閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

【知得】docomoのポケットWi-Fiは契約すべき?他社との違いは?

ポケットWi-Fiは各社で展開されていて、NTT docomoでも「Wi-Fi Station」と呼ばれるポケットWi-Fiのモバイルルーターを契約できます。

今回は、docomoのポケットWi-Fiの料金プランやエリア、キャンペーンを他社のWi-Fi端末と徹底比較してみました。

是非モバイルルーターを選ぶ際の参考にしてみてくださいね。

docomoのポケットWi-Fiの月額料金

まずはdocomoのポケットWi-Fiの料金システムをチェックし、他社のWiMAXやPocket Wi-Fiと実際に料金の比較も行ってみましょう。

docomoのポケットWi-Fiは、端末代+利用料金がかかるしくみ

まずdocomoでポケットWi-Fi端末(モバイルルーター)を購入するとかかってくるのが、端末代金です。

購入する時期などによっては実質無料や一括0円で購入できることもありますが、基本的に2~3万円程度の本体価格が設定されていて、支払う必要があります。

例えばWi-Fi Station N-01Jは、端末価格が26,568円(税抜)です。

さらにdocomoのポケットWi-Fiでは、端末代と別に利用料金もかかります。利用料金はパケットとデータプラン、インターネット接続サービス(mopera Uシンプルプラン)の3つが請求されます。

内訳月額料金(税抜)
データプラン1,200円
パケット料金2GB:3,500円
5GB:5,000円
20GB:6,000円
30GB:8,000円
スマホとのパケットシェア:500円
mopera Uシンプルプラン200円
合計1,900円~9,400円

ドコモで契約しているスマホとパケットをシェアする(500円)なら1,900円からポケットWi-Fiを持てますが、単体で30GB使う場合だとそれだけで1万円程度の月額料金になります

購入した場合はここに月額1,000円ほどの端末代が加わることも覚えておきましょう。

WiMAXは大容量通信で安い

一方でWiMAXの月額料金は、何種類ものWiMAXの中でも月額料金が業界最安級と謳っている「Broad WiMAX」における通信量無制限の「ギガ放題プラン」を例に挙げると以下の通りです。

月額料金(税抜)
1~3ヶ月目2,726円
4ヶ月目以降3,411円

docomoでポケットWi-Fiを契約すると、2GBプランでも月額4,900円。それよりも1,000円以上安く、WiMAXで使い放題のポケットWi-Fiを利用できます。

また端末代金については契約するプロバイダで内容が変わってきますが、Broad WiMAXならキャンペーン適用により0円です。

docomoよりも安く使い放題のモバイルルーターを契約できるWiMAXは魅力的に見えますね。

なお各プロバイダで異なるWiMAXの利用料金やキャンペーンについて詳しく知りたい方は、以下のURLも参考にしてみてください。

【関連記事】もう騙されない!WiMAXキャンペーンの上手な選び方!

Pocket Wi-Fi(Y!mobile)

ポケットWi-Fiの大手としてWiMAXと双璧をなしているのが、Y!mobileのPocket Wi-Fiでしょう。

Y!mobileのPocket Wi-Fiは通常7GBまで通信可能ですが、対応する端末においてエリア内で「アドバンスモード」を利用することで通信量を使い放題にできます。

ここではアドバンスモードを適用する前提で、「502HW」という端末を例に月額料金を説明します。

内訳月額料金(税抜)
502HW端末代金1,065円
Pocket Wi-Fiプラン2(さんねん)3,695円
アドバンスオプション683円
月額割引1,065円
合計4,379円

Y!mobileのPocket Wi-Fiも、使い放題で月額4,000円台に収まっているためdocomoのポケットWi-Fiに比べれば安価ですね。
またWiMAXやdocomoのポケットWi-Fiは2年契約ですが、Y!mobileのPocket Wi-Fiは3年契約なことにも注意しましょう。

docomoのポケットWi-Fiはデータ量に上限がある?大容量希望ユーザーはどうなる?

docomoのポケットWi-Fiはプランにもよって異なりますが、基本データ量が決まっています。

それに比べ、使い放題であるWiMAXやY!mobile製Pocket Wi-Fiは魅力的に見えてしまうのが現実です。

そもそも「データプラン」や「mopera Uシンプルプラン」は、サービスを利用するだけで基本料金とデータプランの料金が掛かるため、スマホの月額料金とほぼ同じだけ料金になってしまいます。

そこで、スマホと容量を共有するシェアオプションや家族向けのシェアパックのプランを利用して、
複数の端末とデータ量を分け合えれば、料金を節約をすることできます。

ただ、そのシェアオプションやシェアパックにもデータ容量に制限があるため、
利用頻度が多い場合だと、すぐに制限をむかえてしまうので、使えるデータ容量が増えるわけではありません。

その点を踏まえると、データ量の制限がなく、料金も低価格設定なWiMAXがお得になります。

ポイントとして、ポケットWi-Fiは、利用目的にもよって違いますが、複数の端末で共有して使う場合、大容量データプランをシェアするより、制限なしプランを選ぶほうが、おトクかもしれません

上記の点からポケットWi-Fiを契約する場合、docomoはなかなか選択肢に入れられないでしょう。

モバイルルーター(ポケットWi-Fi)を選ぶ時のポイント

続いてモバイルルーター(ポケットWi-Fi)を契約するに当たってチェックしておきたいポイントを解説します。

料金から見た使用できるデータ容量

docomoのポケットWi-Fiは、他のモバイルルーターと比べると、料金に対して使用できるデータ容量が少ないことが目立ちます。

WiMAXやY!mobileのPocket Wi-Fiなら、「直近3日間につき10GB以上通信すると速度制限がかかる」という注意点こそあるもののデータ容量には上限がなく、使い放題です。

料金に対してできる限りたくさん通信できるモバイルルーターを契約するのがお得。

モバイルルーターのデータ容量や通信制限については、以下のURLでも詳しく解説しています。こちらもチェックしてみてくださいね。


【関連記事】ポケットWi-Fiは本当に無制限で使えるのか?調査してみた!

