閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

ドコモ光でOCNを利用するメリットとデメリットは?OCNは結局お得なの?

ドコモ光 OCN

ドコモ光のプロバイダーをOCNで契約するかどうかを迷っていますね。

結論からいうと、「OCN for ドコモ光」はフレッツ光から転用後もプロバイダーを変えずにOCNのサービスを利用したい方にオススメです。

OCNを利用するメリットには、主に以下のようなものがあります。

  • 回線の混雑を回避できるv6アルファを利用できること
  • 無線LANルーターが無料でレンタルできる
  • NTTグループが運営していることによる安心感

しかし料金面では、タイプAのプロバイダーより月額が200円高くなるなど、デメリットもいくつかありますよ。

この記事ではドコモ光のプロバイダーOCNを選ぶメリットやデメリット、そして利用者からの口コミについて紹介しています。

OCNを契約するのは本当にあなたにとってお得なのかを詳しく解説していきますね。

なお、本記事で解説するOCN for ドコモ光は、OCN光とは違う光コラボレーション回線です。

OCN光について詳しく知りたい方はOCN光について解説している記事も参照してくださいね。

目次

ドコモ光でOCNをプロバイダーに選ぶのがオススメなのはこんな人

ドコモ光でプロバイダーにOCNを選ぶべきなのはこんな人です。

  • プロバイダーを変えずにOCNのサービスを利用したい方
  • 信頼性のあるプロバイダーがいいという方

次の章から、それぞれ詳しく解説していきますね。

フレッツ光からプロバイダーを変えずにOCNのサービスを利用したい方

フレッツ光からドコモ光へ転用を行う際は、今まで使っていたプロバイダーを変更しなければ、その分ユーザーの手間が少なくなります。

今までフレッツ光でもOCNを利用していて、特に変更の必要性を感じない・気に入っているオプションサービスがあるという場合は、ドコモ光でもOCNをそのまま利用できますよ。

ちなみに、OCNをプロバイダーに選択できる光コラボ回線は、ドコモ光のほかにOCN光があります。

信頼性のあるプロバイダーがいいという方

プロバイダー・OCNは、NTTコミュニケーションズが運営しています。

NTTといえば、日本の通信を司る大きな組織ですよね。

NTTのブランドに裏打ちされた信頼性は、OCNの大きな強みです。

その証拠に、以下のとおりOCN(NTTコミュニケーションズ)は、国内におけるインターネットサービスプロバイダーのシェアが1位です。


引用:ISPではOCNが首位を維持|MMRI

利用者が多い、つまり信頼度の高いプロバイダーであるということは大きなメリットですね。

ドコモ光でOCNを利用するメリット6つ

ドコモ光でOCNを利用すると得られる以下6つのメリットについて説明していきます。

  • フレッツ光からの転用の場合はルーターの設定変更が不要
  • バックボーンが充実しており快適にインターネットを利用できる
  • v6プラス相当のサービス「v6アルファ」を無料で利用できる
  • v6アルファを申し込めば無線LANルーターを無料レンタルできる
  • OCN開通とことんサポートを初回無料で利用できる
  • セキュリティサービスが12ヶ月間無料

