閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

【2018年最新版】ドコモ光でぷららを選ぶメリット・デメリット│契約すべき?

ドコモ光×ぷらら

ドコモ光で選択できるプロバイダのぷららは、実績が高く利用者数の多いプロバイダです。

ドコモ光をぷららで契約するべきかを検討している方も多いことでしょう。

今回は、ドコモ光でぷららを選ぶ場合の料金や速度評判、また、メリット・デメリットや解約手順について紹介していきます。

ドコモ光のプロバイダをぷららにするメリット・デメリット

最初にドコモ光のプロバイダをぷららにした場合のメリットとデメリットを見ていきます。

どうしてもぷららを使いたい方は最初に理解しておくべき項目です。

メリット1:2年間無料でセキュリティサービス・マカフィーが使える

ドコモ光ぷららでは、インターネット利用を行う上で欠かせないセキュリティソフトが、2年間無料で使用できます。

マカフィーは定評のあるセキュリティソフトの1つで、通常は1年で3,000円~4,000円ほどかかります。

1つの契約で3台のPCにインストールできるので、家族で複数のPCを利用する方にも便利です。

ドコモ光をぷららで契約する場合にはセキュリティー対策が無料でできることが大きなメリットになるでしょう。

メリット2:訪問設定サポートが一回無料

初めてインターネットのセットアップを行う際は、設定方法がわからないなど、トラブルや間違いが多いものです。

ドコモ光ぷららを新規で申し込むと訪問設定サポートを、1回のみ無料で利用できます。

また、接続設定サポートはインターネットに限らず、ひかりTVなどの視聴設定もサポート対象です。

専門のスタッフが直接自宅に来て接続設定などの作業をしてくれるため、接続設定が完了すればすぐにインターネットが使えるようです。

メリット3:Wi-Fiルーターのレンタル料金が無料

ドコモ光をぷららで申し込むことのメリットの一つに、IPv6・IPoE対応のWiFiルーターが無料でレンタルできる点があります。

たとえIPv6でもPPPoE対応ルーターでは速度の改善が見込めません。

なぜなら、PPPoE方式のルーターではプロバイダの網終端装置を経由するため、IPv4の通信と経路が同じだからです。

対して、ぷららのIPv6 IPoE対応ルーターなら混雑しがちな網終端装置を経由せずにインターネットに接続でき、通信速度が格段に早くなるメリットがあるのです。

ドコモ光をぷららで契約することで、このIPoE対応のルーターを無料でレンタルできます。

ドコモ光を契約後に送付されるぷらら会員登録証に記載された方法で申し込みしましょう。

無線LANルーターの無料レンタル特典は2018年8月1日以降に新たにドコモ光を申し込みしたユーザーが対象ですので注意してください。

また、IPv6はサイト側も対応していなければ速度改善が見込めません。

<IPv6に対応しているサイト例>

  • Google
  • YouTube
  • WikiPedia
  • Facebook
  • 各ISPサイト
  • Netflix

など・・・

特定のサイトしか速く通信できないのでは、その他のサイトを見たいときに困りますよね。

そこでオススメしたいのが次のメリットです。

メリット4:IPv4 over IPv6で高速通信が可能

ドコモ光(ぷらら)はIPv4 over IPv6接続技術に標準対応しています。

IPv4 over IPv6とは簡単に解説すると、先ほどご紹介したIPv6に対応しているサイト以外のIPv4のサイトに接続するときも高速で接続できるという技術です。

ぷららIPv4 over IPv6
<引用:IPv6接続機能(IPoE方式)│ ぷらら

ただしドコモ光のぷららでIPv4 over IPv6を利用するには以下の2つの条件を満たす必要があります。

<ドコモ光(ぷらら)でIPv4 over IPv6を利用する条件>

  1. ドコモ光(ぷらら)を2018年3月1日以降に申し込んだ方
  2. 専用の無線LANルーターである「ドコモ光ルーター01(9,590円)」を使用する

その他のv6プラス対応の無線LANルーターでもIPv4 over IPv6が利用できたとの声もあります。

しかしぷららからのアナウンスを見ると、「ドコモ光ルーター01」以外の動作保障はしていないと記載があるので、確実にIPv4 over IPv6を利用したいなら「ドコモ光ルーター01」を購入しましょう。

※「IPv4 over IPv6接続」を利用するには専用のWi-Fiルーター「ドコモ光ルーター01」が必要となります。NTTドコモにてお求めいただけます。なお、他のルーターでは動作保証しておりません。<引用:IPv6接続機能(IPoE方式)│ ぷらら

また2018年2月28日以前にドコモ光(ぷらら)を申し込んだ方は、現在IPv4 over IPv6を利用できません。

準備が整い次第、順次開通するとのことですので、待つかマイページから申し込みいて早期開通を希望しましょう。

デメリット1:通信速度が遅いという声が多い

ドコモ光をぷららで利用している方の評判を見ると「通信速度が遅い」という声を多く目にします。

その投稿の日時をよく見ると2018年2月28日以前から利用しているユーザーが多く目に留まる印象です。

また、最近使い始めた方の投稿でも「ぷららの速度が遅い」と言っているのは、おそらくIPv6対応のルーターを利用していないのが原因でしょう。

先ほどのメリットでも解説したとおり、ぷららではIPv6 IPoE対応ルーターを無料レンタルできますし、「ドコモルーター01」を購入すればIPv4 over IPv6でも接続が可能です。

