閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

インターネットのプロバイダについて徹底解説!回線との違いは?

インターネット プロバイダとは?

インターネットを利用するときは、インターネット回線とプロバイダの両方が必要です。

この記事では、プロバイダはインターネット回線とどう違うのか、また、プロバイダの接続方法等・おすすめプロバイダなど、プロバイダに関する知識をまとめました。

インターネット回線とプロバイダの違いとは

インターネット回線を契約していても、プロバイダの契約がなければインターネットを利用できません。

NTTのフレッツ光を契約するとき、別途、プロバイダの契約も必要です。

また、ドコモ光やソフトバンク光などフレッツ光以外の回線では、インターネット契約とプロバイダの契約がセットになっています。

なぜ光回線を利用したいだけのときでも、プロバイダ契約が必要なのでしょうか。

インターネット回線とは

インターネットを水道にたとえれば、インターネット回線は水道管、プロバイダは蛇口です。

水道管を家庭に導入しても、蛇口がなければ水を使うことはできませんよね。

水道管を自宅に引きつつ、蛇口を設けることで、好きな時に水を利用できるようになるのです。

インターネットも同じです。

インターネット回線だけを導入してもプロバイダがなければ、パソコンなどの機器でインターネットサービスを利用できません。

プロバイダとは

プロバイダは、インターネット回線を家庭に引き込む蛇口です。

蛇口が変わっても利用する水に違いがないように、プロバイダが変わっても利用するインターネット回線は同じです。

しかし、蛇口(プロバイダ)がなければ水道(インターネット回線)は利用できませんので、回線とは別にプロバイダに申し込む必要があるのです。

インターネット接続に必要なプロバイダの仕組み

インターネット回線を導入しても、プロバイダという窓口がないとインターネットサービスを利用できません。

つまり、インターネット回線を導入する工事をしても、プロバイダに契約しないなら、いつまでたっても家の中でインターネットを利用できないのです。

プロバイダが必要なのは有線回線だけではありません。

WiMAXやポケットWi-FiなどのモバイルWi-Fiルーターに契約するときも、WiMAX2+回線などのインターネット回線にBroad WiMAXなどのプロバイダから契約しますので、プロバイダなしには無線通信が利用できないようになっているのです。

インターネットプロバイダの接続設定

インターネット回線を導入する工事は、通信回線工事を請け負う業者が実施します。

しかし、プロバイダとインターネット回線をつなぐ作業は、一般的には、契約者各自が実施します。

回線工事実施までにプロバイダ業者から接続方法を記したマニュアルが送付されますので、かならず目を通し、正しく接続するようにしてください。

なお、マニュアルを万が一紛失したときは、プロバイダ業者の公式サイトで確認できることがあります。

インターネットプロバイダの選び方

インターネット回線事業者の数は、たくさんではありません。

しかし、窓口となるプロバイダの数は、たくさんあります。

複数の選択肢から自分に合ったプロバイダを選ぶ方法を4つ紹介します。

1.料金で決める

例えばフレッツ光の戸建て住宅タイプで利用できるプロバイダの月額料金は、もっともリーズナブルな業者は税抜き500円ですが、もっとも割高な業者となると税抜き1,200円もの高額です。

年間にすると税抜き8,400円もの違いがありますので、ちょっとでも月々のインターネット費を低くしたいなら、月額料金がリーズナブルなプロバイダを選ぶ必要があります。

どのプロバイダ業者が良いか迷ったら、月額料金がリーズナブルな事業者にしましょう。

2.速度で決める

通信速度でプロバイダを選ぶといっても、プロバイダ自体には最大速度の違いはありません。

プロバイダによって、夜間・土日祝のインターネット接続の集中に耐え切れず、通信速度が低下してしまう場合があります。

インターネットプロバイダの契約前に、必ずプロバイダの評判をチェックしておきましょう。

おすすめはv6プラス対応プロバイダ!

