閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

eo光電話は基本利用料が0円!auセット割も適用、オプションも充実

eo光電話 MNP注意

eo光は、インターネットやケーブルテレビに加えて、光電話のサービスも契約できます。

eo光電話はNTTの固定電話を利用するより料金も安く抑えられ、便利なオプション機能も豊富なので、利用をおすすめできるサービスですよ。

さらに、eo光とeo光電話との同時契約で、auスマホや携帯電話とのセット割「auスマートバリュー」も適用される点も嬉しいですね。

今回はeo光電話の気になる料金やオプション、気を付けたい注意点までくわしく解説していきますよ。

他社光回線の光電話をお使いの方で、eo光への乗り換えを検討している方も、光電話の乗り換え方法について説明していますので、参考にしてくださいね。

eo光電話の魅力は安い料金と豊富な機能

eo光で申し込めるeo光電話とは、固定電話とどう違うのでしょうか。

NTTで契約できる固定電話は、アナログ電話回線を使って電話をかけたり受けたりしています。

一方、光電話は電話線ではなく、インターネットを利用するために引き込んだ光ファイバーの回線を使って電話を利用します。

光回線を使った光電話は基本料金や通話料もアナログの固定電話よりも安いのに、通話品質に差はなく、配線もシンプルに済みます。

光電話はフレッツ光のひかり電話やauひかりのauひかり電話サービスなど、さまざまな光回線がサービスを提供していますが、eo光のeo光電話はどんな特徴があるのでしょう。

ずばり、eo光電話の特徴は、安い料金とオプションなどの機能が豊富な点にあります。

eo光電話の料金や機能について、さらにくわしく調べていきましょう。

月額料金、契約事務手数料、標準工事費が0円!

eo光電話は、eo光のホームタイプやマンションタイプと合わせて契約することで、契約事務手数料や標準工事費といった初期費用が0円です。

さらに、eo光とセットでeo光電話を利用する場合は、月額基本料金も一切かかりません。

導入時の負担や基本料金の支払いがないのは、eo光電話の大きなメリットでしょう。

電話代がアナログ電話より安くなる

eo光電話の通話料金をみてみましょう。

通話料金はeo光の契約が戸建てタイプでも集合住宅タイプでも同じです。

電話をかける相手
通話料金(税抜)
eo光電話
0円
近畿2府4県+福井県の一般電話
7.4円/3分
近畿2府4県+福井県以外の一般電話
8円/3分
携帯電話
18円/1分

eo光電話の通話料はNTTの固定電話と比べてどれくらい安いのかも、比較してみましょう。

NTT西日本固定電話
eo光電話
基本料金
1,450円~1,950円
0円
同一エリア内の一般電話への通話料
8.5円/3分(市内)
7.4円/3分
(近畿2府4県と福井県の一般電話)
同一エリア外の一般電話への通話料
40円~160円/3分
(同一県内市外)
8円/3分
(近畿2府4県と福井県以外の一般電話)
携帯電話への通話料
17円~20円/1分
18円/1分

固定電話は基本料金だけで、おうちによっては1,450円~1,950円が請求されます。

eo光電話は基本料金が無料なので、それだけで電話代の総額が変わってきますね。

通話料も近い場所への電話や携帯電話への通話は、固定電話もeo光も驚くほどの差はありませんが、遠くの場所に電話をかける場合は料金に差が生じます。

インターネット回線は日本中どこにでも簡単にアクセスができるというメリットが、遠くの場所への通話料金を安くしているポイントになっています。

eo光電話同士なら通話料金が0円!

ただでさえ安いeo光電話の通話料ですが、eo光電話同士ならどれだけ通話しても0円です。

eo光は関西地方の2府5県で150万人以上の人が契約しているので、よく電話する相手がeo光電話を利用している人なら、通話料金を大幅に節約できますよ。

フリーダイヤルや国際電話、ナビダイヤルも利用可能

光電話でもフリーダイヤルや国際電話が利用可能です。

また、通話料のほかに別途利用料が発生するナビダイヤルや電報の請求は、eo光からまとめて届きますよ。

eo光電話の料金が気になった時は、マイページから通話明細や通話料金を確認しましょう。
eo光電話料金の確認方法

auスマートバリューが適用される

eo光とeo光電話を申し込んだ際に安くなるのは、固定電話の料金だけじゃありません。

eo光でeo光電話を申し込むとauスマートバリューが適用され、auのスマートフォンや携帯電話を契約中の方は、さらにスマホ代まで割引になりますよ。

eo光電話の基本料金は無料なので、auユーザーでeo光を利用している方はぜひ申し込んで、auスマートバリューを受けましょう。

auユーザーがeo光を利用するメリットについて、以下の記事でさらにくわしく解説していますよ。

便利なオプションサービスが充実!

