閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

【2018年下半期】光回線各社の料金を総まとめ 光回線の料金を抑えたい方必見!

光回線 料金

あまりにも光回線業者が多いと、選ぶのも一苦労ですよね。

「スペックを比較するのも大変だし、とにかく月額料金だけで決めている」という人も多いのではないでしょうか。

もちろん、毎月支払う月額料金が安いことに越したことはありません。

しかし、基本料金だけで決めてしまうとちょっと損をすることもあるのです。

2018年下半期、人気の光回線の月額料金とあなたにぴったりの回線を選ぶ方法についてご説明します。

【最新版】光回線人気8社の月額料金を比較!

料金だけで選ぶと損をするかもしれないといっても、やはりベースとなる基本料金は光回線を決定する上での大切な要素です。

人気の光回線の月額基本料金をまとめてみました。

なお、表に記載の料金は、割引サービスなどを適用する前の基本料金になっています。

 
月額料金(戸建て)
月額料金(マンション)
フレッツ光
〈西日本〉5,400円
+プロバイダ料金
〈東日本〉5,200円
+プロバイダ料金
〈西日本〉3,200円
+プロバイダ料金
〈東日本〉3,350円
+プロバイダ料金
ドコモ光
5,200円~
4,000円~
ソフトバンク光
5,200円
3,800円
auひかり
5,100円
3,400円~
OCN光
6,200円
4,700円
So-net光
5,700円
4,600円
コミュファ光
5,550円~
3,980円~
NURO光
4,743円
1,900~2,500円

現在、光回線各社の戸建てタイプの月額料金の相場は5,000円前後であると、わかりますね。

また、マンションタイプの相場は3,500円前後だとわかります。

法人向けの光回線の料金

光回線は個人で契約するほか、会社や個人事業主などの名義でも契約ができます。

各光回線では法人向けのプランも用意していますが、基本的に個人向け料金プランを法人名義でも契約ができ、月額料金は個人契約と変わりません。

もし、社用で使うスマートフォンのキャリアとセット割引が適用できる光回線を契約すれば、携帯電話の通信料金も割引になり、経費節減ですよ。

光コラボレーションで法人契約ができる回線を以下の記事でまとめていますので、併せてチェックしてみましょう。

法人向けに対応している光コラボレーションはここだ!窓口の紹介

独立回線のauひかりの法人契約については、こちらでくわしく解説していますよ。

auひかりの法人契約はお店や事務所など小規模な店舗で最適?

毎月の料金を安くする光回線の選び方は3つ!

まずは光回線の料金の内訳を理解しておきましょう。

光回線の料金の一般的な内訳は、次のとおりです。

・インターネット使用料
・初期工事費用の分割金
・プロバイダ料金

光回線を自宅に引き込むには、まず開通工事が必要です。

開通工事にかかる費用は契約者負担の場合が多く、ほとんどの人が分割払いにして、毎月の基本料金と一緒に支払っています。

また、ひと昔前はインターネット回線の事業者に支払う料金とは別に、プロバイダ会社にプロバイダ料金を支払うのが当たり前でしたが、最近では基本料金にプロバイダ料金も含まれている光回線も多くなっていますよ。

以上が光回線を利用する際に、必ず支払わなくてはいけない料金です。

しかし、月々の支払いを安くできるかもしれない、3つのポイントが存在しますよ!

ポイント1:スマホ・携帯電話とのセット割が使える光回線を選ぼう!

多くの光回線事業者は、スマートフォンや携帯電話とのセット割が利用できます。

人気8社の光回線も、ほとんどの事業者がセット割を使えますよ。

対応しているキャリアと割引内容をみてみましょう

 
セット割
適用キャリア
セット割名
割引内容
フレッツ光
なし
なし
なし
ドコモ光
ドコモ
ドコモ光セット割
パケットパック料金から100円~3,500円割引
ソフトバンク光
ソフトバンク
※ワイモバイル
おうち割光セット
※おうち割光セットA
スマホ・携帯電話料金から1台あたり540円~1,080円割引
NURO光
ソフトバンク
おうち割光セット
auひかり
au
auスマートバリュー
スマホ・携帯電話料金から1台あたり500円~2,000円割引
So-net光
コミュファ光
OCN光
OCNモバイル
OCN光モバイル割
OCNモバイルスマホ1台あたり200円割引

