になります。

上りの最大速度はどちらも1Gbpsにもかかわらず、NURO光の方が早いのはなぜなのでしょうか。
実は、回線技術の違いの他にNURO光のエリアが狭いことにも関係しています。
利用人数の絶対数がNURO光の方が少ないんですね。

そのため、混雑しにくいためにNURO光の方が早い結果になっていると推測されます。

NURO光なら10Gbpsのサービスも

NURO光ではこの他一部の地域限定で世界最速光インターネットサービスとして下り最大10GBPSのサービスを開始しています。
上りは最大2.5Gbps。ただし、対象エリアは東京・神奈川の一部のエリアに限られています。
また、5階建て以下のマンションまたは戸建住居のみが対象です。

NURO光の10Gプランには多くの注意点があり以下の記事で紹介していますので興味のある方はご覧ください。

【関連記事】NURO光の10Gプランって知ってる?日本最速のインターネット!

オプション

では、光回線をより快適に利用できるようなオプションサービスの種類はどちらが魅力的なのでしょうか。NURO光とauひかりのオプションサービスの種類を見ていきましょう。
オプションサービスの種類はほぼ同等です。ただし、必要なオプションが標準装備されているのはNURO光だと言えるでしょう。
オプションサービスはユーザーによって必要性が分かれますので、一概にどちらが良いとは言えないのかもしれません。

オプションサービスNURO光auひかり
テレビサービスUNEXT for NURO 980円/月
地デジ非対応
43ch 500円/月
地デジ非対応
無線LANサービスWi-Fiルーター無料
無線LANサービス無料
Wi-Fiルーター無料
auスマートバリューで永年無料
定額:500円/月〜
電話サービス7.99円/3分
500円/月
8円/3分
30ヶ月無料
定額:500円〜
セキュリティーサービス最大5台まで無料最大24ヶ月無料
定額:500円/月〜
サポートサービスブロードバンド接続パック無料
リモートサポート
オンサイトサポート
安心トータルサポート500円/月
出張サポート2,000円/回
おうちトラブルサポート400円/月

キャンペーン

お得なキャンペーンを比較するとどうなるのでしょうか。
代理店サイトで比較して見ていきます。それぞれ高額キャッシュバックがあり、実質工事費無料です。
違約金還元やアンテナ工事費無料を考慮すればauひかりの方が魅力があるのかもしれません。
しかし、キャッシュバック金額で実質違約金を補填できることを考慮すればさほどの差はないと言えるでしょう。
比較表以外にもお得なキャンペーンを実施していますので、気になった方はお得な代理店サイトから光回線を申し込んでみてくださいね。

キャンペーンNURO光auひかり
キャッシュバック80,000円70,000円
初期工事費無料無料
月額料金割引開通月無料1ヶ月無料
アンテナ工事費なし無料
他社違約金負担なし最大30,000円還元

【NURO光】圧倒的な速さを最大80,000円キャッシュバックで手に入れろ!

【auひかり】最大70,000円キャッシュバック、アンテナ工事費実質無料キャンペーン中!

結局決め手は「エリア」と「セット割」

様々な角度からNURO光とauひかりを比較してきました。
では、結局どちらの方がお得なのでしょうか。決め手は、エリアとセット割になりそうです。

エリア内ならNURO光がおすすめ

NURO光は関東圏限定のサービス。関東圏とは東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、群馬県、栃木県、茨城県の中の一部の地域です。
対象エリアでも利用できないケースがあるので、事前に対象エリアであることをチェックするようにしましょう。

>>10秒でカンタンエリア確認

関東圏にお住まいでNURO光の対象エリア内の方には速度が早く料金が安いNURO光がおすすめです。

セット割も検討材料に!

スマホやケータイなどの携帯電話がソフトバンクの場合にはさらにNURO光がおすすめです。
ソストバンクユーザーはNURO光と共に「おうち割」が適用でき、携帯料金の月額から家族のSoftBankユーザーの数だけ割引が適用出来るためです。

また、例えソフトバンクユーザーでなかったとしても、NURO光のエリア内なら早くて安いNURO光がおすすめと言えるでしょう。
ただし、auの携帯・スマホをお使いの場合にはauスマートバリューが使えて、auひかりの方が良いといえます。
料金に依存せずに速度だけで選ぶならauユーザーでもNURO光の方がおすすめ。

auひかりも混雑の少ない回線なので、ひかりコラボレーションやフレッツ光よりも安定した回線速度が保てることが特徴です。
そのため、NURO光ほどの高速回線を望まないのであれば、料金がお得なauひかりがお得になるのではないでしょうか。

ソフトバンク携帯電話利用au携帯電話利用それ以外の携帯電話を利用
NURO光エリア内NURO光がおすすめNURO光がおすすめ(高速回線が欲しいユーザー)
auひかりがおすすめ(安さ重視ユーザー)
NURO光がおすすめ
NURO光エリア外auひかりがおすすめauひかりがおすすめauひかりがおすすめ

NURO光とauひかり徹底比較のまとめ

NURO光もauひかりも高速な光回線で携帯電話とのセット割も高くオススメです。
どちらがいいのか悩んでいるユーザーは、エリアとセット割のお得さで選んでみるといいでしょう。

これから光回線を利用したいと考えている方はもちろん、他社からの乗り換えを検討中の方も携帯電話がソフトバンクかauなのであれば、NURO光かauひかりを選んでみてくださいね。

その他の携帯をお使いなら速度の速いNURO光の導入を目指しましょう。

関東エリアならnuro光!おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口LifeBank

最大速度2Gbpsの圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!プロバイダ料込みで4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!人気窓口なら最大120,000円おトクなキャンペーン中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る