閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

無制限ポケットWiFiで外でも快適ネットライフ!メリット・注意点まとめ

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

ポケットwi-fi 無制限

家でも外出先でも使えるポケットWiFiはとても便利なアイテムですが、速度制限を避けるために思う存分インターネットが使えないという不自由さを感じている方も多いでしょう。

そんな方には、無制限のポケットWiFiがオススメです。

そこでこの記事では、無制限ポケットWiFiがどんなものなのか、次のような点をふまえて解説していきます。

  • 無制限ポケットWiFiのメリットと必要性
  • 無制限ポケットWiFiは本当に「無制限」なのかどうか
  • 無制限ポケットWiFiの注意点
  • 無制限ポケットWiFiのプロバイダ別比較(料金や端末機能、対応エリアなど)

無制限ポケットWiFiの利用がはじめてだという方でも、自分に合った機種や料金プランなどを知ることができるので、ぜひ参考にしてみてください。

※なお、ポケットWiFiはY!mobileの商標で、一般名詞はモバイルWiFiルーターですが、知名度から今回はポケットWiFiで表記しています。

無制限ポケットWiFiとは、通信量を気にせず使える持ち運び可能なインターネット

ポケットWiFiは別名モバイルルーターとも呼ばれ、持ち運びが可能な無線のインターネットサービスです。

端末代は約2万円で、窓口によっては端末代が無料になる場合も多くなっています。

ポケットWiFiが1台あれば、家でも外出先でも、スマホやノートPC、ゲーム機器などに接続して楽しめるのでとても便利ですよ!

ただし、サービスによっては一定の通信容量を超えると速度制限などがあるため、使いすぎると快適にインターネットを利用できなくなるということもあります。

そこでデータ容量を気にせず通信したい方におすすめなのが、無制限ポケットWiFiです。

月々の通信容量を気にしなくていいというメリットがあるため、ヘビーユーザーを中心に人気を集めています。

詳しくはのちほどお伝えする「無制限ポケットWiFiの「無制限」は厳密には無制限ではない!利用上の注意点」でご紹介しますので、ぜひ最後まで読んでみてください。

もはや固定回線だけでなくポケットWiFiも通信量無制限の時代

YouTubeなどの動画視聴やGoogle Mapなどの利用をしたことがある方ならおわかりかと思いますが、意外とあっさりGB単位の容量を使ってしまうことがあります。

最近は動画アプリなどを利用する方も多いため、ライトユーザーでも1GB以上使うことも増えてきました。

固定回線なら基本的に通信容量無制限で使えますが、インターネットを使いたい場所は自宅とは限らず、外出先でも自宅と同じようにストレスのない環境で使いたいというニーズがあります。

今や、ポケットWiFiも通信量無制限が求められる時代になったと言っても過言ではないでしょう。

固定回線ではなく無制限ポケットWiFiを選ぶメリット

では、固定回線ではなく、あえて無制限ポケットWiFiを選ぶメリットを確認してみましょう。

固定回線に比べて月額が抑えられ、さらに工事無しですぐ使える

一般的に、固定回線の月額料金は約5,000円~6,000円程度ですが、ポケットWiFiの月額料金は、3,000~5,000円程度が相場となっています。

単純に月額料金だけを比較しても、ポケットWiFiのほうが安く利用できることがわかりますね。

また、固定回線には工事が必要なため開通までには3~4週間かかる一方、ポケットWiFiなら最短で申し込みの翌日、遅くても1週間以内には届きます

ポケットWiFiはかんたんな初期設定のみで使い始めますから、開通までの手間暇も大幅に少ないのです。

場所を問わずに機器をインターネットに接続できる

ご存知の通り、ポケットWiFi最大のメリットは、場所を問わずにインターネット接続ができるという点です。

最近はフリーWiFiも普及していますが、不正アクセスなどの危険性に対するセキュリティ面や、通信速度の面で考えると不安が残ります。

その点ポケットWiFiであれば、それらの課題も簡単に解決できるというわけです。

無制限ポケットWiFiの「無制限」は厳密には無制限ではない!利用上の注意点

無制限ポケットWiFiと聞けば、すべてにおいて制限がないようなイメージがあるかもしれませんが、実はそうとは限りません。

そこで、無制限ポケットWiFiを利用する際の注意点を確認しておきましょう。

「通信速度制限」が存在する

通信速度制限とは、一定の通信容量を超えた場合に通信速度を制限するというものです。

たとえば、無制限のギガ放題プランが用意されているWiMAXの場合、3日間で10GBを超えてしまうと、翌日の夕方6時から深夜2時までは、通信速度が最大1Mbpsに制限されます。

つまり、いくら月間通信容量が無制限であったとしても、必ずしも快適な速度で利用できるとは限らないということです。

参考までに、10GBとはどれくらいなのかをお伝えしておきましょう。

  • メールの送受信・・・約190万通
  • LINEのトーク・・・約480万回
  • 高画質の動画視聴・・・約9時間

テキストの送受信程度であれば問題ありませんが、動画視聴だと意外にあっさりとオーバーしてしまう可能性があることがわかりますね。

通信速度制限がないものも存在するのでチェック!