フレッツ光からの転用の場合はルーターの設定変更が不要

フレッツ光でOCNを利用しており、ドコモ光に転用後もOCNを継続利用した場合は、ルーターの設定変更が必要ありません。

また、フレッツ光時代に利用していたOCNのサービスも引き続き利用することができるので、使い勝手が変わらずに転用できますね。

バックボーンが充実しており快適にインターネットを利用できる

OCNは、NTTの組織力を生かした強力なバックボーンがあります。

バックボーンとは、プロバイダーがサービスを提供するための設備のことです。

バックボーンに充分な設備投資がされているプロバイダーであれば、安定したインターネット環境を提供することにも繋がります。

v6プラス相当のサービス「v6アルファ」を無料で利用できる

OCNはv6プラス相当のv6アルファというサービスを展開しています。

v6アルファは、混雑が起こりやすいとされるPPPoEという接続方式とは違う通信網を経由してインターネットに接続します。

つまり、従来の通信設備や通信網を経由しない事により、回線の混雑が軽減できることが期待できるのです。

なお、v6アルファを利用するには別途申し込みが必要となりますので注意してくださいね。

速度が速いプロバイダーにはどんなものがあるか気になる方は、v6プラスに対応しているプロバイダーについての記事もありますので、よろしければ参考にしてください。

ドコモ光なら、v6アルファの料金が発生しない

ドコモ光でOCNを契約し、v6アルファを利用した場合の料金はかかりません。

ちなみに、OCN光でv6アルファを利用する場合は月額500円が発生しますよ。

ドコモ光を利用する方が、よりお得に快適なインターネット環境を利用できるということですね。

v6アルファを申し込めば無線LANルーターを無料レンタルできる

ドコモ光でOCNを契約すると、IPoE対応の無線LANルーターが無料でレンタルできることにも注目です。

無線LANルーターを別途用意しなくても快適なインターネット環境を利用できるのはうれしいですよね。

ドコモのレンタルルーターについての記事もありますので、よろしければあわせて読んでみてくださいね。

OCN開通とことんサポートを初回無料で利用できる

OCNをドコモ光のプロバイダーに選べば、「OCN開通とことんサポート」というサービスを初回のみ無料で利用することができます。

たとえば、初期設定時に以下の標準サポートサービスを受けることができますよ。

インターネット接続が苦手な人でも、最初の設定を無料で代行してもらえるので安心ですね。

  • インターネット接続設定
  • ブラウザー設定
  • メール設定、アドレス変更
  • OCNドットフォン、OCNドットフォン300におけるモデム、ルーター設定
  • ひかりTVの接続設定

また、ドコモ光であれば、以下のドコモ光限定サービスを受けることもできます。

  • 無線LANアクセスポイント、クライアント設定
  • ゲーム機接続設定
  • プリンターの印刷設定
  • 市販の無線LANルーターのインターネット接続設定
  • ひかりTVチューナーによるdTVやDAZNの視聴設定
  • マイセキュアインストール設定
  • ドコモテレビターミナルの接続設定

セキュリティサービスが12ヶ月間無料

ドコモ光のプロバイダーをOCNにすると、セキュリティサービスのマイセキュアやホームネットセキュリティが12ヶ月間無料で利用できます。

サービス名 12ヶ月間 13ヶ月以降
マイセキュア 無料 月額250円
ホームネットセキュリティ 無料 月額200円
※別途申し込みが必要

ただし13ヶ月目からは、マイセキュアは有料となり、月額250円となりますよ。

また、ホームネットセキュリティを無料期間終了後に継続で利用するためには、再度お申し込みの手続きが必要になるので覚えておきましょう。

OCNは無料で1年間セキュリティ対策がついているため、安心してインターネットを利用できますね。

ドコモ光でOCNを利用するデメリット4つ

ドコモ光でプロバイダー・OCNを利用することにはデメリットもあります。

以下の順に紹介していきますね。

  • 月額料金が他タイプより200円高い
  • 通信する時間帯や曜日によっては回線が混雑し速度が低下しやすい
  • 無料でもらえるメールアドレスは1つだけ
  • サポートセンターに繋がりにくい

OCNはドコモ光のタイプBプロバイダーのため、月額料金が200円高い

ドコモ光でプロバイダ―にOCNを選択すると、月額料金が戸建てタイプで5,400円、マンションタイプで4,200円と、他のタイプよりも200円高くなります。

プロバイダー一覧 月額料金
タイプA ドコモnet
ぷらら
GMOとくとくBB
So-net
DTI
@nifty
ic-net
Tigers-net
andline
BIGLOBE
エディオンネット
SIS
SYNAPSE
excite
hi-ho
Rakutenブロードバンド
TiKiTiKi
@ネスク
COARA
U-Pa!(2019年3月サービス終了)
戸建て:5,200円
マンション:4,000円
タイプB OCN
@TCOM
TNC
WAKWAK
Asahinet
ちゃんぷるネット
戸建て:5,400円
マンション:4,200円

