閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

eo光電話が本当にオススメなのはこんな人!料金とデメリットまで徹底解説

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

eo光電話

eo光電話はeo光が展開している、光回線を使った固定電話サービスです。

eo光電話の契約がオススメの方は、以下のいずれかに当てはまる方です。

  1. auスマホを契約している人
  2. 固定電話を利用する機会が多い人

なお、eo光電話は単体でも申し込めますが、電話のみを申し込む場合は料金や申し込み方法が変わるなど、メリットだけでなく注意点もあります。

この記事では、eo光電話がどんな人にオススメか、サービス内容や料金について詳しく解説します。

eo光電話を契約するかどうか迷っている方は、ぜひチェックしてみてくださいね。

この記事でわかること

【結論】eo光電話がオススメなのはこんな人!

電球

eo光電話がオススメになるのは、次のいずれかに当てはまる方です。

1.auスマホを契約している人

「eo光電話」は、auスマホのセット割「auスマートバリュー」の適用条件です。

auスマートバリューでは、家族も含め10回線までを月額最大2,000円(税抜)割引にできますよ!

auユーザーなら、固定電話をあまり使っていないとしても、スマホ代を割引できるeo光電話の契約がオススメです。

2.固定電話を利用する機会が多い人

eo光電話は、固定電話の月額料金や通話料金が従来のアナログ電話より安いのも魅力です。

契約することで電話における支払額を大幅に下げられるので、固定電話で家族や友人などに電話をかけることが度々あるなら、eo光電話の申込みがオススメです。

eo光のお申し込みはコチラ

それでは、eo光電話とは具体的にどのようなサービスなのでしょうか?

次の項目から、eo光電話の基本情報やサービス内容について詳しく見ていきましょう!

eo電話の基本情報|eo光電話ってどんなサービス?

eo光電話

eo光電話はeo光が展開している、光回線を使った固定電話サービスです。

通常のNTTによる固定電話では電話回線が使われていますが、eo光電話は「光電話」なので、インターネットと同じ光ファイバーの回線で通話をするしくみです。

eo光電話は基本利用料金が0円で、別途月額286円(税抜)の「eo光多機能ルーター」をレンタルすれば利用可能となっています。

光回線を使った光電話は、とくに通常の固定電話と品質が変わらず、配線もシンプルながら基本料金や通話料が安くなっているのが嬉しいポイントですよ!

eo光電話を契約する4つのメリット

電話の画像

eo光でeo光電話を契約するメリットは、以下の4点です。

それぞれ解説するので、メリットについて詳しく知りたい方は参考にしてくださいね。

1.通話料金が従来の固定電話より安くなる

eo光電話は、NTTのアナログ電話に比べて月額料金や通話料金が安価です。

通話に使う回線としてインターネットと同じ光ファイバーを用いている結果、遠くまで自由・かんたんにアクセスできるため、通話料金は割安に設定されていますよ。

とくに基本料金は無料、利用にあたってはeo光多機能ルーターのレンタル代金が286円(税抜)かかるのみなので、負担がかなり少ないです。

他社光電話の場合、月額料金は基本的に300〜500円程度に設定されているので、eo光は同じ光電話のなかでも料金が安くなっています。

よく固定電話を使っている方は、アナログ電話からeo光電話に乗り換えれば、電話代を節約できますよ!

