閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

eo光の多機能ルーターがアツい!充実した機能性を備えている

eo光 多機能ルーター

eo光ネットを契約すると屋内にONU(回線終端装置)を設置することになりますが、レンタル料金を支払うことで機能が充実した多機能ルーターを借りることもできます。

多機能ルーターを使えば有線でパソコン等の機器に接続したり、たくさんの機器を無線LANでWi-Fi接続できたりします。この他にも機能は満載です。

今回はeo光の多機能ルーターのメリット・デメリットについて徹底解説します。
実際のユーザーの声も取りまとめていますので、eo光でWi-Fiや光電話などを手軽に使いたい方は、参考にしてみてくださいね。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

はじめに:通常の「ONU」でできること

eo光契約時に多機能ルーターをレンタルしない場合、設置されるのは「ONU」のみです。
ONUは光回線の光信号を電気信号に変換する装置で、要するにインターネットに必要な機器です。

ONUを「LANケーブル」で複数のLANポートや無線機能がある市販のルーターに繋いだり、パソコンに直接繋いだりすることで、インターネットを自宅で使えるようになります。

ONUは1台の機器としか接続できないので、パソコン1台と繋いでしまうとパソコンしかネットに繋げません。

スマホやパソコン、ゲーム機などたくさんの機器をネットに繋ぎたい場合は、基本的にルーターを接続する必要があります。

eo光でレンタルできる多機能ルーターの基本スペック

eo光を契約する際に、多機能ルーターを合わせてレンタルして設置してもらうことができます。

多機能ルーターそのものは無料でレンタルすることが可能ですが、様々な機能を利用するためには別料金がかかるしくみです。

まずは多機能ルーターの機能や性能をチェックしていきましょう。

繋げば即ネットが使える

フレッツ光などを過去に契約したことがある方は、インターネットを最初に接続する際の設定が難しくて苦労した経験があるかもしれません。

専用ソフトを使うなどして「認証ID」や「認証IDパスワード」などを入力することで、ネットが使えるようになるのが普通の光回線サービスです。

しかしeo光で多機能ルーターをレンタルするなら、配線後電源を入れれば即ネットが使えるようになる「つなぐだけネットスタート」が利用できます。

つまり接続設定に悩んだり、別途サポートを頼んで高額なサービス料を支払ったりといった手間・負担がないんです。

スペック十分、Wi-Fi規格「11ac」に対応で高速無線通信!

eo光の多機能ルーターは、性能が十分高いのが特徴です。

まずLANポートが4つも搭載されているので、PCやテレビなど複数の有線接続機器を繋げてネットができます。

そして無線LANの機能もバッチリ搭載されていて、「IEEE802.11ac」という高速通信のための規格に対応。最大1.3Gbpsまでの通信速度に対応しています。

eo光には最大1Gbpsで通信できる「1ギガコース」がありますが、多機能ルーターを使えば別途ルーターを購入しなくてもeo光の仕様を最大限に活かせるのが強みです。

WPS機能でパスワードを入れずにすぐネット接続!

eo光の多機能ルーターは、WPS機能に対応しています。WPSとは、ルーターのボタンを押すことで対応する機器を即座にネットに接続できる機能です。

通常、スマホやゲーム機、パソコンといった機器をWi-Fiに接続する時はルーターの「SSID」を検索して、パスワードを入力するという手間がかかりますよね。

しかしWPS機能を使えば双方でWPSをオンにするだけでネットに繋がります。

つまりルーターに記載されたパスワードの細かい文字を読み間違えて何度も入力し直すなどのイライラが、解消されるんです。

eo光電話のアダプター機能が含まれる

通常、光電話を利用する場合は「光電話アダプター」という機器を設置する必要があります。
通信機器は結果としてルーターなどと共に、配線がごちゃごちゃしてしまいがちです。

しかしeo光は多機能ルーターを光電話アダプターとして利用できるしくみ。
配線が複雑にならず、部屋にたくさんの機器があってウンザリする必要もないのは嬉しいですね。

スマホを子機にして光電話を使える!

