閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

インターネットの快適な回線速度は?遅いときの原因と対処法

インターネット 回線速度

インターネットの速度が遅いと感じた時など、回線速度を調べたいことがありますよね。

現在使用中の回線がどのくらい速いか知るため、使用上の最大速度や他の利用者の実測を知りたいこともあるのではないでしょうか。

そこで、この記事では、インターネットの回線速度を調べる方法・最大速度・実測、そして速度が遅い時の対処法・速度を調べる際に知っておきたい基本情報などを解説します。

インターネット初心者方でもわかりやすい内容となっていますので、安心してご覧くださいね!

この記事でわかること

インターネットが快適に通信できる回線速度の目安

インターネットの回線速度を測定する方法は「インターネットの回線速度を調べる方法」で説明していますが、そもそも各通信に必要な速度を知らなければ比較ができません。

ストレスなく快適にインターネット通信できる回線速度の目安は以下のとおりです。

インターネット利用の詳細
速度
LINE
128kbps〜1Mbps
メールの送受信・標準画質の動画再生
5Mbps以下
  • 画像が少ないサイトの閲覧
  • ブログの更新
  • HD画質の動画再生
5~10Mbps
  • ソフトウェアのダウンロード
  • 音や映像が流れるサイトの閲覧
  • 4K画質の動画再生
25Mbps以上
  • オンラインゲーム
  • PS4の利用
  • ビデオチャット
  • 大容量ダウンロード
100Mbps以上

通信速度の目安に満たないと動画がカクついたり、処理に時間がかかったりと、ストレスを感じます。

動画視聴サービス別の推奨回線速度

動画視聴サービスを利用する際は、選ぶ画質などによって推奨される通信速度が変化します。

以下に主な動画視聴サービスの推奨回線速度をまとめたので、ご覧ください。

動画視聴サービス名
推奨速度
YouTube
500Kbps以上
Hulu
3Mbpsから6Mbps以上
U-NEXT
1.5Mbps~3Mbps以上
Netflix
0.5Mbps~25Mbps
dTV
0.5Mbpsから4Mbps
Amazonプライムビデオ
900Kbpsから15Mbps

見てのとおり、動画視聴サービスごとに推奨速度が大きく異なっています。

また高画質を求めると、必然的に推奨速度も速くなるのでご注意ください。

インターネットの回線速度をあらわすping値・Gbps・Mbps・Kbpsの意味

インターネットの回線速度には、「bps」という単位が付属します。

Bpsとは、1秒間に転送できるデータの量です。

Gbps、Mbps、Kbpsは大きさの違いを表しています。

回線速度を計測した際に合わせて表示される「ping値」は、「○○ms」という単位で記載されています。

ping値はデータを送信した際に送信先(相手のサーバー)から反応が返ってくるまでの速度(応答速度)を表していて、数値が小さいほど高速となります。

「bps」は大きいほど通信速度が速くなる

bpsという単位は数値が大きくなるほど1秒間あたりに通信できるデータ量が多いということを表しているので、数値が大きい場合は通信速度がそれだけ速いということです。

距離や重さと同じように、数字が大きくなるとそれを表す単位が変わるので、bpsの場合は小さい方から「K(キロ)」「M(メガ)」「G(ギガ)」です。

1秒間あたりのデータ通信量
1kbps=1,000bps
125B
1Mbps=1,000kbps
125KB=125,000B
1Gbps=1,000Mbps
125MB=125,000KB

