閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ソフトバンク光はIPv6高速ハイブリッドで速くなる!実際の評判がこちら…

ソフトバンク光 IPv6

通信速度を向上させるIPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4(以下、IPv6高速ハイブリッド)は、ソフトバンク光を契約している方にぜひ利用してほしいオプションです。

IPv6高速ハイブリッドを利用するには、光BBユニットのレンタルが必要ですが、月々のレンタル料金を支払ってでも申し込む価値がありますよ。

今回は、なぜIPv6高速ハイブリッドを申し込むと速度が改善するのか、その理由を解き明かしていきましょう。

IPv6高速ハイブリッドの申込方法や、IPv6を使っても速度が上がらない時に確認すべきポイントも説明しますよ。

ソフトバンク光のIPv6のメリットとデメリット

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4(以下、IPv6)はなぜオススメできるサービスなのか、利用するメリットとデメリットからくわしく解説していきましょう。

ソフトバンク光のIPv6のメリット

IPv6を利用する最大のメリットは速度の向上です。

ソフトバンク光が遅いと口コミで評価している方は、光BBユニットを利用しておらず、IPv6を申し込んでいない人がほとんどですよ。

IPv6を使っている方からは、こんな声が聞こえています。

では、ソフトバンク光の速度はIPv6を使うことでなぜ速くなるのか、調べてみましょう。

ソフトバンク光のIPv6は高速通信が可能

ソフトバンク光のIPv6は、新しい接続方式・IPv6と、現在主に普及しているIPv4を自動で使い分けてインターネットを接続できるようにするサービスです。

インターネットに接続する機器には、IPアドレスという住所のようなものが割り当てられています。

これまでIPv4では機器ごとに約43億のIPアドレスを割り当てていましたが、近年ではスマホの爆発的な普及、IoT、携帯ゲーム機やテレビなどのネット接続によって、IPアドレスの枯渇が問題視されています。

IPアドレスの増加はIPv4でインターネットを接続する機器の増加を意味し、回線が混み合ってしまうため速度が遅くなるのは必然といえます。

そこで登場したのがIPv6といわれる新しい通信方式で、これまでのIPv4よりもはるかに多くのIPアドレスが取得可能になりました。

IPv6ではほぼ無限となったIPアドレスのおかげで、混雑して回線速度が遅くなるという心配はありません。

ただし、現状ではIPv6にまだ未対応のサイトもあります。

ソフトバンク光では光BBユニットに実装したIPv6の技術を使って、IPv6に対応していないサイトであってもIPv6ネットワークを経由して接続し、どのサイトに訪問しても高速で通信が可能です。

ソフトバンク光は光コラボなので混線しやすい

そもそもソフトバンク光はIPv6を利用しないと、なぜ速度が遅くなるのでしょうか。

ソフトバンク光はフレッツ光と同じ回線を利用した光コラボです。

NTTが提供するフレッツ光と回線の品質や速度は同じで、月額料金はさらに安く、キャンペーンも充実しているので嬉しいですよね。

しかし、一方でフレッツ回線はユーザー数が多く、国内シェアNo.1のフレッツ光と全国に500社以上もある光コラボの利用者が一斉にアクセスするため、週末や夜間は特に通信速度が遅くなります。

フレッツ回線の速度低下を改善するのは、回線自体の問題なので難しく、利用時間を変えるなどの対策しかできませんでした。

そこで登場したのが、ソフトバンク光のIPv6というわけです。

利用者が多いフレッツ回線でも混雑を回避してインターネットを接続できるため、光コラボを契約するならIPv6のサービスを使うことをオススメします。

ソフトバンク光の速度低下については、こちらの記事で原因と解決策を説明しています。
ソフトバンク光に速度制限はある?速度が遅い原因と対処法4選!

ソフトバンク光のIPv6のデメリット

ソフトバンク光でIPv6はぜひ申込みたいサービスだとわかりましたが、IPv6を利用することでデメリットはあるのでしょうか?

