閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

ドコモ光のデメリットを徹底調査!契約におすすめな人とは?

ドコモ光 デメリット

ドコモ光はフレッツ光の回線をそのまま使っている光コラボレーションで、月額料金がプロバイダとセットになったサービスです。

ネットとスマホ、まとめてお得と、一見ドコモユーザーにとってメリットの多いサービスに見えます。
しかしながら、実際のところはかならずしもメリットばかりではありません。デメリットも存在します。

今回はドコモ光のデメリットについて、解説します。ドコモ光の契約を検討している方は、契約前に一度目を通してみてください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

知っておきたいドコモ光の3つのデメリット!

ドコモ光には、大きく分けて三つのデメリットがあります。

  • セット割での割引金額が少なめ
  • キャッシュバックキャンペーンがdポイントでの還元
  • 回線速度が遅いことがある

まずはこれら3つのデメリットについて、解説します。

なおドコモ光のメリットに関しては次の記事で解説しているので併せてご覧ください。

セット割の割引金額が他社と比べておさえめ、適用範囲も狭い

ドコモ光では、毎月最大3,500円のスマホ代割引を受けられます。
これだけ聞くととてもお得に感じられますが、これには条件があるんです。

実は、3,500円割引になるのは家族でドコモを利用している戸建住宅の利用者のみ。
そして最大の割引きを受けるなら、月額25,000円の「ウルトラシェアパック100」を契約しなければいけません。

ウルトラシェアパック10025,000円
シェアオプション子回線の数×500円
ドコモ光パック-3,500円
携帯料金合計22,000円~

集合住宅に一人で住む利用者の場合は、なんと最大1,100円までしか割引になりません。そしてドコモ光で割引を適用できるのは、あくまで「1回線のみ」なことにも注意しましょう。

auのセット割であるauスマートバリューは1台あたり毎月最大2,000円の割引、ソフトバンクユーザー向けのおうち割は1台あたり毎月最大1,000円の割引を適用できます。

家族で光回線を利用するとなると、家族の持っている複数の回線で割引になるauスマートバリューやおうち割のセット割は圧倒的。

ですが、スマホとの割引は契約者の置かれている状況によっても一人ずつ異なってきますので、どこがいいとは一概には言えないのが現状です。

そのためぜひ、下記のような料金シミュレーションを使って各社を比べてみることをおすすめします。

もちろん無料で行うことができます。

料金シミュレーション

契約時のキャンペーンは控えめ、還元が主にdポイント

ドコモ光は、契約することで適用できるキャンペーンの内容もあまり充実しているとは言いがたいのが事実です。

契約する店舗・サイトや申し込み形態によって若干金額は変わってきますが、ドコモショップでドコモ光を契約すると20,000円程度が還元されます。

ただし還元されるのは、基本的にdポイントです。dポイントはドコモのスマホ代の支払いや、ローソン等対象コンビニエンスストアでの買い物に利用できます。

使い道自体は十分豊富ですが、現金のキャッシュバックに比べると見劣りするのも事実。

後述する光回線のキャンペーンと比較するとキャンペーンがあまり充実していないのも、ドコモ光の難点です。

そんな中下記のドコモ光の代理店は、dポイント10,000ポイント、キャッシュバックが15,000円もらえます。

現金でのキャッシュバックが貰えるのは嬉しいですね。

キャッシュバックをもらってドコモ光を契約したい方は、以下のサイトをご覧ください。

おすすめ窓口工事費無料!キャッシュバックも!
ドコモ光トップページ
携帯もインターネットもdocomoにまとめるとお得!
ドコモ光は初期工事費無料!
さらに最大15,000円キャッシュバック!
スマホとセットでスマホ料金が年最大72,000円割引き!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

選ぶプロバイダによっては回線速度が遅い場合がある

ドコモ光では、OCNやBIGLOBEなどさまざまなプロバイダをセットにして契約できます。この自由度の高さは、魅力的です。

しかし注意しなければいけないのが、選ぶプロバイダによって回線速度が異なってくること。

ドコモ光で使用する光回線はすべてNTTのフレッツ光ですが、このフレッツ光は全国のシェア率7割をおさえている人気のサービス。

人気のフレッツ光において人気があるプロバイダを選ぶと、同じプロバイダの利用者が周りにたくさんです。
結果として、回線が混み合って速度が下がりやすいことに注意しましょう。