「bps」で表す下り(ダウンロード)速度と上り(アップロード)速度の違い

「bps」で表されるインターネットの回線速度の指標には、下り(ダウンロード)と上り(アップロード)があります。

下り速度は、動画再生時やアプリダウンロードなどにおけるデータの読み込み速度のことです。

上り速度は、手持ちの画像や動画などのファイルをインターネット上に送信するスピードです。

インターネットでネットサーフィンやSNSなどを快適にこなしたいときは、まず下り速度をチェックしましょう。

上り速度は、頻繁にデータをインターネット上に投稿する方が注目したいですね。

「ping値」は小さいほどラグが少ない

pingはネットワーク状況を確認するコマンドのひとつです。

通信相手に応答を確認し、そのレスポンスの速さを数値で確認します。

単位はms(ミリセカンド)で、1,000分の1秒という意味です。

したがって、数値の大きさは相手からのレスポンスにかかる速度を表しているので、数値が小さいほどラグが少なくスムーズに通信できているということになります。

インターネットを快適に利用できるping値の目安は、50ms以下といわれています。

50msを上回る場合はラグが大きくなり、オンラインゲームなどの反応速度を求められるコンテンツを楽しむ際には、特にストレスを感じるでしょう。

「Ping値」はゲームをする場合に重要な指標

PIngの数値は、オンラインゲームで対戦などをする際に重要です。

Ping値が50以上なと大きいと、自分の操作とゲーム画面上での動きが大幅にずれてしまい、ゲームを快適に遊べません。

特にFPSや格闘ゲームのような動きの速さが重要になるゲームでは、こういったラグは致命的です。

反対にping値が1〜15ms程度小さいと、まるでオフライン対戦(1台のゲーム機で複数人が対戦する状況)のように動作が滑らかになり、快適にオンラインゲームで遊べますよ。

インターネット回線別の最大速度を比較

インターネット回線の最大速度は、種類ごとに異なっています。

高速で通信したい場合は、回線選びも重要です。

ここからは光回線やモバイル回線サービスの通信速度を比較するので、契約先・乗り換え先を選ぶ参考にしてくださいね。

光回線別の回線速度を比較

光回線各社における、最大速度をまとめました。

回線
下り最大速度
フレッツ光
1Gbps
auひかり
1Gbps
光コラボ
1Gbps
NURO光
2Gbps

以上のとおり、ほとんどの光回線では1Gbpsです。

ただしNURO光のみ、例外として下り2Gbps対応で世界最速級を謳っています。

以下の記事では、それぞれの回線の速度について解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。

世界最速級を謳うNURO光は10Gbpsプランも提供中

NURO光では、下り最大10Gbps対応のプラン「NURO光10G」も展開中です。

さらに2019年3月からは、上下最大10Gbps対応の「NURO光10Gs」や、上下最大6Gbps対応の「NURO光6Gs」も始まります。

より高速で通信したい場合は、NURO光10GsやNURO光6Gsも検討してみてください。

以下の記事では、NURO光の通信速度について解説しています。

auひかりでも10Gbpsプランを提供している

auひかりは通常上下最大1Gbpsですが、上下最大10Gbpsや5Gbps対応のプランも提供しています。

auひかりは日本全国で契約できますが、10Gbpsや5Gbpsのプランは東京、神奈川、埼玉、千葉でしか利用できないのでご注意ください。

利用者の声も見てみましょう。

上記口コミでは、下り5Gbps以上、上り2Gbps以上が出ています。

さらにPing値も2msと非常に好成績なので、オンラインゲームや動画再生、画像ファイルの大量送信など、あらゆることを快適に行えると考えられますね。

2つ目の口コミでは、下り2Gbps、上り5Gbps程度の高速が出ています。

やはり高速で、何をするにも困らないでしょう。

以下の記事では、auひかりの速度が好評な理由を解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。

モバイル回線別の回線速度を比較

モバイル回線サービスは、各社で最大速度が大きく異なります。

Wi-Fi
下り最大速度
WiMAX(W05)
758Mbps
Y!mobile(603HW)
612Mbps
NEXT mobile
150Mbps
ドコモ(N-01J)
788Mbps(東名阪一部エリア)

また、WiMAXやY!mobileのPocket WiFiなど、選ぶ端末によって通信速度が変わる回線もあるので注意が必要です。

インターネット回線速度をあらわすときに使われる「ベストエフォート」とは

インターネット回線の広告や説明欄にはよく「最高速度1Gbps」と表示してありますが、この数値はベストエフォート値といって、「最もいい条件下での通信速度」という意味です。

あくまで理想的な条件が全て揃った場合に理論的に出すことができる最高速度ですので、実測でベストエフォート値が出ることはまずありません。

しかし、普通にインターネットを利用するのであれば、30Mbps程度速度が出ていれば、ほとんどのサービスをストレス無く楽しめるので、ベストエフォート値にこだわりすぎる必要はありません。