eo光電話では、多彩なオプションサービスを用意しています。

オプションサービスを利用することで、光電話をさらに快適に、便利に使えますよ。

eo光電話で利用できるオプションの内容や料金をチェックしていきましょう。

2番号サービス

光電話でも電話とファックスで番号を分けたい方や、仕事とプライベート用で電話番号を分けたい方は、2番号サービスを利用しましょう。

2番号サービスのオプション料金は、月額1,142円です。

発信者番号表示サービス

かかってきた電話の番号を確認できる発信者番号表示サービスは便利な機能です。

電話番号がわかれば、知らない電話番号や明らかに迷惑電話である番号からかかってきても、一目で確かめられて安心ですよね。

発信者番号表示サービスのオプション料金は、月額200円です。

転送電話サービス

家を空ける機会が多い人にうれしいのが、転送電話サービスです。

eo光電話ではかかってきた電話を全て転送したり、一定時間自宅で待ち受けてから転送したりと、転送方法も選べます。

また、あらかじめ登録した最大30番号を自動的に転送するようにも設定できますよ。

転送電話サービスのオプション料金は、月額200円です。

他にもオプションは充実!パックを利用すれば割安に

eo光電話のオプション機能は、まだまだありますよ。

eo光電話のオプションを一覧表にまとめましたので、チェックしてみましょう。

オプション名
月額料金
2番号サービス
1,142円
発信者番号表示サービス
267円
転送電話サービス
転送電話選択サービス
複数通話サービス
割込電話サービス
指定番号着信選択サービス
通話明細送付サービス
迷惑電話拒否サービス
非通知着信拒否サービス
050ナンバープラス

また、オプションは単体で申し込むより、パックにした方がおトクです。

eo光電話には2つのオプションパックがありますよ。

eo光電話パック3
eo光電話パック7
・発信者番号表示サービス
・転送電話サービス
・複数通話サービス
・発信者番号表示サービス
・転送電話サービス
・複数電話サービス
・非通知着信拒否サービス
・転送電話選択サービス
・迷惑電話拒否サービス
・指定番号着信選択サービス
月額400円
月額600円

複数のオプションを契約したい場合は、オプションパックの利用を検討してみましょう。

スマホの通話料が半額になるLaLaCall

eo光電話が提供するLaLaCallは、自分のスマートフォンに専用のアプリをインストールし、アプリから電話を発信するだけで通話料金が安くなるサービスです。

携帯電話キャリアの通話料金プランが通常、30秒20円ほどであるのに対し、LaLaCallを使って通話すれば、携帯電話への通話は30秒8円です。

LaLaCallの登録にはeo光のIDが必要で、月額料金は100円です。

eo光電話を申し込む前に確認しておきたいこと

固定電話よりも安く利用でき、オプションも豊富なeo光電話ですが、申し込みの前にいくつか確認しておかなくてはいけないことがあります。

ここからは、eo光電話の利用前に気を付けたい注意点を紹介していきますよ。

eo光多機能ルーターのレンタルが不可欠

eo光電話を利用するためには、eo光多機能ルーターの「eo光電話アダプター」が必ず必要です。

eo光電話の基本料金としては0円ですが、eo光電話アダプターの利用料として月額286円がかかりますよ。

ちなみに多機能ルーターの無線機能(96円/月額)も契約することで、光電話宛にかかってきた電話をスマホから受け取る機能も使えます。

eo光電話アダプターの利用料金は毎月かかりますが、それでも固定電話の基本料金に比べると安いですね。

なお、eo光の多機能ルーターについてはこちらの記事でくわしく解説していますよ。

NTTのアナログ電話の番号は引き継げる

現在NTTの固定電話を利用中の方は、同じ電話番号でeo光電話を利用できます。

ただし番号ポータビリティ―を申し込み、NTT加入電話の休止手続きなどを行う必要がありますよ。

eo光では番号ポータビリティ―を申し込めば、手続きは全てeo光側でやってくれます。

手続きが面倒くさそうと感じていた方も、お任せでいいとなるとひと安心ですね。

番号ポータビリティ―が完了すれば、後日NTT西日本から休止工事費(2,000円)が請求されます。

他社光回線からの乗り換えで光電話の番号は引き継げるか

他社光回線の光電話からeo光電話に乗り換える際には、電話番号が引き継げるかを確認しておきましょう。

今お使いの電話番号が光回線事業者から発行されたものなら、同じ番号は引き継げません。

しかし、NTTの固定電話から番号ポータビリティーを利用し、光回線の電話番号として使っている場合は、eo光電話でも同じ番号を引き継げますよ。

他社光電話でNTTの電話番号を利用している場合は、光回線を解約する前に再度番号をアナログの加入電話回線に戻しておく必要があるので、覚えておきましょう。

eo光電話の申込方法

eo光電話の申込は以下の手順で行います。

eo光の新規契約と同時にeo光電話を申し込む際は、契約時に利用したい旨伝えましょう。

eo光の申込窓口はこちらです。

<インターネットからの申し込み>
eo光のお申し込み
電話での申し込み
0120-34-1010
(受付時間 :9:00~21:00、年中無休)

