検索 わたしのネット ロゴ

ドコモのポケットWi-Fiはおすすめ?契約するメリットや他キャリアも紹介

ドコモのポケットWi-Fiはおすすめ?契約するメリットや他キャリアも紹介

ドコモ回線を利用するポケットWiFiは「Wi-Fi STATION」ですが、2019年6月1日より、ドコモユーザー以外の新規申し込みはできません。

ドコモのポケットWiFiは他社サービスとくらべてメリットや契約に対する注意点はあるのか、、ドコモのポケットWi-Fiのサービス内容や料金、申込方法を解説していきます。

後半では他社のWi-Fiと比較しながら、重視するポイントごとに「どのポケットWi-Fiを選ぶべきか」も紹介するので、ぜひ参考にしてみてくださいね。

これからポケットWiFiを新規で申し込みたい方には、ドコモユーザーであるかどうかにかかわらず、使い放題プランのある「どんなときもWiFi」がオススメですよ。

<2020年4月3日~>
どんなときもWiFiの新規受付停止について
どんなときもWiFiは4月3日~新規受付を停止しています。
モバイルルーターのご契約をお考えの方は、WiMAXも視野に入れて検討してみましょう。
WiMAXならGMOとくとくBB WiMAX
・7月限定最大30,000円キャッシュバック!
WiMAXのレビュー記事はこちら
またどんなときもWiFiと同じクラウドWiFiの契約をお考えの方は、MugenWiFiがオススメです。
・月額3,280円~
・30日間お試し期間あり
ポケットWiFiのランキング記事はこちら

ドコモのポケットWi-Fiの月額料金

ドコモのスマホやタブレットは主回線でパケット契約を行い、それを副回線でシェアするのが特徴で、ポケットWiFiも同様です。

つまり、スマホなどの主回線で契約しているパケットを、ポケットWiFiで分け合う形になり、ポケットWiFiを使うために必要なのは、ルーター利用料金のみです。

ドコモのポケットWiFiは、「データプラス」という形で、スマホの月額料金に1,000円を追加することで契約できます。

ドコモのポケットWiFiの月額料金=スマホ料金+データプラスオプション料金(1,000円、税抜)

主要ポケットWiFiサービス
の利用料金や使用回線を比較

続いてはポケットWiFiサービスを提供している主要な8社について、料金や使用回線について比較します。

契約先 プラン名 月額料金 対応エリア
NTTdocomo
Wi-FiSTATION
ギガホ
(30GB、データプラス)
6,980円
ドコモ
LTEエリア
au WiMAX
WiMAX 2+ フラット
for DATA EX
4,292円
WiMAX2+
auLTEエリア
UQWiMAX
ギガ放題
3,880円
SoftBank
Pocket WiFi
ウルトラギガモンスター+ forデータ
980円(基本料金)+
6,500円(データプラン50GB+
SoftBank
LTEエリア
Y!mobile
Pocket WiFi

ポケットWiFiプラン2+
アドバンスオプション
4,380円
どんなときもWiFi
データ放題
1~24ヶ目:3,480円
25ヶ目以降:3,980円
ドコモ・au
SoftBank LTEエリア
縛りなしWiFi
縛りなしプラン
3,300円
WiMAX2+もしくは
SoftBank LTEエリア
NEXT mobile
30GBプラン
1ヵ月目~24ヵ月目:3,490円
25ヵ月目以降:3,695円
SoftBank LTEエリア

※2020年7月時点、価格は税抜

利用料金など、会社・プランによって大きく異なる事がわかります。出費を抑えたいという人は月額料金など、しっかりとチェックして選ぶ事が重要です。

なお、対応エリアは使用回線に依存しています。ドコモであれば、ドコモが利用可能なエリアで利用可能ですし、WiMAXであればWiMAXの対応エリアで使用できます。対応エリアの詳細は各公式HPでご確認ください。

