閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

【2019年最新】ドコモ光のぷららはIPv6が利用できる!導入がおすすめなのはこんな人!

ドコモ光×ぷらら

ドコモ光をプロバイダー・ぷららで契約するべき?ぷららはお得なの?と疑問をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。

実は、ぷららの公式サイト経由でドコモ光を申し込むと、キャッシュバックがもらえたり、無料でルーターを貸し出してくれたりするので、金銭面でお得なんですよ。

ただし、速度を気にする場合は、ぷららが推奨するルーター01というIPv6対応のルーターを利用することをおすすめします。

また、似たような回線でぷらら光というものもありますが、こちらはぷららが運営する光コラボ回線で、ドコモ光でプロバイダー・ぷららを選択するのとは違います。

両者の違いは、選べるプロバイダーの数と、キャンペーン内容です。

ですので、ドコモ光×ぷららとぷらら光のどちらを選ぶかは、あなたがどちらのキャンペーンに魅力を感じるかで選びましょう。

今回は、ドコモ光でぷららを選ぶ場合の料金やメリット・デメリット、そして申し込み方法や解約方法、さらに、ドコモ光×ぷららとぷらら光の違いについて紹介していきます。

ドコモ光でぷららを利用するのはお得?

ドコモ光でぷららを選択すると、以下の点でお得です。

  • タイプAに属するプロバイダーのため、月額料金がタイプBより200円安い
  • プロバイダーのWebサイト経由で15,000円のキャッシュバックをもらいたい人
  • 無線LANルーターを無料レンタルできる

金銭面で少しでもお得に契約したい、無線LANルーターをレンタルしたい、という方にはおすすめということですね。

ドコモ光でプロバイダー・ぷららを契約すべきなのはどんな人?

では、ドコモ光のプロバイダー・ぷららがおすすめなのはどのような方なのかを説明します。

  • 月額料金を少しでも安くしたい人
  • キャッシュバックをもらいたい人
  • 速度が速いプロバイダーがいいという人

ぷららは金銭面でお得にでき、速度が速いと、両輪揃ったプロバイダーということですね。

ドコモ光とぷらら光の違い

ドコモ光×ぷららと混同されやすいのが、ぷらら光です。

ぷらら光とは、ぷららが運営する光コラボ回線で、選べるプロバイダーはぷららのみです。

対して、ドコモ光はドコモが運営する光コラボ回線ですが、選べるプロバイダーは25社です。

ぷらら光が、ドコモ光×ぷららとどのような違いがあるのかを以下の表で見てみましょう。

回線名 ドコモ光(ぷらら) ぷらら光
回線の種類 光コラボ回線 光コラボ回線
料金 戸建て:5,200円
マンション:4,000円
戸建て:5,200円
マンション:4,000円
速度 1Gbps 1Gbps
プロバイダー 全26社 ※うち1社受付終了 ぷらら
キャンペーン ・15,000円キャッシュバック
・無線LANルーター無料レンタル
・セキュリティサービス12ヶ月間無料
・メールチェック月額300円が無料
・工事費無料(不定期)
・dポイント10,000ポイントプレゼント(ドコモ光公式)
・ドコモ携帯電話とのセット割(ドコモ光公式)
・新規工事費実質無料
・無線LANルーター無料レンタル
・最大55,000円キャッシュバック

