閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

ADSLとフレッツ光の料金比較と乗り換えのための正しい認識!

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • Pocket
  • LINEで送る

「速度は遅くても安く使いたい」ADSLを利用している方の大半が利用料金の安さに価値を見出しています。

それでも時代の流れとともにADSLの新規受付も終了となり(NTT東西で2016年6月末に終了)、長期的にはご家庭の固定インターネット回線は全て光ファイバー網に変わっていくことが予想されます。

これまでADSLでインターネットを利用してきた方は、「やはり月額利用料が上がるのは避けたい」、「ADSLと光回回線でそんなに速度に差があるの?」とお考えかもしれません。

この記事では、そのような方々に向け、ADSLと光回線の料金比較(差額計算)、速度比較、エリア情報などをご提供し、「フレッツ光」に乗り換えることのメリットをご案内しています。

ADSLの新規受付が終了となったこのタイミングに、是非一度「フレッツ光」に乗り換える価値をご確認ください。

「フレッツ・ADSL」と「フレッツ 光ネクスト」の料金比較

NTT東日本でのADSLと光回線の料金比較

NTT東日本とNTT西日本が別会社であるため、お住いの環境により料金比較した場合の差額に違いが生じます。ここでは、まずNTT東日本エリアでのADSLと光回線の月額利用料を比較しています。

NTT西日本エリアにお住いの場合は、後述の該当箇所を確認してください。

NTT東日本エリアで戸建てタイプの場合

まずは「戸建てタイプ」の「フレッツ 光ネクスト」で比較してみましょう。ADSLでは、居住環境の違いに関わらず利用料金は同じものでしたが、光回線を導入する場合は「戸建てタイプ」の場合と、「集合住宅」の場合とでは大幅に月額利用料に違いが出ます。

マンションなどの集合住宅にお住いの場合は、後述の該当箇所をご確認ください。

フレッツ・ADSL

(タイプ1:電話共有型)

フレッツ 光ネクスト

ギガファミリー・スマートタイプ

通常料金(月額) 2,600円~2,800円 5,700円
割引サービス適用

月額充当分

マイラインプラスとのセット割

-10%割引

ギガ推し!割引:-300円

にねん割:-700円

会員ポイント:-100円相当

実質月額利用料 2,340円~2,520円 実質4,600円
差額(月額) 2,080円~2,260円の範囲

※表示価格は税抜き価格です。契約のタイミングにより、利用料金や割引額が変動しますので、参考値としてご覧ください。

※ADSLの接続サービスについては、契約タイプを特定せずエントリータイプについては除外しています。
※ADSLの月額利用料金は、電話回線を所有するタイプのもので、ADSL専用型を選べば割高になり差額は縮まります。
※光回線接続サービスは、回線速度が最速のもので比較していますが、居住環境により導入できる品目が異なる場合もあります。
※機器レンタル料やプロバイダ料金は、双方に発生しうる料金であるため、ここでは料金の比較対象から除外しています。
※各種割引を適応するには、一定期間の継続利用契約や解約金の設定があります。
※会員ポイントとは、フレッツ光メンバーズクラブで付与されるマンスリーポイントを指し、1ポイント1円として料金充当できます。

ご覧のように、ADSLと光回線の月額利用料で差額は2,000円強となりました。

この条件に該当していた場合、差額のみを捉えるとやはり多少の割高感は否めませんが、この差額の半分以上を補える固定電話での料金メリット(ひかり電話の利用)もあります。

後述の「固定電話をひかり電話にすると月額1,200円以上のメリットが出る」の項をご確認ください。

NTT東日本エリアで集合住宅タイプの場合

東日本エリアで、居住環境が団地やアパート、マンションタイプの場合について、「フレッツ・ADSL」との料金比較をしてみましょう。

集合住宅の場合には、そのマンション内で何世帯分の契約が見込めるかなどの条件設定があり、これにより3種類の料金体系に分かれます。

見込める契約数が多ければ多いほど、料金が割安になりますが、お住いの集合住宅がどの料金体系に該当するのかはNTT東日本のホームページからご確認する必要があります。

フレッツ・ADSL

(タイプ1:電話共有型)