次はIPv6を申し込むデメリットについて、みていきましょう。

ソフトバンク光のIPv6には光BBユニットが絶対不可欠

ソフトバンク光でIPv6を利用するには、光BBユニットが不可欠です。

光BBユニットはIPv6でインターネット接続するための機器です。

光コンセントに接続されているONU(光回線終端装置)と光BBユニットをつなぎ、さらに通信機器と光BBユニットをつなぐことで初めて、光BBユニットに搭載された機能でIPv6が使えますよ。

市販のルーターをONUにつなげるだけではソフトバンク光のIPv6には接続できないので、必ず光BBユニットを利用しましょう。

しかし、宅内機器が増えるので、どうしても配線がごちゃごちゃしてしまうのもデメリットといえます。

光BBユニットのレンタル料金が発生する

光BBユニットはソフトバンク光がレンタル品として、貸し出します。

そのため、毎月光BBユニットのレンタル料金が必ず発生しますよ。

光BBユニットのレンタル料金は月額467円です。

しかし、IPv6を利用するためのオプション料金はないので、毎月500円ほど月額料金にプラスして快適な通信速度が楽しめるなら、妥当な範囲ではないでしょうか。

光BBユニットの特徴はこちらでもくわしく説明していますよ。
ソフトバンク光のネットへの接続設定方法を解説!光BBユニットの特徴

ソフトバンク光のIPv6の利用方法

では、実際にソフトバンク光のIPv6を利用する手順と、接続・設定方法についてご説明していきましょう。

これからソフトバンク光を契約される方は契約時に光BBユニットのレンタルを申請しましょう。

現在、ソフトバンク光を利用中でIPv6のオプションを追加したい方は、以下の手順に沿って手続きをしていきます。

1.光BBユニットを申し込む
2.光BBユニットを接続する
3. IPv6への接続方式変更を申し込む

それでは、項目ごとにくわしくみていきましょう。

光BBユニットを申し込む

まずは、IPv6の利用に必要な光BBユニットのレンタルを申請しましょう。

<光BBユニットのレンタル申込方法>
1. Mysoftbank にログイン
2.お客様情報⇒ご契約情報⇒お申込サービスの順にクリックし、IPv4での接続を確認
3.画面上部のオプションサービスのお手続き⇒どこでもインターネットをクリック
4.光BBユニットレンタルを選択肢、お手続きをクリック
5.レンタルオプション追加/解約画面で利用するのチェックボックスにチェック
6.申し込むをクリックして、申込手続きが完了

MySoftBankのログイン方法がわからない方は、こちらの記事でおさらいしてくださいね。
ソフトバンク光はマイページで契約情報を確認しよう!ログインできないときは?

現在、自分がIPv6で接続しているのかわからないという方は、MySoftBankで確認するか、ソフトバンク光の公式サイト内にあるIPv6接続確認ページでも簡単にチェックできますよ。

IPv6接続確認ページにアクセスするだけで、IPv6で接続できていれば[お客様はIPv6インターネットで接続しています]と表示されます。

おうち割の方、Wi-Fiも利用したい方は、Wi-Fiマルチパックも申し込もう

MySoftBankで光BBユニットを申し込む際、自宅でWi-Fi接続をしたい方やおうち割が適用されている方は、Wi-Fiマルチパックなども一緒に申込ましょう。

光BBユニットを使ってスマホやタブレット、ゲーム機などでWi-Fi接続して楽しむには、Wi-Fiマルチパックのオプションを申し込む必要があります。

Wi-Fiマルチパックの利用料金は月額990円です。

市販の無線LANルーターをお持ちの方は、IPv6対応のルーターであればWi-Fiマルチパックを利用しなくても、Wi-Fi接続が可能です。

また、ソフトバンクの携帯電話やスマートフォンとソフトバンク光を同時に利用している方は、光BBユニットの利用がセット割「おうち割光セット」の適用条件です。

「おうち割光セット」の適用で、光BBユニット・Wi-Fiマルチパック・ひかり電話の利用料が全て合わせて500円に割引されますよ。

オプション名
月額料金
おうち割光セット適用時
光BBユニットレンタル
467円
オプション3つ合わせて500円
ホワイト光電話基本プラン
467円
Wi-Fiマルチパック
990円
合計
1,924円
500円

光BBユニットの接続方法

ソフトバンク光にレンタルを申し込んだら、およそ3~5日後に光BBユニットが自宅に届きます。

光BBユニットをONU(光回線終端装置)に接続しましょう。

<光BBユニットの接続方法>
1.ONU、光BBユニットの電源は切り、コンセントを抜いておく
2.光BBユニットのインターネット回線ポートとONUのLANポートをLANケーブルで接続
3.パソコン、Wi-Fiルーターなど接続機器があればLANケーブルで接続
4.ONU→光BBユニット→接続機器の順に電源を入れる