以下の記事ではフレッツ光のベストエフォートについて解説しているので、合わせて参考にしてくださいね。

インターネットの平均回線速度はどのくらい?実測値を調査してみた

インターネットの平均回線速度は、回線によってまったく異なります。

そこで、今回は回線ごとにどの程度の速度がでるのか調査してみました。

評判から上記、5種類の実測値を調査してみましたので、気になる方は参考にしてくださいね。

フレッツ光の回線速度の実測値

SNSでフレッツ光の回線速度における実測値を調べたところ、以下のような声が見つかりました。

1つ目の口コミは、2.38Mbps。

フルHD画質の動画を見る、アプリをダウンロードするなどのモバイル回線でも問題なく行えるような使い方も、困難になるケースがあると考えられますね。

2つ目の口コミでは、1Mbpsをも切ってしまっている計測結果がいくつか見受けられます。

ネットサーフィンやSNSの利用も困難になってしまうので、厳しい結果と言えるでしょう。

フレッツ光は光コラボとも同じ回線を利用しているため、ユーザー数が多く、混雑しやすいため速度が遅くなることがあります。

とはいえ、もちろん、フレッツ光の問題ではなく、周辺機器やプロバイダが原因のケースで速度が遅くなっていることも考えられます。

以下の記事で、フレッツ光の速度が遅い場合の原因と対処法をまとめていますので、参考にしてくださいね。

光コラボの回線速度の実測値

光コラボの回線速度の実測値は、比較的好評でした。

1つ目の口コミでは、日中に200Mbps程度の高速で通信できていることがわかります。

2つ目の口コミは、上下300Mbps程度の結果が出ていて、利用者の方もそれなりに満足していることが伺えます。

3つ目の口コミでは他2つに比べるとやや結果が劣り、下り58Mbpsという結果が出ています。

とはいえ、フルHD動画再生やアプリのダウンロードなども問題なく行える十分な実測と言えます。

光コラボを利用している方たちは、回線速度に満足していることがわかりますね。

auひかりの回線速度の実測値

auひかりの実測は全体的に好評で、数値も非常に好調でした。

1つ目の口コミは下り545Mbps・上り615Mbpsで、仕様上の速度である上下最大1Gbpsの半分以上出ています。

仕様の10分の1も出ないような光回線もある中では、かなり充実している結果と考えられるでしょう。

2つ目の口コミでは、上下200Mbps台が出ています。

1つ目よりは数値が下がっていますが、高画質動画の再生やさまざまなデータ送受信を快適にこなせる結果で、十分ですね。

NURO光の回線速度の実測値

NURO光は下り最大2Gbpsの高速回線ですが、実測値も魅力的でした。

他社では下り1Mbpsを切っていたのが、NURO光に乗り換えたら下り800Mbps超えという圧倒的高速になっています。

2つ目の口コミも元々2桁台の結果だったのが、NURO光に乗り換えた結果下り400Mbpsなど3桁の高速な結果に変わっていますね。

他社から乗り換えた人にも好評なので、速度に不満を持っている方はNURO光への乗り換えを検討してみてはどうでしょうか。

NURO光速度訴求バナー

NURO光は最大2Gbpsで超高速!

NURO光は最大2Gbpsで超高速!月額4,743円で最新無線LANもコミコミの料金。この窓口からの申し込みで最大80,000円のキャッシュバックキャンペーン・・・詳しく見る