フレッツ 光ネクスト

ギガマンション・スマートタイプ

通常料金(月額) 2,600円~2,800円 4,350円、3,750円、3,350円のいずれか
割引サービス適用

月額充当分

マイラインプラスとのセット割

-10%割引

ギガ推し!割引:-200円

にねん割:-100円

会員ポイント:-100円相当

実質月額利用料 2,340円~2,520円 実質2,950円、3350円、3,950円のいずれか
差額(月額) 430円~1,610円の範囲

※表示価格は税抜き価格です。契約のタイミングにより、利用料金や割引額が変動しますので、参考値としてご覧ください。

※ADSLの接続サービスについては、契約タイプを特定せずエントリータイプについては除外しています。
※ADSLの月額利用料金は、電話回線を所有するタイプのもので、ADSL専用型を選べば割高になり差額は縮まります。
※光回線接続サービスは、回線速度が最速のもので比較していますが、居住環境により導入できる品目が異なる場合もあります。
※機器レンタル料やプロバイダ料金は、双方に発生しうる料金であるため、ここでは料金の比較対象から除外しています。
※各種割引を適応するには、一定期間の継続利用契約や解約金の設定があります。
※会員ポイントとは、フレッツ光メンバーズクラブで付与されるマンスリーポイントを指し、1ポイント1円として料金充当できます。

ご覧のとおり、集合住宅で「フレッツ 光ネクスト」を契約する場合、「フレッツ・ADSL」利用時の料金と比較して、月額で430円~1,610円の開きに留まりました。

ここから更に「ひかり電話」で通信費を1,200円以上抑えることができます。後述の「固定電話をひかり電話にすると月額1,200円以上のメリットが出る」の項でご確認ください。

NTT西日本でのフレッツ光・ADSLと光回線の料金比較

NTT西日本とNTT東日本が別会社であるため、お住いの環境により料金比較した場合の差額に違いが生じます。

ここでは、NTT西日本エリアでのADSLと光回線の月額利用料を比較しています。NTT東日本エリアにお住いの場合は、上述の該当箇所でご確認ください。

NTT西日本エリアでファミリータイプ(戸建てタイプ)の場合

西日本エリアのファミリータイプ(戸建て向けのもの)について見てみます。

NTT西日本エリアは、2年間の継続利用(以後、3年自動更新)をベースに大幅な割引サービスがあります。

新規契約でwebページからの申し込みに限りますが、条件クリアは特に困難なものでもないため、ここでは「Web光もっと2割」を適用することを基本として料金比較しています。

フレッツ・ADSL

(タイプ1:電話共有型)

フレッツ 光ネクスト

ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼

通常料金(月額) 2,700円~2,980円 5,400円
割引サービス適用

月額充当分

フレッツ・あっと割引

-10%割引

Web光もっと2割

-1,590円

実質月額利用料 2,430円~2,682円 実質3,810円
差額(月額) 1,128円~1,380円の範囲

※表示価格は税抜き価格です。契約のタイミングにより、利用料金や割引額が変動しますので、参考値としてご覧ください。

※ADSLの接続サービスについては、速度に関わる契約種別を特定せず、料金で幅を持たせています。
※ADSLの月額利用料金は、電話回線を所有するタイプのもので、ADSL専用型を選べば割高になり差額は縮まります。
※光回線接続サービスは、回線速度が最速のもので比較していますが、居住環境により導入できる品目が異なる場合もあります。
※機器レンタル料やプロバイダ料金は、双方に発生しうる料金であるため、ここでは料金の比較対象から除外しています。
※各種割引を適応するには、一定期間の継続利用契約や解約金の設定があります。
※Web光もっと2割の適用額は6年間固定のもので、7年目、8年目は更に数百円レベルで月額料金の割引額が増加します。

ご覧のように、1,128円~1,380円の差額範囲に収まりました。「1,000円以上も高いやん!!」と思った方は、後述の「固定電話をひかり電話にすると月額1,200円以上のメリットが出る」をご確認ください。

NTT西日本エリアでマンションタイプ(集合住宅タイプ)の場合

フレッツ・ADSL

(タイプ1:電話共有型)

フレッツ 光ネクスト

ファミリー・スーパーハイスピードタイプ 隼

通常料金(月額) 2,700円~2,980円 3,200円、3,700円、4,500円のいずれか
割引サービス適用

月額充当分

フレッツ・あっと割引

-10%割引

Web光もっと2割

それぞれ -670円、-770円、‐1,080円の割引

実質月額利用料 2,430円~2,682円 実質2,530円、2,930円、3420円のいずれか
差額(月額) 152円~990円の範囲

※表示価格は税抜き価格です。契約のタイミングにより、利用料金や割引額が変動しますので、参考値としてご覧ください。
※ADSLの接続サービスについては、速度に関わる契約種別を特定せず、料金で幅を持たせています。
※ADSLの月額利用料金は、電話回線を所有するタイプのもので、ADSL専用型を選べば割高になり差額は縮まります。
※光回線接続サービスは、回線速度が最速のもので比較していますが、居住環境により導入できる品目が異なる場合もあります。
※機器レンタル料やプロバイダ料金は、双方に発生しうる料金であるため、ここでは料金の比較対象から除外しています。
※各種割引を適応するには、一定期間の継続利用契約や解約金の設定があります。
※Web光もっと2割の適用額は6年間固定のもので、7年目、8年目は更に数百円レベルで月額料金の割引額が増加します。

この条件で観た場合、ADSL回線と光回線の月額利用料の差額は、152円~990円の範囲となり、1,000円以内に収まるものとなっています。

「それでも高いものは高い」と思った方、次項の「固定電話をひかり電話にすると月額1,200円以上のメリットが出る」をご覧いただければ、「乗り換えたほうが得じゃないの?」という気持ちにシフトさせることができます。

【注目】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

ADSLと光回線の料金差額は、「ひかり電話」の利用で補える?