2.eo光とeo光電話の契約でauのスマホ代が割引される

auスマートバリューmine

auスマートバリューとは、auスマートフォンやタブレット、ガラケーとセットで、対象の光回線を契約している人向けの割引サービスです。

auスマートバリューの適用条件はeo光電話とeo光ネットの契約で、契約プランによって月額最大2,000円(税抜)×10回線の割引を受けられます。

<プラン別・auスマートバリューの割引額>
プラン名 割引金額
auピタットプラン(シンプル):1GBまで 割引対象外
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ):2GBまで(シンプル):1GB超~2GBまで 翌月から500円/月割引
auピタットプラン(スーパーカケホ/カケホ/シンプル)2GB超~20GBまで 翌月から1,000円/月割引
auフラットプラン20/30auフラットプラン25 Netflixパック 翌月から1,000円/月割引
データ定額1 翌月から最大2年間 934円/月割引
※3年目以降ずっと500円/月割引
データ定額2/3ジュニアスマートフォンプランカケホ(3Gケータイ・データ付)※受付終了プラン シニアプランデー定額3cpLTEフラット cp(1GB) 翌月から934円/月割引
※受付終了プラン U18データ定額20 翌月から適用期間中 1,410円/月割引
データ定額5/20LTEフラットISフラット
※受付終了プラン データ定額5cp データ定額8 プランF(IS)シンプル
翌月から最大2年間 1,410円/月割引
※3年目以降ずっと934円/月割引
データ定額30
※受付終了プランデータ定額10/13
翌月から最大2年間 2,000円/月割引
※3年目以降ずっと934円/月割引

自分ひとりでも家族でも、auユーザーがいるなら、eo光電話を申し込んで割引を適用・スマホ代を抑えられますね!

3.eo光電話同士なら通話料金が0円になる

eo光電話同士で通話をする場合、通話料金は0円になります。

例えば自分の周りにeo光ユーザーがいて、それぞれがeo光電話を使っているなら、毎月かかる固定電話代はeo光多機能ルーター代月額286円(税抜)のみに抑えられることになりますよ。

4.番号が引き継げる

eo光電話は、次の条件を満たしていれば他社サービスから電話番号を引き継げます。

<eo光電話への電話番号引継ぎ条件>

  • NTTのアナログ電話を契約していること
  • eo光電話申込時に「番号ポータビリティ」を希望すること

なお、他社の光回線で電話番号を新規発番した場合は、電話番号を引き継ぎできません

NTTのアナログ電話で電話番号を新規発番している
引継ぎできる
NTTのアナログ電話で番号を発番→
他社の光回線へ電話番号を引き継いで利用している
引継ぎできる
他社の光回線で電話番号を新規で発番している
引継ぎできない

NTTのアナログ電話で番号を発番→他社の光回線へ電話番号を引き継いで利用している場合、116へ電話をかけて一旦電話番号をアナログ電話契約に戻せば、eo光電話に引き継げます。

5.発信者番号表示などの多彩なオプションを契約できる

eo光電話には、発信者番号表示などの多彩なオプションも存在しています。

特に人気のオプションは下記のとおりなので、必要に応じて申し込んでみてくださいね。

2番号サービス

光電話でも電話とファックスで番号を分けたい方や、仕事とプライベート用で電話番号を分けたい方は、2番号サービスを利用しましょう。

2番号サービスのオプション料金は、月額1,142円です。

発信者番号表示サービス

かかってきた電話の番号を確認できる発信者番号表示サービスは便利な機能です。

電話番号がわかれば、知らない電話番号や明らかに迷惑電話である番号からかかってきても、一目で確かめられて安心ですよね。

発信者番号表示サービスのオプション料金は、月額200円です。

転送電話サービス

家を空ける機会が多い人にうれしいのが、転送電話サービスです。

eo光電話ではかかってきた電話を全て転送したり、一定時間自宅で待ち受けてから転送したりと、転送方法も選べます。

また、あらかじめ登録した最大30番号を自動的に転送するようにも設定できますよ。

転送電話サービスのオプション料金は、月額200円です。

eo光電話の契約で発生する5つの料金

料金に関する画像

eo光電話を契約する際は、以下の5つの料金が発生します。

それぞれ紹介するので、自分が申し込む場合は何円ほどかかるか、しっかり確認しておいてくださいね!

1.eo光電話の利用料金

eo光電話の利用料金は、eo光回線とeo光電話をセットで申し込んだ場合と、eo光電話のみを単体契約した場合で異なっています。

ネットとセットで使う場合eo光電話の月額料金は0円で、eo光多機能ルーター代286円(税抜)がかかります。
※別途、eo光ネットの料金がかかります。

一方、eo光電話のみを単体利用する場合の料金は次のとおりでした。

<eo光電話のみを契約した場合>
利用開始月:0円
2か月目以降:1325円(税抜)

光電話単体での契約だと1,000円以上高額になってしまうので、基本的にはeo光ネットとセットでの利用がオススメですよ!