万が一速度が遅いプロバイダを契約してしまうと、読み込みが長くイライラする場面も増えるでしょう。

プロバイダは後から変更もできますが、手数料3,000円(税抜)がかかります。
またセットで申し込むプロバイダによって、月額料金が変わってくることにも注意が必要です。

しかしこれは、光回線全般にいえることでもありますね。

ドコモ光のプロバイダで迷っている方は、ぜひ以下の窓口で一度相談をしてみてください。

下記の窓口は、無料であなたに合った回線やプロバイダを提案してくれます。

ドコモ光の相談窓口

デメリットに納得したうえで契約するのが大事

以上が、ドコモ光の主なデメリットです。契約時と利用中、それぞれに注意したいデメリットがあります。

デメリットを理解し、納得した上で契約すれば大丈夫ですが、納得・理解せずにドコモ光を契約してしまうとストレスを感じる可能性もあるので注意しなければいけません。

ドコモの長期利用者は、ずっとドコモ割で割引額がアップする

ドコモ光を契約する際にセット割の金額がイマイチであることをデメリットとしてあげましたが、これには一つ解決策があります。

ドコモで長期契約をしていると、「ずっとドコモ割」という割引を適用できます。4年以上ドコモを契約していれば割引が適用、15年以上契約を続けていれば割引が最大金額です。

ずっとドコモ割では、一人でドコモを契約していても毎月100~800円、家族でパケットシェア系プランを契約しているなら最大2,500円もの割引です。

ずっとドコモ割とドコモ光+スマホのセット割引を組み合わせれば、毎月の割引金額は一人での契約で最大1,900円。

これでもまだauスマートバリューやおうち割にはギリギリ届かないものの、近い金額にまで割引額がアップします。

docomoを長年使っているなら、ドコモ光のセット割とずっとドコモ割を組み合わせると他の回線よりもお得になるでしょう。

ドコモ光のスマホ料金の割引金額は、利用年数が長いほど高くなります。スマホ料金の割引き込みで料金がいくらになるかを確認してみましょう。

ドコモ光の相談窓口

ドコモ光よりキャンペーンが多い回線を紹介!

ドコモ光にはキャンペーンの充実度やセット割の金額、場合によっては通信速度においてもデメリットがありました。

ここからはキャンペーンが充実している、他のおすすめ光回線を合計4つご紹介します。また今回紹介する4つの回線は、通信速度でもメリットがありますよ。

ドコモ光のデメリットを知り、他の回線の検討を考えはじめた方は参考にしてみてくださいね。

ソフトバンク光なら最大70,000円還元、商品券や月額割引も

ソフトバンク光は、ドコモ光と同様にフレッツ光の光回線とプロバイダがセットになった光コラボサービスです。最大速度も1Gbpsで共通、月額料金は2,800円(税抜)からと安価です。

SoftBank光はNTTによるフレッツ光の回線を使用していますが、IPv6という回線技術を使うことで混雑を回避し、高速で通信しやすいメリットがあります。

ソフトバンク光は、契約時のキャンペーンが他社と比べても圧倒的に充実しています。
代理店経由で申し込めば最大70,000円ものキャッシュバックを受け取れるしくみです。

さらに月額料金もキャンペーンの適用により12ヶ月間実質2,000円割引他社からの乗り換えなら24,000円分の商品券がもらえるうえに、他社の解約金も0円です。

もちろんスマホとのセット割も充実。ソフトバンクユーザーなら「おうち割」で1台ごとに毎月最大2,000円の割引を受けられます。
これを機にソフトバンクに乗り換えるのもよいでしょう。

最大94,000円キャッシュバック!
おうち割でスマホが毎月最大1,080円割引

ソフトバンク光がお得なポイント

  • 最大70,000円キャッシュバック
  • 月額6ヶ月分相当還元(24,000円キャッシュバック)
  • 乗り換え時の他社違約金を100,000円まで負担
  • スマホとセットで毎月最大1,080円割引