ドコモのポケットWi-Fiのメリット

ドコモのポケットWi-Fiを利用することにどんなメリットがあるのでしょうか。

ドコモポケットWi-Fiの特徴とともに見ていきましょう。

広いエリアで高速通信できる

ドコモの大きな特徴と言えば、なんといっても「対応エリアの広さ」「高速通信」です。

ドコモのLTE回線を利用しているため、サービス提供エリアは日本全国の幅広い地域が対象となり、山間部などの電波が届きにくいエリアでも高いカバー率を誇ります。

通信速度も下り最大788Mbpsと非常に高速で、快適なインターネットを楽しむには十分な速度が期待できるでしょう。

ドコモのポケットWi-Fi端末のスペック

ドコモ Wi-Fi STATION HW-01L

ドコモのポケットWi-Fiを利用する場合、使用する端末は「Wi-Fi STATION HW-01L」という機種になります。

コンパクトでシンプルなデザインなので、持ち運ぶ際ももちろん手軽ですが、部屋に置いて使用する場合でもおしゃれでどんな部屋にもマッチする一台となっています。

また、スマホ、タブレットで端末に表示されたQRコードを読み取るだけで接続可能です。

これまでのように面倒なパスワード入力などは必要ありませんよ。

端末名 Wi-Fi STATION HW-01L
通信速度 下り最大1288Mbps※
バッテリー容量 3000mAh
連続通信時間(PREMIUM4G/LTE/3G) 約6時間/約11時間/約7時間
重量 約150g
サイズ 高さ約66mm×幅約130mm×厚さ約13.8mm

※東名阪の一部エリアに限る

クレードルにセットすることでより安定した通信を行うことができます。

海外でも利用できる

国外で利用する機会がある人は、渡航前に「WORLD WING」という国際ローミングサービスに申し込んでおくとドコモのデータ通信がそのまま海外でも行えます。

料金は2段階制で、詳細は次のとおりです。

  • 24.4MBまで:日額1,980円
  • 24.4MB以上:日額2,980円

キャンペーンでギガホ増量

ドコモでは2020年7月時点で、ギガホのデータ利用量(30GB)が料金そのままで2倍の60GBに増量キャンペーンを実施しており、ドコモのポケットWiFiも対象です。同じ料金で60GBもの大容量のデータ通信が、1か月間利用できますよ。

ただし、ドコモのポケットWiFiですが、新規申し込みのキャンペーンが実施されていることはほとんどありません。

WiMAXのプロバイダなど、窓口によってはキャッシュバックキャンペーンなどを実施しているところもありますので、お得に申し込みたい方は、他社回線と比較しながら検討しましょう。

ドコモポケットWiFiの注意点

ドコモのポケットWiFi導入を検討されている方に向け注意しておきたい3つのポイントについてご紹介しておきたいと思います。

ポケットWiFiの中でも料金が高額

まず、ドコモのポケットWiFiは利用料金が比較的高額であるということです。大手通信キャリアならではの安心感はありますが、料金重視の方には、他社回線も選択肢に入れると良いでしょう。

無制限プランはない

一般的なポケットWiFiでは月間データ通信量無制限のプランが設けてある事が多いのですが、ドコモもポケットWiFiでは月間データ使用量の無制限プランは用意されていません。月間データ通信量は最大でギガホ 30GBの場合です。

そのため、利用時にはデータ通信量がオーバーしないように気をつけながら利用する必要が出てきます。

対して、WiMAXやワイモバイル、どんなときもWiFiなどでは無制限にWiFiルーターを利用できるプランが用意されています。普段からインターネットの利用が多い方は、ドコモ以外のポケットWiFiにも注目してみましょう。