auの「auスマートバリュー」とソフトバンクの「おうち割光セット」は、スマホや携帯電話の料金から毎月割引が受けられます。

しかも、契約台数の分だけ割引額が増えるので、かなりおトクですよ。

auひかりの携帯割引auスマートバリューとその他のキャンペーンまとめ

ソフトバンク光のおうち割は本当におトク?適用条件と割引き金額を調査

ドコモの「ドコモ光セット割」は、パケットパックの料金から割引があります。

家族で分け合える大容量のパケットパックを契約している人は、最大3,500円が毎月割引かれますよ。

ドコモ光パックのしくみと割引額を解説!セット割は本当におトクなのか

ソフトバンク光やOCN光は、格安スマホとのセット割も用意しています。

ポイント:2工事費が上乗せされない光回線を選ぼう!

光回線の開通時に発生する初期工事費用をみてみましょう。

 
初期工事費
(戸建て)
初期工事費
(マンション)
工事費用に関する
キャンペーン
フレッツ光
18,000円
15,000円
なし
ドコモ光
18,000円
15,000円
期間限定で初期工事費用
無料キャンペーンを実施
ソフトバンク光
24,000円
初期工事費用相当額を
キャッシュバック
auひかり
37,500円
30,000円
初期工事費用相当額を
月額料金から割引
OCN光
18,000円
15,000円
なし
So-net光
24,000円
なし
コミュファ光
25,000円
オプション加入で
初期工事費用無料
NURO光
40,000円
初期工事費用相当額を
月額料金から割引

光回線の初期工事費用は約2万円前後で、通常は契約者が支払います。

しかし、初期工事費用が無料になるキャンペーンを実施している事業者も多いですよ。

例えばソフトバンク光の場合、最大24,000円の初期工事費用がかかりますが、工事費相当額の最大24,000円のキャッシュバックが受けられ、実質工事費無料です。

初期工事費用が無料ではないフレッツ光の場合は、光回線の標準工事費用19,440円を30回540円払いで、基本使用料と一緒に支払うことです。

初期工事費用の分、毎月の支払い金額は高くなりますので、せっかくなら初期工事費用が無料になる光回線を選びましょう。

ポイント3:キャンペーンが充実している光回線を選ぼう!

光回線各社は、月額料金からの割引キャンペーンを用意していますよ。

人気8社の料金割引サービスをチェックしてみましょう。

 
月額料金
料金割引サービス一覧
フレッツ光
〈西日本〉
(戸建て)5,400円+プロバイダ料金
(マンション)3,200円+プロバイダ料金
〈東日本〉
(戸建て)5,200円+プロバイダ料金
(マンション)3,350円+プロバイダ料金
NTT西日本
・光はじめ割で対象プラン料金から1,100円~1,290円割引
・グループ割で月額料金から300円~900円割引
NTT東日本
・ギガ割引で対象プラン料金から30か月×200円~300円割引
・にねん割で対象プラン料金から24か月×100円~700円割引
ドコモ光
(戸建て)5,200円~
(マンション)4,000円~
・ドコモ光複数割で月額料金から300円割引
ソフトバンク光
(戸建て)5,200円
(マンション)3,800円
・基本工事費用相当額を月額料金から割引
auひかり
(戸建て)5,100円
(マンション)3,400円~
・超高速スタートプログラムで対象プラン料金から36か月×500円割引
・初期費用相当額を月額料金から割引
OCN光
(戸建て)6,200円
(マンション)4,700円
・2年自動更新型割引で月額料金から24か月×1,100円割
コミュファ光
(戸建て)5,550円~
(マンション)3,980円~
・コミュファ光長トク割で月額料金が5%~10%割引
・ギガデビュー割引で対象プラン料金から12か月×900円割引
・ギガトリプル割引で月額料金から410円割引
So-net光
(戸建て)5,700円~
(マンション)4,600円
・So-net 長割 for So-net 光で月額料金から500円割引
・大幅割引キャンペーンで月額料金から30か月×1,400円割引
NURO光
(戸建て)4,743円
(マンション)1,900円~
・対象プラン料金から12か月×4,096円割引
・基本工事費用相当額を月額料金から割引

NURO光はなんと、月額利用料から1年間4,096円を割引くというから驚きです!