関東住まいなら速度が速いNURO光!最大80,000円キャッシュバックも

対象エリアが関東に限られるデメリットこそありますが、最大2Gbpsというドコモ光の2倍の高速通信が可能で、圧倒的に速いインターネットなのがNURO光です。

ドコモ光と違いNTTが現在使っていない回線の「ダークファイバー」を使っているので、速度が出やすいのがNURO光の特徴ですね。

契約した際に設置される機器には無線通信ができる機能も備わっていて、追加費用なしで高速Wi-Fi通信ができるのもNURO光の魅力ですね。

ドコモ光の速度に不安があるなら、NURO光を検討してみましょう。圧倒的な高速でデータを送受信でき、ストレスフリーですよ。

NURO光を代理店経由で申し込むと最大80,000円のキャッシュバックを得られます。
キャッシュバック金額も、今回紹介する中で最高額ですね。

さらに公式キャンペーン適用により初月の月額料金は無料、初期工事費39,900円も実質無料です。

スマホのセット割にも対応。ソフトバンクユーザーならスマホ代が1台ごとに毎月最大2,000円割引きになる、「おうち割」を適用可能です。

とにかく速く、とにかくお得に使えるNURO光。申し込み対象のエリアに住んでいるなら、真っ先に検討したい選択肢ですね。

下り最大2Gbps!
さらに最大12万円の高額還元も!!

NURO光がお得なポイント

  • 料金コミコミで月額4,743円
  • 最大12万円の高額還元キャンペーン
  • 初期工事費が実質0円
  • 月額基本料が開始月無料
  • ソフトバンクスマホとのセット割がお得

auひかりは工事費無料、最大70,000円のキャッシュバック

auひかりは、auが展開している光回線とプロバイダがセットになったサービスです。最大1Gbpsで通信可能となっています。

auひかりは大手のフレッツ光による光回線を使っておらず、KDDIの光回線が使われています。結果として、回線が混雑しづらいためにドコモ光よりも速度が出やすいメリットもあります。

auひかりでは、auユーザーにうれしい「auスマートバリュー」を適用可能です。スマホ1台ごとに、スマホ代は毎月最大2,000円が割引です。

そしてauひかりでは本来工事費が37,500円かかりますが、キャンペーン適用により実質無料です。他社の解約にかかった費用も、最大30,000円まで還元してもらえます。

auひかりを代理店経由で契約した場合のキャッシュバック金額は、最大70,000円です。auユーザーで対象エリア内に住んでいるなら、auひかりを検討してみてはどうでしょうか。

サービスやキャンペーンについてもっと詳しく知りたい方は、以下のURLもチェックしてみてください。

auひかりで最大135,500円の大還元!

auひかりがお得なポイント

  • 超速!5ギガ・10ギガの新プラン登場!
  • 最大135,500円大幅還元キャンペーン
  • 初期工事費が実質無料
  • auスマホ1台につき毎月最大2,000円割引

東海地方に住んでいるなら、コミュファ光で

コミュファ光は東海地方を中心に展開されている光回線サービスです。東海地方に住んでいてauひかりが契約対象外でも、コミュファ光なら契約できる可能性がありますね。

コミュファ光はKDDIの回線を使用しているので、auひかりと同様に回線が混雑しづらく、速度も出やすい仕様です。

最大1Gbpsで通信できるコミュファ光は、代理店経由で申し込むことによりなんと最大80,000円の還元を受けられます。

他者からの乗り換えで最大50,000円、プロバイダをSo-netに指定することで+30,000円で、合計80,000円がキャッシュバックされるしくみです。

さらに初期工事費25,000円もキャンペーンで無料に。auスマートバリュー適用でauスマホ代も1台ごとに毎月最大2,000円が割引きです。

東海地方に住んでいるなら、まずコミュファ光から検討してみてはどうでしょうか。サービスやキャンペーンについて詳しくは、以下のURLを。

最大120,000円
高額キャッシュバック!

コミュファ光がお得なポイント

  • 最大120,000円の超高額キャッシュバック
  • 初期工事費が実質無料
  • auスマホ1台につき毎月最大2,000円割引

ドコモ光のデメリットについてのまとめ

ドコモ光のデメリットを見てきました。
ドコモ光のデメリットとしてキャンペーンの充実度のイマイチさや割引金額の少なさがあげられます。

ですが、ドコモのスマホユーザーの方には大きなスマホの割引きがありますので、ドコモのスマホユーザーの方にはおすすめの回線といえるでしょう。

ドコモ光のスマホ割引きはドコモのスマホを利用している年数によって変わります。契約前に一度料金シミュレーションをしてみましょう。一緒にキャンペーンもチェックできますよ。

料金シミュレーション

他店対抗でお得!ドコモ光おすすめNo.1窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が最大42,000円も割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金イメージのご相談を!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事