ドコモのポケットWi-Fiがオススメの人

これまでご紹介したメリットや注意点を踏まえ、ドコモのポケットWi-Fiはどの様な人にオススメなのか見ていきましょう。

どこでも安定した高速通信をしたい人

仕事などの理由でさまざまな場所でデータ通信を利用する人の中には「出張先が対応エリア外で通信できなくなってしまった」という経験があるかもしれません。

ドコモのポケットWi-Fiの対応エリアは全国各地に広がっており、その人口カバー率は約98%を誇ります。

どこでも安定した高速通信を必要としている人にとって、ドコモの広いエリアと安定的な通信状況は大きな魅力と言えるでしょう。

ドコモ端末と料金をまとめたい人

スマホやケータイをドコモで契約している人は、ドコモのポケットWi-Fiを利用することでそれらの料金をまとめて請求してもらうことができます。

支払いが一箇所で済むと、「通信費が月々いくらかかるのか」や「自分の通信量の状態」を一目で確認することができるので便利です。

ドコモのポケットWi-Fiの申し込み方法

ドコモのポケットWi-Fiは、すでにドコモユーザーである方がテータプラスとして申し込む方法のみに限られます。

「ドコモのオンライン手続き」「電話での申し込み」「ドコモショップ店頭」の3つの窓口がありますので、それぞれの手続き方法について解説します。

店頭での申し込み方法

店頭で申し込みをする場合は、直接ドコモショップ店頭に足を運び、店頭で契約します。

  1. 全国各地にあるドコモショップの中で自分の住んでいる地域の最も近いドコモショップに行く
  2. 店頭にいるスタッフにdocomo Wi-Fi STATIONの契約をしたいことを告げる
  3. スタッフの案内にしたがって必要書類を記入、端末の購入をする
  4. 契約が完了したら、端末はその日のうちに持ち帰り使用することができる

※複数契約をしている人や他事業者に未払い料金がある人は、契約の際に預託金として1万円以内を預ける場合があります。

オンライン手続きの場合

オンラインで契約する場合は、パソコンやスマホでMy docomoへアクセスします。

パソコンからの場合は「dアカウント」、スマホやケータイからの場合は「ネットワーク暗証番号」が必要です。

  1. パソコンやスマホでMy docomoへアクセスする
  2. dアカウントかネットワーク暗証番号でログインする
  3. docomo Wi-Fi STATIONの契約ページへ進み、必要事項を入力する
  4. 申し込み完了後、端末が郵送で届く
  5. 設定をして利用開始

オンラインでの受付は24時間対応していますが、システムメンテナンス等で繋がらない場合もあります。

また、ドコモの契約があってもdアカウントを持っていない人は、簡単に発行ができますよ。

電話の場合

電話でもドコモのポケットWiFiは契約ができます。ドコモインフォメーションセンター(受付時間:午前9時~午後8時、年中無休)に電話をかけましょう。

  • ドコモケータイから:局番なしの151
  • 一般電話から:0120-800-000

オペレーターにつながったら、docomo Wi-Fi STATIONを契約したい旨を伝えましょう。

ドコモのポケットWiFiが繋がらない時の対処法

ドコモのポケットWiFiが急に繋がらなくなった…そんな時の対処方法についてご紹介してゆきたいと思います。

電源を入れ直す

まず行うべきは再起動です。電源を入れなおしてみましょう。それで通信が回復する事も多くあります。

なお、スマホやノートパソコンなど、利用している端末側の問題の可能性もあります。ポケットWiFi機器と共に、端末側も電源を入れ直してみてください。

電波の問題かを確認する

ポケットWiFi機器は電波でやり取りをするため、電波がたまたま繋がりにくい場所にいるという事も考えられます。窓際に移動する、建物を出るなど場所を移動してから再度繋げてみてください。

どうしても直らないときはサポートへ連絡する

ドコモのポケットWiFi機器を再起動してもダメ、移動してみてもダメという場合には故障している可能性もあります。

ポケットWiFi機器側に問題があることを確かめるため、スマホやノートパソコンなどの通信機器を他のWi-Fiに接続してみてください。問題なく繋がるというのであれば、ドコモのポケットWiFi機器に問題があります。

一方で、スマホなどの端末がドコモ以外のWi-Fiにも繋がらないという場合には、端末側の問題が考えられます。その場合には、友人のスマホなどを借り、ドコモのポケットWiFi機器への接続を試してみてください。つながるようであれば端末側の問題です。端末のWi-Fi接続がONになっているかなど、各種設定を見直しましょう。

ポケットWiFi機器側に問題があるという場合にはサポートへ連絡してみてください。

<故障のお問い合わせ・修理の申込み>

  • ドコモケータイから:局番なしの113(24時間、年中無休)
  • 一般電話から:0120-800-000(受付時間:午前9時~午後8時、年中無休)

機器の故障が認められれば修理ということになります。ただし修理には修理代金がかかりますのでその点にはご注意ください。

ドコモのポケットWiFiを解約するには?