また、eo光をすでに利用していて、追加でeo光電話を契約したい方は、こちらから問い合わせましょう。

<契約者向けページ>
サービスの追加・コース変更のご案内
eoサポートダイヤル
eo光電話・LaLaCallからは151(通話料無料)
固定電話・携帯電話・PHSからは0120-919-151(通話料無料) 
他の電話からは050-7105-6333
(受付時間:9時 ~ 21時、年中無休)

 

eo光電話の工事は簡単

eo光の回線が引き込まれていれば、eo光電話の工事は非常に簡単です。

現在利用中の電話機とeo光多機能ルーターを接続し、設定するだけで終了です。

eo光電話の工事は立ち会いが必要ですので、eo光の担当者と工事日を調整しましょう。

eo光電話がつながらない時は

万が一、eo光電話の利用中に通話ができない、つながらないといった不具合が起きた場合は、以下の対処法を試してみてくださいね。

eo光多機能ルーターの状態を確認しよう

電話がつながらなくなった時は、eo光電話の接続に必要なeo光多機能ルーターの状態を確認してみましょう。

コンセントなどが抜けていないか、電源が入っていないかなどをまず、チェックします。

eo光公式サイトにはeo光多機能ルーター本体のランプの点灯具合によって、考えられる状態がくわしく記載されていますよ。

困った時は、こちらのページを確認してくださいね。
eo光電話がつながらない時は

eo光がつながっているか確認しよう

eo光多機能ルーター本体が正常だった場合は、eo光自体が繋がっていない可能性があります。

eo光が急に繋がらなくなった!という場合は、こちらの記事を参考にしてくださいね。

eo光電話の解約方法

最後にeo光電話を解約する方法をご説明しましょう。

eo光電話の解約は電話でのみ、受付をしています。

解約したい時はeo光サポートダイヤルに電話をかけて、申し出ましょう。

<eoサポートダイヤル>
eo光電話・LaLaCallからは151(通話料無料)
固定電話・携帯電話・PHSからは0120-919-151(通話料無料) 
他の電話からは050-7105-6333
(受付時間:9時 ~ 21時、年中無休) 

また、eo光電話の解約後にはeo光電話アダプターの取り外しを行い、下記の住所へ返却しなくてはいけません。

<eo光電話アダプター返却先住所>
〒552-0013 大阪市港区福崎2丁目3-29
ヤマトロジスティクス(株)eoVA 係
電話:0120-919-151

ちなみに返却時の送料は契約者負担です。

eo光の解約についてさらにくわしく知りたい方は、こちらの記事を参考にしてください。

eo光電話の解約前にアナログ戻しをしておこう

eo光電話を解約する前に、NTTの加入電話を番号ポータビリティ―を利用して使っている方は、先に電話番号をNTTのアナログ電話回線に戻す「アナログ戻し」を行っておきましょう。

電話番号の引き継ぎ手続きを行う前にeo光電話を解約してしまうと、もともとNTTの加入電話から番号ポータビリティ―で引き継いだ番号だとしても、消滅してしまいますよ。

アナログ戻しの手順は基本的にどの光回線を契約していても同じです。

アナログ戻しの手順については、こちらの記事でくわしく解説していますのでぜひ読んでみてくださいね。

eo光を解約してもeo光電話は残せる

もし、eo光電話の番号が番号ポータビリティー出来ない番号で、電話番号が変わってしまうのは嫌だという方や、インターネットはもう利用しないが光電話だけ使いたいという方は、eo光のインターネット契約を解約してもeo光電話だけ利用できます。

eo光電話のみを利用する場合は、基本料金が1,325円ですが、通話料金はインターネットとセットで契約する時と変わりません。

まとめ

eo光電話の特徴は基本料金・工事費・契約手数料などが0円という価格の安さと、オプションサービスの豊富さにありました。

通話料金も固定電話と比べると、遠くの場所にかけるほど安くなります。

そしてなによりeo光電話の申し込みで、auの携帯料金が安くなる「auスマートバリュー」が適用できるのがポイントですね。

スマートフォン向けに通話料が安くなるアプリ「LaLaCall」を用意しているのも、おもしろいですね。

eo光電話の工事は立ち会いが必要ですが、工程が簡単ですのですぐに設置できます。

もし、eo光を解約してもeo光電話だけ残すことも可能なので、ぜひ検討してみましょう。