eo光について詳しく調べる

2.eo光電話の通話料金

eo光電話の通話料金は、以下のとおりです。

<eo光電話の通話料金一覧>
電話をかける相手
通話料金(税抜)
eo光電話
0円
近畿2府4県+福井県の一般電話
7.4円/3分
近畿2府4県+福井県以外の一般電話
8円/3分
携帯電話
18円/1分

eo光の提供エリア内の固定電話へは、より安く発信できるのが特徴ですね。

自分や家族、友人が近畿や福井に住んでいる方にとって、eo光電話は通話料金を大幅に抑えられる心強い存在です。

とくにeo光電話同士なら通話料金が一切かからないので、長電話をしても安心ですね。

3.eo光電話の初期工事費用

eo光電話を利用する際は最初に開通工事が行われます。

開通工事に伴い「初期工事費用」が発生しますが、ネットとセット契約なら工事費無料キャンペーンで実質無料にできますよ。

なお、eo光電話のみ契約の場合は、「標準工事費」が27,000円(税抜)かかります。

標準工事費は一括・分割から選べるので、まとめて支払うのが難しい場合は分割払いをしましょう。

4.eo光電話のオプション料金

eo光電話にはたくさんのオプションがあり、それぞれに月額料金が設定されています。

しかし、オプションパックを用いればまとめて安く利用できますよ!

まずは各オプションを個別契約した場合の月額料金をチェックしてみましょう。

<eo光電話のオプション料金一覧>
オプション名
月額料金
2番号サービス
1,142円
発信者番号表示サービス
267円
転送電話サービス
転送電話選択サービス
複数通話サービス
割込電話サービス
指定番号着信選択サービス
通話明細送付サービス
迷惑電話拒否サービス
非通知着信拒否サービス
050ナンバープラス

2つの番号を使える2番号サービスのみ1,142円(税抜)、他のオプションは一律200円(税抜)、他のオプションは一律200円(税抜)と、複数オプション契約をするなら少々高額ですよね。

しかし、オプションパックを利用する場合は以下の料金で利用できます!

<オプションパックの利用料金>
eo光電話パック3
eo光電話パック7
  • 発信者番号表示サービス
  • 転送電話サービス
  • 複数通話サービス
  • 発信者番号表示サービス
  • 転送電話サービス
  • 複数電話サービス
  • 非通知着信拒否サービス
  • 転送電話選択サービス
  • 迷惑電話拒否サービス
  • 指定番号着信選択サービス
月額400円
月額600円

eo光のオプションパックでは、一般的に固定電話でよく使われるオプションが、パックで安価になってまとまっています!

オプションを2個以上申し込み予定の方は、オプションパックの契約で毎月の料金を節約することができますよ。

5.契約事務手数料と電話番号を引き継ぐための初期費用

eo光を新規契約する際は、「契約事務手数料」がかかります。

さらに、NTTのアナログ電話などからeo光電話に電話番号を引き継ぐ場合は、追加で「番号割当手数料」「NTT休止費用」がかかります。

<eo光の契約で発生する諸費用>
料金(税抜)
契約事務手数料
(必ず発生)
3,000円
番号割当手数
(電話番号の引継ぎを行った場合のみ発生)
2,000円
NTT休止費用
(NTTのアナログ電話を使っている場合のみ発生)
2,000円

いずれの料金も契約書月に請求されることになりますよ。

eo光電話を申し込んでから開通までの流れ

電話の画像

eo光電話は、かんたんに申し込んで利用を開始できますよ。

申込みから開通までの流れは、以下のとおりです。

それぞれ順番に紹介するので、申込みの流れがわからず不安な方は参考にしてくださいね。

1.まずは固定電話番号の引継ぎを行う

eo光電話へNTTなどの対応する固定電話番号を引き継ぎたい場合は、番号ポータビリティの手続きが必須です。

NTTのアナログ電話を使っているならとくに必要な手続きはありませんが、So-net光電話やauひかり電話サービスなどの他社光電話を使っているなら、一旦番号をアナログ電話の契約に戻さなければいけません。