光BBユニットとONU (光回線終端装置)の接続はこれで完了です。

しかし、機器をつなげただけではIPv6はまだ利用できません。

IPv6への接続方式変更が必要ですので、最後までしっかり読んでくださいね。

光BBユニットでWi-Fi接続する方法

光BBユニットでWi-Fi接続を行うには、以下の2つの方法があります。
1.Wi-Fiマルチパックを申込む
2.市販の無線LANルーターを接続する

Wi-Fiマルチパックを利用する場合

Wi-Fiマルチパックを利用する場合は、毎月の利用料金が発生するというデメリットがありますが、光BBユニット1台で無線LANルーターの機能も兼ねるので、配線や機器が増えずに済みます。

また、おうち割光セット適用の方はオプション料金が割引されるので、光BBユニットとWi-Fiマルチパック、ホワイト光電話を付けても月額500円です。

Wi-Fiマルチパック利用なら、光BBユニットとONUを接続するだけでWi-Fi接続も可能になりますよ。

Wi-Fi接続をしたい通信機器の無線設定から、光BBユニットの本体に記載のSSIDと暗号キーを入力するか、WPS機能で接続しましょう。

市販の無線LANルーターを利用する場合

市販の無線LANルーターを利用してWi-Fi接続をする場合は、ONUと光BBユニットを接続したあとに、光BBユニットと無線LANルーターをLANケーブルで接続しましょう。

通信機器の無線設定をする時は、無線LANルーターの本体に記載のSSIDと暗号キーを入力します。

また、市販の無線LANルーターがソフトバンク光のIPv6に対応できる機種でなければ、せっかくの光BBユニットの高速通信をWi-Fiで体感できません。

無線LANルーターを使う場合は、Wi-Fiマルチパックの月額料金が節約できる代わりに、高性能のものを選ぶ必要があるということを覚えておきましょう。

IPv6の利用時にオススメの市販無線LANルーターや、Wi-Fi設定の方法は、こちらの記事で紹介していますので、併せてご覧ください。
ソフトバンク光でWi-FI環境を作るには!光BBユニットの特徴

IPv6への接続方式変更を申し込む

光BBユニットをONUに接続できたら、最後にIPv6の利用申込をしましょう。

ソフトバンク光公式サイト内の接続方式変更のお申込にアクセスします。

注意事項を読んでから、手続き画面へをクリックすると、MySoftBankへのログイン画面に切り替わります。

MySoftBankにログインしたら、接続方式変更画面にて[同意する]にチェックを入れ、確認ボタンをクリックしてください。

[申し込む]をクリックすると、IPv6 IPv6の申込が完了します。

IPv6を利用しても速度低下する時の対処法

安定した接続と速度改善が見込める IPv6高速ハイブリッドIPoE+IPv4サービスですが、「利用しても速度が遅い!」という声もあります。

なぜ、IPv6 IPv6高速ハイブリッドIPoE+IPv4を利用しても速度が改善しないのでしょうか。

実は、IPv6を使っているのにソフトバンク光の速度が遅くなっている原因がいくつかありました。

IPv6の接続設定が完了していない

IPv6を利用するには、ONUと光BBユニットを接続するだけでは設定が完了していませんでしたね。

ソフトバンク光のサイト内で接続方式変更のお申込手続きをしなくては、IPv6のサービスの利用を開始できません。

しかし、光BBユニットをつなげただけでIPv6の接続が終わったと思っている方は意外といますよ。

光BBユニットをしっかりと接続しているのに速度が遅いと感じる方は、接続方式がIPv6に間違いなく変わっているかまず確認をしましょう。

MySoftBankのご契約情報をチェックする、もしくは IPv6接続確認ページにアクセスすればすぐに確認ができます。

IPv6 IPv6での接続が完了していたら、[お客様はIPv6インターネットで接続しています]と表示されますが、IPv4のままならすぐにIPv6への接続方式変更を申し込みましょう。

光BBユニットの型式が古い

IPv6 高速ハイブリッドIPoE+IPv4を利用しているのに速度が遅い原因のひとつに、光BBユニットの型式があります。

光BBユニットには3つの型式があり、以前から光BBユニットを利用している方や、送られてきた光BBユニットの型式によっては通信速度が変わってくることがありますよ。

種類
E-WMTA2.3
E-WMTA2.2
E-WMTA2.1
本体側面記載型番
型番:J18V150.00
型番:J18V115.00
型番:J18V111.00
有線接続速度
最大1Gbps
最大100Mbps
無線規格
IEEE802.11ac
IEEE802.11n
無線接続速度
最大866Mbps
最大54Mbps
LANポート
4つ