克服できるデメリットと言うわけですね。

ただし2018年2月28日以前からぷららを利用していて、ぷららに早期開通を求めてもIPv6開通の目処が立たない場合はプロバイダの乗り換えを検討しましょう。

ドコモ光は簡単にプロバイダ変更ができるので、例えばv6プラス対応のルーターを無料でレンタルできるGMOとくとくBBへ乗り換えるのもオススメでしょう。

ドコモ光のプロバイダ変更方法をまとめた記事があるので参考にしてみてください。

ドコモ光のプロバイダ・ぷららの月額利用料金

ドコモ光は、プロバイダごとで月額基本料金に違いがあります。

ドコモ光のプロバイダ料金はAタイプとBタイプの2種類にわかれていて、ぷららは料金タイプAに該当します。

<タイプ別・月額基本料金プラン>

Aタイプ
Bタイプ
戸建てタイプ
5,200円
5,400円
マンションタイプ
4,000円
4,200円

上記の表の利用料金はプロバイダのみではなく、インターネット回線料金+プロバイダの一体型料金です。

戸建てタイプ・マンションタイプともに、タイプAはタイプBより200円ほど安くなっています。

キャッシュバックキャンペーンも実施中!(2019年1月31日まで)

ぷららでは公式サイトから申し込むと15,000円キャッシュバックをもらえるキャンペーンを実施中です。(※2018年10月~2019年1月31日まで)

他のプロバイダに並んで最高額のキャッシュバックですので、お得度も引けを取りませんよ。

ドコモ光+ぷららの接続設定方法

ドコモ光をぷららで接続設定する方法を解説します。

まずは機器の配線を済ませておきましょう。

  1. ぷらら会員登録証に記載されているぷららのユーザーIDとぷららの本パスワードを用意
  2. パソコン上のブラウザーのアドレス入力欄にルーターのIPアドレスを入力
  3. ルーターのログイン画面が表示されている画面でユーザーID・パスワードを入力
    ※ぷららのID、パスワードではありません。ルーターの説明書記載のID・パスワードです。
  4. 接続設定画面を選ぶ
  5. 接続先ユーザーIDにぷららのIDを入力し、接続パスワードにぷららの本パスワードを入力
  6. インターネット接続の完了

機器の接続設定方法の詳細は下記のリンクから説明書をご覧ください。

ドコモ光+ぷららの無線LAN(Wi-Fi)を設定する方法

次に無線LANを設定する方法について解説します。

最初にインターネットの接続設定と同様にルーターへのログインを行っておきましょう。

  1. ブラウザーからルーターへログイン
  2. SSIDと暗号化の設定を行う
    ※SSIDはルーター本体に記載があるか、ルーターの箱にシールが添付されていますので、それを参考に設定しましょう。
  3. パソコン側の無線設定を行う
    ※Windowsならコントロールパネルからインターネットへの接続を選択しワイヤレスの欄から設定したSSIDを選んでください。
    ※MacOSの場合には、パソコンのツールバーから無線を「入」に設定しましょう。
    ※そこから設定したSSIDを選択してください。
  4. パスワードを入力したらWiFi設定は完了です。

ドコモ光の接続設定方法で不明点がある場合には、下記記事に詳細な情報が記載さています。
参考にしてくださいね!

【ドコモ光】最大15,000円キャッシュバック+dポイント10,000円相当プレゼント

キャッシュバック

2019年5月6日まで初期工事費無料キャンペーンを実施中!初期費用をおさえてドコモ光をはじめよう!・・・詳しく見る

ドコモ光のプロバイダ・ぷららを乗り換える方法

ドコモ光のプロバイダをぷららから乗り換える方法は簡単です。

電話で手続きをする場合は、ドコモのインフォメーションセンターに電話をし、変更するプロバイダ名を伝えるだけです。

ドコモのインフォメーションセンター
ドコモの携帯:151
一般回線:0120-800-000
※年中無休9:00〜20:00の受付

なお、ネットワーク暗証番号か契約IDを伝える必要がありますので事前に準備をしておきましょう。

また、プロバイダ変更は電話以外にドコモショップでも可能です。

ドコモショップでプロバイダ変更の手続きをする場合は以下の手順で行います。

<ドコモショップで手続きする場合>

  1. 身分証明書をドコモショップに持参してください。
  2. ネットワーク暗証番号か契約IDを伝えます。
  3. 乗り換えるプロバイダを伝えてください。

ドコモ光のプロバイダ変更は店頭でも電話でもプロバイダを簡単にるため、手続きしやすい方で変更してくださいね。

ただし、プロバイダの変更手続きには幾つかの注意点があります。

詳細は下記記事をご覧ください。

また、v6プラス対応のプロバイダに乗り換えるなら、下記の記事も参考にしてくださいね!

ドコモ光のプロバイダ・ぷららを解約する手順

ドコモ光の場合には、ドコモ光の解約を行うだけで自動的にぷららも解約できます。

ただし、ぷららのオプションサービス利用している場合には、別途ぷららのマイページからの解約手続きが必要ですので注意してください。

オプションサービスの契約状況などもマイページから確認できますのでチェックしてみるといいでしょう。

まとめ

ドコモ光のプロバイダの一つ、ぷららについてまとめました。

最近はぷららも速度向上のためにIPoEやIPv4 over IPv6などへ標準対応しています。

ドコモ光のプロバイダにぷららを選ぶ際は「ドコモ光ルーター01」を購入しましょう。

きっと速度低下で悩むこともなくなるでしょう。

またキャンペーンにも力を入れていて、15,000円キャッシュバックなどを行っています。

ドコモ光を申し込む際はプロバイダにぷららを検討してみてはいかがでしょうか?

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る