続いてはドコモのポケットWiFiを解約する方法について解説します。

ドコモのポケットWiFiの解約に必要なもの

ドコモのポケットWiFiを解約するにはご利用中のdocomoUIMカードが必要です。ポケットWiFi機器の盗難などで、万が一お手元にない場合には「ネットワーク暗証番号」もしくは免許書などの「本人確認書類」が必要となります。

ドコモのポケットWiFiを解約する方法

ドコモのポケットWiFiの解約は、ドコモショップにて手続き可能です。なお、ドコモショップではネットワーク上より来店予約が可能です。優先的に案内してもらえるため、待ち時間が大幅に短縮されますよ。

解約する際は違約金に要注意

解約タイミングも重要です。ドコモのポケットWiFiは2年契約であるため、契約更新月以外に解約申し込みをすると9500円(税抜)の解約金がかかります。契約形態や更新月についてはMy docomoから確認可能です。まずはそちらをチェックしてみてください。

また、解約月の利用料金は日割りではなく、1ヵ月の料金が発生します。こちらも併せて解約タイミングをご検討ください。

ドコモ以外でオススメのポケットWi-Fiは?

docomo Wi-Fi STATION以外のポケットWi-Fiとして、おもに下記の5種類が挙げられます。

どのポケットWi-Fiを選ぶかで料金や毎月利用できる通信量が変わりますよ!

今回「わたしのネット」で独自調査をおこなった結果、おすすめランキングは次のとおりでした。

【1位】どんなときもWiFi
通信量が無制限で通信できるモバイルルーター。
3大キャリアのネット回線を自動で切り替えながら通信する。
【2位】WiMAX
申し込み窓口によって料金とキャンペーンが変わる。
WiMAX回線とau 4G LTE回線を利用できる。
無制限通信ができる「ギガ放題」は月間の容量規定がないものの、3日間で10GB以上利用すると月末まで通信制限がある。
【3位】Next mobibe
20GB・30GB・50GBから、希望の容量を契約するモバイルルーター。
契約した容量内なら、3日間で10GB制限がない。
【4位】PocketWi-Fi
月間7GBまで通信可能。
また、オプション契約で無制限通信ができるものの、3日間で10GGBを超えると月末まで速度制限がある。
【5位】ONLY MOBILE
ドコモのポケットWi-Fiのひとつ。
月間7GBで利用できて、使い放題プランがない

それでは次の項目から、各ポケットWi-Fiの利用料金・特徴を詳しくチェックしていきましょう!

【1位】どんなときもWiFi

どんなときもWiFi端末画像
どんなときもWiFiは、2019年3月に提供を始めた新サービスです。

<どんなときもWiFiの基本情報>
月額料金
1~24ヶ月目:3,480円
25ヶ月目以降:3,980円
最大通信速度
下り:150Mbps
上り:50Mbps
キャンペーン
月額割引
契約期間
2年

どんなときもWiFiは大手キャリア3社の回線が利用でき、提供エリアが広くつながりやすさが安定する強みがあります。

最大通信速度は他社の1.2Gbpsや400Mbpsと比べて遅いですが、難なくウェブサイトや動画を読みこめる範囲内ですよ。

メールに必要な通信速度
約1Mbps
ネットサーフィンに必要な通信速度
約10Mbps~20Mbps
オンラインゲームに必要な通信速度
約6Mbps~25Mbps
※速度よりも、ラグを起こさないための「ping」が重要</small style>
動画再生に必要な通信速度
  • YouTube:約1Mbps~2Mbps
  • Hulu:約3Mbps~6Mbps
  • Netflix:約0.5Mbps~25Mbps
  • Amazonプライムビデオ:約0.5Mbps~4Mbps

引用:ネットライフ研究所

また、どんなときもWiFiの一番の魅力は「使い放題ができて、3日間で10GB制限がない」点です。

WiMAXやPocketWi-Fiでは、使い放題こそできるものの「3日間で10GB以上通信すると月末まで速度制限」という規定があります。
※著しくネット回線を占有するレベルの大容量通信を行った場合、速度制限がかけられる場合があります。

しかし、どんなときもWiFiの使い放題プランでは、3日間で10GB以上通信しても速度制限は行われませんよ!

「自分の好きなようにネット通信がしたい」という方は、どんなときもWiFiの契約を検討してみてくださいね。

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

また、どんなときもWiFiは海外でも利用できるモバイルルーターです。

「海外旅行へ行く機会が多い」という方は、次の記事もぜひチェックしてみてくださいね。

機器は貸し出し制なので紛失に要注意

どんなときもWiFiはポケットWiFiのレンタルサービスなので、解約するときに端末の返却が必須です。

返却しないと機器損害金として18,000円が請求されるので、端末を紛失しないように注意してくださいね。

【2位】WiMAX

WiMAX端末画像
WiMAXは知名度が高いポケットWi-Fiです。

2019年1月に発売された最新機種「W06」の場合、最大速度は867Mbps、一部エリアで有線接続をすると1.2Gbpsという速さを誇りますよ。

WiMAXは申し込みプロバイダによって料金・キャンペーンが変わる

WiMAXでは申し込むプロバイダによって利用料金やキャンペーンの内容が変わります。

それではどのWiMAXプロバイダがお得なのか、今回はおもなWiMAXプロバイダを比較して、一覧にしてみました!