月額料金が高いといっても、サービスの品質や速度などは変わりません。

OCNにこだわりがなく、できるだけ安くドコモ光を利用したいのであれば、タイプAを選ぶのが賢明でしょう。

ドコモ光のタイプAについて紹介した記事もありますので参考にしてくださいね。

利用者が多いので時間帯によっては速度が低下しやすい

OCNの通信速度は他のプロバイダーと変わりません。

しかし、OCNを利用していて速度が遅いと感じるという口コミは少なからずあるようです。

その理由としては、OCNを利用しているユーザーの多さにあります。

先ほども紹介しましたが、2018年9月時点で、OCN(NTTコミュニケーションズ)のユーザーはトップに位置しています。


引用:ISPではOCNが首位を維持|MMRI

これはOCNに限った話ではありませんが、自宅近辺で同じプロバイダーや光回線を利用している人が多い場合、回線が混雑し速度が低下する傾向にあります。

また、夜間帯などインターネットを利用する人数が多い時間帯も、上記の理由で通信速度が遅くなる事が多いです。

OCNは、数あるプロバイダーの中でもとくにユーザー数が多いので、遅いという口コミも致し方ないという面もあるのですね。

v6アルファを利用すれば速度低下を回避できる

OCNはIPv6 IPoEという規格に対応しています。

IPoEとは、従来の規格だと必要になる、プロバイダーのユーザー認証が不要となり、ボトルネックが少ない規格です。

また、インターネットに出るまでに経由する経路も従来とは異なるため、結果として回線の混雑を回避することができるのです。

上記が前述で説明した、v6アルファというサービスです。

実際にv6アルファを利用している方からの口コミを見てみましょう。

以下は2019年4月20日までの「ドコモ光 OCN v6アルファ」で検索して抽出された、速度に関するツイートです。

※2019年4月 Twitter調べ

いずれも、動画やオンラインゲームなどの速度を必要とするサービスでも十分に対応できる速度が出ています。

インターネットが快適に使える速度の目安について紹介した記事もご覧ください。

無料でもらえるメールアドレスは1つだけ

プロバイダーごとに無料で使えるメールアドレスの数は異なりますが、OCNは1つのみ無料です。

最大30個までメールアドレスを利用できますが、追加で以下の月額料金が請求されます。

  • 2個目は250円(税抜)
  • 3個目以降は1つ100円

もっとも、ドコモユーザーの場合はdocomoメールがありますし、GmailやYahoo!メールなどフリーメールアドレスもたくさんあります。

プロバイダーのアドレスが1つでもそれほど困ることはありませんね。

サポートセンターに繋がりにくいという声も

OCNは利用者が多いプロバイダーということもあり、サポートセンターに繋がらないという声が聞かれます。

しかし、サポートセンターに繋がりにくいのはOCNだけに限ったことではありません。

他のプロバイダーでも、問い合わせする曜日や時間帯によってはサポートセンターに繋がりにくいと感じることがあります。

問い合わせが比較的空いている時間帯を狙ってサポートセンターに電話を行うといいでしょう。

→OCNテクニカルサポートの空き状況

OCN for ドコモ光をよりお得に申し込む方法

ドコモ光を申し込む際は、公式サイトからでももちろん構いませんが、おすすめは代理店・ネットナビ経由で申し込む方法です。

ネットナビのメリットは、受け取りやすさが魅力の15,000円キャッシュバックと、開通までモバイルWi-Fiルーターを無料レンタルしてくれる点です。

詳細は以下の通りです。

  • Webフォーム経由の申し込みで15,000円のキャッシュバック
    ※新規・転用どちらでも対象でオプション加入の条件はなし・開通翌月末振り込み
  • 開通までモバイルWi-Fiルーターをレンタル可能

【ドコモ光】最大15,000円キャッシュバック+dポイント10,000円相当プレゼント

キャッシュバック

【2019年6月1日(土)~】新規工事費無料特典を実施中!初期費用をおさえてドコモ光をはじめよう!オプション契約なしでも15,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

