閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

iPhoneのWi-Fi設定方法!繋がらない場合の原因と対処法も公開

iPhone Wi-Fi

iPhoneは4G回線だけでも十分活用できるアイテムですが、Wi-Fiがなければ利用できない機能もあります。

とはいえ、iPhoneをWi-Fiにつなぐ方法がわからない場合は、導入する決断ができないですよね?

実は、iPhoneをWi-Fiに接続するのは、意外と簡単に行えます。

今回は、iPhoneをWi-Fiに接続する方法はもちろん、繋がらない場合の対処法も紹介します。

iPhoneでWi-Fi接続する方法は4種類ある

iPhoneをWi-Fiに接続する方法は4種類あり、どの方法を活用するかで機能性が変わります。

  • 光回線を利用する
  • テザリングを利用する
  • WiMAXやネクストモバイルなどモバイルルーターを利用する
  • フリーWi-Fiを利用する

光回線で無線LANルーターを利用してWi-Fi接続をする

一般的なのは、自宅に光回線と無線LANルーターを導入する方法です。

光回線でiphoneをWi-Fi接続する
引用:BUFFAEO公式サイト

光回線は利用制限がなく使い放題なので、導入すれば好きなだけiPhoneでインターネットを楽しめます。

唯一のデメリットは、モバイルルーターと違ってWi-Fiを持ち運べない点です。

なので、光回線を導入してWi-Fiを使う方法は、家でインターネットを利用する頻度が高い人に向いています。

他の機種とテザリングする

他のスマホやiPhoneのテザリング機能を使うのも方法の1つです。

テザリングとはスマホやiPhoneをモバイルルーターとして利用する機能で、活用すればいろいろなデバイスをWi-Fiに接続した状態にできます。

つまり、サブ端末としてスマホやiPhoneをもう1台持っていれば、メインで利用しているiPhoneをWi-Fiに接続できるわけです。

テザリングでWi-Fiに接続する
引用:テザリングオプション|サービス・機能|au

ただ、テザリングでWi-Fi接続する方法は、スマホやiPhoneを2台持っている必要がありハードルが高いのでおすすめできません。

また、テザリングでは携帯会社のLTE回線でインターネットに接続するので、使いすぎると通信制限を受ける恐れもあります。

モバイルルーターとして機能させるiPhoneやスマホに負荷がかかりバッテリーの減りが早くなるデメリットもあるので、「こんな機能があるよ」ぐらいに覚えておきましょう。

WiMAX等モバイルルーターを利用してWi-Fi接続する

簡単にWi-Fiを使いたい人は、工事をせずにWi-Fiが使えるうえに、月額料金も戸建て光回線を使うより安いWiMAXのモバイルWi-Fiルーターがおすすめです。

<WiMAXと光回線(戸建てで利用する場合)の月額料金>

WiMAX※
光回線(戸建て)
4,380円
ドコモ光:5,200or5,400円
ソフトバンク光:5,200円
auひかり:4,900〜5,100円

※UQ WiMAXで契約した場合の金額です。

プロバイダによっては割引を受けられることもあり、さらに月額料金を安くすることも可能です。

WiMAXなら1ヶ月に利用できるデータ量に上限もないので、基本的にインターネットが好きなだけ使えるうえに、Wi-Fiを持ち運べる点も魅力です。

ただ、3日間に消費したデータ量が10GBを超えると、翌日の18時から26時(深夜2時)まで速度制限がかかるので使いすぎには注意してください。

iPhoneのWi-Fi接続にはネクストモバイルもおすすめ

ネクストモバイルなら、 Broad WiMAXと同等の月額料金で20GBや30GBなどの大容量データをWi-Fi接続できるためおすすめです。

<ネクストモバイルの月額料金>
プラン
20GBプラン
30GBプラン
50GBプラン
1〜12ヶ月目
2,760円
3,490円
3,490円
13〜24ヶ月目
4,880円
25ヶ月目以降
3,695円
3,695円
5,815円

毎月利用できるデータ量が20GB以上もあれば、毎日長時間の動画を見続けない限り使い切らないので実質使い放題といえます。

フリーWi-FiでiPhoneのWi-Fi接続が可能

ドコモやソフトバンクなどの大手キャリアでスマホを利用している場合、フリーWi-Fiを活用するのも1つの方法です。

大手キャリアは全国の飲食店やショッピング施設にフリーWi-Fiを設置していて、自社のユーザーに向けて無料で提供しています。

ドコモユーザーならドコモのフリーWi-Fiを、ソフトバンクユーザーならソフトバンクのフリーWi-Fiをといった感じに利用でき、利用料もタダなので魅力的に感じるでしょう。