多機能ルーターでは、「AGEphone for eo」というアプリのインストールによって手持ちのスマホを子機として光電話を使えます。

固定電話は、家事をしている時などにわざわざ受話器を取りに行くのが手間ですよね。

しかしeo光の光電話と多機能ルーター、そしてスマホが組み合わされば、服のポケットに入れていたスマホからでも電話に出られるのがメリットです。

セキュリティ機能も搭載されている

無線LANは、自宅内だけでなくその周囲にも電波が届いてしまうことがあります。
そのため無線LAN通信を外や近所の誰かに勝手に使われてしまうリスクがあるものです。

多機能ルーターなら外部で無線LANを検索しても検索結果に表示されないように設定可能。
また無線LANに接続する端末そのものの制限もできます。

安心してネットを使えるセキュリティ機能の充実も、多機能ルーターのメリットです。

無線ルーター機能など、細かい機能を使うためには別料金がかかる

ここまで多機能ルーターの機能について徹底解説してきましたが、実は紹介した多くの機能が有料です。

有線ルーターとして使うだけなら無料の多機能ルーターですが、それ以外の機能を解放する場合別料金が発生することを覚えておきましょう。

表に月額料金をまとめたので、参考にしてみてください。

機能 月額料金(税抜)
有線ルーター 無料
無線ルーター 96円
eo光電話アダプター機能 286円
有線ルーター+eo光電話アダプター 286円
無線ルーター+eo光電話アダプター 381円

光電話を契約する場合は多機能ルーターを光電話アダプターとして使用することになるため、その月額料金286円(税抜)がかかります。

無線ルーター機能はわずか96円(税抜)。
性能に申し分ないので、eo光ネットを契約するなら無線ルーター機能も合わせて申し込んでしまって良いでしょう。

仮に無線ルーター機能を1年使っても1,152円(税抜)。5年でも5,760円(税抜)と、普通に高性能な無線ルーターを購入するより安上がりです。

なお多機能ルーターを後から申し込む場合は、契約事務手数料が2,000円かかってしまうことに注意しましょう。

eo光の多機能ルーターは軒並み高評価

ここまでスペックや機能をチェックしてみて、まったく申し分なかったeo光の多機能ルーター。
評判をSNS等でチェックしてみました。

レンタルしているユーザーが多い、速度も速いという意見が

eo光の多機能ルーターを使用している人の声は、たくさん存在しました。

関西圏で展開されているeo光ですが、eo光ユーザーは基本的に多機能ルーターをレンタルしているようですね。

多機能ルーターの通信速度については、Wi-Fiの「5GHz帯」を使用するなどして高速通信が問題なくできていると各所で評判でした。
無線機能は有料ですが、支払う価値はありそうですね。

ちなみに有線ルーター機能のみを使うならレンタル料が無料
有料の無線ルーター機能は使わず手持ちの無線ルーターでWi-Fiを使っている人の声も、中にはありました。

サポートは好評、ルーターを最新機種に交換してもらえることも

eo光の多機能ルーターはレンタル。ここで気になるのが、使用期間が長くなり、古くなってきたときですよね。

古くなったルーターは調子が悪くなってくることもあると考えられますし、不安なものです。

しかしネット上で評判をチェックしてみたところ、調子が悪いルーターは交換してもらえたという声がありました。サポート対応は充実しているということで、好評ですね。

ルーター機能において、不満の声は主にWi-Fi関連

ルーターに対する不満意見としていくつか見られたのが、「Wi-Fiが繋がらない」ことです。

eo光の通信障害が原因でWi-Fiが繋がらなくなっているパターンもあれば、機器不良が原因と考えられる不満意見もありました。

eo光の多機能ルーターでWi-Fiが利用できない場合、通信障害の可能性もあります。
通信障害については、以下のURLで詳しく解説しています。参考にしてみてくださいね。

【関連記事】eo光は通信障害が多い?いざ起きたときの判断方法と解決策

eo光の多機能ルーターについてのまとめ

eo光の多機能ルーターは、名前の通り機能が充実しています。
性能もまったく問題なしで、eo光を契約するなら合わせて申し込んでおいて損はないでしょう。

口コミを調査してみても、細かい不満意見はいくつか見受けられたものの利用者からは概ね好評でした。

多機能ルーターはレンタルするだけなら無料、わずか96円(税抜)で無線LAN機能も使えるようになります。eo光の通信速度を活かせる多機能ルーターは、文句なしにおすすめです。

【おすすめ記事】eo光の長期割引について徹底解説!

関連記事