それぞれの違いや共通点をまとめると以下の通りです。

  • 両方の回線で月額料金や速度は同じ
  • 選べるプロバイダーの数はドコモ光の方が圧倒的に多い
  • ぷらら光はキャッシュバックがお得

ドコモ光とぷらら光は、ともにフレッツ光を利用している光コラボ回線で、速度や料金も同じです。

ではどこが違うかというと、プロバイダーの選べる数、そしてそれぞれのキャンペーン内容です。

ぷらら光は、新規申し込みで35,000円、ひかりTVへの加入で20,000円、合計で最大55,000円のキャッシュバックを受け取ることができます。

ただし、ぷらら光はドコモ携帯とのセット割や、無線LANルーター無料レンタルの特典がありません。

あなたの状況に応じて、より便利でお得になる方を選択するといいでしょう。

ドコモ光でぷららを利用した場合の月額料金

ぷららは、ドコモ光のタイプAに属しています。

タイプAは、OCNなどが含まれるタイプBに比べて月額料金が安いというメリットがあります。

月額料金が安いといっても、速度やサービス内容などはタイプBと変わらないので安心してください。

月額料金(税抜)
戸建てタイプ マンションタイプ
タイプA
※ぷららはこのタイプ
5,200円 4,000円
タイプB 5,400円 4,200円

ドコモ光のタイプAについて詳しく解説した記事もあわせて参考にしてくださいね。

ドコモ光でぷららを利用するメリット5つ

ドコモ光でぷららを利用した場合に得られるメリット5つを紹介していきますね。

  • 15,000円のキャッシュバック
  • 2年間無料でマカフィーのセキュリティサービスが使える
  • 訪問設定サポートが一回無料
  • Wi-Fiルーターのレンタル料金が無料
  • IPv4 over IPv6で高速通信が可能

15,000円のキャッシュバック

ぷららのWebサイト経由で申し込みをした場合、15,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンが行われています。

ドコモ光の利用開始月の4ヶ月目の末日に来る、キャッシュバックに関する案内メールに返信することでキャッシュバックを受け取れます。

プロバイダーによっては1年近くの間を置かないと手続きできない場合もありますので、期間が空いて手続きを忘れてしまうリスクが減るのがいいところですね。

また、オプション加入の必要がないのもうれしいメリットです。

ドコモ光のキャッシュバックについてのまとめ記事もありますので、詳しく知りたい方はぜひご一読くださいね。

2年間無料でマカフィーのセキュリティサービスが使える

ドコモ光でぷららを契約すると、インターネット利用を行う上で欠かせないセキュリティソフトが、2年間無料で使用できます。

マカフィーは定評のあるセキュリティソフトの1つで、通常は1年で3,000円~4,000円ほどかかります。

1つの契約で3台のPCにインストールできるので、家族で複数のPCを利用する方にも便利です。

ドコモ光をぷららで契約する場合にはセキュリティー対策が無料でできることが大きなメリットになるでしょう。

訪問設定サポートが一回無料

初めてインターネットのセットアップを行う際は、設定方法がわからないなど、トラブルや間違いが多いものです。

ドコモ光ぷららを新規で申し込むと訪問設定サポートを、1回のみ無料で利用できます。

また、接続設定サポートはインターネットに限らず、ひかりTVなどの視聴設定もサポート対象です。

専門のスタッフが直接自宅に来て接続設定などの作業をしてくれるため、接続設定が完了すればすぐにインターネットが使えるようになります。

Wi-Fiルーターのレンタル料金が無料

ドコモ光をぷららで申し込むことのメリットの一つに、IPv6・IPoE対応のWiFiルーターが無料でレンタルできる点があります。

たとえIPv6でも、PPPoE対応ルーターでは速度の改善が見込めません。

なぜなら、PPPoE方式のルーターではプロバイダーの網終端装置を経由するため、IPv4の通信と経路が同じだからです。

対して、ぷららからレンタルされるIPv6 IPoE対応ルーターなら混雑しがちな網終端装置を経由せずにインターネットに接続でき、通信速度が格段に早くなるメリットがあるのです。

ドコモ光をぷららで契約することで、このIPoE対応のルーターを無料でレンタルできます。

ドコモ光を契約後に送付されるぷらら会員登録証に記載された方法で申し込みしましょう。

無線LANルーターの無料レンタル特典は、2018年8月1日以降に新たにドコモ光を申し込みしたユーザーが対象ですので注意してください。

また、IPv6はサイト側も対応していなければ速度改善が見込めません。

IPv6に対応しているWebサイトの例としては、Google・YouTube・WikiPedia・Facebookなどの有名サイトがメインです。

特定のサイトしか速く通信できないのでは、その他のサイトを見たいときに不便を感じますよね。

そこでオススメしたいのが次のメリットです。

IPv4 over IPv6で高速通信が可能

ドコモ光のプロバイダー・ぷららでは、ぷららv6エクスプレス(IPoE)というIPv4 over IPv6接続技術に標準対応しています。

IPv4 over IPv6とは簡単に解説すると、IPv6に対応しているサイト以外のIPv4のサイトに接続するときも、混雑が少ない経路を利用して接続できるという技術です。