モバイル回線WiMAXの回線速度の実測値

モバイル回線であるWiMAXの実測値には、賛否両論あります。

1つ目の口コミでは、下り0.09Mbps・上り0.12Mbpsでした。

ただし注意したいのは、概ね1Mbpsという速度制限がかかった上での計測結果であることです。

WiMAXは、「直近3日間に10GB」以上通信すると、翌日18時〜翌々日2時頃に速度が1Mbps程度に下がります。

速度制限中かつ電波が悪いなどの何らかの問題があり、非常に低速になってしまっていると考えられますね。

2つ目の口コミでは、遅めだった速度がステンレスボウルをアンテナ代わりにする「パラボラアンテナ対策」をすることで改善されたと報告されています。

WiMAXを利用している方で、自宅など室内で速度が遅いと感じた場合は、ぜひパラボラアンテナを試してみてくださいね。

パラボラアンテナの作成方法、利用方法については以下の記事で説明していますので、参考にしてください。

インターネットの回線速度を調べる方法

インターネットの回線速度は、SPEEDTEST|わたしのネットから測定できます。

「スタート」ボタンを押すだけで、あっという間に結果がわかりますよ。

シンプルにPING値や下り上り速度をあらわしてくれるため見やすく、オススメです。

簡単にインターネットの速度計測をしたいという方は、ぜひ、上記サイトで確認してくださいね。

なお。以下の記事でも速度の計測方法を解説しているので、あわせて参考にしてくださいね。

Googleでもインターネット回線速度を調査できる

現在では、Googleの検索結果から、インターネットのスピードテストをすることもできるようになりました。

Googleの検索画面で、スピードテストを行う方法は以下の手順ですすめてください。

Googleの検索画面で「スピードテスト」と検索すると以下のような表示がされますので、赤枠部分「速度テストを実行」をクリックしてください。

スピードテスト

速度テストを実行をクリックすると、以下のようにスピードテストの結果が表示がされます。

スピードテストの結果

上記の結果からわかるとおり、Googleの検索で回線速度を計測すると、測定した数値だけでなくインターネットが高速なのかどうかも説明してくれます。

指標としては、以下のようなものがあります。

  • 非常に高速
  • 高速
  • 標準 など

数値の目安がわからないという方にやさしい表示方式になっていますね。

ただし、Googleの速度測定では、ping値が測定できませんので注意してください。

インターネットの回線速度が遅い原因と対処法

インターネットの回線速度が遅い場合は、必ず原因があります。

対処法と合わせて回線速度が遅い原因を解説するので、参考にしてください。

「LANケーブル」が原因でインターネット回線速度が遅い

LANケーブルが古い規格のものだと、近年のインターネット回線の「上下最大1Gbps」などに対応していません。

速度が遅い場合は、古いLANケーブルが原因の可能性があります。

<対処法>
LANケーブルを買い換えれば、高速通信に対応できます。

規格
CAT5
  • CAT5e
  • CAT6
  • CAT6A
  • CAT6E
  • CAT7
  • CAT7A
CAT8
通信速度
100M
1G
10G
40G

上下最大1Gbps対応の光回線を使っている方は、「CAT5e」以降の規格のLANケーブルへ買い替えましょう。

NURO光やauひかりの5Gbps・6Gbps・10Gbpsの高速プランを使っている方は、CAT6A以降の規格のLANケーブルを選ぶのがオススメです。

ONUが原因でインターネット回線速度が遅い

ONUの調子が悪くなり、本来のインターネット速度を発揮できなくなるケースがあります。

元々速かったのに急に遅くなった時は、ONUの不調かもしれません。

<対処法>

ONUの電源を抜いて、再起動をかけましょう。

再起動しても調子が戻らなかったら機器の故障かもしれないので、契約している光回線のサポート窓口へ問い合わせることをオススメします。

モジュラーが原因でインターネット回線速度が遅い

ADSLなどの古いインターネット回線を使っている場合は、壁に設置されているコンセントとモデム機器をつなぐモジュラーに原因があることもあります。

距離が長いため通信速度が低下する、モジュラー自体が劣化しているなどの理由です。

<対処法>

モジュラーとモデムの距離を短くしたり、機器の設置場所を変更したりしましょう。

必要に応じて、モジュラーを買い替えてみるのも良いですね。

あるいはNTTに連絡して工事をしてもらい、モジュラーコンセントの場所を変更してもらうのも良いでしょう。

無線LANルーターが原因でインターネット回線速度が遅い

無線LANルーターの調子が悪い、あるいは性能が古いなどの原因で、インターネットの回線速度が遅いケースもあります。

<対処法>

コンセントを抜いて再起動しても速度が遅い場合は、機器の買い替えを検討しましょう。

