閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

Marubeni光って回線知ってる?得するユーザーとは

Pocket

Marubeni光

大々的な宣伝は行っていないものの、じわじわと利用者を増やしている「Marubeni光」をご存じですか?
インターネット接続サービスの1つで、以前は「Mひかり」という名前でサービスを提供していました。

このMarubeni光とはどのような特徴のある回線なのでしょうか。
Marubeni光ならではの特徴や料金、プロバイダについてまとめてみました!

Marubeni光の特徴

インターネット接続サービス「Marubeni光」の特徴を見ていきましょう。

総合商社「丸紅」が提供している光回線

Marubeni光は、総合商社丸紅のグループ会社「丸紅テレコム」が提供している光回線サービスです。

丸紅というと食料や金属などの輸出入、新電力開発事業等を手がけているイメージが強いですが、2015年からインターネット回線業にも着手しており、Marubeni光やMarubeni BBなどのサービスを実施しています。

フレッツ光の回線を流用した光コラボレーションの1つ

NTTの光回線「フレッツ光」を利用してインターネットサービスを提供する「光コラボレーション」。

2015年から新たに始まったビジネスモデルですが、現在、すでに数百の企業が光コラボレーション事業に参加し、独自のサービスを利用者に届けています。

Marubeni光も光コラボレーションの1つで、NTTのフレッツ光回線を利用したインターネットサービスを各家庭に届けています。

Marubeni光はフレッツ光と比べて月額料金が安い

フレッツ光回線を利用してはいますが、Marubeni光はオリジナルのフレッツ光よりも月額料金が低く設定されています。

知名度の高さで見るとNTTのフレッツ光が勝っていますが、料金で見るとMarubeni光などの光コラボレーションが優位になっているのですね。

とはいえ、いずれもフレッツ光と同じNTT回線を利用していますので、回線の品質自体には何の優劣もありません。

<割引適用後の月額料金(ギガ回線利用定額プラン)>

NTT東日本
フレッツ光
NTT西日本
フレッツ光
Marubeni光
Marubeni光
割引サービス名
にねん割
光もっと2割
にねん割
4ねん割
適用後の料金
(戸建て住宅)
5,000円
3,610~4,300円
4,350~4,600円
4,250円
適用後の料金
(集合住宅)
3,250~4,250円
2,830~2,930円
2,700~3,850円
2,900円

※料金はすべて税抜き価格

Marubeni光は、2年契約の「にねん割」だけでなく、3年契約の「3ねん割」、4年契約の「4ねん割」の3つの継続期間による割引制度があります。

また、NTT東日本のフレッツ光にも、Marubeni光の「にねん割」と同じシステムの2年契約割引サービス「にねん割」があります。

一方、NTT西日本のフレッツ光の定期契約割引サービス「光もっと2割」は、もっともおトクな料金が適用されるのが利用開始後7年目以降ですので、7年以上継続しないと最安月額料金(戸建て住宅は3,610円、マンションは2,830円)が適用されないようになっています。

Marubeni光は別途プロバイダ料金がかかる

光コラボレーションはフレッツ光とプロバイダが一体になったサービスですので、通常の場合は、プロバイダを選ぶ必要もなく、料金もまとめて支払います。

しかし、Marubeni光は間違いなく光コラボレーションサービスではあるのですが、光回線とプロバイダが別々になっています。

つまり、Marubeni光はフレッツ光と同様、光回線サービスだけを意味していますので、プロバイダは別途選択しなくてはならないのです。

プロバイダの選択肢は?