ぷららIPv4 over IPv6
<引用:IPv6接続機能(IPoE方式)│ ぷらら

ただしドコモ光のぷららでIPv4 over IPv6を利用するには以下の2つの条件を満たす必要があります。

◆ドコモ光(ぷらら)でIPv4 over IPv6を利用する条件

  • ドコモ光(ぷらら)を2018年3月1日以降に申し込んだ方
  • 専用の無線LANルーターである「ドコモ光ルーター01(9,590円)」を使用する

その他のv6プラス対応の無線LANルーターでもIPv4 over IPv6が利用できたとの声もあります。

しかしぷららの公式では、「ドコモ光ルーター01以外の動作保障はしていない」と記載があるので、確実にIPv4 over IPv6を利用したいなら「ドコモ光ルーター01」を利用しましょう。

※「IPv4 over IPv6接続」を利用するには専用のWi-Fiルーター「ドコモ光ルーター01」が必要となります。NTTドコモにてお求めいただけます。なお、他のルーターでは動作保証しておりません。<引用:IPv6接続機能(IPoE方式)│ ぷらら>

また2018年2月28日以前にドコモ光(ぷらら)を申し込んだ方は、IPv4 over IPv6を利用できませんので注意しましょう。

準備が整い次第順次開通するとのことですので、待つかマイページから申し込みして早期開通を希望しましょう。

同様のサービスであるv6プラスに対応するプロバイダーについての記事もあわせて参考にしてくださいね。

ドコモ光でぷららを利用するデメリット|速度が遅いという評判も

ドコモ光をぷららで利用している方の評判を見ると「通信速度が遅い」という声を目にします。

Twitterで「ドコモ光 ぷらら」のキーワードで検索すると、抽出された41件中5件程度で速度が遅いことへの不満のツイートがありました。

以下はその一例です。


※2019年4月 Twitter調べ

実はぷららは、2018年3月1日以降の新規契約からIPv4 over IPv6が標準提供されました。

それ以前に申し込みをした場合でも、順次自動開通するということです。

2018年2月28日以前からぷららを利用していて、遅いと感じる場合は、IPv6の提供がまだの可能性があります。

→ぷららv6エクスプレス(IPoE)を利用するには、申し込みは必要ですか?|ぷらら公式サイト

ぷららではIPv6 IPoE対応ルーターを無料レンタルできますし、「ドコモルーター01」を購入すればIPv4 over IPv6でも接続が可能です。

ただし2018年2月28日以前からぷららを利用する方で、ぷららに早期開通を求めてもIPv6開通の目処が立たない場合は、プロバイダーの乗り換えも視野に検討してもいいかもしれません。

IPv4 over IPv6については、ドコモ光でv6プラスが利用できるプロバイダーについての記事も参考にしてくださいね。

プロバイダーの速度は混雑度や時間帯などの状況に応じて変わる

ぷららの速度が遅いと感じる場合、原因として考えられるのは、以下の2点です。

  • 宅内の機器等、通信環境に問題がある
  • プロバイダーや光回線に問題がある

ぷららは、日本のプロバイダーのなかでも利用者が比較的多いプロバイダーです。

以下の記事では、ぷららの利用者数は国内5位であることがわかります。


引用:ISPではOCNが首位を維持|MMRI

利用者が多いということは、夜間帯やお昼休みなど、利用者が多い時間帯は回線が混雑しやすく、その結果速度が遅いと感じる場合があるということです。

IPv6対応ルーターを利用しよう

もしもぷららを利用していて速度が遅いと感じたら、ぷららv6エクスプレスの利用を検討してみましょう。

ぷららv6エクスプレスとは、インターネットの混雑を回避し快適に利用できる新規格のことで、利用することで速度が速いインターネットが利用できます。

また、ぷららのIPv6を確実に利用したいのであれば、専用の無線LANルーターであるドコモ光ルーター01がオススメです。

ぷららでは、上記以外ルーターにおいてIPv6の動作保証をしていないためです。

v6プラスおよび対応プロバイダーについて詳しく説明した記事や、速度が遅い時の原因と対処法について説明した記事もありますので、あわせて参考にしてくださいね。

ドコモ光でぷららを申し込む方法

ドコモ光を申し込む方法で最初に思いつくのは、ドコモの公式窓口やドコモショップでしょう。

しかし、当サイトでオススメする窓口は代理店・ネットナビです。

ネットナビで申し込むメリットは以下の通りです。

  • Webフォーム経由の申し込みで15,000円のキャッシュバック
    ※新規・転用どちらでも対象でオプション加入の条件はなし・開通翌月末振り込み
  • 開通までモバイルWi-Fiルーターをレンタル可能