アナログ戻しは、NTTへの問い合わせをしてから工事を行うことで行なえます。

<電話番号をアナログ電話に戻す窓口>
116
受付時間9時〜17時、年末年始除く

なお、電話番号をアナログ電話に戻す際は、工事費が2,000円〜11,000円(税抜)ほどかかります。
※具体的な金額は、人によって異なります。

アナログ戻しの問い合わせをする際は、工事費が具体的にどのくらいかかるのか、確認しおくことをオススメします。

なお、番号ポータビリティ前に現在の固定電話を解約すると、電話番号が消滅してしまい引き継げなくなってしまいます!

eo光電話に乗り換える前は、必ず番号ポータビリティを忘れないように気を付けましょう。

2.eo光電話で利用するオプションを決めておこう

先ほどもご紹介しましたが、eo光電話には「発信者番号表示」などの便利なオプションがあります。

そのため、契約前にどのオプションを利用するか考えておくと手続きがスムーズに進みますよ!

なお、複数のオプションを利用したい場合は、個別に何個も契約するよりオプションパックを契約したほうがお得ですよ。

3.eo光電話の新規申し込みを行う

準備が整ったら、いよいよeo光電話の申し込みを行いましょう!

eo光とeo光電話をセットで申し込む場合は、eo光の公式サイトからeo光とeo光電話の申し込みを行います。

また、eo光電話のみ申し込む場合は、下記の番号に電話をかけて申し込みましょう。
※eo光電話のみを申し込む場合、ネットからの契約はできません。

<eo光電話のみ申し込む場合の問い合わせ窓口>
0120-34-1010
受付時間9時〜21時、年中無休

4.eo光電話の開通工事を行う

申し込み手続きを終えると、続いてeo光電話の開通工事が行われます。

電話のみ・ネットとセットのどちらで申し込むとしても、開通工事は必須です!

なお、開通工事は立ち会いが必要となるので、工事日は予定を空けておきましょう。
※「宅内工事」室内でネットの配線を工事する作業があるため。

開通工事は約1~2時間程度ですが、状況によっては開始時間がズレたり、完了まで時間がかかる場合もあります。

開通工事当日は、できるだけ長めに予定を空けておくことをオススメします。

5.eo光電話の接続設定を行って開通!

eo光電話が開通したら、最後に接続設定を行いましょう!

<eo光電話の接続設定手順>

  1. 各機器をコンセントに接続
  2. 宅内に設置された回線終端装置のLANポートとeo光多機能ルーターのWANポートを接続
  3. eo光多機能ルーターの「電話」ポートと固定電話を接続

以上3つの手順を進めれば、配線完了です。

あとは5〜7分程度でeo光多機能ルーターの「eo光電話」ランプが緑色に点灯すれば設定は完了です!

最後に、「1111」(初期動作確認ダイヤル)へ電話をかけてみて、動作が確認されれば開通です。

eo光電話を契約する際の注意点4つ

注意

eo光電話は、通話料金が安いなどメリットの多いサービスです。

しかし、eo光電話を利用する上で、次の4つの注意点もあります!

それぞれチェックし、しっかり理解したうえで申し込んでくださいね。

ひかり電話は通信障害や災害時には利用できない

eo光電話は、インターネット回線の通信障害時や災害で停電などが起きると利用できません。

eo光電話は通信網に「光ファイバー」を用いているため、通信障害や停電が発生していると電話はかけられないのです。

停電時にも電話を使いたいなら、携帯電話を用意しておくか、電源不要で使える電話機を用意しておくことをオススメします。

auスマホへの通話料金は有料になる

auスマートバリューが使える他社の回線、例えば「コミュファ光」では、コミュファ光電話とauスマホの通話料金が無料になります。

しかし、eo光電話からauスマホへ電話をかける際は、1分18円の通話料金がかかります。

スマホから電話をかけるよりは安い(スマホは30秒20円)ですが、通話料金がかかってしまうことには要注意ですね。

スマホへ無料で電話をかけたい場合は、固定電話でなく自分もスマホを用意して、LINEの無料通話やSkypeを使うことをオススメします。

一部の番号に電話が繋がらない

eo光電話に限らず、光電話は一部の番号に電話をかけられません。

主に以下の6つに当てはまる番号へは、電話をかけられないのでご注意ください。

  • 「00」から始まる、事業者識別番号が付いた「電話会社を選択するサービス」
  • 116などの、NTTが提供するサービス窓口
  • アクセスコール、アドコールなど、携帯電話会社が提供している問い合わせ窓口
  • ポケベルやNTTPCコミュニケーションズ提供のIP電話
  • #ダイヤル
  • ISDNのサブアドレス指定ダイヤル