また、長期間利用している契約者を優遇する長期割引を実施している会社もありますね。

光回線を選ぶ際には、基本料金だけでなく、割引サービス適用後の実質月額も確認してから比較することをおすすめします。

たくさんの特典を受けるなら、代理店サイトがおすすめ

光回線は事業者によって公式キャンペーンが用意されています。

しかし、光回線をどこで申し込むかによっては、同じ契約先でも受けられるキャンペーンに違いが出てくる可能性もありますよ。

光回線の申込先は、公式サイトやショップなどの公式窓口と、プロバイダが設けるプロバイダ窓口、光回線の正規販売代理店が設ける代理店窓口があります。

公式窓口とプロバイダ窓口からの申し込みなら、公式キャンペーンとプロバイダが用意しているプロバイダキャンペーンが受け取れますが、代理店サイトから申し込めばさらにプラスして、代理店限定キャンペーンを受けられます。

代理店限定キャンペーンとして、高額キャッシュバックが受け取れる会社もあるので、せっかくならより特典の多い申し込み先で契約しましょう。

auユーザーなら、auひかり

auひかりは独自のKDDI回線を利用した光回線で、夜間や週末などインターネット利用者が多い時間でも、比較的つながりやすいと評判の回線事業者です。

通信最大速度は通常1Gbpsですが、世界最速となる5Gbpsと10Gbpsのプランも用意していますよ。

インターネットの速度にこだわりたい!オンラインゲームや動画ダウンロードが多い!という方には、おすすめの高速光回線です。

auユーザーなら、auスマホや携帯電話とのセット割も適用され、毎月スマホ1台あたり1,000円が割引ですよ。

代理店サイトでauひかりを申し込むなら、フルコミット株式会社がおすすめです。

<代理店サイトからの申し込みで受けとれるauひかり契約キャンペーン>
・・超高速スタートプログラムで対象プラン料金から36か月×500円割引
・初期費用相当額を月額料金から割引
・他社解約違約金を負担
・auスマートバリューの適用
〈代理店限定キャンペーン〉
・最大73,000円キャッシュバック

フルコミットから申し込めば、公式キャンペーンやプロバイダキャンペーンと一緒に、戸建てタイプで73,000円、マンションタイプで53,000円の高額キャッシュバックが受け取れますよ。

株式会社フルコミット

また、auひかりはフレッツ光と比べてまだ提供エリアが狭く、まだ対応していない地域もあります。

もし、auユーザーの方でauひかりのエリア外だった場合は、同じくauスマートバリューが適用になる光コラボのSo-net光も検討してみましょう。

東海エリア限定!コミュファ光

auユーザーで東海エリア(愛知県、三重県、岐阜県、静岡県の一部エリアを除く地域)にお住まいの人には、コミュファ光がおすすめです!

auスマートバリューが適用されますので、家族でauユーザーがいれば、契約台数分のスマホ料金やケータイ料金を安くすることが可能です。

コミュファ光も、独自の回線を利用して光回線を提供しています。

コミュファ光を契約しているユーザーだけが回線を利用するので、フレッツ光や光コラボのように同一回線を何社ものユーザーが利用する他社に比べて、混雑しにくいというメリットもあります。

代理店の株式会社フルコミットは、コミュファ光の申し込みも受け付けています。

<代理店サイトからの申し込みで受けとれるコミュファ光契約キャンペーン>
・コミュファ光長トク割で月額料金が5%~10%割引
・コミュファ安心Plus加入で初期工事費用が無料
・ギガデビュー割引で対象プラン料金から12か月×900円割引
・ギガトリプル割引で月額料金から410円割引
・auスマートバリューの適用
〈代理店限定キャンペーン〉
・最大130,000円キャッシュバック

最大で13万円もの高額なキャッシュバック額も、魅力ですね。

株式会社フルコミット

ソフトバンク・Y!mobileユーザーなら、ソフトバンク光

ソフトバンク光は、ソフトバンクのスマホ・携帯電話をお使いの方や、ソフトバンクの子会社であるワイモバイルユーザーにおすすめの光回線です。

ソフトバンクのセット割「おうち割光セット」スマホ1台あたり1,000円、携帯電話1台あたり500円が契約台数分、永年割引ですよ。

しかも、今話題の格安スマホ・ワイモバイルとソフトバンク光の組み合わせでもセット割が適用され、データプランに合わせて毎月一人あたり500円~1,000円が割引です。

ソフトバンク光はフレッツ光回線を利用した光コラボ事業者なので、現在フレッツ光を契約中の方も安心して乗り換えができますよ。

ソフトバンク光の申し込みは、株式会社LifeBankの代理店サイト窓口がおすすめです。

<代理店サイトからの申し込みで受けとれるソフトバンク光契約キャンペーン>
・基本工事費用相当額を月額料金から割引
・他社解約違約金を負担
・おうち割光セットの適用
〈代理店限定キャンペーン〉
・月額料金6か月分相当24,000円キャッシュバック
・最大70,000円キャッシュバック

代理店限定で月額料金6カ月分還元に、最大7万円のキャッシュバックも併せて受け取れるので大変おトクですね。

株式会社Life Bank

関東の方限定!NURO光

関東地方(東京都、神奈川県、千葉県、埼玉県、茨城県、栃木県、群馬県の一部エリアを除く地域)にお住まいの人には、NURO光がおすすめです!