通信速度を早くしたいのなら、IPv4方式だけでなくIPv6方式でも接続できるv6プラスに対応しているプロバイダを選びましょう。

2つの接続方式が利用できることで、通信速度を大きく改善できることがあるのです。

プロバイダ業者の中にはv6プラスのサービスを無料で利用できる業者もありますので、お得に高速通信が利用できることもあります。

3.キャンペーンで決める

プロバイダによっては、キャッシュバックや月額料金割引等のキャンペーンを実施していることがあります。

お得なキャンペーンを実施しているプロバイダを選びましょう。

4.提供サービスで決める

セキュリティサービスやホームページ作成サービス、出張サポートサービス等を、プロバイダが提供していることもあります。

魅力的なサービスを提供しているプロバイダを選ぶのも良いですね。

シェアの高さで選ぶことはおすすめしない

プロバイダの中には、「シェア率○%!」と利用者数がたくさんであることをアピールしているものもあります。

人気があるということは、人々を引き付ける何らかの魅力があるということは間違いありません。

しかし、シェア率の高さだけでプロバイダを選んでしまうと、ご自身が本当に必要としているサービスや接続方法などを利用できない可能性があります。

サービスの種類と料金、接続方法、実施キャンペーンの4つの要素で、プロバイダを選ぶようにしてください。

インターネットプロバイダ一覧!おすすめはどこ?

現在はプロバイダ料金込みのインターネット回線が増えてきているため、料金でプロバイダを選ぶことができないことがあります。

しかし、NTTのフレッツ光は、プロバイダ費用が別請求のため、プロバイダによって月額料金が大きく変わります。

インターネットプロバイダ料金を比較!安いプロバイダは?

フレッツ光の提携プロバイダは、下記のとおり10の業者あります。

料金にこだわってプロバイダを選ぶなら、戸建て住宅の方もマンションの方もBB.exciteをおすすめします。

なお、BIGLOBEとOCNのマンションタイプのみ、NTT東日本の料金とNTT西日本の料金が異なります。

戸建て住宅タイプ
マンションタイプ
WAKWAK
950円
800円
So-net
1000円
900円
ぷらら
1000円
800円
OCN
1100円
東日本:900円
西日本:810円
hi-ho
1200円
890円
DTI
951円
680円
BIGLOBE
東日本:1,200円
西日本:1,000円
東日本:900円
西日本:800円
BB.excite
500円
500円
Asahi.net
780円
700円
@nifty
1000円
950円

※料金はいずれも税抜き表示です。

無料で使えるプロバイダの利用はおすすめしない

フレッツ光の公式サイトでは紹介されていませんが、無料で利用できるプロバイダはいくつか存在します。

しかし、いずれも急にサービスが停止される等のトラブルが報告されていますので、あまりおすすめはできません。

プロバイダが繋がらない場合の対処法

プロバイダが繋がらないときは、次の手順で対処してください。

  1. パソコンを再起動する。
  2. パソコンを再起動してもプロバイダが正常に機能しないときは、ルーターを切り、コンセントを抜いてから、再度接続して再起動させる。
  3. ルーターを再起動してもプロバイダが正常機能しないときは、プロバイダのカスタマーサービスに電話もしくはメールで連絡する。

インターネットプロバイダの乗り換え方法

お得なプロバイダを見つけたら、プロバイダ変更を検討してみましょう。

インターネット回線を変更するときは回線工事が必要ですが、プロバイダだけの変更なら工事不要で実施できます。

<インターネットプロバイダ乗り換えの手順>

  1. 新しいプロバイダに申し込みを行う
  2. 新しいプロバイダの導入日に合わせて、現在のプロバイダを解約する
  3. プロバイダの解約と同時に不要なオプション契約も解約する
  4. 新しいプロバイダの接続設定を行う

新しいプロバイダの導入前に現在のプロバイダを解約すると、インターネットを利用できない期間が発生してしまうので、注意が必要です。

まとめ

プロバイダが変わると、利用できるサービスや接続方法が変わるため、インターネットサービスの使い心地も大きく変わります。

お得なキャンペーンを実施しているプロバイダに乗り換えるなら、インターネット回線はそのままで数万円程度のキャッシュバックを受け取ったり、月額利用料金が割り引かれたりすることもあります。

こまめにプロバイダ会社のサイトからキャンペーン情報を仕入れ、さらにお得にインターネットを利用していきましょう。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る