NTT東西各社のADSL回線と光回線で乗り換えた場合の料金差額を計算してみましたが、実は光回線に乗り換えると、単純にインターネット接続以外の面でも、電話利用料で通信費が割安にできるというメリットがあります。

ここでは、「フレッツ光」を契約した場合に導入できる「ひかり電話」について取り上げ、どれくらいのコストダウンが見込めるかについてご案内しています。

固定電話をひかり電話にすると月額1,200円以上のメリットが出る

下記電話料金比較表をご覧ください。ご家庭の「加入電話」を「ひかり電話」に変更するだけで、「基本料金」だけで1,100円~1,200円のコストダウンが見込めるのがわかります。

加入電話 ひかり電話
基本料金 1,600円~1,700円 500円
通話料金

(固定電話への通話)

固定宛 8.5円/3分

(市内通話の料金/市外は更に割高)

固定宛 8円/3分

(全国一律距離・時間帯なし)

通話料金

(携帯電話への通話)

17円~20円/1分

 

10.8円~17.5円/1分

(ドコモ宛てなら16円/1分)

税抜価格で表示しています。上記、ひかり電話の料金は一般的な「基本プラン」で契約した場合の料金体系です。

更に「通話料」に関しては、ひかり電話の場合、固定電話宛へのものは全国一律の料金体系へと変わります。
一般加入電話であれば、市内電話、市外電話など割高になる通話料も、「ひかり電話」では断然お得に通話できるわけです。

また、携帯電話への通話料も割高になることはほぼ起こりませんので、「ひかり電話」にすることで、ADSL回線から光回線に乗り換えた場合の料金差額分を大きく補填することができます。

ADSL回線と光回線の月額利用料の差額を全て補えるかどうかは、お住いのエリア(NTT東日本エリアかNTT西日本エリカ)や居住環境(戸建てタイプなのか集合住宅なのか)によって異なります。いずれの場合であれ、差額分をこの「ひかり電話」の利用で圧縮すると考えれば、それほど大差のない「ご家庭の通信費」のまま、光回線の導入が可能となります。

各種キャンペーンを組み込んだ契約でプラスになることも?

旧世代回線のADSLとは異なり、光回線はこれからの時代の根幹をなす通信インフラです。

申し込みに際し、NTT東西の正規代理店などが行なっているキャッシュバックキャンペーンを利用すれば、実質的なお支払額をプラスにできる可能性もあります。

一例として、契約種別は法人ではあるものの、こちらのあるように「ネットのみでも40,000円キャッシュバック」が受けられる場合もあります。

また、「フレッツ光」契約での各種加入特典(ノートパソコンやタブレットなどのプレゼントなど)が受けられる場合もありますので、上手に契約すれば料金面だけでないメリットも享受できます。

ADSL回線と光回線の速度比較と性質

ADSLは最大50Mbps弱、光回線は最大1Gbpsでネットストレスを軽減

「フレッツ・ADSL」と「フレッツ 光ネクスト」で通信速度を以下のように簡単にまとめてみました。

フレッツ・ADSL フレッツ 光ネクスト
最大伝送速度 1Mbps、1.5Mbps、8Mbps、

12Mbps、24Mbps、40Mbps、47Mbps

100Mbps、200Mbps、

1Gbps

※他社回線のADSLを含めると、ADSLの理論値上の最大速度は50Mbpsとされています。

上記のように、ADSL回線でも光回線でもどの契約種別を利用するかによって通信速度は変わってきます。

これを踏まえた上で、仮に「フレッツ・ADSL」の一番高速のものと「フレッツ光ネクスト」で一番低速のもので比較しても、その速度差は2倍強あることがわかります。

現実的にはADSLで一番高速を求めて契約した人が現在も光回線を導入せずに継続利用されていることは考えにくいことから、実際に現在ADSL回線を利用中の方が光回線に乗り換えた場合は体感速度として2倍以上のものが想定されます。

