閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

フレッツ光の歴史を振り返る!光回線はこんな時代もあった・・

いまでこそ、さらりと使っている光回線「フレッツ光」。

でも、一昔前から考えると、個人で高速の大容量光回線を安くて2,000円台、メインボリュームの月額でも4,000円台で使えているなんて、夢のような話です。

光回線なんて当たり前、という世代には到底想像もできないでしょうが、筆者が編集の仕事を始めた頃、インターネットはまだ存在していませんでした。世界は、まだネットでつながっていなかったのです。

単語を打ち込めば、それについての情報があっという間に手元にあふれてしまう今とは大違い。

情報はネットでシェアされず、人々はそれぞれのコミュニティーや仕事などでつながっているものの、ネットではつながっていませんでした。

たとえばある映画俳優のインタビューが入ると、資料書籍を購入し、図書館などでも資料を集め、映画のビデオを借り、ビデオ店にない希少なインディペンデント系映画の高額なビデオを探し出し、自腹で購入したものです。

これが今なら、情報の信憑性は別として、略歴をWikiである程度確認できたり、エピソードはファン間のネット掲示板を参考にしたり、マイナーな映画もオンデマンド配信で見られたり、最悪YouTubeなどに(本当はいけないことですが)部分アップされているのを見られたりと、それ以前は熱意と足で稼いでいた取材がPCの前に座っているだけで全て済むなど、できることは圧倒的に広がりました。

その全てが実現したのは、光回線がポピュラーになった今だからこそ。

以前にはどんな感じでみんながネット通信で奮闘していたのか、光回線に至るまでの出来事をふりかえってみましょう。

アナログ回線でも感動。ただ電話が使えない!

インターネットの概念が芽吹き始めたのは、1960年代。

実際に提唱し始められ、研究が進んだのが1980年ごろで、日本でプロバイダーが誕生して実際に一般の利用が始まるようになったのは1992年、公衆回線によるダイアルアップIP接続の開始が1994年のことです。

ただ、その前にネットコミュニティーである「ニフティサーブ」は1984年頃からサービスを開始していて、加入していた会社で仕事の調べものに使用した記憶があります。

記憶をたどると計算上では確か1995年ごろ。

インターネット年表上ではインターネットの歴史が始まっていますが、その時の調べものでネットを使った記憶がなく、一般的に使用しだしたのはその数年後の記憶があります。(記憶が間違っていたら、ごめんなさい)

この時ニフティの通信に使用していたのが、確かアナログの電話回線。
「ダイアルアップ(ダイヤルアップ)接続」です。専用回線ではなく、確か複数ある会社の電話回線の1本を臨時に振り分けて使用していたように記憶しています。

つまり、ダイアルアップ接続で使用している間、その回線は電話に使えないということ。
どのように切り替えていたのか、もはや記憶がありませんが、ニフティに接続中に誰かがその回線で電話を使用しようとすると、「この電話使えない!」という事態になります。

1人暮らしなら大丈夫なのですが、家庭であれば、その間に電話機が使えないことになり、「電話使いたいからやめてよ」という母に、パソコンを抱えた娘が「もうちょっと待って!」などと家庭内に攻防戦が起きて、さぞ困った状況だったと思います。

特徴は「ピー、ピーヒャララ」という接続音。これをノイズといっていいのかどうかわかりませんが、とにかくノイズ入りまくりの超のろのろ接続がこの「ダイアルアップ」接続でした。

ちなみに回線速度はなんと最速でもたった28.8Kbps(bpsは一秒間に何ビットのデータを送れるかという単位)。ギガ時代には、考えられない数字です。

当然、見ることができるのはおもにテキスト。

画像(いまでは考えられないほど小さく粗い)などを読みこむのにも、果てしない時間がかかりました。
それでもどこかと繋がっていて、情報に限りはあったものの調べたいことがわかったときは感動したことを覚えています。

よく回線速度について時代を追いながら、道路にたとえて、「あぜ道」「一般道」「高速道路」ということがあります。まさに、アナログの電話回線は今思えば実にのんびりした「あぜ道」でした。

フレッツ光よりも光コラボの方が断然おトク!?

★大人気★500以上の光回線プランの中からお客様に合ったプランをご提案します!