もちろん、ベースとなる光回線料金がフレッツ光より安く設定されていますので、プロバイダを別途契約したとしてもフレッツ光を利用するよりも安く利用できます。

そのため、フレッツ光からMarubeni光に乗り換える(転用する)場合、フレッツ光で使っていたプロバイダをそのまま利用するということも可能です。

フレッツ光からMarubeni光に光回線を転用する際には、違約金や解約金は発生しませんが、プロバイダによっては転用時に解約手数料や違約金が発生することもあります。
無駄な出費をできるだけ避けたい人は、プロバイダを解約しないでそのまま使い続ける方が良いでしょう。

もちろん、Marubeni光に乗り換える際に、プロバイダも一緒に変更することも可能です。

丸紅テレコムではプロバイダサービス「Marubeni BB」を提供していますので、Marubeni光とセットで利用すれば、料金はまとめて請求されて家計管理も簡単です。

<Marubeni BBの料金とMarubeni光をセットで利用した料金>

通常月額料金
3ねん割適用後料金
4ねん割適用後料金
Marubeni BB
1,200円
980円
930円
Marubeni光+Marubeni BB
(ファミリータイプ)
6,500円
5,230円
5,180円
Marubeni光+Marubeni BB
(マンションタイプ)
4,000~5,150円
3,880円
3,830円

※料金はすべて税抜き価格

フレッツ光では、マンションの契約タイプ(同一マンション内にフレッツ光を契約している世帯が何世帯あるか)によって基本料金が変わってきます。

ですが、Marubeni光の料金は、3年以上継続して利用すると、マンションの契約タイプにかかわらず単一料金設定です。

通常、同一マンション内にフレッツ光を利用している世帯が少ないと、もっとも高い契約タイプが適用されますが、3年以上継続利用するならタイプにかかわらずおトクな料金が適用されますので、小規模マンションにお住まいの人も低価格で利用できますね。

ただし、この単一料金設定が3年以上継続しないと適用されないため、マンションの契約タイプによっては、にねん割後の料金が3ねん割・4ねん割適用後の料金より安くなるという逆転現象が生じます。

契約時にしっかりとチェックして、もっともおトクなプランを選択するようにしてください。

Marubeni光はスマホ割がない!

Marubeni光の基本料金はフレッツ光よりも低く設定されていますので、おトクなインターネットサービスだということができます。
戸建て住宅で利用するなら、にねん割、3ねん割、4ねん割と利用年数が長くなるとさらにおトクになることも、魅力的だといえるでしょう。

ですが、Marubeni光には、スマホやケータイとのセット割引制度がありませんので、「スマホと合わせて通信費全体を安くしたい」という人にはちょっと不向きといえますね。

また、高額キャッシュバックなどのキャンペーンが少ないことも気です。

スマホ割+キャンペーンの充実ならソフトバンク光

「スマホ割を利用したい」「できればキャンペーンの適用を受けて、少しでもおトクに乗り換えたい」と考えている人には、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンクスマホ(3Gケータイやタブレットでも可)を利用している人は、他のソフトバンクのサービスとセットで利用することでスマホ料金が最大月額2,000円安くなる「おうち割」が適用されます。

3年目以降は月額最大1,008円の割引ですが、家族のソフトバンク回線10回線まで適用されますので、ソフトバンクユーザーが多いほどおトクになる額が増えます。

例えば、家族の中にデータ定額5GBを利用している人が3人いるなら、それぞれのスマホ代から毎月1,522円、家族みんなの割引額を合計すると1年間最大54,792円ものおトクです。

<おうち割適用で割り引かれる1年間の合計金額>

データ定額5GBプランが
3人いる場合
(最初の2年間)
データ定額5GBプランが
3人いる場合
(3年目以降)
おうち割の割引額の合計
54,792円
36,288円

※割引額はすべて税抜き年額表示。

もちろん、インターネットサービス自体も低料金設定になっています。

ソフトバンク光はプロバイダ料金込みの料金設定ですが、2年契約のプランでは戸建てでもマンションでもソフトバンク光の方がMarubeni光+Marubeni BBよりも安くなっています。

<ソフトバンク光とMarubeni光+Marubeni BBの料金比較>

ファミリータイプ
(戸建て住宅)
マンションタイプ
ソフトバンク光
(2年自動更新プラン)
5,200円
3,800円
Marubeni光+Marubeni BB
(にねん割)
5,550~5,800円
3,900~5,050円