現在、光BBユニットを申し込んだ時にソフトバンク光から送られてくる可能性があるのは、「E-WMTA2.3」か「E-WMTA2.2」です。

もし、届いた光BBユニットやもともとお使いの型式が、「E-WMTA2.3」以外のものだった場合は、最大通信速度に大きく差がでますよ。

もし、「E-WMTA2.3」以外の光BBユニットを使っていて速度が遅いと感じる場合は、ソフトバンク光サポートセンターに申請して「E-WMTA2.3」と交換してもらいましょう。

ソフトバンク光サポートセンター 186+0800-111-2009(受付時間10時~19時)

光BBユニットを新しい型と交換してもらい、速度が向上したという方も多いですよ。

ちなみに、ソフトバンク光の最新型光BBユニット「E-WMTA2.3」でも、市販の高性能無線LANルーターで最大通信速度1.3Gbpsに対応している機種と比べると速度は劣ります。

しかし、ソフトバンク光の最大通信速度は1Gbpsなので、問題はないといえるでしょう。

光BBユニットに同梱されているLANケーブルを利用する

光BBユニットを接続する際には、同梱のLANケーブルを必ず利用しましょう。

LANケーブルにも規格があり、出せる最大通信速度が決まっています。

ソフトバンク光から送られてくるLANケーブルは光BBユニットの利用環境や速度にあったものなので、併せて使用しましょう。

パソコンの設定などを確認する

IPv6を利用中にパソコンの速度が遅いと感じる時は、パソコン側の設定も確認しましょう。

パソコンにインストールされているセキュリティソフトなどの常駐ソフトが原因で、通信速度に影響がでる場合もありますよ。

パソコンの速度が遅い原因屋解決策はこちらの記事で解説していますので、ぜひ参考にしてください。
パソコンが遅い場合の原因と対処法をOSごとに状況別で詳しく紹介!

PS4などオンラインゲームは有線接続がオススメ

オンラインゲームを快適に利用するためには、ラグが発生しない程度の速度やPING値が必要です。

安定した接続や通信速度を確保したいなら、PS4などのゲーム機を光BBユニットに直接有線接続することをオススメします。

しかし、住宅の形状や光BBユニットの設置場所によっては、どうしても無線で接続しなくてはいけない場合もありますね。

ゲーム機にはそれぞれ、対応するWi-Fi規格が決められています。

Wi-Fi接続でオンラインゲームを行う際には、あらかじめゲーム機本体の対応規格を確認し、光BBユニットや無線LANルーターの設定を確認しましょう。

くわしくはこちらの記事で解説していますので、併せてご覧ください。
ソフトバンク光でオンラインゲームの高速通信ができる!

まとめ

ソフトバンク光のIPv6高速ハイブリッド IPv6 IPoE + IPv4は快適にインターネット通信を楽しみたい方なら、ぜひ申し込んでおくべきサービスです。

IPv6高速ハイブリッドの利用で混雑しやすいフレッツ回線でもスムーズな接続が可能になり、ソフトバンク光の速度が向上したという評判も多く寄せられていました。

ただし、IPv6高速ハイブリッドの利用には光BBユニットのレンタルが必須です。

また、光BBユニットでWi-Fi接続を行うには、Wi-Fiマルチパックの申込か市販の無線LANルーターが必要ですよ。

ソフトバンクユーザーなら「おうち割光セット」の適用で光BBユニットやWi-Fiマルチパックの利用料金が大幅に割引されますので、ぜひ活用しましょう。

キャッシュバック金額・受取方法に注目!ソフトバンク光おすすめ窓口

おすすめ窓口STORY

現金33,000円キャッシュバック
開通月から最短2か月後に現金33,000円がキャッシュバック!通常30,000円キャッシュバックが「わたしのネットを見た」経由で申込みで、プラス3,000円の33,000円に!有料オプションに加入不要でキャッシュバックを受け取れるのはうれしいですよね!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

おすすめ窓口LifeBank

ネットや携帯の割引特典が満載
キャンペーンが豊富なソフトバンク光は「光コラボ」でも一番人気がある。携帯とセットで割引となる「おうち割」や他社の乗換えの場合は違約金負担キャンペーンも!安心してはじめられる光回線!さらに人気窓口は、申し込みで最大70,000円キャッシュバック中!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)