ソフトバンク・ワイモバイルユーザーなら、NURO光でもおうち割が利用できますよ。

また、NURO光は超高速の独自回線が自慢で、通信速度は下り最大2Gbps・上り最大1Gbpsと高速通信が利用できます。

月額料金からの大幅割引も実施しているので、速さとおトクの両立が可能ですよ。

NURO光は代理店サイトからの申し込みで、さらにキャッシュバックも受け取れます。

<代理店サイトからの申し込みで受けとれるNURO光契約キャンペーン>
・対象プラン料金から12か月×4,096円割引
・基本工事費用相当額を月額料金から割引
・おうち割光セットの適用
〈代理店限定キャンペーン〉
・最大80,000円キャッシュバック

株式会社Life Bank

いくつか条件はありますが、代理店サイトからの申し込みで、最大8万円のキャッシュバックを受け取れます。

ドコモ光

ソフトバンク光と同じく、フレッツ光の回線を利用した光コラボです。

ドコモのスマホや携帯電話をご利用の方なら、パケットパックの料金から毎月100円~3,500円の割引が受けられますよ。

また、公式キャンペーンとしてドコモの支払いやお買い物にも使えるdポイントがもらえるのも、嬉しいですね。

株式会社ネットナビの代理店サイトから申し込めば、さらに最大15,000円キャッシュバックが受け取れます。

<代理店サイトからの申し込みで受けとれるドコモ光契約キャンペーン>
・ドコモ光複数割で月額料金から300円割引
・ドコモ光セット適用
・dポイント最大30,000ptプレゼント
〈代理店限定キャンペーン〉
・最大15,000円キャッシュバック

ドコモ光の新規契約はもちろん、フレッツ光からの転用でも同額のキャッシュバックが受け取れますよ。

株式会社ネットナビ

契約中の光回線の料金が高いと感じた時の解決法

現在契約中の光回線の料金が高い!

毎月の支払いを安くしたい!

そうお考えの方に、毎月の通信費を節約するポイントをいくつかお教えしますね。

思っていたより料金が高いと解約してしまう前に、現在の契約内容を見直してみましょう。

初月だけ発生する、事務手数料

光回線を契約したはいいけど、契約した翌月に届いた初めての請求を見て、思っていたより高いと驚く人は多いようです。

しかし、初回の請求書が届いたら、内訳をよく見てみましょう。

事務手数料が、利用料金と一緒に請求されていませんか?

光回線は契約の際に事務手数料が必要となり、ほとんどの会社が3,000円ほどで設定しています。

事務手数料は通常、初回の利用料金と合わせて請求されるため、契約翌月の請求は当然高くなりますよ。

事務手数料は契約につき一度しか請求されませんので、2か月目以降は事務手数料を請求されることはないということを理解しておきましょう。

光電話の通話料をチェック

光回線のオプションサービスとして人気が高いのが、ひかり電話です。

従来の電話線を使ったアナログ電話と違い、光回線を使って電話をつなげ、固定電話と同じ役割をします。

ひかり電話は毎月の基本料金や通話料も、アナログ電話より割安になるので、光回線と同時にひかり電話を申し込む人も多いですよ。

しかし、今までインターネットの利用料金と別で請求がきていたアナログ電話の料金とは違い、ひかり電話の基本料金や通話料は、光回線の請求料金に含まれます。

毎月のインターネット料金が高いと感じた時は、請求料金にひかり電話の通話料が含まれていないか、電話を使い過ぎていないかも併せて確認してみてくださいね。

不要なオプションが付いていないかチェック!

