閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

NURO光のルーターの性能は良い?速度が遅いときの対処法も解説

nuro光 onu 高性能

NURO光では、無線LANルーターを無料で利用可能です。

NURO光の工事で設置される機器である「ONU」にルーターの機能も備わっているため、追加でルーターをレンタル・購入する必要がないのです。

NURO光のルーター関連の速度トラブルを改善する方法としては、LANケーブルをカテゴリー7など新しいものに変えることが挙げられます。

また速度低下の際は、ONUや接続機器の再起動も真っ先に試せます。

この記事では、NURO光において無料で利用できる、ルーター機能付きONUの性能や接続方法、トラブル時の対応方法について解説していきます。

NURO光で無料レンタルされるONU(ルーター)は5種類

NURO光で無料レンタルされるルーター機能付きONUは全部で5種類です。

機種名
ダウンロード
(無線時)
アップロード
対応無線LAN規格
LANポート数
ZXHNF660A
最大1Gbps
(1300Mbps)
1Gbps
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
3口
HG8045Q
IEEE802.11
a/b/g/n/ac
ZXHNF660T
最大1Gbps
IEEE802.11
a/b/g/n
HG8045j
HG8045D

※有線時のダウンロード速度は使用するLANポートで異なります

この5種類の機種の中でよりハイスペックなものは上記の表で上2つにある「ZXHNF660A」「HG8045Q」です。

基本的にはどの機種でも問題なくNURO光の高速通信を利用できますが、細かく機能を見ていくと、上記2機種の優位性が見えてきます。

最新のONUは「ZXHN F660A」「HG8045Q」の2機種

5種類の中で最新のONUは「ZXHN F660A」「HG8045Q」の2機種です。

注目するべきポイントは「対応無線LAN規格」です。

ZXHNF660AとHG8045Qは、最新の無線LAN規格「11ac」に対応しています。(正式名称は「IEEE802.11ac」)

無線LAN規格はそれぞれ最大通信速度や周波数帯が異なっており、より新しい規格を使ったほうが、安定した高速通信がしやすくなります。

この「11ac」という規格は最大通信速度に優れた規格なのです。

ルーターは選べない

NURO光の高速性能をより生かすなら、最新ルーターを使いたいと誰もが思うことでしょう。

しかし、NURO光からレンタルされるONU(ルーター)は、契約者自身が事前に指定はできません

ONUは宅内工事の際に作業員が持ってきますが、事前に「この機種を持ってきてください」と頼むことはできないのです。

したがって、手元に届いたONUが必ずしも最新のものではない可能性があることを覚えておきましょう。

しかし、最新の2機種以外のONUであっても、基本的にはNURO光の高速通信は十分に活かせると考えて問題ありません。

最新ルーターに交換してもらえる可能性がある

手元に届いたONU(ルーター)が最新のものでなく、速度に不満を感じた場合は最新のものに交換してもらうという方法があります。

NURO光のサポートデスクに問い合わせして、最新のONUに交換してほしいと申し込めば交換してもらえる可能性があります

【NURO光サポートデスク】
  電話番号:0120-65-3810
  受付時間:9:00~18:00(1月1日・2日・指定のメンテナンス日を除く)
  ※ユーザーIDとパスワードが必要です

ONUの交換は無料でできる場合がほとんどですが、2015年9月以前に開通した人や破損によっての交換については、交換費用が10,800円必要となる場合があります。

また、最新ONUでない場合でも、基本的には問題なくNURO光の高速通信を利用できますので、まずは実際に使ってみてから交換するかどうかを判断しましょう。

NURO光のONUは無線ルーター機能も兼ねている

NURO光ではONUがルーターの機能も果たすことはすでに述べていますが、より分かりやすく解説した以下の図をご覧ください。

一般的にONUとは「光回線終端装置(Optical Network Unit)」の略称です。

光回線でインターネットを利用する際には必ず必要な機器のひとつで、工事の際に宅内に設置されます。

ONUを介して光信号とデジタル信号が相互変換され、インターネットが利用可能となります。

一方、ルーターとは、複数の端末でインターネットを同時に接続できるようにする電波の分配装置で、光回線を無線(Wi-Fi)化させるためにも必要な機器です。

通常ではONUとルーターは別個に存在することが多いのですが、NURO光のONUはルーター機能も兼ね備えているので、1台2役として活用できるのです。

また、他社回線のように無線LANルーターを追加料金でレンタルする必要がないため、費用面でもメリットが大きいのです。

自前で市販ルーターを用意して接続も可能

「無線通信を安定させたい」「家のどこにいても安定した通信がしたい」などの理由で、市販ルーターを自分で用意したい方もいらっしゃるかと思います。

もちろん、NURO光でも自前で高性能ルーターを接続・利用することが可能です。

高性能なルーターには以下のような便利な機能が搭載されているものがありますので、気になる方は導入を検討してみてはいかがでしょうか。

機能例
内容
ビームフォーミング
端末のある方向を予測して、その方向に強い電波を飛ばす
MU-MIMO
ビームフォーミングと組み合わせ、同時に複数の端末に安定した通信を提供する
バンドステアリング
混雑していない周波数を選んで自動で切り替える
トライバンド
3つの周波数帯を同時に利用できるので電波強化につながる

