閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

更新

ドコモ光の工事内容・料金|開通までの流れとすべきこと・よくある疑問まで

ドコモ光 工事

ドコモ光の申し込みをする時、気になるのが工事内容や工事費用ですよね。

実は、NTTフレッツ光を利用している方は、ドコモ光に転用する場合は工事が不要で、新規で申し込みした場合のみ工事が発生します。

この記事では、ドコモ光では具体的にはどのような工事が必要になるのか、また、開通までの流れ・料金など、工事をする前に知っておきたいことを紹介します。

ドコモ光を契約したい!開通までにかかる時間とは?

ドコモ光に新規契約する場合は、申し込んでから開通までに2週間~1か月程度かかります。

引越しが増える3月や4月は、申し込みが集中するため、さらに時間がかかります。

開通までの期間、インターネットが利用できないのは不便ですので、乗り換えを決めたら、早めにドコモ光に申し込みましょう。

ドコモ光の工事は時間指定・工事日変更はサービスセンターへ問い合せ

ドコモ光は、工事日が決定してからでも工事の時間や日を変更できます。

工事時間の指定や工事日変更は以下に問い合わせてください。

<ドコモ光のサービスセンター>
電話番号:0120-766-156
受付時間:年中無休9:00~21:00

工事が遅い・来ない場合の問い合わせ

約束の時間に工事スタッフが来ないときは、ドコモ光のインフォメーションセンターに問い合わせましょう。

ドコモの携帯電話から:局番なしの151(年中無休9:00~20:00)
その他の電話から:0120-800-000
受付時間:年中無休9:00~20:00

雷雨・台風・雪などの場合は工事が延期になる場合も

台風などの悪天候により、ドコモ光の工事が延期されることもあります。

工事が延期になるときは工事スタッフから事前に電話がかかってきますが、予定の時間になっても電話が来ないときは、すぐにインフォメーションセンターに問い合わせましょう。

ドコモ光は工事前なら契約キャンセルができる

工事が完了する前なら、ドコモ光の契約をキャンセルできます。

ただし、契約後8日目までならキャンセル料は発生しませんが、9日目以降になるとキャンセル料を請求されることがあります。

キャンセルしたいときは早めにドコモ光のインフォメーションセンターに問い合わせましょう。

ドコモ光(インターネット回線)の工事内容

ドコモ光の工事内容は、フレッツ光からの転用か新規か、また、マンションか戸建てかで変わってきます。

ドコモ光に転用のとき工事が不要ですので、工事費も不要です。

<ドコモ光へ転用になる場合と新規になる場合>

転用とは
新規契約・乗り換えとは
  • フレッツ光からドコモ光
  • 他の光コラボレーションからドコモ光(乗換扱い)
  • 光コラボレーション以外の光回線からドコモ光(乗り換え扱い)
  • 光回線未導入からドコモ光(新規申し込み扱い)

ドコモ光戸建てタイプに新規契約する場合の工事内容

ドコモ光を導入する場所が戸建て住宅のときは、以下の流れで工事が実施されます。

  1. 光ファイバーケーブルの引込
  2. ONU(回線終端装置)の設置
  3. ドコモ光の接続確認
  4. パソコンとインターネットの接続・設定

それぞれ詳しくチェックしていきましょう。

1.光ファイバーケーブルの引込

光ファイバーケーブルを電線から住宅に引き込みます。

通常は、電話線の配管やエアコンのダクトを活用して、壁に穴を開けずにケーブルを宅内に引き入れます。

なお、工事時間は1~2時間程度です。

2.ONU(回線終端装置)の設置

宅内に引き込んだ光ファイバーケーブルとONUを接続します。

ONUを設置したい場所が光ファイバーケーブルを引き込んだ場所から離れているときは、宅内配線も実施します。

宅内配線の有無によって工事時間に差が出ますが、通常は1~2時間程度でONU設置作業が完了します。

3.ドコモ光の接続確認

ONUとパソコンや電話機を接続し、ドコモ光が利用できるかどうか確認します。

接続確認の作業は数分程度で完了します。

4.パソコンとインターネットの接続・設定

ドコモ光が利用できることを確認してから、パソコンの接続設定を実施します。

プロバイダ業者から送付された資料を参考に、設定しましょう。

工事の前に事前に準備しておくべきもの

ドコモ光の工事の前に、いくつか準備しておくべきものがあります。

以下の表を参考に、工事に必要なものを早めに準備しておきましょう。

最大速度1Gbpsのサービスを利用するときは、1Gbpsに対応したケーブルをかならず準備してくださいね。

<ドコモ光の開通工事前に準備しておくべきもの>

準備物
備考
LANケーブル
ONUとパソコンを接続するケーブルです。1Gbpsの通信速度に対応しているケーブルを準備しましょう。
※100BASE-T以上のストレートケーブルの準備が推奨されています。
無線LANルーター
もし、無線でインターネットを利用したい場合は、無線LANに対応しているルーターを準備する必要があります。
電源タップ
パソコン用に加えて電源コンセントの差込口が1~3口必要です。
パソコン・スマホ・タブレットなど
インターネットに接続されているかを確認するために必要な端末の準備が必要です。