これはネットストレスを大きく軽減するとともに、多忙な現代の限られた時間を有効活用するのに役立ちます。

┃NTT基地局と家庭の距離間による速度低下(伝送損失)がない光回線

ご存知の方が大半だとは思いますが、ADSLの場合、お住いの場所とNTT基地局との距離感が通信速度に影響をもたらします(伝送損失と言います)。

「フレッツ・ADSL」の47Mbpsで契約していても、実速度を計測すると大きく下回るということも普通に起こるのが実情です。

これに対し、光回線では距離感による「伝送損失」は発生しません。
よって、NTT基地局から離れてる等の心配は無用となります。

ただし、選択するプロバイダの地域ユーザー規模に応じて、通信速度が影響を受けることはあります。このためプロバイダの選択についてはより慎重に行なうべきだと言えます。

光回線のエリアカバー率とADSLの現在(新規受付終了)

┃「フレッツ光」のエリアカバー率は95%以上

「フレッツ・ADSL」のから「フレッツ光」への乗り換えなども進み、現在ではフレッツ光のエリアカバー率は95%以上とされています。ちなみに競合他社の「auひかり」のエリアカバー率は70%程度とされ、通信最大手NTTの汎用性の高さがわかります。

フレッツ・ADSL auひかり フレッツ光
エリアカバー率 70%程度 95%以上

「フレッツ・ADSL」は2016年6月末で新規受付終了済み

「フレッツ・ADSL」については、エリアカバー率以前にNTT東西の決定事項として新規受付が終了となっています(2016年6月31日で終了)。

このことから、例えば「フレッツ・ADSL」の現在の利用者が仮に引越しをする場合、利用中の「フレッツ・ADSL」を新居で継続利用できるのかについても、雲行きが怪しくなってきたと言えそうです。

【注目】月額やキャンペーンがとってもおトクな光回線をまとめました!

おトクな回線まとめ

光回線を申込むならとにかくキャンペーンは大事!乗換えの場合は違約金が負担されたり、キャッシュバックで実質月額料金を安くで利用できたり、携帯とセットで毎月の割引が受けられたり・・・続きを見る

ADSL回線の未来予想

┃既存のアナログ回線自体の終了予定も近づいている?

誤解のないように説明しておきますと、「フレッツ・ADSL」のインターネット接続サービスの終了については、現在のところ何も報道されていません。現状は「フレッツ・ADSL」の新規受付が2016年6月末をもって終了となったということに過ぎません。

ただし、関連情報として、「2025年を目途とした既存の固定電話網のIP化」という計画が2010年11月段階でNTT東西より公表されています。

これは、各家庭や企業を結ぶ電話回線(アナログ回線やメタル回線と言う)が直接光回線に置き換わることを意味するわけではなく、NTT内のネットワーク環境としてメタル回線を軸にしていたシステムを光回線を軸としたものに置き換えることを意味しています。

よって、既存の電話回線が使用不可能になるわけではありませんので、電話回線を経由するADSLが突然使えなくなるわけではありません。

ただし、方向性としてはADSL回線の終焉は確実に近づいてきているとも読み取ることも可能です。

「ウチはADSLで・・・」と拘ってこられた方も、どのタイミングで光回線に乗り換えるのかということを、中長期的には検討していく段階にきているのかもしれません。

⇒SoftBank 光へ乗換えなら違約金が最大100,000円まで満額負担!さらに最大60,000円キャッシュバック!

Webコンテンツもある程度の速度を前提としたものに変化

例えば、「YAHOO!JAPAN」のトップページを覗いてみても、右サイドに現れるバナー広告も以前であれば一つの静止画だったものが、最近では動画が自動再生されたり、マウスを載せると拡大表示されたりとホームページの広告や構造もより複雑なものに変化しています。

これらはアナログでインターネット接続をしていた時代からは考えられないものですが、時代の流れとともにWebページもより複雑で密度の濃いコンテンツが盛り込まれるようになってきました。そして言うまでもなく、この流れは今後も留まることなく加速していきます。

これらの情報を総合的に取り入れて判断してみると、これからのプラットフォームとして、「光ブロードバンド回線」をご家庭の通信システムとして導入しておくことは、やはり賢明な判断になるのだろうと結論付けることができます。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気の光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。
人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

ソフトバンク光でおすすめの人気窓口はこちら!

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,967円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

auひかりでおすすめの人気窓口はこちら!!

【注目】今ならキャンペーンで初月無料でスタート

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼人気窓口の限定キャンペーン

NURO光でおすすめの人気窓口はこちら!

【注目】初期工事費が実質無料!超高速2Gbps!

固定回線で悩んでいる方必見!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

おすすめ窓口BroadWiMAX

https://wimax-broad.jp/
webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼この窓口からのお申込みがおトク

関連記事