閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする
更新

auの光回線を他社と比較してみた!契約のメリット・デメリットとは

光回線 au メリット

星の数ほどある光回線業者。

その中で、自分に合った最適な業者を見つけることは至難の業です。

auの光回線「auひかり」に焦点を当て、メリットとデメリット、どのような人が申し込むべきなのかについて調査しました!

auひかり回線は独立した光回線!

auひかり回線は、KDDIの独自光回線を利用してインターネットに接続しています。

ソフトバンク光やドコモ光、OCN光など、NTTのフレッツ光回線を利用してインターネットサービスを提供する光回線業者が多い中、auひかりは、auひかり専用の回線を利用しているのです。

auひかりの月額料金

「独自回線を利用すると高くなるのでは?」と考える人もいるかもしれませんが、実際にはそのようなことはありません。

auひかりはプロバイダ込みの料金ですので、NTTのフレッツ光と比べても割安な料金に設定されています。

<auひかり・フレッツ光の月額料金比較>
auひかり
フレッツ光
戸建て住宅タイプ
5,100円
NTT東日本:5,200円

+プロバイダ料金
NTT西日本:5,400円

+プロバイダ料金
マンションタイプ
3,800円
NTT東日本:2,850~3,850円

+プロバイダ料金
NTT西日本:3,200円~4,500円

+プロバイダ料金

※auひかりの戸建て住宅タイプは、1年目は5,100円ですが、2年目は5,000円、3年目以降は4,900円と段階的に安くなります
※料金はいずれも税抜き表示です
※NTT東日本は「ァミリー・ハイスピードタイプ」「ファミリータイプ」の料金を表示しています
※NTT西日本は「ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼」「ファミリー・ハイスピードタイプ」「ファミリータイプ」の料金を表示しています。

auひかり回線のメリット

料金がシンプルかつお得なauひかり。料金以外にもたくさんのメリットがあります。

独立した光回線なので通信速度が速い

NTTフレッツ光回線を利用している回線業者は多いため、夜間や土日などは利用が集中し、インターネットに繋がりにくくなったり、通信速度が遅くなったりすることがあります。

しかし、auひかりは独立した光回線ですので、夜間や土日も回線が混み合いにくく、通信速度が著しく低下することはあまりないのです。

インターネット通信速度の速さを重視するなら、auひかりを選択肢に入れてみてはいかがでしょうか。

利用が可能なエリアが順次拡大している

日本で最大のインターネット網を持つNTTのフレッツ光回線ですが、KDDIのauひかり回線も負けてはいません。

順次インターネット網が広がっていますので、いまやauひかりはNTTのフレッツ光回線網に次いで日本全国で利用できるインターネット網となっています。

auひかり回線は他社光回線のなかでもキャンペーン・割引が充実している

数多くある光回線業者のなかでも、auひかりはキャンペーンや割引制度が充実している部類に入ります。

例えば、auひかりの公式サイトでは、次のようなキャンペーンや割引制度を実施しています。

なお、au one net以外のプロバイダを選択する場合は、各プロバイダの公式サイトでキャンペーンを確認してみましょう。

  • auひかりホーム(戸建て住宅プラン)とauスマートバリューに加入すると、他社からの乗り換え時に発生する解約金を還元してもらえる。
  • auひかりと光電話に加入したとき、auスマートフォン利用者の年齢が25歳以下の場合は、10,800円をキャッシュバック。
  • プロバイダとしてau one netを選択すると、10,000円をキャッシュバック。
  • auひかりとau one netをセットで契約すると、初期費用相当額を割引。
  • auひかりとau one netに契約し、「ホーム10ギガ」もしくは「ホーム5ギガ」等の指定プランに加入すると、3年間、月額料金を500円割引。
  • auひかりとau one netに契約すると、オプションサービス「安心ネットセキュリティ」の月額料金が最大2ヶ月無料。
  • auひかりとau one netに契約すると、オプションサービス「安心トータルサポート」の月額料金が最大2ヶ月無料。
  • オプションサービス「安心ネットフィルター」の月額料金が最大3ヶ月無料。

auひかり回線はauスマートバリューの適用が可能!