ドコモ光の申し込みについての詳細記事もありますので、あわせてチェックしてくださいね。

OCNの設定情報をルーターに登録する必要がある

ドコモ光が開通したら、プロバイダーからもらえるID情報を、ルーターまたはホームゲートウェイなどの通信機器に登録する必要があります。

プロバイダーによっては契約内容の書類が郵送された際に、設定の手順が記載されたマニュアルが同梱されています。

なので、まずはプロバイダーのマニュアルやWebサイトなどで設定方法を確認してくださいね。

設定作業を行う機器の種類によって多少の違いはありますが、手順はざっと以下の通りです。

  1. 設定作業を行う機器(ルーターやホームゲートウェイ)にパソコンなどからアクセスしてログインする
  2. インターネットの接続設定を行う箇所にアクセスする
  3. プロバイダー設定のIDとパスワードを、新しいプロバイダーのID・パスワードを書き換え、設定を保存する
  4. インターネットにつながることを確認し、もしもうまくいかない場合は機器を再起動する

もし上記の内容でわからないことがあった場合は、 OCNのサポートに問い合わせてみましょう。

ドコモ光でOCNを利用中に問い合わせる方法

ドコモ光の利用中に問い合わせたいことが発生した場合は、ドコモ光のサポートと、OCNのサポートの両方が利用できます。

基本的には、どちらの窓口に問い合わせても答えてくれますし、該当窓口ではわからない場合は別窓口を案内されます。

ただし、以下の場合は回答できる窓口が決まっていますので注意しましょう。

  • 料金に関する問い合わせ→ドコモ光
  • 申し込み・プロバイダ変更・解約に関する問い合わせ→ドコモ光
  • プロバイダーのオプションに関する問い合わせ→OCN

◆ドコモ光の問い合わせ窓口

問い合わせたい内容 問い合わせ窓口 電話番号 受付時間
・申し込み
・契約内容の照会
・機器の接続設定
・解約
・その他不明点
(光テレビ・光電話などオプション含む)
ドコモインフォメーションセンター 0120-800-000
ドコモケータイから局番なし:151
9:00~20:00
(年中無休)
・故障に関する問い合わせ
(光テレビ・光電話などオプション含む)
ドコモ113センター 0120-800-000
ドコモケータイから局番なし:113
24時間365日受付

◆OCNの問い合わせ窓口

問い合わせたい内容 問い合わせ窓口 電話番号 受付時間
・各種サービスの申し込み
・契約内容の変更
カスタマーズフロント 0120-506-506 10:00~19:00
(年中無休)
・インターネット、IPフォン、メールなどの
設定方法に関する問い合わせ
OCNテクニカルサポート 0120-047-860 10:00~19:00
(年中無休)
・インターネット回線の
不具合に関する問い合わせ
故障受付 0120-047-540 24時間365日受付

ドコモ光の問い合わせに関する記事もありますので、よろしければ参考にしてくださいね。

ドコモ光でOCN以外にオススメのプロバイダーは?