エリアの広さ

通信できるエリアが広いことも重要です。docomoのPocketWi-Fiはエリアについては日本全国のドコモ対応エリアで通信できるために文句なしで優秀と言えるでしょう。

WiMAXは専用のWiMAX回線やau回線を使っていて、UQ WiMAXの公式サイトからそれぞれの回線の対応エリアを地図でチェックできます。

ちなみにY!mobileのPocket Wi-Fiも同様に、通常モードやアドバンスモードにおける通信可能なエリアをY!mobile公式サイトから確認できます。

モバイルルーターを契約する際は、エリアの広さをあらかじめ確認しておきましょう。せっかく契約しても、自宅や外出先で使えなかったら意味がありません。

キャンペーン

各社で、契約時に適用できる豪華なキャンペーンが行われていることがあります。

docomoのポケットWi-Fiは店頭によってはキャンペーンが行なわれていることもあるかもしれませんが、基本的に公式でキャンペーンは行なっていません。

一方でWiMAXなら、端末代割引や月額割引、キャッシュバックなど豪華なキャンペーンが行われていることが多く、よりお得に契約できるのも強みです。

モバイルルーターのキャンペーンについては、以下のURLでも詳しく解説しています。合わせて参考にしてみてください。


【関連記事】モバイルルーターを比較してわかった!お得に契約する条件とは

無制限で通信できるWiMAXがおすすめ!

ここまでの説明を踏まえると、やはりWiMAXを選ぶのがベストでしょう。

まず月額料金は、docomoのWi-Fi Station、WiMAX、Y!mobileのPocket Wi-Fiで比較するとWiMAXが最も安価です。

エリアについてもWiMAXが有利。WiMAX回線のエリア内において基本的に使い放題で通信できることに加えて、対応端末を選べば別料金を支払うことにより月7GBまで、au回線でも利用可能です。

WiMAXを契約しているなら万が一WiMAX回線に対応していない場所に出かけた際も、au回線のエリア内なら通信ができます。エリアの広さも、WiMAXの魅力です。

【豆知識】YmobileのPocket Wi-Fiの「アドバンスモード」について

Y!mobileのPocket Wi-Fiもオプションであるアドバンスモード利用中はWiMAXと同様に使い放題ではありますが、アドバンスモードは「アドバンスモードのエリア内」でなければ使えません。

そしてアドバンスモードを使えるエリアは、WiMAXに比べても明らかに狭いです。
各公式サイトのエリアマップをチェックしてみましょう。

またアドバンスモード利用中に7GB以上通信した状態で一旦アドバンスモードを解除すると、再度アドバンスモードに戻しても通信制限がかかってしまうのもY!mobileのPocket Wi-Fiのデメリットです。

WiMAXならWiMAX回線の利用中は使い放題、au回線に切り替えてからもau回線上での1ヶ月の通信量が7GB以内に収まっていれば余計な制限などはかかりません。

エリアやそれに伴う使い勝手については、Y!mobileのPocket Wi-FiよりWiMAXの方が有利であることがわかりますね。

契約時のキャンペーンも、WiMAXが有利。豊富に展開されているプロバイダを選べば、バッチリ割引を適用可能です。

通信量、エリア、キャンペーンのいずれも、有利なのはWiMAXです。

Broad WiMAXは月額料金が安い!

様々なWiMAXプロバイダの中でも、おすすめはBroad WiMAXでしょう。

Broad WiMAXはあとからキャッシュバックをもらえない代わりに、諸々の費用が安価に設定されているのが魅力です。

初期費用18,857円は、キャンペーンの適用で無料にできます。端末代金もキャンペーンで0円になるので、別途請求されません。

月額料金は最大3ヶ月は月額2,726円(税抜)、それ以降も3,411円(税抜)と安価で利用できます。

「高速通信を制限なしで利用するには直近3日間につき通信量を10GB以内に抑える必要がある」という点にさえ気をつければ、通信量も速度も問題なしで大満足でしょう。

Broad WiMAXについて詳しく知りたい方は、以下の公式サイトから参考にしてみてくださいね。

おすすめ窓口初期費用
18,857円割引!
Web申込限定で
WiMAXを手軽にスタート!

モバイルルーターのおすすめといえばBroadWiMAX。おトクに申込むためには、Webフォームからクレジットカード払いでお申込みしよう!なんと初期費用が18,857円割引に! 他社の窓口と比べ、月々の利用料が安く、手軽にネットを始められます!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

docomoのポケットWi-Fiに関するまとめ

今回は、docomoのポケットWi-Fi「Wi-Fi Station」について解説しました。

NTT docomoのエリア内ならどこでも使える広範囲のエリアは素晴らしいです。

しかし料金プランやデータ量で考えた場合、魅力的なのはWiMAXとなりそうですね。

docomoのポケットWi-Fiよりも低価格で、よくインターネットを利用する場合は、WiMAXを選んだ方が良いと言えるでしょう。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る