※料金はすべて税抜き価格

ソフトバンク光の公式サイトでは、次のキャンペーンを実施しています。

  • 乗り換え時の解約金・違約金を全額サポート
  • 乗り換え時に24,000円分の商品券もしくは24ヶ月間の月額料金が1,000円割引

また、代理店サイトでは、次の独自キャンペーンを実施しています。

  • 12ヶ月間実質月額2,000円割引
  • 最大60,000円のキャッシュバック

代理店経由で申し込むと、独自キャンペーンだけでなく公式サイトのキャンペーンも適用されますので、おトク度がアップしますよ!

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

Marubeni光についてのまとめ

光コラボレーションだけれどもプロバイダは別途申し込む、ちょっと独特な光回線サービス「Marubeni光」。
キャンペーンやスマホ割は充実していませんが、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

大々的な宣伝は行っていないものの、じわじわと利用者を増やしている「Marubeni光」をご存じですか?
インターネット接続サービスの1つで、以前は「Mひかり」という名前でサービスを提供していました。

このMarubeni光とはどのような特徴のある回線なのでしょうか。
Marubeni光ならではの特徴や料金、プロバイダについてまとめてみました!

Marubeni光の特徴

インターネット接続サービス「Marubeni光」の特徴を見ていきましょう。

総合商社「丸紅」が提供している光回線

Marubeni光は、総合商社丸紅のグループ会社「丸紅テレコム」が提供している光回線サービスです。

丸紅というと食料や金属などの輸出入、新電力開発事業等を手がけているイメージが強いですが、2015年からインターネット回線業にも着手しており、Marubeni光やMarubeni BBなどのサービスを実施しています。

フレッツ光の回線を流用した光コラボレーションの1つ

NTTの光回線「フレッツ光」を利用してインターネットサービスを提供する「光コラボレーション」。

2015年から新たに始まったビジネスモデルですが、現在、すでに数百の企業が光コラボレーション事業に参加し、独自のサービスを利用者に届けています。

Marubeni光も光コラボレーションの1つで、NTTのフレッツ光回線を利用したインターネットサービスを各家庭に届けています。

Marubeni光はフレッツ光と比べて月額料金が安い

フレッツ光回線を利用してはいますが、Marubeni光はオリジナルのフレッツ光よりも月額料金が低く設定されています。

知名度の高さで見るとNTTのフレッツ光が勝っていますが、料金で見るとMarubeni光などの光コラボレーションが優位になっているのですね。

とはいえ、いずれもフレッツ光と同じNTT回線を利用していますので、回線の品質自体には何の優劣もありません。

<割引適用後の月額料金(ギガ回線利用定額プラン)>

NTT東日本
フレッツ光
NTT西日本
フレッツ光
Marubeni光
Marubeni光
割引サービス名
にねん割
光もっと2割
にねん割
4ねん割
適用後の料金
(戸建て住宅)
5,000円
3,610~4,300円
4,350~4,600円
4,250円
適用後の料金
(集合住宅)
3,250~4,250円
2,830~2,930円
2,700~3,850円
2,900円

※料金はすべて税抜き価格

Marubeni光は、2年契約の「にねん割」だけでなく、3年契約の「3ねん割」、4年契約の「4ねん割」の3つの継続期間による割引制度があります。

また、NTT東日本のフレッツ光にも、Marubeni光の「にねん割」と同じシステムの2年契約割引サービス「にねん割」があります。

一方、NTT西日本のフレッツ光の定期契約割引サービス「光もっと2割」は、もっともおトクな料金が適用されるのが利用開始後7年目以降ですので、7年以上継続しないと最安月額料金(戸建て住宅は3,610円、マンションは2,830円)が適用されないようになっています。

Marubeni光は別途プロバイダ料金がかかる

光コラボレーションはフレッツ光とプロバイダが一体になったサービスですので、通常の場合は、プロバイダを選ぶ必要もなく、料金もまとめて支払います。

しかし、Marubeni光は間違いなく光コラボレーションサービスではあるのですが、光回線とプロバイダが別々になっています。

つまり、Marubeni光はフレッツ光と同様、光回線サービスだけを意味していますので、プロバイダは別途選択しなくてはならないのです。

プロバイダの選択肢は?

