閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

イオンのモバイルルーターって実際どう?サービス内容を他社と比較!

イオンのモバイルルーターって実際どう?サービス内容を他社と比較!

イオンでは、イオンのスマートフォン販売窓口「イオンデジタルワールド」やプライベートブランド「イオンモバイル」で、モバイルWi-Fiルーターを販売しています。

しかし、実はイオンのモバイルルーターは別途格安SIMの契約が必要になるほか、使い放題ができないためあまりおすすめではありません。

結論から言うと、使い放題を求めるならどんなときもWiFiや20GB程度を安く使いたいならネクストモバイルがおすすめですよ!

この記事では、イオンのモバイルルーターは本当にお得なのか、WiMAXやどんなときもWiFi、そしてネクストモバイルと料金・速度・エリアを比較しながら検証します。

モバイルルーターの契約を検討している方は、ぜひチェックしてみてくださいね!

イオンのモバイルルーターとは?

イオン モバイルルーター端末画像

イオンのモバイルルーターはAterm MR04LNという機種名で、Webサイト「イオンデジタルワールド」から単体購入またはSIMカード(イオンモバイル)とセット購入できます。

イオンモバイルの販売窓口では購入できないので、イオンでモバイルルーターを購入したい場合は「イオンデジタルワールド」から購入するようご注意くださいね。

イオンのモバイルルーター「Aterm MR04LN」の主な特徴は、以下にまとめました。

端末代金(税抜)
22,800円
最大速度
下り最大150Mbps・上り最大50Mbps
対応する回線
ドコモ回線、au回線、SoftBank回線(SIMフリーなので、回線を問わず使える)
発売日
2015年

「Aterm MR04LN」は、イオンモバイルで選べるドコモ回線、au回線のSIMカードに対応していて、価格は20,000円台となっています。

ただし2015年発売の、2019年8月現在からすると古い機種であることには注意が必要ですね。

主な特徴として挙げられるのは、以下の3点です。

  • 16台まで同時接続が可能
  • 1,000時間連続待ち受け可能
    ※Wi-Fiテザリングで最大12時間連続使用可能
  • micro SIM同時に2枚まで挿入可能

イオンのモバイルルーターはイオン独自のものではない

なお、イオンモバイルのモバイルルーターは、イオンモバイルが直接機器を手掛けているわけではありません。

あくまで、一般的に販売されている機種を取り扱っているのみとなります。

イオンモバイルのポケットWi-Fiは格安SIMの契約が必要!

SIMフリーポケットWi-Fiの画像

イオンモバイルでモバイルルーターを使う場合は、イオンモバイルでSIMカードを契約、そして「Aterm MR04LN」のようなWi-Fiルーターをセット購入することとなります。
※自分が持っている機器を使う場合は購入不要

イオンデジタルワールドで購入したAterm MR04LNを他の格安SIMで使いたい場合は、別途自分でSIMカードを契約して用意、購入して届いたAterm MR04LNに入れて使いましょう。

また、イオンモバイルでは、通話不可能な代わりに安価なデータプランのSIMカードを契約できるので、モバイルルーターで使う場合はデータプランを選ぶこととなるでしょう。

イオンモバイルの回線におけるメリットは、以下の3点となっています。

  • 解約金不要でいつでも解約可能
  • ドコモ回線とau回線を選んで契約できるので、自宅等で繋がりやすい方を選べる
  • 1〜50GBのプランがあり、使い方に合わせて容量を選択できる

イオンモバイルのSIMカードは回線や容量の種類が豊富なので誰にでも使いやすく、さらに解約金不要なので、短期間の利用にも向いています。

イオンのモバイルルーターの評判は?口コミを調査!

2019年8月、Twitterでのイオンのモバイルルーターに関する口コミ評判はほとんど見受けられませんでした。

しかし、イオンのモバイルルーターに挿入する格安SIM「イオンモバイル」に関する口コミは多数投稿されていましたので、賛否両論を紹介していきます!

上記口コミのユーザーは、中古のモバイルルーターを自分で用意して、イオンモバイルのSIMカードで使っています。

契約期間が自由で安いことを理由に、イオンモバイルを選んだと語られていることがわかりますね。

上記口コミでは、イオンモバイルだとドコモ回線しか使えないとして、使い放題のWiMAXをおすすめしていることがわかります。

上記口コミ2件では、料金は安いとしているものの、通信速度は遅めであると語られていました。

利用料金については、他にも上記2つのように「安い」という声が見つかりました。

イオンのモバイルルーターに挿入するイオンの格安SIMは、速度については賛否両論ですが、料金については好評な模様です。

イオンモバイルでの購入とは書かれていませんが、MR04LNの使い勝手については、バッテリーを24時間持たせることも可能として、満足の声が見つかりました。

イオンのモバイルルーターの性能は?他社モバイルルーターと比較!

