閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

MNPに注意!eo光電話の見落としがちな落とし穴!

eo光電話 MNP注意

eo光では、インターネットやケーブルテレビに加えて固定電話のサービスを契約もできます。

ネットと光電話をセットで契約すると基本料金は0円となり、よりいっそうお得に利用できますよ。

eo光電話は光回線を使った電話のサービスです。
今回はeo光電話のサービス内容やメリット、そして注意点も合わせて解説します。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

そもそも光電話って何?

eo光電話について解説する前に、光電話というサービスそのもの内容やメリット・デメリットをチェックしておきましょう。

光電話は光ファイバー式の電話サービスで、各種料金が安い

通常、自宅の固定電話では電話線を使って電話をかけたり受けたりしています。
しかし光電話は、電話線でなはく光ファイバーの回線を利用した電話です。

結果として、まずパソコンのインターネット回線で使う光回線と合わせて利用できるために機器や配線が電話回線の利用時に比べてシンプルです。

さらに通電話回線での固定電話なら数千円かかることもある月額基本料金はせいぜい数百円程度になり、通話料金そのものも通常より数円安くなります。

電話機はそのままでOK

今まで電話回線を使用した電話機を利用していた場合、買い換えなどが必要ではないかと不安になるでしょう。

しかしeo光電話に乗り換えても、電話機はそのまま使えます。
余計なコストがかからないのも、光電話のメリットですね。

通話品質は電話回線と光電話でほとんど差がない

電話方式が違うため、通話の音質などに問題がないか不安な方もいるでしょう。

しかし光電話の通話品質は、基本的に電話回線で通話をする場合ととくに差はありません。
そのためとくに音質や遅延などについて心配する必要はないでしょう。

デメリットは停電になると使えなくなること

通常の電話回線を使用した固定電話は、電源不要な電話機で使うのであれば停電時にも使えるメリットがあります。

ただし光ファイバー式の光電話は、停電時には使えません。これが唯一といっても良いデメリットです。

とはいえ、電話回線使用の固定電話でも電源が必要な電話機を使うなら停電時に使えないのは一緒。
そこまで大きなデメリットとはいえないでしょう。

eo光電話は、基本料金が0円!

続いてeo光電話の利用料金や光電話の契約で利用が可能となるお得な割引サービスについて、詳しく解説します。

eo光電話は基本料金が安価で、光ネットとセットで契約することによってさらにお得です。
チェックしていきましょう。

月額料金、契約事務手数料、標準工事費が0円

eo光電話は、eo光ネットのホームタイプやマンションタイプと合わせて契約することで、契約事務手数料や標準工事費といった工事費が0円です。

そしてeo光ネットとセットでeo光電話を利用する場合は、月額基本料金も一切かかりません。

導入時の負担や月額料金の支払いがないのは、eo光電話の大きなメリットでしょう。

eo光電話同士なら0円!各種通話料金まとめ

eo光の通話料金は、eo光電話同士ならいくら話しても0円です。

関西の2府5県で展開されているeo光。
周りにeo光電話を利用している人が多いなら、電話をかける際に通話料金を大幅に節約できるのがうれしいですね。

その他の通話料金も十分お得に設定されています。
表にまとめたので、ぜひご参考ください。
ちなみに通話料金は、戸建住宅も集合住宅も共通です。

かける相手通話料金(税抜)
eo光電話0円
近畿2府4県+福井県の一般電話7.4円/3分
近畿2府4県+福井県以外の一般電話8円/3分
携帯電話18円/1分
LaLa Call0円
国際電話6円~/1分
無料提携事業者のIP電話サービスユーザー(KDDI、フュージョン・コミュニケーションズなど)0円
有料提携IP電話サービス7.4円/3分

eo光電話と光ネットのセット契約で、auスマートバリューが適用可能に

eo光電話とeo光ネットをセットで契約するメリットが、「auスマートバリュー」が適用可能になることです。

auスマートバリューが適用になると、契約しているauのスマホ代が1台ごとに毎月最大2,000円引きです。
1人でもスマホ代は最大2,000円引きですし、家族でauを使っているなら家族の分も含めて割引を適用できます。

eo光電話を全然使わないとしても、auユーザーならauスマートバリューが適用できる関係上eo光電話を合わせて契約した方がお得ですね。

ちなみにau利用者がeo光を利用するメリットについては、以下のURLで詳しく解説しています。合わせてぜひご参考ください。
【関連記事】eo光とauの相性は抜群!関西エリアの有力な選択肢