ドコモ光マンション・アパートタイプに新規契約する場合の工事内容

ドコモ光でマンションタイプで契約したときは、以下の流れで工事が進みます。

マンション内に引き込む作業に1~2時間、部屋までの配線に1~2時間、光コンセントの設置に1時間ほどかかります。

準備物は戸建てタイプと同じですので、早めに準備しておきましょう。

  1. マンション内の共用スペースに光ファイバーケーブルを引き込む。
  2. 共用スペースからドコモ光を利用する部屋まで、光ファイバーケーブルの配線を行う。
  3. ドコモ光を利用する部屋の壁に光コンセントを設置する。
  4. 光コンセントとホームゲートウェイをケーブルで接続する。
  5. ホームゲートウェイにパソコンを接続し、ドコモ光が利用できるか確認する。
  6. プロバイダ業者から送付された資料に基づき、パソコンの設定をする。

ドコモ光の工事では壁に穴をあけることはない

既存の配管を利用して共用スペースまで光ファイバーケーブルを引き込むため、壁に穴を開けることはありません。

ただし、まだフレッツ光が導入されていないマンションにお住まいの場合は、管理会社か大家さんの了承が必要ですので、早めに相談しておきましょう。

ドコモ光の工事で発生する料金

ドコモ光の工事費は以下のとおりです。

ドコモ光に新規契約
戸建て住宅
18,000円
マンション
15,000円
転用以外で工事不要のとき
戸建て住宅・マンション
2,000円
転用のとき
戸建て住宅・マンション
0円

※料金はいずれも税抜き表示です。

転用時は速度をアップグレードする場合は工事費用が発生する

フレッツ光からドコモ光への転用は工事が不要ですが、最大速度をアップグレードする際は工事が必要です。

新規契約よりは低料金で工事が実施できますので、転用のタイミングを活かして、高速通信を導入しましょう。

<アップグレードに必要な費用>

変更前の契約種類
NTT東日本エリア
NTT西日本エリア
フレッツ光ネクスト
フレッツ光ライト
7,600円
7,600円
Bフレッツ
フレッツ光プレミアム
7,600円
無料

※料金はいずれも税抜き表示です。

新規の場合は分割払いが選択できる

新規でドコモ光を契約する場合は、税抜き15,000~18,000円と高額な工事費が発生します。

しかし、12~60回に分割して払うこともできますので、初期費用を抑えたい方は分割払いを選択しましょう。

ドコモ光の「工事費無料キャンペーン2018」は終了している

ドコモ光では不定期に工事費実質無料キャンペーンを実施していますが、2018年11月の時点では無料キャンペーンは提供されていません。

工事費を支払いたくない人は、工事費実質無料キャンペーンを実施しているNURO光やauひかり等の回線業者も検討してみましょう。

ドコモ光テレビの工事内容と料金

ドコモ光でテレビサービスを利用するときは、テレビサービスの工事費も発生します。

基本料金は税抜き3,000円で、接続するテレビの台数によって工事費が変わってきます。

テレビの台数
工事費内訳
工事費総額
1台
  • 基本料金:3,000円
  • テレビ接続費:6,500円
  • スカパーJSAT施設利用登録費:2,800円
12,300円
2~4台
  • 基本料金:3,000円
  • テレビ接続費:19,800円
  • スカパーJSAT施設利用登録費:2,800円
25,600円

※料金はいずれも税抜き表示です。

ドコモ光電話の工事内容と料金

ドコモ光で電話サービスを利用するときは、電話工事が必要です。

ドコモ光のインターネットサービスと同時に申し込む場合は、事務手数料が無料になり、税抜き1,000~3,000円の工事費の実費のみ請求されます。

ドコモ光のインターネットサービス申し込み後に光電話を申し込むときは、工事費に加えて事務手数料税抜き2,000円も必要です。

ドコモ光の工事後の初期設定方法

モデムとパソコンをケーブルで接続し、パソコンのコントロールパネルを開いてネットワークのセットアップをすれば初期設定は完了します。

セットアップ時にプロバイダ業者から送付されたユーザー名とパスワードが必要ですので、パソコンを接続する前にプロバイダ業者から送付された資料を出しておきましょう。

詳しくは以下の記事で解説しています。

ドコモ光の撤去工事は任意!工事が必須の場合はある?

ドコモ光を解約する時に、ドコモ光の回線(NTTのフレッツ光回線)を撤去する必要はありません。

しかし、賃貸住宅にお住まいの場合で、大家さんから原状回復を求められているときは、回線撤去工事(無料)をドコモ光に依頼しましょう。

ドコモ光の回線撤去工事には、回線そのものだけでなく光コンセントの撤去も含まれます。

宅内で作業が必要ですので、かならず立ち会いが必要です。

まとめ

ドコモ光の新規申し込み時は、工事費が発生します。

NTTのフレッツ光からドコモ光に転用する時は、回線の種類を変更しない限り、回線工事は不要です。

ただし、電話やテレビ等のサービスを利用するときは、各工事が必要であり、工事費が発生することも覚えておきましょう。

また、ドコモ光では工事費無料キャンペーンを実施していない(2018年11月時点)ため、新規に申し込むときは回線工事費がかならず請求されます。

工事費を抑えたい方は、NURO光やauひかり等の工事費実質無料キャンペーンを実施している回線についても検討してみてください。

ドコモ光のおすすめ申込窓口

おすすめ窓口ネットナビ

最大15,000円キャッシュバック!
ドコモ光をお得に申し込めるおすすめ窓口!ドコモの携帯とドコモ光をセットにすると、年間の携帯料金が大幅割引に!さらにdポイントも最大10,000ptもらえます!まずは料金シミュレーションをしてみましょう

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る