いずれも日常生活で使う場面はほとんどありませんが、「ひかり電話には一部使えない番号がある」ということは覚えておいてくださいね。

利用できる電話番号は2つまで

eo光電話で利用できる電話番号は、最大2つまでです。

…しかし、一般家庭では大抵1つあれば十分なので、あまり大きなデメリットとは言えません。

事業などでいくつも電話番号が必要な場合は、他社サービスの検討をオススメします。

eo光電話が繋がらない際に考えられる原因

切断

eo光電話が繋がらなくなってしまった場合、考えられる原因は以下の2つです。

  1. ルーター側で異常が発生している
  2. 通信障害が発生している

それぞれ対処法とともに解説するので、現在トラブルで困っている方はご覧ください。

なお、ルーターは長時間使っていると調子が悪くなってくることもあります。

まずはルーターを再起動(電源の抜き差し)して、どうしても直らない場合に以下の原因・対処法を試してみてくださいね。

1.ルーターに異常が起きている

ルーター側でなんらかのエラーが起きていて、光電話を使えなくなるケースがあります。

よくありがちなのは、ルーターに負荷がかかって熱が発生し、一時的に機能が停止・低下してしまうケースです。

まずはルーターの電源を切って、熱が冷めるまで時間をおいてみましょう。

一旦ルーターを再起動しても直らない場合は、深刻なトラブルになっている可能性があります。

対処法:ランプを確認して故障しているなら交換してもらう

ルーター側のトラブルが疑われる場合は、ルーターのランプを確認してみてください。

次の表にルーターで起こり得る主な問題と、対処法とまとめました。

<ルーター側でよくあるトラブルと対処法>
電源ランプが点灯しない場合 コンセントの接続を確認する(コンセントが抜けている可能性が高い)
WAN、PPP、VoIPのいずれかが点灯していない場合 WAN→配線をし直す、コンセントがしっかりつながっているか確認
PPP、VoIP→eoサポートダイヤルへ電話
アラームが点灯している場合 eo光電話アダプターが故障している可能性があるので、eoサポートダイヤルへ電話をする
設定更新ランプが点灯している場合 バージョンアップ中なので、そのまま待つ
受話器をとっても電話ランプが点灯しない場合 電話機とeo光電話アダプターの配線を確認、問題ない場合はeo光サポートダイヤルへ電話

eoサポートダイヤルの番号は以下のとおりです。

どうしても解決できない場合は問い合わせてみてくださいね。

    <eoサポートダイヤル>

  • eo光電話から:戸建住宅は1131、マンションは1132
  • その他固定電話・携帯電話・PHSから:0120-919-151
  • その他の電話から:050-7105-6333
  • いずれも受付時間9時〜21時、年中無休

eo光のサポートダイヤルは年中無休なので、休日でも問い合わせができますよ!

2.通信障害が発生している

eo光側で通信障害が発生している場合は、こちらでできることがないので基本的に通信障害の解決まで待つしかありません。

eo光で通信障害が起きているかどうかは、eo光の公式サイトやTwitterから確認できます。

eo光電話でよくある質問・トラブル

Q&A

最後に、eo光電話でよくある質問やトラブルをQ&A方式でご紹介します!

契約前に気になる点がある場合、しっかり解消してから申し込みを行いましょう!

eo光電話の料金確認方法が知りたい

eo光電話の利用料金は、eoマイページからすぐに確認できます。

まずは「eoID」と「eoIDパスワード」を入力してログインしましょう。
※IDとパスワードは、契約書類に記載されています。

ログインができたら、「ご請求内訳を見る」→「ご請求年月」内の「eo光電話通話明細」から確認できますよ!