ドコモ光の開通まで代替のインターネット環境がほしいという方にはネットナビもオススメですよ。

ドコモ光の申し込みについての詳細記事もありますので、さらに詳しく知りたい方はあわせてチェックしてくださいね。

開通したらぷららの設定情報をルーターに登録しよう

ドコモ光をぷららで接続設定する方法を解説します。

まずは機器の配線を済ませておきましょう。

  1. ぷらら会員登録証に記載されているぷららのユーザーIDとぷららの本パスワードを用意
  2. パソコン上のブラウザーのアドレス入力欄にルーターのIPアドレスを入力
  3. ルーターのログイン画面が表示されている画面でユーザーID・パスワードを入力
    ※ルーターの説明書記載のID・パスワードです。ぷららのID、パスワードではありません。
  4. 接続設定画面を選ぶ
  5. 接続先ユーザーID、接続パスワードに、ぷららのIDとパスワードを入力
  6. インターネット接続の完了

機器の接続設定方法や、もしうまくいかないときの詳細は下記のリンクをご覧ください。

→ぷららの設定についてのページはこちら

また、当サイト内のドコモ光の初期設定方法に関する記事や、ドコモ光のIDについて解説した記事もあわせて参考にしてくださいね。

無線LAN(Wi-Fi)を設定する方法

ぷららで無線LANを利用する方法について解説します。

最初に開通したらぷららの設定情報をルーターに登録しようを参考に、インターネットの接続設定を行っておきましょう。

  1. ブラウザーからルーターへログイン
  2. SSIDと暗号化の設定を行う
    ※SSIDはルーター本体に記載があるか、ルーターの箱にシールが添付されていますので、それを参考に設定しましょう。
  3. パソコンやスマホなど、端末側の無線設定を行う
    ※Windowsならコントロールパネルからインターネットへの接続を選択しワイヤレスの欄から設定したSSIDを選んでください。
    ※MacOSの場合には、パソコンのツールバーから無線を「入」に設定しましょう。
    ※そこから設定したSSIDを選択してください。
  4. パスワードを入力したらWiFi設定は完了

ドコモ光でぷららを利用中に問い合わせる方法

ドコモ光の利用中に問い合わせたいことが発生した場合は、ドコモ光のサポートと、ぷららのサポートの両方が利用できます。

基本的にはどちらの窓口に問い合わせても答えてくれますが、以下の場合は回答できる窓口が決まっていますので注意しましょう。

  • 料金に関する問い合わせ:ドコモ光
  • 申し込み・プロバイダー変更・解約に関する問い合わせ:ドコモ光
  • プロバイダーのオプションに関する問い合わせ:ぷらら

◆ドコモ光の問い合わせ窓口

問い合わせたい内容 問い合わせ窓口 電話番号 受付時間
・申し込み
・契約内容の照会
・機器の接続設定
・解約
・その他不明点
(光テレビ・光電話などオプション含む)
ドコモインフォメーションセンター 0120-800-000
ドコモケータイから局番なしの151
9:00~20:00(年中無休)
・故障に関する問い合わせ
(光テレビ・光電話などオプション含む)
ドコモ113センター 0120-800-000
ドコモケータイから局番なしの113
24時間365日受付

※利用者情報の確認のため、ドコモユーザーであれば4桁のネットワーク暗証番号、非ドコモユーザーであれば契約者IDを用意しましょう

◆ぷららの問い合わせ窓口

問い合わせたい内容 電話番号 受付時間
料金や契約内容など、
サービス全般についての問い合わせ
フリーダイヤル:009192-150
ひかり電話:0120-577150
10:00~19:00
(12/29~1/3を除く)
インターネット接続など、
各種設定についての問い合わせ
メールの設定、
トラブルに関する問い合わせ

※ユーザーID・お客様番号などの、利用者の情報が分かるものを用意しましょう

当サイトのドコモ光の問い合わせに関する記事とあわせて参考にしてくださいね。

プロバイダー・ぷららが遅いと感じたら?