モバイルルーター使用のイメージ

イオンモバイルでモバイルルーターを使う場合の初期費用や月額料金、通信速度などの各項目を、WiMAXやどんなときもWiFi、そしてネクストモバイルと比べてみました。

なお、イオンのモバイルルーターはAterm MR04LN、契約するSIMカードはイオンモバイルにする前提で比較しています。

結論から言うと、大容量で使う場合は、どんなときもWiFiネクストモバイルが料金・使い勝手においてお得でした。

イオンのモバイルルーターを比較!【初期費用】

モバイルルーターサービス5社における初期費用の違いを、表にまとめました。

端末代金(税抜)
初期費用(税抜)
イオンモバイル
22,800円(Aterm MR04LN) 3,000円
Broad WiMAX
0円 3,000円
GMOとくとくWiMAX
0円 3,000円
どんなときもWiFi
0円(レンタル) 3,000円
ネクストモバイル
0円 3,000円

見てのとおり、イオンモバイルと他社は初期費用が共通ですが、端末代金はイオンモバイルのみ有料です。

イオンモバイルで使うモバイルルーターを自分で外部から購入するとしても、中古でも数千円、新品だと数万円かかってしまうでしょう。

つまり初期費用の面では、イオンモバイル以外を選んだほうがいいということがわかります。

イオンのモバイルルーターを比較!【月額料金】

イオンモバイルは1GBから50GBまで様々な容量のプランが展開されていて、どれを選ぶかで料金が変わります。

また、イオンデジタルワールドで販売されているMR04LN自体は他の格安SIMなどでも使えますが、今回はイオンモバイルで使うことを前提に料金を解説します。

以下の表に各社の1ヶ月20GB程度の通信ができるプラン(使い放題プランがある場合は使い放題)における月額料金をまとめたので、ご覧ください。

プラン名
月額料金
イオンSIM
データプラン(20GB)
3,980円
WiMAX(Broad WiMAX)
ギガ放題プラン
  • 1~2か月目:2,726円
  • 3~24カ月目:3,411円
  • 25か月目以降:4,011円
WiMAX(GMO とくとくWiMAX)
ギガ放題プラン
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24カ月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
どんなときもWiFi
データ放題プラン
  • 初月:3,480円の日割り料金
  • 1~24か月目:3,480円
  • 25か月目以降:3,980円
NEXT mobile
20GBプラン
  • 利用開始月:2,760円の日割り料金
  • 1~24か月目:2,760円
  • 25か月目以降:3,695円

見てのとおり、まず25ヶ月目以降にサービスを使う予定がないなら、月額2,760円(税抜)・2年契約のネクストモバイルがお得でした。

使い放題で長期間ずっとインターネットを活用したい場合は、2年間月額3,480円(税抜)、3年目以降も3,980円(税抜)と安価などんなときもWiFiがおすすめですね。

イオンのモバイルルーターを比較!【最大速度】

イオンで買えるモバイルルーター・Aterm MR04LNと、他社でセット購入できるモバイルルーターの最大速度を比べてみました。

最大速度
イオンのモバイルルーター
下り150Mbps・上り50Mbps(Aterm MR04LN)
Broad WiMAX
下り1.2Gbps
※USB接続・4×4MIMO、ハイスピードプラスエリアモード利用、東京・埼玉・愛知・大阪の一部エリア・Wi-Fi接続時867Mbps
上り75Mbps
GMOとくとくWiMAX
どんなときもWiFi
下り150Mbps・上り50Mbps
ネクストモバイル
下り150Mbps・上り50Mbps

イオンのモバイルルーターはどんなときもWiFiやネクストモバイルと速度が共通、速いのはWiMAXプロバイダ2社で購入できる「W06」でした。

普通に動画を見たり、ネットサーフィンをしたりするならどれを選んでも快適ですが、通信速度の速さを重視するなら、WiMAXを選ぶのが良いでしょう。

なお、WiMAXのオススメプロバイダは別途記事で解説していますので参考にしてくださいね。

イオンのモバイルルーターを比較!【速度制限】

モバイルルーター各社では、異なる速度制限が存在します。

各社の速度制限内容をまとめたので、ご覧ください。

高速通信における速度制限内容
イオンモバイル
契約プランの上限を超えたら月末まで200kbpsに制限
Broad WiMAX
  • 通常プラン:7GB到達時、月末まで最大128kbpsに制限
  • ギガ放題:直近3日間に10GB以上使用時、翌日18時〜翌々日2時頃まで1Mbps程度に制限
  • ハイスピードプラスエリアモード:7GB到達後、通常モードも含めて月末まで最大128kbpsに制限
GMOとくとくWiMAX
どんなときもWiFi
他のユーザーに影響があるほどの大容量通信時のみ、384kbps程度に制限
ネクストモバイル
契約プランの上限を超えたら月末まで低速化(速度の数値は非公表)

WiMAXのギガ放題は使い放題ですが、3日間10GB以上通信した場合の夜間の速度制限に要注意ですね。

ネクストモバイルとイオンモバイルは、契約したプランの範囲内なら自由に通信できます。

そしてどんなときもWiFiは、他のユーザーの迷惑にならない限りは常に高速で使い続けられますよ。

使い放題重視ならどんなときもWiFi、月間のデータ消費が20GB程度なら、月額料金の比較項目で触れたとおり料金がイオンモバイルより安価なネクストモバイルを選ぶのがオススメです。