無線LANルーターは、最大6.9Gbps対応の「11ac」という規格に対応しているものを選ぶのが重要です。

周りに障害物が多くインターネット回線速度が遅い

有線接続の場合は除外されますが、モバイルルーターや無線LANの場合では障害物により回線速度が遅くなることがあります。

特にモバイルルーターはまわりにある障害物に電波が阻害され、通信速度が遅くなるケースが多い傾向にあります。

<対処法>

モバイルルーター、無線LANと接続機器の間に障害物があり、電波が遮断されてしまっている場合には、遮蔽物を取り除くか、接続機器を近づけることで解決します。

モバイルルーターの場合には、そもそも本体が電波を拾えていない可能性もあるので、窓際などの電波が入りやすい場所に設置することで、通信速度が安定することもあります。

インターネットの接続設定を間違えていることが原因で回線速度が遅い

モバイルルーターの場合、APN設定が必要なケースがあります。

APNとはアクセスポイントネームのことで接続先の特定情報のことで、APN設定がきちんと行えていないとインターネット通信はできません。

また、無線LANの場合には有線接続とは別に設定が必要な場合があります。

<対処法>
モバイルルーターのAPN設定が正しく行われれば、通信ができるようになります。

設定方法は、端末によってメニューに違いはありますが「ネットワーク設定」などからアクセスポイントの設定を行うことができます。

APN情報については、モバイルルーターの契約書に書かれていることが多いので、チェックしてみてください。

また、無線LANの設定は利用しているサービス毎に異なるので、接続マニュアルを確認するか、サポートに問い合わせをしてみてください。

以下の関連記事では、WiMAXを例にインターネット設定について解説しています。

ADSLであることが原因でインターネット回線速度が遅い

光回線より前から展開されているADSLは、光回線よりも速度が遅いです。

例えばフレッツ光は上下最大1Gbps対応ですが、ADSLは最大50Mbps程度。

さらにADSLは、NTTの基地局から距離が遠かったり、周りに電磁波が発生する変電所や線路があったりしても速度が遅くなってしまうのでご注意ください。

<対処法>

速度改善のために、光回線へ乗り換えてみてはどうでしょうか。

光回線なら仕様上の速度が速く、快適に使えます。

ちなみにフレッツADSLは2023年にサービスを終了予定なので、終了すると使えなくなってしまうことにも合わせてご注意ください。

通信障害やメンテナンス中が原因でインターネット回線速度が遅い

回線やプロバイダが通信障害を起こしていたり、メンテナンスを行っていたりすると、回線速度が低下する場合があります。

<対処法>
通信障害やメンテナンスの場合には、復旧するのを待つ以外に対処法はありません。

通信障害やメンテナンス情報は、回線やプロバイダの公式ホームページで公開されていることが多いので、自分のエリアでそういった問題が起きていないかを確認しましょう。

インターネットの回線速度が改善されない場合は乗り換えがオススメ!

インターネットの回線速度をどうしても改善できない場合は、他社へ乗り換えましょう。

オススメの乗り換え先は、NURO光やauひかりなどの独自回線を使っている光回線です。

独自回線は利用者数がそこまで多くないため、夜間でも混雑が起きにくく、快適に通信ができますよ。

速度が速い回線に乗り換えたいという方は、ぜひ、NURO光やauひかりへの乗り換えを検討してみてください。

NURO光速度訴求バナー

NURO光は最大2Gbpsで超高速!

NURO光は最大2Gbpsで超高速!月額4,743円で最新無線LANもコミコミの料金。この窓口からの申し込みで最大80,000円のキャッシュバックキャンペーン・・・詳しく見る

auひかりキャッシュバック

auひかりの契約で最短翌月に最大52,000円キャッシュバック!

auひかりを開通後の翌月に52,000円キャッシュバック! 有料オプションに加入なし!申請も電話で振込み先を伝えるだけ。ネット回線のみでも45,000円キャッシュバック!・・・詳しく見る

まとめ

インターネットの回線速度は「○○Mbps」などの数値で表され、基本的に数値が大きいほど高速です。

計測結果は、「Gbps」>「Mbps」>「Kbps」の順番で速いことも覚えておいてくださいね。

また、ping値に関しては反対に数字が小さいほど、ラグが起こりづらいということで評価が高いということも把握しておきましょう。

速度はスピードテストサイトやGoogle検索からすぐに測定可能なので、速度が遅いと感じたら調べてみましょう。

インターネット回線の速度測定をして、遅い場合は、NURO光やauひかりなど評判が良い独自回線系光回線に乗り換えてみてはどうでしょうか。

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(おうち割適用対象)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。