インターネットが遅く、プロバイダーが原因では?と思ったら、まずはぷららv6エクスプレスが利用されているかどうかを確認しましょう。

2018年2月28日以前にぷららを申し込んだ方の場合は、ぷららv6エクスプレスがまだ開通できていない可能性もあります。

ぷららv6エクスプレスが利用可能な状態かを確認するには、ぷららのマイページから「利用状況照会」→「IPoEご利用状況」で開通済と表示されているかどうかをチェックしてみましょう。

もし開通済みでない場合は、開通を待つか、上記マイページから早期開通の申し込みを行ってみてくださいね。

また、プロバイダー側でなく、自宅内の機器や端末にトラブルが起こっている可能性もあります。

ドコモ光がつながらないときの対処法に関する記事もご一読くださいね。

ドコモ光でぷららをプロバイダー変更または解約する方法

ドコモ光でプロバイダー・ぷららを解約するのは、以下2つのいずれかの場合です。

それぞれの場合別に手順を説明していきますね。

  • プロバイダーをぷららから別プロバイダーに変更する場合
  • ドコモ光そのものを解約する場合

プロバイダーを変更する場合

ドコモ光のプロバイダーを、ぷららから別のプロバイダーに変更する場合は、ドコモ インフォメーションセンターへの電話連絡またはドコモショップで手続きができます。

別途ぷららへ連絡する必要はありません。

ただし、ドコモ光とは別にぷららのオプションサービスを利用している場合は、別途解約手続きが必要です。

電話で連絡する場合の電話番号は以下の通りです。

◆ドコモ インフォメーションセンター

  • 電話番号:0120-800-000(通話料無料)
  • ドコモ携帯電話から:(局番なし)151(通話料無料)
  • 受付時間:9:00~20:00(年中無休)

プロバイダー変更の手続き完了後、新プロバイダーより新しいIDとパスワードが送付されます。

上記IDの情報をルーターに登録しなおす作業を行えば、プロバイダー変更は完了です。

また、プロバイダーを変更する際は新しいプロバイダーの契約事務手数料として3,000円が発生しますので注意してくださいね。

具体的な手順や発生する料金などの詳細は、ドコモ光のプロバイダー変更に関する記事もあわせて参考にしてくださいね。

ドコモ光の解約と同時にプロバイダーも解約する場合

ぷらら解約方法は、以下のとおりです。

  1. ドコモ光をドコモショップや「0120-800-000」への電話で解約する
  2. 解約手続き完了の翌月以降、ぷららマイページからぷらら会員の退会手続きを行う

ドコモ光でプロバイダーがセットになっているプラン(タイプA、タイプBなど)を契約していた場合は、別途プロバイダーへの解約連絡をする必要はありません

ぷらら会員の情報も、自動的に退会手続きが行われます。

ただし、ドコモ光とは別にぷららのオプションサービスを利用している場合は、別途解約手続きが必要なので注意してくださいね。

オプションサービスの契約状況などもマイページから確認できますのでチェックしてみるといいでしょう。

→ぷららのマイページ

ドコモ光の解約や、解約にかかる費用については、こちらの記事でより詳しい内容も紹介していますので、あわせて参考にしてくださいね。

まとめ

ドコモ光のプロバイダーの一つぷららには、以下のメリットがあることを説明しました。

  • タイプAに属するプロバイダーのため、月額料金がタイプBより200円安い
  • プロバイダーのWebサイト経由で15,000円のキャッシュバックをもらいたい人
  • 無線LANルーターを無料レンタルできる

また、以前は不安視されていた速度ですが、近年ぷららv6エクスプレスに標準対応したことで、速度の遅さが解消されつつあります。

また、ぷららを選ぶ際は、動作が保証されている「ドコモ光ルーター01」を導入することで、確実にぷららv6エクスプレスのメリットを享受できます。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)