もちろん、ベースとなる光回線料金がフレッツ光より安く設定されていますので、プロバイダを別途契約したとしてもフレッツ光を利用するよりも安く利用できます。

そのため、フレッツ光からMarubeni光に乗り換える(転用する)場合、フレッツ光で使っていたプロバイダをそのまま利用するということも可能です。

フレッツ光からMarubeni光に光回線を転用する際には、違約金や解約金は発生しませんが、プロバイダによっては転用時に解約手数料や違約金が発生することもあります。
無駄な出費をできるだけ避けたい人は、プロバイダを解約しないでそのまま使い続ける方が良いでしょう。

もちろん、Marubeni光に乗り換える際に、プロバイダも一緒に変更することも可能です。

丸紅テレコムではプロバイダサービス「Marubeni BB」を提供していますので、Marubeni光とセットで利用すれば、料金はまとめて請求されて家計管理も簡単です。

<Marubeni BBの料金とMarubeni光をセットで利用した料金>

通常月額料金
3ねん割適用後料金
4ねん割適用後料金
Marubeni BB
1,200円
980円
930円
Marubeni光+Marubeni BB
(ファミリータイプ)
6,500円
5,230円
5,180円
Marubeni光+Marubeni BB
(マンションタイプ)
4,000~5,150円
3,880円
3,830円

※料金はすべて税抜き価格

フレッツ光では、マンションの契約タイプ(同一マンション内にフレッツ光を契約している世帯が何世帯あるか)によって基本料金が変わってきます。

ですが、Marubeni光の料金は、3年以上継続して利用すると、マンションの契約タイプにかかわらず単一料金設定です。

通常、同一マンション内にフレッツ光を利用している世帯が少ないと、もっとも高い契約タイプが適用されますが、3年以上継続利用するならタイプにかかわらずおトクな料金が適用されますので、小規模マンションにお住まいの人も低価格で利用できますね。

ただし、この単一料金設定が3年以上継続しないと適用されないため、マンションの契約タイプによっては、にねん割後の料金が3ねん割・4ねん割適用後の料金より安くなるという逆転現象が生じます。

契約時にしっかりとチェックして、もっともおトクなプランを選択するようにしてください。

Marubeni光はスマホ割がない!

Marubeni光の基本料金はフレッツ光よりも低く設定されていますので、おトクなインターネットサービスだということができます。
戸建て住宅で利用するなら、にねん割、3ねん割、4ねん割と利用年数が長くなるとさらにおトクになることも、魅力的だといえるでしょう。

ですが、Marubeni光には、スマホやケータイとのセット割引制度がありませんので、「スマホと合わせて通信費全体を安くしたい」という人にはちょっと不向きといえますね。

また、高額キャッシュバックなどのキャンペーンが少ないことも気です。

スマホ割+キャンペーンの充実ならソフトバンク光

「スマホ割を利用したい」「できればキャンペーンの適用を受けて、少しでもおトクに乗り換えたい」と考えている人には、ソフトバンク光がおすすめです。

ソフトバンクスマホ(3Gケータイやタブレットでも可)を利用している人は、他のソフトバンクのサービスとセットで利用することでスマホ料金が最大月額2,000円安くなる「おうち割」が適用されます。

3年目以降は月額最大1,008円の割引ですが、家族のソフトバンク回線10回線まで適用されますので、ソフトバンクユーザーが多いほどおトクになる額が増えます。

例えば、家族の中にデータ定額5GBを利用している人が3人いるなら、それぞれのスマホ代から毎月1,522円、家族みんなの割引額を合計すると1年間最大54,792円ものおトクです。