月額料金
(ギガ放題プラン)
3年間の
実質料金
セット割
キャンペーン
GMOとくとく WiMAX
(キャッシュバック)
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24カ月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
123,397円
  • 端末代無料
  • 最大30,000円キャッシュバック
  • 月額料金大幅割引
GMOとくとく WiMAX
(月額料金割引)
  • 1~2か月目:2,590円
  • 3~36カ月目:3,344円
  • 37か月目以降:4,263円
125,641円
  • 端末代無料
  • 3,000円キャッシュバック
  • 月額料金大幅割引
JPWiMAX
※新規受付停止中
  • 1~2か月目:2,800円
  • 3~24カ月目:3,500円
  • 25か月目以降:4,100円~
119,000円
  • 月額料金割引
  • 11,000円分の
    Amazonギフト券
DTI WiMAX
  • 1~2か月目:0円
  • 3か月目:2,590円
  • 4か月目以降:3,760円
125,910円
  • 端末代無料
Broad WiMAX
  • 1~2か月目:2,726円
  • 3~24カ月目:3,411円
  • 25か月目以降:4,011円
131,626円
  • 端末代無料
  • 初期費用割引
  • 他社WiMAX違約金負担
カシモ WiMAX
■最安級プランの場合

  • 1か月目:1,380円
  • 2~24カ月目:3,580円
  • 25カ月目:4,079円
131,589円
  • 端末代無料
So-net WiMAX
  • 開通月:0円
  • 1~36か月目:3,380円
  • 13~36か月目:4,379円
145,276円
  • 端末代無料
  • 月額料金割引
UQ WiMAX
  • 3,880円
153,800円
  • 端末代無料
  • 長期割引
BIGLOBE WiMAX
  • 1か月目~3か月目:3,980円
  • 4か月目~36か月目:3,980円
146,500円
  • 月額料金割引
  • UQ mobileから
    300円割引
nifty WiMAX
  • 1~2か月目:3,670円
  • 3か月目以降:4,350円
178,240円
  • UQ mobileから
    300円割引
au WiMAX
  • 月額4,880円
178,680円

※2020年7月時点の情報です。
※月額料金は税抜金額です。
※月額料金は3年・ギガ放題プランの場合の料金です。
※3年間の実質費用は初期費用3,000円もプラスした金額です。
※実質費用は割引・キャッシュバックを適用した金額でセット割は含んでいません。

2020年7月現在、キャッシュバックや3年間の実質料金を重視するならGMOとくとくWiMAXがオススメです。

GMOとくとくBB WiMAXでは毎月の月額料金が3,609円~4,263円から利用できるだけでなく、新規申し込みから約1年後に最大30,000円キャッシュバックが受け取れます。

また、3年間の実質料金は123,397円と2020年7月現在申し込み可能な窓口のなかでは最安ですよ。詳しくは、GMOとくとくWiMAXの公式ページをチェックしてみてくださいね。

\GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典/

※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

また、現在他社でポケットWi-Fiを契約している方は、BroadWiMAXの契約がオススメです。

BroadWiMAXでは、他社のポケットWi-Fi解約で発生した違約金19,000円までをキャッシュバックするキャンペーンを実施中です。

さらに、初期費用無料キャンペーンや、端末代無料キャンペーンも開催中。

詳しくは、BroadWiMAXの公式サイトまたは下記の記事を参考にしてくださいね。

BroadWiMAXの公式サイトはコチラ

WiMAXは3日間で10GB制限に要注意

WiMAXではギガ放題プランの契約でデータ量が無制限になります。

しかし、3日間で10GBを消費すると速度制限がかかるので注意が必要です。

速度制限を受ける時間は10GBを消費した翌日の18時から翌々日2時と短く、速度は1Mbpsに制限されます。

1Mbpsなら、標準画質で動画は見られますが、通常よりも機能性が損なわれるので用心するにこしたことはありません。

【3位】Next mobile

ネクストモバイルのモバイルルーター
Next mobileは、安価で大容量通信がしたい方におすすめのモバイルルーターです。

<Next mobileの基本情報>
月額料金

【20GBプラン】
1~24ヶ月目:2,760円
25ヶ月目以降:3,695円
【30GBプラン】
1~24ヶ月目:3,490円
25ヶ月目以降:3,695円
【50GBプラン】
1~12ヶ月目:3,490円
13~24ヶ月目:4,880円
25ヶ月目以降:5,815円
最大通信速度
150Mbps
キャンペーン
端末代金無料
契約期間
2年

Next mobileはソフトバンク回線を利用します。

3日間で10GB制限もないため、既定の容量までなら使い放題できますよ!

「使い放題はいらないから、規定の容量の中で自由にモバイルルーターを使いたい」という方におすすめです。

NEXT mobile について詳しく調べる

データプランの途中変更はできない

Next mobileには「20GB・30GB・50GB」と3つのプランがありますが、契約後にプランの途中変更ができません。

そのため、Next mobileを契約するときは、一ヶ月にどれだけのデータ量を消費するのかを予測してプランを選ぶ必要があります。

Pocket WiFi 801HW
Pocket Wi-Fiは、ワイモバイルおよびソフトバンクが提供するポケット Wi-Fiを指します。

月額料金

【ソフトバンク】
7GB:4,696円
【ワイモバイル】
通常(7GB):4,196円
アドバンスモード(無制限):+683円
最大通信速度
(※801HWの場合)

下り:588Mbps
上り:37.5Mbps
キャンペーン
なし
契約期間
3年

PocketWi-Fiは、ワイモバイルから契約すると「アドバンスオプション」という有料オプションを利用して、使い放題できます。

しかし、使い放題中でも3日間で10GBを超えると、月末まで速度制限の対象になります。

一方、ソフトバンクでPocketWi-Fiを契約すると、アドバンスオプションを利用した使い放題はできません。

以上から、「モバイルルーターで使い放題の通信がしたい」という方には、使い放題ができて3日間で10GB制限のないどんなときもWi-Fiがおすすめですよ。

【5位】ONE MOBILE

ドコモ回線を使ったポケットWiFiサービスがONE MOBILEです。

<ONE MOBILEの基本情報>
プラン
1年プラン
半年プラン
月額料金
2,180円
2,480円
毎月利用可能なデータ量
7GB
7GB
契約期間
1年
6ヶ月

ONE MOBILEは、ドコモ回線を利用してポケットWi-Fiでのインターネット通信が可能です。

ONE MOBILEの料金設定は安めですが、ドコモスマホなどとのセット割はありません。

また、使い放題ではなく利用できるデータ量は毎月7ギガまでなので、他のポケットWi-Fiと比べると機能性は今ひとつかもしれません…。

しかし、契約期間が1年または半年と短めですので、ポケットWi-Fiを短期契約したい!という方にはおすすめですよ。

短期間の利用なら「wifiレンタルJAPAN」などでレンタルもオススメ

契約期間の縛りや違約金の心配がないレンタルWi-Fiは、短期利用の人にとって使い勝手の良いポケットWi-Fiだと言えます。

例えば急な入院や出張などで自宅以外の場所でのデータ通信を要する場合には大変便利です。

国内のポケットWi-Fiレンタル事業者は「WiFiレンタルどっとこむ」「FUJI WiFi」などがありますが、オススメは「wifiレンタルJPAN」です。

選択する端末によって月額料金が異なりますが、月3,990円から利用ができます。

日額にするとわずか128円です。

レンタルWiMAXについてまとめた記事でもくわしく解説していますので、ご覧ください。

まとめ

ドコモのポケットWi-Fiの魅力はその対応エリアの広さと安定した通信です。

家族全員ドコモユーザーであれば、データパックを家族でシェアすることでよりお得に利用ができます。

さらにポケットWi-Fiの利用料もまとめて支払うことができるため、利用状況がわかりやすいのも特徴のひとつです。

ポケットWi-Fiを契約する際には、事前に自分の利用状況をよく把握し無駄のないプランを選ぶことが大切です。

いろいろな角度からメリット・デメリットを見てみてよりお得で快適なポケットWi-Fiを手に入れましょう。