無制限ポケットWiFiは通信速度制限があるものがほとんどですが、実は通信速度制限なく利用できるものもあります。

それが「どんなときもWiFi」

のちほど詳しくお伝えしますが、どんなときもWiFiは、月間通信容量無制限で通信速度制限もなく利用できるおすすめのポケットWiFiですので、ぜひチェックしてみてください!

\完全使い放題&無制限のモバイルWi-Fi/
どんなときもWiFiの詳細をみる
※こちらから料金をチェック

固定回線と比べると通信速度が不安定

無制限ポケットWiFiを利用する際は、固定回線と比較した場合に通信速度が不安定であるという点にも注意しておきましょう。

固定回線は最大通信速度1Gbpsですが、ポケットWiFiは400Mbps~700Mbpsとされています。

しかしこれはあくまで最高速度であり、実測値は数10Mbps程度であることがほとんどです。

その理由のひとつとして挙げられるのは、WiFiルーター同士が電波干渉することによるもの。

また、ルーターが古くても速度が落ちる可能性があるため、不安定になりがちです。

そのため、固定回線ほどの安定性は求められないことも理解しておくようにしましょう。

エリアによっては電波が入りにくい

キャリアによって電波の入りにくさが異なるため、苦手なエリアがあることも理解して、普段の使用エリアを考えてキャリアを選ぶようにしましょう。

また、ポケットWiFiの電波は、地下・ビルの中などの壁の厚い屋内や、WiFiの電波が入り乱れている人混みが苦手という傾向があります。

室内であっても、電子レンジや冷蔵庫の近くにポケットWi-Fiを置くと、電波干渉によってつながりにくくなることもありますので、置く場所にも気をつけるようにしてください。

具体的には、 窓際や家具の上など、まわりに障害物が少ないところに置くと良いでしょう

利用には充電が必要になる

ポケットWiFiは充電をしなければ使えませんので、事前にしっかり充電をして持ち歩く必要があります。

充電を忘れていて肝心なときに使えないという事態を避けるためにも、たっぷり充電して持ち歩くか、外出先でも充電できる方法を確保しておくようにしましょう。

無制限ポケットWiFiのキャリアは自分の利用スタイルによって選ぼう

それでは、無制限ポケットWiFiのキャリアをご紹介していきましょう。

さっそく、下の表をご覧ください。

料金
通信速度制限の有無
対応エリア
どんなときもWiFi
~24ヶ月:3,480円
25ヶ月目以降:3,980円
Broad WiMAX
1~2ヶ月:2,726円
3~24ヶ月:3,411円
25~36ヶ月:4,011円
3日間で10GBを超える利用で速度制限有
GMOとくとくBB WiMAX
(割引)
1~2ヶ月:2,170円
3~36ヶ月:3,480円
3日間で10GBを超える利用で速度制限有
UQ WiMAX
1~3ヶ月:3,696円
4~36ヶ月:4,380円
3日間で10GBを超える利用で速度制限有
Y!mobile
(Pocket WiFi)
1~3ヶ月:3,696円
4~36ヶ月:4,380円
月間7GBを超えた場合速度制限有

このあと個別に詳しく解説しますがざっくりとまとめると次のようになります。

  • つながりやすさと完全無制限にこだわるなら「どんなときもWiFi」
  • 通信速度と料金の安さなら「WiMAX」
  • 「Y!mobile」は独自の強みはなし

それでは、まずはどんなときもWiFiから見ていきましょう。

通信の快適さで選ぶなら通信速度制限のない完全無制限の「どんなときもWiFi」

月間通信容量無制限で通信速度制限もなく利用できる「どんなときもWiFi」。

これだけでも大きなメリットであることは確かですが、その他にもメリットがあります。

それは、トリプルキャリア対応なので、ソフトバンク、ドコモ、auの各キャリアと同じサービスエリアで利用できるということです。

さらに、よりつながりやすい回線を自動で選択して切り替えるので、手間なく快適なインターネット環境を整えてくれます。

「どんなときもWiFi」の評判

それでは、実際に「どんなときもWiFi」を利用している方の口コミをご紹介していきましょう。

快適な使い心地と月額料金に大満足のようですね。

Wimaxが苦手とするエリアにお住いのようですが、「どんなときもWiFi」はしっかりつながっているようです。

気になる口コミを見つけましたので、公式サイトで確認してみたところ、たしかに解約時には端末の返却が必要と明記してありました。

これは、端末が新品のレンタル品(レンタル料は無料)であるため、解約する際には返してくださいねということです。

なお、解約月の翌月5日までに、本体だけでなく、USBケーブル、取扱説明書、個装箱の返却が必要とのことですので、付属品もなくさないように保管するようにしましょう。

ちなみに、どんなときもWiFiは海外でも使えるのも大きな特徴です。

海外でどんなときもWiFiを使ってみたレビュー記事もあわせてご覧になってみてくださいね!