なお、eo光電話の料金は前月利用分が当月15日に確定するしくみです。

また、「eo光電話通話明細」は過去5ヶ月分を確認できるしくみです。

eo光電話を解約すると明細は見られなくなるので、今後解約する場合は事前にデータを確認、必要に応じて印刷しておきましょう。

なお、紙の明細書が欲しい場合は、月額200円(税抜)で発行してもらえます。

eoマイページの「ご契約サービスの紹介/変更」より「eo光電話」を選択、「契約変更/照会」内にある「通話明細送付サービス」を申し込みましょう。

通話明細の送付を申し込んだ当月から、明細書が送付されるようになりますよ。

eo光電話で発信者番号表示サービス(ナンバーディスプレイ)を利用したい

かかってきた電話番号を表示したい場合は、月額200円(税抜)の「発信者番号表示サービス」を契約しましょう。

あとはナンバーディスプレイ対応電話機を購入・eo光多機能ルーターに接続していれば、機能を活用できますよ。

eo光電話で転送設定ができるようにしたい

eo光電話にかかってきた番号を他の電話番号に転送したい場合は、月額200円(税抜)の「転送電話サービス」を契約しましょう。

「転送電話サービス」では事前に4つまで電話番号を登録しておき、状況に応じて転送先を設定できる仕組みです

転送電話サービスの申込んだ後は、下記のURLの「転送電話サービスの設定」から手続きをすれば、かかってきた電話を他の電話番号へ転送できますよ。

eo光電話のサポートダイヤルが知りたい

eo光電話のサポートダイヤルは、下記のとおりです。

    <eoサポートダイヤル>

  • eo光電話から:戸建住宅は1131、マンションは1132
  • その他固定電話・携帯電話・PHSから:0120-919-151
  • その他の電話から:050-7105-6333
  • いずれも受付時間9時〜21時、年中無休

なお、サポートダイヤルはお昼の12時や夕方18時以降は、問い合わせる人が多く繋がりにくい場合もあります。

混雑していない時間帯は、次のページの「お問い合わせの窓口の混雑状況予想」で公開されています。

朝の9時-10時台は特に空いていますので、すぐに問い合わせをしたい場合は朝の時間帯に問い合わせをオススメします。

eo光電話の解約金は?

eo光電話の解約は、eoサポートダイヤルからのみ行えます。

また、eo光電話の解約金はとくに設定されていません。
※eo光のネット回線を契約している場合、別途解約金が発生する場合もあります。

ただし電話番号をアナログ電話に戻す場合は、116へ電話をして番号を戻す工事をする必要があります。

アナログ戻しの工事には、2,000〜11,000円程度の工事費がかかるのでご注意ください。

eo光電話を解約したらauスマートバリューの割引はどうなるの?

eo光電話を解約したら、auスマートバリューの割引は終了します。

割引は解約月の前月で終了するので、いきなりauのスマートフォン料金が上がって驚かないように気を付けましょう。

まとめ

eo光電話はeo光が展開している、光回線を使った固定電話サービスです。

eo光電話の契約がオススメの方は、以下のいずれかに当てはまる方です。

  1. auスマホを契約している人
  2. 固定電話を利用する機会が多い人

特にeo光電話は、通話料金や月額料金が安価です。

他にもeo光電話の契約には、次のメリットがあります!

一方で、eo光電話の契約には次の注意点もあります。

また、eo光は近畿地方と福井県でのみ申し込めるサービスです。

関東や東北などの方は利用できないことに注意してくださいね。

今回の解説を参考にeo光電話の特徴を理解して、自分が使うべきかどうかじっくり検討してみてください!

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

この記事を読んだ方はこんな記事を読んでいます

よろしければ記事に関するご感想をお聞かせください。
※いつもたくさんのご意見・ご感想をお寄せいただきありがとうございます。他の方のご参考になる内容の場合、記事上に掲載させていただく場合がございますので予めご了承ください。(個人が特定されるお名前はなるべくお控えください。ニックネームでも可能です。)

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

光回線窓口ランキング 2019年11月04日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月04日更新