イオンのモバイルルーターを比較!【エリア】

モバイルルーター各社のサービス提供エリアを比べてみました。

エリア
イオンモバイル
日本全国のドコモ回線またはau回線提供エリア
Broad WiMAX
日本全国のWiMAX回線提供エリア、ハイスピードプラスエリアモードはau 4GLTE対応エリア
GMOとくとくWiMAX
どんなときもWiFi
日本全国のドコモ、au、SoftBank回線提供エリア
ネクストモバイル
日本全国のドコモ回線提供エリア

いずれも日本全国で通信できますが、エリアが一番広いのは、ドコモ、au、SoftBankのいずれかに繋がれば通信できるどんなときもWiFiですね。

次点は、ハイスピードプラスエリアモードに切り替えればau 4GLTE回線のエリア内でも使えるWiMAXでしょう。

ただしWiMAXのハイスピードプラスエリアモードは、月7GBまでしか使えないことにご注意ください。

【結論】イオンのモバイルルーターより安いのはコレ!

イオンモバイルでAterm MR04LNを使う場合、ルーター代金や通信料金が高く付いてしまうのが難点です。

結論からいうと、使い放題で安くモバイルルーターを使いたい場合は、ルーター代無料で使い放題ながら2年間月額3,480円(税抜)の、どんなときもWiFiを選ぶのがおすすめですよ。

そして大容量をできるだけ安く使いたい場合は、20GBプランが2,000円台で割安・ルーター代無料のネクストモバイルを検討してみてくださいね。

それでは次の項目から、2つの料金・速度・キャンペーン情報をチェックしてみましょう!

どんなときもWiFiの基本情報

どんなときもWiFiサイト画像

WiMAXやPocketWiFiは、25ヶ月目以降など、一定期間を超えると月額料金が高くなってしまうこともあります。

<WiMAX 料金比較例>
WiMAXプロバイダ料金比較表
※クリックで拡大します
※2019年8月現在のデータです

しかし、どんなときもWiFiはWiMAXより料金の変動は大きくありませんよ!

<どんなときもWiFiの基本情報>
月額料金
  • ご利用開始月:3,480円の日割り料金
  • 1~24ヶ月:3,480円/月
  • 25ヶ月目以降:3,980円/月
通信速度
150Mbps
利用回線
au・Softbank・docomo
セット割
なし
キャンペーン
なし

「ずっと安くサービスを利用したい」

「使い放題プランを利用して、速度制限を気にせず通信したい」

という方は、どんなときもWiFiを検討してみてくださいね!

また、どんなときもWiFiは、定額で使い放題のポケットWi-Fiサービスです。

しかしどんなときもWiFiでは、とくに月間・3日間における上限は設定されていません。

※ネットワークを著しく阻害するような大容量ファイルのやり取りが続くと、帯域制限がかけられる場合があります。

お得に・自由にインターネットを使いたい方は、どんなときもWiFiがおすすめですよ!

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

Next mobileの基本情報

ネクストモバイルのモバイルルーター

20〜50GBの大容量を安価な料金で使いたい場合におすすめなのは、NEXT Mobileです。

NEXT Mobileは月間利用データ量の上限がある代わりに、2年間2,760円(税抜)からの安い支払額に抑えられますよ!

20GBプラン
  • 利用開始月:2,760円の日割り料金
  • 1~24か月目:2,760円
  • 25か月目以降:3,695円
30GBプラン
  • 利用開始月:3,490円の日割り料金
  • 1~24か月目:3,490円
  • 25か月目以降:3,695円
50GBプラン
  • 利用開始月:3,490円の日割り料金
  • 1~12か月目:3,490円
  • 13~24か月目:4,880円
  • 25か月目以降:5,815円
通信速度
150Mbps
利用回線
Softbank
セット割
なし
キャンペーン
端末代金無料

スマートフォンでの通信量を調べてみて、毎月20GB~30GBに収まっているなら、NEXT Mobileを検討してみてはどうでしょうか?

50GBプランは4,000円台後半〜になってしまうので、月間50GB以上使うならどんなときもWiFiがおすすめです。

NEXT mobileについて詳しく調べてみる

まとめ

イオンでは、イオンデジタルワールドやイオンモバイルにおいて、モバイルルーターを購入可能となっています。

イオンデジタルワールドで購入できる「Aterm MR04LN」は下り最大150Mbpsで十分高速ですが、価格が2万円台でやや高め、さらに2015年発売の古い機種であることに注意が必要です。

また、モバイルルーターにSIMカードを入れて通信するためにはSIMの契約が別途必要ですが、イオンで契約できるイオンモバイルは、ネクストモバイルやどんなときもWiFiと比べると料金が割高です。

エリアは、今回比較した5種類の通信サービスの中では、ドコモ、au、SoftBank回線対応のどんなときもWiFiが最も広範囲でした。

まとめるとモバイルルーターを契約した場合におすすめなのは、使い放題を求めるならどんなときもWiFi、20GB程度を安く使いたいならネクストモバイルです。

どちらもルーター代無料で、お得にサービスを利用できますよ!

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」