ただし、自前のルーターを使う場合でも、NURO光を利用するにあたってONUは必要です。

自前ルーターを利用する場合は、NURO光のONUと自前ルーターといった2台の機器を設置しなくてはなりませんので注意しましょう。

なお、ルーターやLANケーブルを選ぶ際は、1Gbps以上の速度に対応するものを選びましょう。

市販の高性能ルーターの設定方法

自前で市販の高性能ルーターを準備したら、まずはNURO光のONUとLANケーブルで接続をします。

その際、LANケーブルは10Gbpsまでの高速通信に可能しているカテゴリー(CAT)であるカテゴリー「6A」または「7」の利用をおすすめします。

ルーターをONUに接続したら、ルーターの方を「ブリッジモード」にします。

ONUとは違い、自分のルーターを「無線ルーター」としての機能だけにするための設定です。

ルーターの背面にあるつまみで設定切り替えをすることが多いですが、詳細は各ルーターの取扱説明書をご確認ください。

NURO光のルーター関連の速度トラブルを改善する方法

最大2Gbpsの高速通信が魅力のNURO光ですが、急に速度が遅くなったり、つながらなくなったりすることもあります。

NURO光で速度に関するトラブルが起きた際に、すぐに試せる改善方法がありますので、いくつかご紹介します。

ただし、紹介する方法を試してみても改善しない場合は、ルーター関連以外に問題がある可能性もありますので、その場合は接続しているPCやスマホなどの機器のチェックやNURO光に問い合わせるなど、別の解決手段もあわせて試みましょう。

LANケーブルをカテゴリー7のものに交換する

LANケーブルには「カテゴリー(CAT)」という種類があり、それぞれで適合する規格や対応できる速度が異なります。

古いカテゴリーのLANケーブルの場合は高速通信に対応していない場合がありますので、新しいLANケーブルに交換しましょう。

一般的な光回線の最大速度である1Gbpsに対応するのは「CAT 5e」以上ですが、NURO光の最大2Gbpsというスピードを活かすためには「CAT 6A」以上が最適です。

LANケーブル種類
対応する通信速度
適合するイーサーネット
CAT 5
100Mbps
10BASE-T 
100BASE-TX
CAT 5e
1Gbps
10BASE-T 
100BASE-TX
1000BASE-T
CAT 6
1Gbps
10BASE-T 
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
CAT 6A(6e)
10Gbps
10BASE-T 
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T 
CAT 7
10Gbps
10BASE-T 
100BASE-TX
1000BASE-T
1000BASE-TX
10GBASE-T 

表でわかるようにCAT「6A」および「7」は適合するイーサーネット規格が多く、伝送速度が速いものにも対応しています。

現在ご自身が使っているLANケーブルのカテゴリーが分からないという人は、LANケーブルに直接「CATEGORY 7」というように明記されているので確認してみましょう。

ONUや接続機器を再起動する

速度低下が起こった時にすぐに試せる方法としては、「再起動」があげられます。

単純なことのように思えますが、ONUやスマホ・タブレット・PCなどの接続機器を再起動してみると、意外にもあっさり解決するケースが多いのです。

再起動は、機器に不具合を起こさないよう、以下の正しい手順で行いましょう。

  1. スマホ・タブレット、ルーターなどの接続機器の電源を落とす
  2. ONUの電源を落とす
    ONUに接続しているデバイスからブラウザのURLに「192.168.1.1」と入力して「設定ツール」を起動し、『管理』→『システム管理』→『リセット』、または『システムツール』→『リブート』のいずれかで再起動できます
  3. 5~10分ほど時間をおく
  4. 電源を落とした順番とは逆の順番で電源を入れていく

再起動した際に手順や設定を間違えるとインターネット自体が繋がらなくなってしまう恐れがあります。

ONUを設定ツールから再起動する際など、特に注意が必要です。

また、再起動する際に抜いたケーブルや電源アダプターなどはしっかりと元の通りに挿しなおしましょう。

しっかりと挿さっていなかったり、ジャックに異物があったりすると接続が不安定になる場合があります。

繋ぎ直す際にエアダスターなどで掃除するのも有効な方法です。

接続機器のアプリ・ブラウザ・ファームウエアをアップデートする

接続機器で利用しているアプリやブラウザ・ファームウエアが古い状態だと、速度が低下する可能性があります。

スマホやタブレットPCなど利用している端末を最新の状態にすることで改善するケースがありますので、更新情報をチェックし、古い状態のものがあれば最新の状態にアップデートしましょう。

最新の状態かどうかを知るには、接続端末でそれぞれメーカーが公開しているファームウエアなどのバージョン情報をチェックすることで分かります。

なお、これまで紹介した方法で速度改善しなかったという場合は、他にもいくつか方法があります。

NURO光が遅い、つながらない時の対処法について解説している記事もあわせて参考にしてみてください。

まとめ

NURO光で無料レンタルできるONU(ルーター)は5種類で、そのうちの2機種が最新のものです。

しかし、こちらからどのONUをレンタルしたいかの指定はできないので、希望のONUでなかった場合はサポートに問い合わせ交換してみるのも一つの手段です。

NURO光のONUはルーター機能も兼ねているため、基本的には追加で機器を購入する必要がありません。

しかし、より速度や通信環境を向上させたい場合には、高機能ルーターを自前で調達して接続することも可能です。

LANケーブルのカテゴリーなどもチェックし、最適なルーターを使いましょう。

超高速2Gbps!NURO光おすすめ窓口

おすすめ窓口SONY(NURO公式)

下り最大2Gbps圧倒的な速さ!
下り最大2Gbpsの高速インターネットが格安で楽しめる!高速無線LAN、セキュリティサービスがついて、プロバイダ料込みの4,743円(税抜)!さらにソフトバンクユーザーならおうち割も適用できる!特設ページ経由で35,000円キャッシュバック!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る