閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

NURO光のプロバイダはSo-net!別途契約不要でメリットが多い!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

NURO光のプロバイダはSo-net!別途契約不要でメリットが多い!

NURO光のプロバイダはSo-netのみとなっています。

プロバイダがSo-netの1社であることで、料金の支払い方法や契約関連がシンプルになるのがメリットです。

一方で、プロバイダを自由に選択できない点はデメリットともいえるでしょう。

結論から申し上げると、プロバイダがSo-net1つであるデメリットはほぼ無視できるものと考えて問題ありません。

この記事では、NURO光のプロバイダSo-netについて、プロバイダが1つであることがユーザーにはメリットになる点を掘り下げてご紹介していきます。

NURO光のプロバイダはSo-netのみ!So-netってどんな会社?

NURO光はSo-netが提供する光回線で、NURO光のプロバイダもSo-netのみです。

NTTが敷設し使用していなかった「ダークファイバー」の回線をプロバイダのSo-netが借りて、インターネットサービスを提供しているという形です。

そもそもプロバイダとは、回線事業者が引いた物理的な光回線を利用して、インターネット接続サービスを提供する事業者です。

プロバイダのイメージ

一般的にインターネット回線の契約は、回線事業者との契約と、プロバイダ契約の2種類を結ぶ必要がありますが、NURO光では上記のようにプロバイダのSo-net自身が回線も貸借しているため、プロバイダ一体型となっているのです。

光回線の提供者とプロバイダが一致しているので、利用者は別々に契約する必要がなく、料金の支払いや契約関連の煩雑さが軽減されます。

So-netはソニーモバイルコミュニケーション株式会社の子会社で、ソニーネットワークコミュニケーションズ株式会社が運営するISP(インターネットサービスプロバイダ)事業を展開しています。

2013年からNURO光のサービス提供を開始し、他社インターネットの約2倍にあたる2Gbpsの最大速度を実現したほか、他の多くの回線においてもプロバイダサービスを提供しています。

現在では国内4位にあたる約280万人の契約者数をもつ大手プロバイダです。(参照:So-net公式│広告商品ガイド

ちなみに、時折NURO光の勧誘において「プロバイダ不要」といった案内を見かけることがありますが、これは誤りです。

インターネット回線においてはプロバイダ契約を欠かすことはできませんので、プロバイダ不要といった案内を見かけた場合は注意が必要です。

なお、So-net会員の方は、サービスステータスをそのままにコース変更手続きを行えばNURO光の申し込みができますが、回線の開通工事や機器の交換などは通常の申し込みと同様に必要です。

プロバイダが1つであるメリット・デメリット

NURO光 のプロバイダがSo-netのみであるということは、利用者にとってどのような影響があるのでしょうか。

プロバイダが一つであることで、以下のようなメリットとデメリットがあります。

 
それぞれのメリット・デメリットについて、解説していきます。

メリット:料金の支払いを一本化できる

NURO光では回線事業者とプロバイダがどちらもSo-netであるため、料金の支払いもSo-netに一本化されています。

したがって、回線事業者とプロバイダの両者に料金を支払う必要がある回線と比較して、支払いの煩雑さが大幅に軽減され、家計の管理が楽になります。

参考として、別途プロバイダ契約が必要であるフレッツ光との料金比較をしてみましょう。

フレッツ光
(NTT東日本)
NURO光
月額基本料金
戸建てタイプ
5,700円 4,743円
マンションタイプ
4,350円 1,900~2,500円
プロバイダ料金
500円※ 0円
無線LANルーターレンタル料金
300円/枚 0円
セキュリティソフト利用料金
400円 0円
合計月額料金
戸建てタイプ
 :6,900円※
マンションタイプ
 :5,550円※
戸建てタイプ
 :4,743円
マンションタイプ
 :1,900~2,500円

※BB.exciteをプロバイダに選んだ場合

NURO光は別途プロバイダ料金が不要であるだけでなく、基本料金も安く設定されており、マンションタイプでは月額料金が最安で1,900円と格安です。

さらに、NURO光では以下のサービスが無料で提供されます。

  • 無線LANルーター機能付きONU
  • セキュリティソフト「カスペルスキー」

スマートフォンやタブレットをインターネットに接続する場合や、複数台の端末を同時にインターネット接続するためには、無線LANの利用が必要不可欠です。

そして、光回線から無線LANで飛ばすためにはWi-Fiルーターを別途準備しなければなりません。

しかしながらNURO光では、光回線を家庭内で利用するために必要なONUという機器にルーター機能が内蔵されているため、Wi-Fiルーターを別途用意する必要がありません。

ONUは工事の過程で必ず設置されるものですので、NURO光では無線LANルーターを事実上無料で利用できます

さらに、NURO光がお得なのはこれだけではありません。

NURO光を契約すると契約者は5台の端末までセキュリティソフト「カスペルスキー」を、通常500円/月のところ、無料でインストールして利用できます。

上記すべてを含めた合計料金を比較すると、NURO光とフレッツ光では戸建てタイプで2,157円、マンションタイプで最大3,050円の差額が生まれます。

1年間ではそれぞれ25,884円、36,660円もの差になるわけですから、いかにNURO光がお得な光回線であるかがおわかりいただけたと思います。

デメリット:不満があってもプロバイダを変更できない

NURO光ではプロバイダがSo-netに一本化されていることでメリットが多くなりますが、プロバイダを選択・変更できないという点ではデメリットにもなりえます。

NURO光では通信速度やサポートに不満があったとしても、プロバイダ変更という手段で解決はできず、どうしてもプロバイダを変更したい場合には、解約するしか方法がありません。

しかし、So-netが提供するNURO光の速度などのサービス内容は満足の声が多く、全体的な評価はおおむね良好です。

不満がある場合でも原因がプロバイダではなかったり、プロバイダ変更をせずとも解決できたりする場合が多いです。

NURO光について何か困ったことがあれば、まずは問い合わせをしてみましょう。

NURO光の評判について紹介している記事、及び問い合わせ方法について解説している記事も参考にしてくださいね。

NURO光はSo-net公式キャンペーンサイトからの申し込みがオススメ!

NURO光では、So-net公式サイトから申し込むことで、キャッシュバックをはじめ数々のキャンペーンを選べます。

公式サイトでのキャッシュバック額は35,000円で、開通してから4ヶ月後にキャッシュバックの受け取り手続きのメールが来るので、もらい忘れる心配が少ないのも魅力です。

また、NURO光ではキャンペーンの利用で40,000円かかる基本工事費が実質無料となり、So-netが工事費を負担してくれます。

NURO光のキャンペーンについて詳しく知りたい方は、以下のページをチェックしてみてくださいね。

まとめ

NURO光のプロバイダはSo-netのみであるため、支払いや契約関連ががSo-netにまとまることがメリットです。

So-netは2013年からNURO光のサービスを提供しているほか、約280万人のユーザー数をもつ大手のプロバイダです。

また、NURO光では無線LANルーターやセキュリティソフトの無料提供など付帯サービスも充実しています。

プロバイダを選択できないデメリットを心配することなく、安心して利用できる光回線といえるでしょう。

超高速2Gbps!NURO光おすすめ窓口

おすすめ窓口SONY(NURO公式)

下り最大2Gbps圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!高速無線LAN、セキュリティサービスがついて、プロバイダ料込みの4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!特設ページ経由で35,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る