<おうち割適用で割り引かれる1年間の合計金額>

データ定額5GBプランが
3人いる場合
(最初の2年間)
データ定額5GBプランが
3人いる場合
(3年目以降)
おうち割の割引額の合計
54,792円
36,288円

※割引額はすべて税抜き年額表示。

もちろん、インターネットサービス自体も低料金設定になっています。

ソフトバンク光はプロバイダ料金込みの料金設定ですが、2年契約のプランでは戸建てでもマンションでもソフトバンク光の方がMarubeni光+Marubeni BBよりも安くなっています。

<ソフトバンク光とMarubeni光+Marubeni BBの料金比較>

ファミリータイプ
(戸建て住宅)
マンションタイプ
ソフトバンク光
(2年自動更新プラン)
5,200円
3,800円
Marubeni光+Marubeni BB
(にねん割)
5,550~5,800円
3,900~5,050円

※料金はすべて税抜き価格

ソフトバンク光の公式サイトでは、次のキャンペーンを実施しています。

  • 乗り換え時の解約金・違約金を全額サポート
  • 乗り換え時に24,000円分の商品券もしくは24ヶ月間の月額料金が1,000円割引

また、代理店サイトでは、次の独自キャンペーンを実施しています。

  • 12ヶ月間実質月額2,000円割引
  • 最大60,000円のキャッシュバック

代理店経由で申し込むと、独自キャンペーンだけでなく公式サイトのキャンペーンも適用されますので、おトク度がアップしますよ!

おすすめ窓口最大94,000円キャッシュバック
株式会社ライフバンク
携帯料金を月額最大1,080円割引
月額実質2,800円から利用できる!
スマホとのセットでお得なおうち割!

他社からの乗換えで違約金負担も!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

Marubeni光についてのまとめ

光コラボレーションだけれどもプロバイダは別途申し込む、ちょっと独特な光回線サービス「Marubeni光」。
キャンペーンやスマホ割は充実していませんが、気になる人はチェックしてみてはいかがでしょうか。

携帯料金が安くなる?!キャリア別人気回線ランキング

光回線は、フレッツ光以外にも、SoftBank 光auひかりドコモ光NURO光コミュファ光など数十社を超える回線業者があります。

毎月の出費になるインターネット利用料金は、できるだけ料金を安く、安定した速度を得られる高品質な光回線を選びたいですよね!

例えば、ソフトバンク光やドコモ光は、携帯キャリア業者の中でも「光コラボレーション」なので、フレッツ光と同じ回線を使い、速度や品質もフレッツ光と同じ。そして持っている携帯の月々の料金の割引が適用されます!

auひかりは、光コラボではなく、独自の光回線サービスとなりますが、速度の評判も良く、au携帯とのセットで割引するサービスがあります。

紹介した3大キャリアのインターネット回線に限らず、携帯と光をセットにすることで毎月の携帯料金を割引が受けられる回線があります!

ただインターネット回線は選択肢が多く、インターネットを申込む上で不安な気持ちになります・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

結果的に、光回線の選ぶポイントとして、「速度が安定するのか」、「料金は結局月々いくら支払うのか」、「解約金はいくらなのか」が重要です!

また「どのプラン」を利用するかで、無駄に払う料金をなくす方法ということもおさえておきましょう。これは申込む際に、窓口で念入りにプランの相談をすることが大切です。

フレッツ光ナビ運営局で、キャリアごとの「光回線・光コラボ」の料金・速度・キャンペーン・乗り換えで人気の回線」を調査し、評価順でランキングにしてみました!ぜひ参考にしてみてくださいね!

月額・キャッシュバックでお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプションホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大135,500円大幅還元!

3位ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

むずかしいインターネット回線選びをサポートするため、無料ガイドブックを作りました!

各回線の比較の要点をまとめただけでなく、開通までの流れや、お得なキャンペーン情報、各窓口の電話番号など情報が盛りだくさん!インターネット回線選びに悩んでいる方はぜひ読んでいただきたいです!


インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンに登録する

コメントを残す

*

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

関連記事