閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光のプロバイダをぷららで利用するメリットとデメリットを解説

Pocket

ドコモ光×ぷらら

ドコモ光では26種類のプロバイダからどれかを一つを選択して契約します。

なかでもNTTぷららが運営する「ぷらら」はユーザー数が多いプロバイダの1つですが、どのような特徴があるのでしょうか?

この記事ではドコモ光でぷららを検討中の方向けに、ぷららを利用することのメリット・デメリットを徹底調査し、解説します。

ドコモ光の全プロバイダの特典一覧表はこちら

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

ドコモ光ぷららとは

ぷららはNTT系の企業だということは意外と知られていないかもしれません。

実はぷららは、大手IT企業であるNTTグループの企業なのです。

ぷららは、映像配信やネットゲームも手がけている企業ですが、何と言ってもプロバイダ事業での知名度は抜群です。

もともとぷららはNTT系であることから、ドコモ光のプロバイダのひとつとなるのも、自然な成り行きといえるでしょう。

ドコモ光ぷららの月額料金

ドコモ光は、プロバイダーごとで月額基本料金に違いがあります。

ドコモ光のプロバイダ料金はAタイプとBタイプの2種類に分かれていて、ぷららは料金タイプAに該当します。

<タイプ別・月額基本料金プラン>

Aタイプ
Bタイプ
戸建てタイプ
5,200円
5,400円
マンションタイプ
4,000円
4,200円

上記の表の利用料金はプロバイダのみではなく、インターネット回線料金+プロバイダの一体型料金です。

戸建てタイプ・マンションタイプともに、タイプAはタイプBより200円ほど安くなっています。

【ドコモ光】新規契約でも転用でも最大15,000円キャッシュバックキャンペーン

ドコモ光ぷららの初期費用

初期費用に関しては、新規か転用かで異なる場合があります。

新規とは、フレッツ光などインターネット契約をしていない場合の申し込みであり、インターネット設備を構築するための工事が必要です。

一方で転用とは、フレッツ光の契約をしていて、ドコモ光など他の光コラボに乗り換えることです。転用であれば設備がそのまま利用できるので、基本的には新たに工事をする必要はありません。

事務手数料3,000円のほかに新規であれば工事費が戸建てタイプで18,000円、マンションタイプでは15,000円かかり、転用の場合は契約事務手数料のみの3,000円がかかります。

ドコモ光ぷららのメリット

ドコモ光でぷららを利用するのはお得なのでしょうか?まずはメリットを見てみましょう。

最大14,000円キャッシュバック

ぷららの公式サイトからドコモ光を申し込むと、2018年8月1日(水)から2018年9月30日(日)まで最大14,000円のキャッシュバックがもらえるキャンペーンを行っています。

現金でのキャッシュバックなので使い道が多くて嬉しいですね。

ドコモ光の全プロバイダの特典一覧表はこちら

マカフィーセキュリティソフトが24か月無料

インターネット利用を行う上で欠かせないセキュリティソフトが、2年間無料で使用できます。

マカフィーは定評のあるセキュリティソフトの1つで、通常は1年で3,000円~4,000円ほどかかります。1つの契約で3台のPCにインストールできるので、家族で複数のPCを利用する方にも便利です。

インターネット接続サポートが1回無料

初めてインターネットのセットアップを行う際は、設定方法が分からないなど、トラブルや間違いが多いものです。

そんな時に頼りになるサポートサービスを、1回だけですが無料で利用できます。また、この接続サポート設定はインターネットに限らず、ひかりTVなどの視聴設定もサポート対象です。

専門のスタッフが直接自宅に来て接続設定などの作業をしてくれるので安心です。また、電話でのサポートもありますが、こちらは制限なく無料で利用できます。

ドコモ光ぷららのデメリット

続いて、ドコモ光ぷららのデメリットです。実際にサービスを利用した方の口コミなども見てみましょう。

時間帯によって速度にばらつきがある

ドコモ光ぷららは昼間のインターネット利用にはほとんど問題はありませんが、夜になると通信速度が遅くなるという意見が多く見られます。

学校や職場から帰宅する夕方以降になると、やはりユーザーのアクセスが集中して遅くなってしまうようです。

主婦の方など、昼間に自宅にインターネットを使う人なら問題ないかもしれませんが、昼間はお勤めに出ている方や学生の方は不便でしょう。

「ADSLの方がまだ速度が安定していた」という声を寄せている方もいます。

夜は速度が1Mbpsを切る人も

中でも気になるのは、「1Mbpsを切ってしまった」という情報です。

1Mbpsはスマホの通常の通信速度よりも遅いため、固定回線であるドコモ光×ぷららが負けてしまうのは使い勝手が良いとはいえません。

通常のネット閲覧ぐらいなら問題ありませんが、オンラインゲームや高画質の動画再生などは難しいといえます。

ボリュームの大きいコンテンツを楽しみたい方には不向きといえます。

しかしドコモ光をぷららで利用していてもアクセス集中による混雑を改善できる方法があります。

最新の通信技術「IPv4 over IPv6」に対応

ぷららは2018年の4月からIPv4 over IPv6に対応しました

簡単に説明すると混雑している時間帯や地域でも、混雑していない裏道を使って通信する技術です。

これから新規申し込む人は受付時に、現在利用している人はぷららに問い合わせることでIPv6 over IPv4を利用できます

速度が向上すると評判のIPv6 over IPv4ですが、ぷららで利用するためにはdocomoが販売しているルーター01が必要になる点に注意しましょう。

ぷらら以外のおすすめプロバイダ

IPv4 over IPv6を利用できるぷららですが、ぷらら以外にもIPv4 over IPv6で通信ができるプロバイダはあります。

中でもGMOとくとくBBはIPv4 over IPv6と同等のv6プラスという技術で通信でき、v6プラス対応の高速無線LANルーターを無料でレンタルしてくれます。

さらに、最大15,000円のキャッシュバックキャンペーンを行っているためぷららよりも1,000円お得にドコモ光を契約できます。

速度もキャンペーンも充実しているため、おすすめできるプロバイダと言えるでしょう。

おすすめ窓口最大15,000円キャッシュバック
ドコモ光トップページ
工事費無料キャンペーン中!
ドコモユーザーならdポイント最大10,000ptプレゼント! スマホと光がセットで毎月のスマホ料金が最大2,500円割引!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

ドコモ光のプロバイダ「ぷらら」のまとめ

ドコモ光でぷららを利用する方は多いですが、時間帯による速度のバラつきや、夜間の速度低下を不満に感じている方が多く、口コミ評判もあまりいいとはいえません。

しかしIPv4 over IPv6という最新技術を利用すれば混雑を避けて通信可能です。

ただ、ドコモ光のぷららでIPv4 over IPv6を利用するためにはルーター01(8,800円)という専用のルーターを接続しなければなりません。

したがってこれからドコモ光を契約する方は、無料でv6プラス対応の高速無線LANルーターをレンタルできるGMOとくとくBBの方が安く済むでしょう。

最大15,000円キャッシュバックも上手く利用し、後悔しないようにプロバイダを契約してくださいね。

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事