ドコモ光でOCN以外にオススメのプロバイダーを紹介します。

OCNはタイプBに属していることから、タイプAのプロバイダと比べると月額200円高いです。

しかし、NTTのバックボーンを活かした屈強な設備と信頼性、そしてv6アルファのサービスに裏打ちされた速度が、上記デメリットをカバーするだけの魅力を備えています。

しかし、やはり料金面で少しでもお得にしたい!と考えるのであれば、以下の条件に合致するプロバイダーをピックアップしてみましょう。

  • タイプBより安価なタイプA
  • v6プラス(もしくは同等のサービス)を利用できる
  • v6プラス対応の無線LANルーターを無料レンタルできる

キャッシュバックがもらえるGMOとくとくBB、So-net、ぷららなど

2019年4月時点でOCNのドコモ光用公式Webサイトから新規でドコモ光を申し込むと、15,000円のキャッシュバックがもらえます。

OCN for ドコモ光のキャンペーン詳細

同様にキャッシュバックがもらえるプロバイダーで、なおかつタイプAで速度が速いと評判のプロバイダ―は、たとえば以下の3つです。

詳細は、それぞれのリンクをクリックすると詳細記事にジャンプしますので、よろしければチェックしてみてくださいね。

速度面では他プロバイダーと変わらない

OCNを利用中、速度が不満で乗り換えを検討する方もいらっしゃるでしょう。

しかし、OCNの最大通信速度は他のプロバイダーと変わりません。

OCNが遅いと感じるのであれば、まずはv6アルファを利用しましょう。

以下のグラフは、みんなのネット回線速度におけるドコモ光のプロバイダごとの速度の観測結果をグラフ化したものです。

また、上記サイトを活用して、同じ地域のOCNユーザーの速度の口コミをチェックしてみるのもひとつの手です。

同じエリアの方で速度が速いという口コミがあれば、基本的にそのエリアでOCNが遅いということは考えにくく、利用者の宅内機器に問題がある可能性も考えられますよ。

逆に速度が遅いという口コミが多い場合は、利用者が多く、混雑が激しいエリアである可能性もあります。

ドコモ光でOCNを解約する方法

ドコモ光でプロバイダー・OCNを解約する場合は、以下の2通りがあるかと思います。

それぞれの場合別に手順を説明していきますね。

  • プロバイダーを変更する場合
  • ドコモ光そのものを解約する場合

プロバイダーを変更する場合

ドコモ光のプロバイダーを、OCNから別のプロバイダーに変更する場合は、電話またはドコモショップで手続きができます。

電話で連絡する場合の電話番号は以下の通りです。

◆ドコモ インフォメーションセンター

電話の種類 電話番号 営業時間
ドコモの携帯電話から 局番なし151 9:00~20:00
(年中無休)
その他の電話から 0120-800-000

プロバイダー変更の手続き完了後、新プロバイダーより新しいIDとパスワードが送付されます。

上記IDの情報をルーターに登録しなおす作業を行えば、プロバイダー変更は完了です。

また、プロバイダーを変更する際は新しいプロバイダーの契約事務手数料として3,000円が発生しますよ。

具体的な手順や発生する料金などの詳細は、ドコモ光のプロバイダー変更に関する記事もあわせて参考にしてくださいね。

ドコモ光の解約と同時にプロバイダーも解約する場合

ドコモ光そのものを解約する場合でも、ドコモの窓口に解約の連絡をしましょう。

解約の申し込みは、電話またはドコモショップで手続きができます。

電話で連絡する場合の電話番号は以下の通りです。

◆ドコモ インフォメーションセンター

電話の種類 電話番号 営業時間
ドコモの携帯電話から 局番なし151 9:00~20:00
(年中無休)
その他の電話から 0120-800-000

なお、ドコモ光でプロバイダーがセットになっているプラン(タイプA、タイプBなど)を契約していた場合は、別途プロバイダーへの解約連絡をする必要はありません

詳しいことを知りたい場合は、ドコモ光の解約に関する記事もあわせて参考にしてくださいね。

まとめ

ドコモ光のプロバイダーにOCNを選ぶと、タイプAのプロバイダーを選んだ場合に比べて月額料金が200円高くなります。

ただし、15,000円のキャッシュバックキャンペーンが行われている点はお得といえますよ。

また、OCNの強みはNTTの信頼性に裏打ちされた強靭なバックボーンでもあり、v6アルファというサービスに加入することで混雑の少ない快適なインターネットを利用することができます。

したがって、ドコモ光でプロバイダー・OCNを選ぶべきなのはこんな方です。

  • OCNで利用しているオプションサービスを継続で利用したい方
  • NTTブランドの信頼性のあるプロバイダーがいい方

また、他のプロバイダーを検討する場合は、以下のポイントを抑えておきましょう。

・月額料金が200円安くなるタイプA
・15,000円のキャッシュバックがある
・v6アルファ(プラス)に相当するIPv6サービスがある
・IPv6対応のWi-Fiルーターが無料でレンタルできるプロバイダー

たとえば、GMOとくとくBB、So-net、ぷららなどです。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

この記事を読んだ方にオススメの編集部イチオシ記事

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)