auひかり回線では、auスマホとのセット割引「auスマートバリュー」が適用されて、携帯料金が安くなることがあります。

家族なら最大10回線まで割引が適用されますので、ご家族の中でauスマホやauケータイを利用している人が多いなら、auひかり回線を検討してみてはいかがでしょうか。

契約時にプロバイダの選択が可能!

auひかりでは、インターネット接続サービスとプロバイダサービスがセットになっていますが、プロバイダを一定の選択肢の中から選択することが可能です。

現在利用中のプロバイダを継続して使いたい人や気になるプロバイダがある人も、auひかりならご希望のプロバイダを利用できるかもしれませんね。

auひかり回線のデメリット

メリットの多いauひかり回線ですが、デメリットがないわけではありません。

乗り換える前に、かならずデメリットについても理解しておきましょう。

NTTフレッツ光からの転用はできない

NTTのフレッツ光を利用している人がソフトバンク光やドコモ光などのNTTのフレッツ光回線を利用している業者に乗り換えるときは“転用”ですので、回線工事も工事費用も不要です。

しかし、auひかりはフレッツ光回線を利用していませんので、フレッツ光回線から乗り換えるときは単純に“乗り換え”となり、回線工事も工事費用も、場合によっては違約金も発生します。

乗り換えやすいように解約金の負担・工事費の割引を実施している

auひかりでは、フレッツ光からの転用する際に光コラボでは発生しない工事費用や違約金が発生してしまいます。

しかし、他社からの乗り換え時に発生する解約金を負担してくれるキャンペーンを実施しているため、違約金や解約金を気にせずにauひかりに乗り換えることができます。

また、工事費の割引も実施しているため、乗り換えの際に支払う費用はほとんどなくなります。

トータルで初期負担が少なくなるようになっていますので、気負わずauひかりへの乗り換えを検討してみてください。

auひかりが利用できるアパートは少ない

auひかりが利用できるアパートは多くはありません。

しかし、アパートによっては、一棟丸ごとauひかりが導入されていることもありますので、気になる人は大家さんや管理会社に尋ねてみましょう。

マンションタイプは接続方式によって通信速度が遅い

マンションのなかには、電話回線を利用(VDSL方式)してauひかりを導入していることがあります。

VDSL方式は光回線とくらべると通信速度が遅いため、ダウンロードや動画視聴がスムーズにできないこともあります。

次の記事もご覧ください。

プロバイダの乗り換えができない

auひかりではプロバイダを選択肢の中から選べますが、、プロバイダを選択すると、他のプロバイダに乗り換えることはできません。

しっかりと吟味してからプロバイダを選択しましょう。

まとめ

独自回線のauひかり。

速さにこだわる人やauスマホをお使いの人にオススメの光回線です。

しかし、auユーザー以外の人やフレッツ光から転用する人には、ソフトバンク光がオススメです。

適用されるキャンペーンの数が圧倒的に多いですので、お得に乗り換えを実現できますよ。

キャッシュバック金額・受取方法に注目!auひかりおすすめ窓口

おすすめ窓口25(トゥエンティファイブ)

最大110,000円キャッシュバック!
魅力なのは最大110,000円のキャッシュバック!新規申込でも他社からの乗り換えでもおすすめの窓口です!月額はプランによって割引サービスを適用できるため、auユーザーだけでなく、キャリアが違う方でも人気です!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

おすすめ窓口フルコミット

最短翌月!52,000円キャッシュバック!
なんと!有料オプションや面倒な手続きが不要!ネット回線申込みだけでも45,000円がキャッシュバック!auひかりをはじめる際に、早く確実にキャッシュバックが欲しい方におすすめ!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)