利用方法も簡単で、iPhoneのWi-Fi設定をONにして設置場所に行けば自動で接続してくれます。

携帯キャリア以外の事業者も無料で利用できるフリーWi-Fiを設置していますが、前もって公式サイトでユーザー名とパスワードの取得が必要なので注意してください。

知っておきたい!iPhoneでWi-Fiが使えないとできないこと

現在、Wi-Fiがなければ以下5つの機能が使えません。

  • iOSのアップデート
  • 容量が50MBを超えるアプリのダウンロード
  • iCloudを利用したデータのバックアップ
  • スマホの画面をテレビに表示させる(Air Play)
  • スマホに保存している写真や書類のプリントアウト(Air Print)

iPhoneを動作させるソフトウェアのiOSは定期的に新しいバージョンが提供されていますが、Wi-Fiがなければアップデートできず最新の状態にできません。

iOSを最新の状態にしておかないとセキュリティ面も危なくなってしまいます。

また、50MBを超える大容量アプリもダウンロードできないうえに、iCloudでの写真や動画、連絡帳のバックアップも利用できません。

スマホの画面をテレビに表示させるAir Playや、保存した写真を自宅のプリンタで印刷できるAir Printといった便利機能も使えないので、iPhoneにとってWi-Fiは必要不可欠と考えるべきです。

iPhoneのWi-Fi接続設定する方法

iPhoneをWi-Fiに接続する方法は簡単で、1度設定してしまえば後は自動でつながります。

しかし、最初に接続するときはルーターを見る必要があります。

はじめてiPhoneをWi-Fi接続する場合の設定方法

はじめてiPhoneをWi-Fiにつなぐときは、設定画面で利用するネットワークを選択して決められたパスワードを入力しなければいけません。

といっても、難しい方法ではないので簡単に行えます。

SSIDとパスワードを確認する

iPhoneをWi-Fiにつなぐときは、最初に無線LANルーターの側面や底面に貼られているシールを確認しましょう。

無線LANルーターに貼ってあるシールには、iPhoneをWi-Fiに接続するときに必要なSSIDと暗号キーが書かれています。

SSIDとパスワードの設定方法

SSIDはiPhoneの設定画面でネットワークを選択するときに選び文字、暗号キーは設定画面で入力するパスワードです。

ネットワークを選択してWi-Fi接続完了

無線LANルーターに貼られているシールを見てSSIDと暗号キーが確認できたら、iPhoneの設定アプリを起動してWi-Fiをタップしてください。

iphoneのWi-Fi接続設定

Wi-FiをタップしてWi-Fi機能をONにすると、選択できるネットワークの一覧が表示されるので、無線LANルーターに貼ってあるシールを見て確認したSSIDをタップしてください。

Wi-Fi機能をオンにする

次の画面でパスワードの入力が求められるので、無線LANルーターのシールに書かれている暗号キーを入力します。

パスワードを入力して右上の接続をタップすれば、接続設定は完了です。

2回目以降は簡単!iPhoneでWi-Fiを自動接続する方法

1度接続したWi-Fiに2回目以降つなぐ方法は簡単で、自分が利用しているiPhoneのWi-Fi機能をONにしておけば自動で接続できます。

メニュー画面の下部をタップしたまま指を上にスライドさせてコントールセンターを開き扇マークをタップしてWi-Fi機能のON/OFFを切り替えることで簡単にWi-Fi接続が可能となります。

2回目以降のWi-Fi接続

上記の方法はiPadやiPod touchでも活用できるます。
  

ネットワークが表示されない場合の対処法

iPhoneの設定画面で利用したいネットワークのSSIDが表示されないときは、以下3つの対処法を試してみください。

  • 無線LANルーターの電源が入っているか確認する
  • 無線LANルーターから近い場所に移動する
  • 無線LANルーターとiPhoneを再起動させる

ルーターの近くで問題なくWi-Fiが使えるのであれば、離れた場所でもネットワークが表示される状態にするために無線LAN中継器を導入してください。

無線LAN中継器はルーターがWi-Fiを飛ばせる範囲を拡大してくれる優れものです。

iPhoneのWi-Fiが遅い・途切れる・繋がらない場合の対処法6つ

iPhoneをWi-Fiに接続できないときは、以下のようなことが考えられます。

  • 無線LANルーターかiPhoneの設定がうまくできていない
  • 機内モードがONになっている
  • ソフトウェアが古い
  • Wi-Fiの同時接続台数を超えている
  • 無線LANル―タ―が故障している
  • 通信制限がかかっている

無線LANルーターの接続を確認

iPhoneの設定画面で利用したいネットワークが表示されている場合、無線LANルーターが正しく接続できているか確認してください。

特に頻繁に見かけるパターンはルーター側の接続設定の誤りです。

また、無線LANルーターとONUをつなぐLANケーブルが断線している可能性もありますので、ルーターの設定に間違いがなければ、LANケーブルを入れ替えてみましょう。

無線LANルーターやONUの故障が疑われる場合は問い合わせ

無線LANルーターかONUが故障してWi-Fiが使えない可能性もあります。

どのような方法で対処してもWi-Fiがつながりにくければ、無線LANルーターのメーカーやONUをレンタルで提供している回線の事業者に問い合わせてみましょう。

購入してから1年も経っていない場合は無償で修理か交換の対応をしてもらえます。

機内モードのオンオフや再起動

機内モードは、自分で設定画面かコントールセンターを触らない限りONになりませんが、ポケットにiPhoneと手を入れた状態で何かの拍子でコントロールセンターを開いてONにしてしまう恐れがあります。