光回線を契約する際、キャンペーンの適用条件として、オプション加入をすすめられることがあります。

キャンペーンの条件としてオプションに加入した場合、ほとんどは数か月で解約しても良い旨、契約時に説明があったはずです。

しかし、オプションに加入したまま解約するのを忘れてしまったり、今は使っていない機能なのにオプション料金を払い続けている人は意外と多く、不要なオプションの料金で請求金額が高くなっていることもありますよ。

ご自分がオプション料金をいくら支払っているのかも、請求料金の内訳などを見らればわかりますので、本当に必要なオプションだけ契約しているか、一度見直してみましょう。

オプションの解約方法

光回線の契約で不要なオプションに加入していた場合、解約する方法を簡単にご説明します。

<光回線のオプション解約方法>
1. 光回線の契約者ページや請求書で契約内容を確認する
2. 光回線事業者にオプション解約を申し込む

光回線各社は公式サイト内に契約者専用のマイページを用意しています。

契約時に郵送、またはSMSで届いた契約者番号やIDを入力すれば、現在の契約内容を確認ができますよ。

多くの光回線事業者はマイページからそのまま、不要なオプションを解約ができます。

もし不明な点があったり、わかりにくい場合は、各光回線事業者のサポートセンターに電話することでも、オプションは解約できますよ。

ただし、オプション解約の際は解約してもキャンペーンの適用条件を満たしているのか、オプション解約により違約金などが発生しないかを確認しておきましょう。

光回線のオプション解約については、以下のページでくわしく解説していますよ。

ドコモ光の契約内容確認・変更方法を解説│オプション解約の方法も!
ソフトバンク光のオプションで必須はコレ!解約方法についても紹介

プロバイダ料金が高額でないか見直そう!

光回線でインターネットを接続するには、回線を提供する光回線事業者との契約のほかに、インターネットとおうちの通信機器をつなげるプロバイダとの契約も必要です。

現在の光回線の主流は、基本料金にプロバイダ料金が含まれた一体型ですが、光回線の利用料金とは別でプロバイダ料金を支払う場合は、その分通信費の支払総額が高くなる可能性がありますよ。

プロバイダ料金はプロバイダ会社によって違い、安いところでは500円、高いところで1,200円の場合もあります。

現在利用料が高いプロバイダを契約している方は、プロバイダ会社を乗り換えることで通信費を抑えることができますよ。

ただし、プロバイダ会社との契約にも契約期間があり、タイミングによっては違約金が発生する場合もあるので気を付けましょう。

フレッツ光はプロバイダ料金が別で請求されるので、割高に!

フレッツ光はインターネットの基本料金とプロバイダ料金が別の光回線です。

フレッツ光の基本料金はNTT西日本の戸建てで5,400円、NTT東日本の戸建てで5,200円です。

実際には毎月基本料金にプロバイダ料金をプラスして、NTT西日本の戸建てなら5,900円~6,600円、NTT東日本の戸建てなら5,700円~6,400円を支払う必要がありますよ。

同じフレッツ光回線を使った光コラボなら、プロバイダ料金はインターネット利用料金と込みになっているので、プロバイダに支払っていた分がまるまる浮きます。

基本料金もソフトバンク光なら5,200円、ドコモ光も5,200円~5,400円とフレッツ光の料金と変わらない上に、フレッツ光にはないスマホとのセット割も利用できるので、毎月の請求を安くしたい方はぜひ、光コラボに転用しましょう。

ドコモ光とフレッツ光の価格を比較!ドコモ光の価格に魅力はある?

今後の光回線の料金相場は安くなる?高くなる?

先日、管官房長官が携帯電話料金の値下げについて「4割程度下げる余地がある」と発言し、話題となりましたね。

光回線の料金も、今後安くなる可能性はあるのでしょうか?

光回線の料金は、国内シェアNo.1のフレッツ光の料金を基本に各社料金設定をしているといわれています。

総務省は昨年、NTT東日本と西日本に対して、光コラボレーション事業者などがフレッツ光の回線を利用する際に支払う「接続料」を平成30年度から引き下げるよう求めており、家庭の光回線の料金の値下げにもつながるのではないかという見方もあります。

近い将来、光回線の料金が今よりもう少し安くなることを期待したいですね。

まとめ

光回線は月額料金割引などのキャンペーンやセット割の適用などを含めて、自分にぴったりの回線を選ぶことが大切です。

光回線の料金が高いと感じた時は、ひかり電話の通話料やオプション、プロバイダ料金を見直すことで、節約できる可能性がありますよ。

毎月支払う料金ですので、かしこくおトクに光回線を利用しましょうね!

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

わたしのネット限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する