ソフトバンクWeb申し込みサイトでソフトバンクスマホを契約すると最大105,000円キャッシュバック ソフトバンクWeb申し込みサイトでソフトバンクスマホを契約すると最大105,000円キャッシュバック

eo光電話の注意点

ここまでeo光電話のメリットについて解説してきましたが、eo光電話を利用するに当たって気をつけたい注意点もいくつかあります。

eo光電話を検討している方は注意点をチェックし、納得したうえで利用しましょう。

eo光多機能ルーターの利用料が別途かかる

eo光電話を利用するためには、基本的にeo光多機能ルーターを「eo光電話アダプター」として使います。

そのため別途、多機能ルーターの「光電話アダプター」機能の利用料として月額286円(税抜)がかかることを覚えておきましょう。

ちなみに多機能ルーターの無線機能も契約することで、光電話宛にかかってきた電話をスマホから受け取る機能が使えるようです。

月額料金は別途かかりますが、代わりに多機能ルーターがあれば充実した機能が使えますよ。

なおeo光の多機能ルーターについて、以下のURLで詳しく解説しています。
多機能ルーターのメリットを知りたい方は、ぜひご参考ください。

【関連記事】eo光の多機能ルーターは便利?その機能を徹底追及してみた!

NTTの電話番号をそのままeo光で使う際は手数料がかかる

eo光電話は、NTTの加入権がある電話番号をそのまま引き継いで使うこともできます。

ただしその際、

  • 電話番号割当手数料:2,000円
  • NTT西日本の休止工事費:2,000円

これらの手数料が1番号ごとにかかります。
電話番号を継続で利用する際は、手数料のことを覚えておきましょう。

eo光電話で取得した電話番号から他社へのMNPは不可

“eo光電話で取得した電話番号”は、他社に乗り換えてそのまま使うことができません。
ただし現在番号ポータビリティーを利用中の場合は事前にNTTなどに申し込めば電話番号を引き継げます。
しかしその際は解約前に引き継ぎ手続きをしておかなければ電話番号が解約になるので注意しましょう。

eo光電話の便利なオプションサービス

eo光電話には、オプションサービスが多数存在しています。

eo光電話は、基本的に自宅で使う光電話サービスですよね。
オプションサービスを追加すれば、通話をより快適かつ便利に使えるようですよ。

ここからは各オプションの内容や料金をチェックしていきます。

2番号サービス

月額761円+多機能ルーター利用料381円で、合計1,142円(税抜)の追加によって利用できるのが2番号サービスです。

2番号サービスを適用すれば電話番号を2つ利用が可能になるので、仕事とプライベートなどで使う電話番号を分けられるのが便利です。

また2つの電話番号で同時に発信や着信ができるのも、2番号サービスのメリット。
二世帯住宅や電話とファックス機能の併用、仕事で同時に電話がかかってきたときでも大丈夫。

光電話で電話番号を2つ使いたい人は、2番号サービスを利用しましょう。

発信者番号表示サービス

固定電話宛にかかってきた電話の番号を確認できる発信者番号表示サービスは、月200円(税抜)で利用できます。

電話番号がわかれば、知らない電話番号や明らかに迷惑電話である番号から電話がかかってきても一目で確かめられるため安心ですよね。

また重要な電話番号から電話が来た場合も確認できるので、光電話を利用する場合できれば発信者番号表示サービスを申し込んでおきたいところです。

転送電話サービス

家を空ける機会が多い人にうれしいのが、転送電話サービスです。

eo光電話ではかかってきた電話を無条件にすべて転送したり、一定時間自宅で待ち受けてから転送したりなど、転送方法を選ぶこともできます。

月額200円で利用できるので、こちらも必要なら申し込んでみると良いでしょう。

ちなみに転送電話選択サービスを月額200円で申し込めば最大30番号まで、あらかじめ指定した電話番号を転送するようにもできます。

他にもオプションは充実!パックを利用すれば割安に

この他にも、

  • 複数通話サービス(月額200円/1番号)
  • 割込電話サービス(月額200円/1番号)
  • 指定番号着信選択サービス(月額200円/1番号)
  • 通話明細送付サービス(月額200円/1番号)
  • 迷惑電話拒否サービス(月額200円/1番号)
  • 非通知着信拒否サービス(月額200円/1番号)
  • 050ナンバープラス(月額267円/1番号)

などなどさまざまなオプションがあります。必要なオプションを契約し、光電話をより便利に使いましょう。

ちなみにeo光電話には2つのオプションパックがあり、

  • 発信者番号表示サービス
  • 転送電話サービス
  • 複数電話サービス
  • 割込電話サービス

これら4つをセットで月額400円(税抜)で利用が可能、さらに

  • 非通知着信拒否サービス
  • 転送電話選択サービス
  • 迷惑電話拒否サービス
  • 指定番号着信選択サービス

以上の4つも加えて、月額600円(税抜)で利用もできます。

複数のオプションを契約したい場合は、オプションパックの利用も検討してみましょう。

eo光電話についてのまとめ

今回は、eo光電話の詳しいサービス内容や料金について解説しました。

eo光電話は光ファイバーを使った電話サービスです。通常の電話回線を使った電話サービスより安く利用できるのが、大きなメリットですね。

月額料金の負担は多機能ルーター利用時の月額料金のみ。auスマートバリューの適用も可能になるので、eo光でネットを契約する際は合わせて光電話も検討してみましょう。

関連記事