また、飛行機から降りて機内モードの解除を忘れてしまうパターンもあるので、旅行に行くときは注意が必要です。

ソフトウェアが最新かどうか確認

無線LANルーターのファームウェアとiPhoneのiOSの新しいバージョンは定期的に提供されていて、アップデートを行わないまま放置するとWi-Fiの機能性が悪くなる恐れがあります。

アップデートをするだけでWi-Fiの接続状態が安定する事例は珍しくないので、確認して損はありません。

Wi-Fiに同時接続しているデバイスの台数を確認

同時にWi-Fiへ接続できるデバイスの台数は、無線LANルーターの性能で変わるため、スマホやパソコンの同時接続台数をチェックしてください。

無線LANルーターの同時接続台数
引用:ELECOM公式サイト

例えば、同時接続できるデバイスの台数が5台までに設定されているルーターを設置している状態で、6台のデバイスを同時にWi-Fiに接続すると通信状態が悪くなります。

Wi-Fiに同時接続しているデバイスの台数がつながりを悪くしている原因の場合、同時に接続できるデバイスの台数が多いルーターへ買い替えましょう。

Wi-Fiが不安定な場合は設定を一度削除し再設定

Wi-Fiがつながりにくいときは、iPhoneと無線LANルーターの通信状態が不安定になっている可能性があるため。iPhone側で利用しているWi-Fiの接続設定を削除して再設定を行いましょう。

利用しているWi-Fiの接続設定をやり直せば、通信状態がリセットされて正常にネットができるかもしれません。

iPhoneのWi-Fi設定画面では、利用しているネットワークのSSIDを選択してこのネットワークを削除をタップすれば、利用しているWi-Fiの設定を削除できます。

iphoneのネットワーク設定を削除

アプリ等をWi-Fiなしでダウンロードする場合は通信制限に注意

いつも利用しているWi-Fiが不安定な場合はダウンロードするデータの容量に注意しなければいけません。

Wi-Fiなしでインターネットを使うときに接続する4G回線は、使いすぎると通信制限がかかってしまいます。

ダウンロードする動画やアプリの容量を注意すれば通信制限はかからないと思われがちですが、知らない間に大量のデータ量が消費される場合があります。

例えば、iPhoneではアプリが自動でアップデートされるので、知らない間に大量のデータ通信が行われて速度制限がかかります。

それでもiPhoneのWi-Fi状況が改善しない場合の問い合わせ先

無線LANルーターや回線の状態に問題がないにもかかわらず、iPhoneを Wi-Fiに接続できない場合はAppleの公式サイトを経由して相談してみましょう。

Appleの公式サイトを経由すれば電話やチャット、メールでスタッフがサポートしてくれます。

公式サイトだけでなく、ITエンジニアに相談できるアイフォンWiFi接続サポートを使う方法もあります。

アイフォンWi-Fi接続サポートは24時間体制で対応してくれるので、急いで問題を解決したい人におすすめです。

iPhoneのWi-Fi切れ対策!外出時に設定しておくと便利な機能

モバイルWi-Fiルーターや外出先で利用できるパブリックWi-Fiは、Wi-Fi接続が切れやすく、イライラしてしまいますよね。

しかし、外出時にWi-Fi接続が安定させる方法は存在します。

接続が切れるなどの不安定なネットワークを避ける!自動接続を解除する方法

初期設定のままのiPhoneでは、電波の状態が不安定だとしても1度利用したWi-Fiに自動で接続されます。

不安定なWi-Fiを使いたくない場合、自動接続の設定を解除しなければいけません。

設定は簡単にでき、Wi-Fi設定の画面で接続している不安定なネットワークを選択して、次に表示される画面で自動接続の項目をタップするだけでOFFにできます。

Wi-Fiの自動接続方法

Wi-Fiアシスト利用でモバイル通信に自動切り換え

iPhoneでは、Wi-Fiの状態が不安定なときに4G回線が通信のアシストをしてくれるWi-Fiアシストが利用できます。

iPhoneでは初期設定の状態でWi-FiアシストがONになっているので、利用したいときに設定をする必要はありません。

接続が不安定な場合はWi-Fiを無効にする

Wi-Fi接続が不安定なときは、Wi-Fi接続自体を無効にすることでモバイルデータ通信だけを利用できるように設定してください。

iPhoneの設定アイコンをタップしてWi-Fi設定画面を開き、最上部のWi-Fi選択タブをオフにします。

まとめ

Wi-FiがあればiPhoneをより快適かつ安全に利用でき、通信制限を受けるリスクも減らせます。

導入するハードルが低く、工事が不要でWi-Fiが使えるWiMAXやネクストモバイルといったモバイルルーターを申し込む方法があります。

工事が必要な光回線を導入してWi-Fi環境を作る場合でも、キャンペーンが受けられる可能性が高いので初期費用はかかりません。

手軽にWi-Fi接続をしたい方はぜひモバイルルーターを検討してください。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る