とにかく安いWiMAXなら「GMOとくとくBB」

インターネットプロバイダである「GMO とくとくBB」もWiMAXを販売しています。

ギガ放題プランを契約すれば、月間の通信容量に上限のない「使い放題」ができます。

しかし、3日間で10GBを利用すると、翌日18時から翌々日2時まで速度制限がかかる点には注意が必要です。

<GMOとくとくBB WiMAX>
月額料金
(月額料金大幅割引の場合)
  • 1~2か月目:2,170円
  • 3~36か月目:3,480円
  • 37か月目以降:4,263円
月額料金
(キャッシュバックの場合)
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24か月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
通信速度

    W06の場合:

  • 上り最大:558Mbps
  • 下り最大:75Mbps
利用回線
WiMAX・au 4G LTE
セット割
au
キャンペーン
  • (キャッシュバックの場合)
    最大35,000円キャッシュバックキャンペーン
  • (月額料金男幅割引の場合)
    3年間で総計30,808円の月額料金割引
  • 最新機種含む全端末無料キャンペーン
  • 初期費用無料キャンペーン
  • 20日以内ならキャンセル無料

※2019年8月現在の情報です

GMOとくとくBBの魅力は、月額料金大幅割引とキャッシュバック、重視する項目に合わせてキャンペーンを選択できる点です。

また、キャッシュバックキャンペーンを選んでも、月額料金は多少割引されますよ!

それでは、WiMAXの販売元・UQWiMAXと月額料金を比較してみましょう。

<GMOとくとくWiMAX 月額料金比較>
料金
GMOとくとくBB
(キャッシュバックの場合)
  • 1~2か月目:3,609円
  • 3~24カ月目:4,263円
  • 25か月目以降:4,263円
GMOとくとくBB
(月額大幅割引の場合)
  • 1~2か月目:2,170円
  • 3~36カ月目:3,480円
  • 37か月目以降:4,263円
UQ WiMAX
  • 1~3か月目:3,696円
  • 4か月目以降:4,380円

※いずれも3年契約/ギガ放題プラン契約の場合
※2019年8月現在の情報です

「月額料金を安く利用したい」
「キャッシュバックキャンペーンで好きなものを購入したい」という方は、GMOとくとくBBからWiMAXの申し込みを検討してみてくださいね。


\GMOとくとくBB WiMAXの選べる特典/

※GMOとくとくBB公式の特典をチェック

対応エリアは各社ともほぼ一緒だが、一部狭いプロバイダがあることに注意

ここで、Y!mobileについて触れておきましょう。

ポケットWiFiの対応エリアは各社とも大きな違いはありませんが、Y!mobileは、ソフトバンクのエリアを利用して、遠くまで届きやすく無線の機器に適した900MHz帯のプラチナバンドで通信を行えるとしています。

都市部に限らず全国各地で使える前提なのですが、実際には基地局がないところでは電波が届きません。

また、高画質動画2時間分にあたる月間7GBを超えた場合には、当月末まで速度制限がかかりますが、「アドバンスモード」というオプションを684円で契約すると、無制限で利用できるとされています。

しかし混雑回避のため、やはり3日間で10GBを超えてしまえば速度制限がかかってしまいますので注意が必要です。

無制限ポケットWiFiと格安SIM無制限プランを入れたポケットWiFiの違いは、料金と回線の安定度

最後に、格安SIMの無制限プランを入れたポケットWiFiについてお伝えしていきましょう。

この場合のメリットは、料金が安く抑えられることと契約の縛りがないことです。

しかし、速度が遅い、自分でルーターを用意しなければいけない(価格帯は10,000~20,000円程度)などのデメリットもあります。

とくに格安SIMは、時間帯によっては速度の遅さが目立つこともあり、これは、格安SIMが大手キャリアから回線を借りしているために十分な容量がないことが原因と言われています。

設定にしても、同梱のSIMカードを挿入すればすぐに使えるというものではなく、自分で説明書を見ながら行う必要があるため、機器の取り扱いが得意でない方にはあまりおすすめできません。

まとめ

今回は、無制限ポケットWiFiについて、メリットや利用時の注意点、プロバイダ別の比較をお伝えしました。

無制限といっても通信容量によっては速度制限が設けられていることもあり、好きなだけ使えるとは限りません。

そこでおすすめしたいのが月間通信容量無制限、速度制限なしの「どんなときもWiFi」。

データ上限や速度制限がない上、トリプルキャリア対応(ドコモ・au・ソフトバンク)によるつながりやすさもおすすめ理由ですので、ヘビーユーザー以外の方も、ぜひ検討してみてください。

また、どんなときもWiFiは海外で使えるという強みもありますので、気になる方はどんなときもWiFiを海外で使ってみたレビュー記事もあわせてご覧になってみてくださいね!

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」