1本で2回線使える! ISDN回線

まだ「あぜ道」の時代は続きますが、1995年には、1回線で電話もネットも使えるという画期的なデジタル回線の「ISDN」が普及するきっかけとなる低価格ターミナルアダプタ「MN128」が発売されます。

今から考えれば、同じあぜ道ではありますが、こちらはアナログではなくデジタル回線。ただし、128Kbpsを半分に割った64Kbpsのスピードで、アナログのダイアルアップ接続の2倍強。飛躍的に早くなった訳ではないのです。

翌年の1996年には、より低価格のターミナルアダプタが各社から発売されたのに加え、いくら使っても市内の特定の接続料金が定額のNTT「テレホーダイ」サービスが提供開始され、徐々に「ISDN回線」使用者が増大しました。

その頃の私も、実家も、会社もISDN回線に加入し、ターミナルアダプタを購入して「テレホーダイ」を使っていました。

詳しい方法は忘れましたが、プロバイダーから接続の該当市の電話番号リストが送られてきて、その中から何カ所かを選んで番号を登録した記憶があります。

いずれにしても、ここからの4,5年が最も劇的にインターネットが普及し、それに関わる環境が変わったといえるのではないでしょうか。

ちなみに2016年現在、ISDNはいまもなお健在です。

ついにブロードバンド登場! ADSL回線

ADSL回線への加入歴がある人はわかると思うのですが、加入の前提は電話回線があること。

電話回線がないと基本料に別途料金を支払って電話回線に加入する必要があるのです。

その理由は既存の電話回線にメタル回線を重ねて通信するため。既存通信網と施設を利用しての初のブロードバンド(大量通信)回線の登場です。

何年のことかは忘れましたが、私もISDN回線からADSLに乗り換えました。
会社はNTT東日本のフレッツADSLでしたが、自宅はコストが安いYahoo!。

Yahoo!が無料でルーターを配っていたという伝説は知らず、フツーに自分で申し込み加入しました。
プロバイダー込みだったので、ずいぶん安いなと思った記憶があります。

「あぜ道」から「一般道」へステップアップしたわけですが、当時の感覚としては、そこから一歩進んで、もう「高速道」に乗ったような気分でした。

なぜなら、現在のように映画やテレビの高画質なオンデマンド配信があったわけではなく、調べものをしたり、興味があるページを見たり、ネットショップで買い物をするだけですから、その速さを飛躍的に感じたのです。

64Kbpsから当時の私のプランだった8Mbps(メガは100万)に変わった訳ですから、通信回線のスピードは1,000倍以上。当然の反応です。

しかし、時が経つのは早いもので、このADSL回線にもサービス終了が見えてきました。2006年にはNTTがモデムの製造をやめていたこともあり、今年2016年の6月30日をもって、フレッツADSLの新規募集を停止。しみじみと時の流れを感じてしまいます。

フレッツ光よりも光コラボの方が断然おトク!?

★大人気★500以上の光回線プランの中からお客様に合ったプランをご提案します!

ぶっちぎりの高速道路、それが光回線

ADSLはメタル回線である電話回線を利用した電気による通信。
これに対し、「フレッツ光」などの光回線は、光ファイバーを利用したレーザー光による高速・大容量の通信です。

ADSL回線はメタル回線のためノイズなどの外的要因に比較的弱いのですが、これに対して光回線はノイズの影響を受けにくく、長距離回線でのロスも極めて少なく安定しています。

それより何より数字的なことをいえば、ADSLの一般的な下り容量は50Mbpsほどなのに対して、「フレッツ光」なら、理論値で最速1G(ギガは10億)bpsという大容量。天文学的な数字の差です。たとえるなら、ぶっちぎりの「高速道路」です。

ネットショッピングやネットサーフィンをしている分にはそれほどスピードの差は感じられないのですが、HuluやNetflixなど動画配信で比較するとADSLは光回線にほぼ全面降伏です。光回線の快適さと安心感を味わったら、他の通信環境は考えられないと思います。

ちなみに日本で光ファィバーによる通信回線の一般的な利用が始まったのは、2003年の「auひかり」のサービス提供から。

NTTも1980年代半ばから企業向けなどにサービスを提供していたものの、前身の日本電信電話公社から民営化されたことで優位にこのサービスの提供ができるため、「独占禁止法」にあたるのではと提供が遅れたのです。実際NTTがこのサービスを始めたときには、KDDIが猛烈に抗議しています。

そんなトラブルを経て、KDDIに遅れてNTTもフレッツ光の提供を開始。徐々に月額料金も下がり、工事代金の負担分もどんどん安価になっていきました。

現在では、プランによっては月額利用料2000円台、工事料金も集合住宅タイプであれば自分で設定できるケースも多く、その場合は2000円ほどと、ぐんと手軽になってきました。

NTT代理店はもちろん、NTTのホームページでも何らかのキャンペーンを行っていることがあり、工事料金も月額使用料金もディスカウントされることが多くなっています。

もし、まだ光回線に加入していないのなら、いまが一番の加入時です。

PCやテレビで動画を楽しめるのはもちろん、別の部屋から録画したコンテンツをタブレット端末などで楽しむことができるのも、光回線ならではの愉しみ。

ぜひ、さまざまなプランやオプションを比較検討し、「フレッツ光」のある快適な生活を満喫してください。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる!?人気光回線ランキングBEST3

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
フレッツ光ナビであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

1位ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大2,000円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光の申込み・相談はこちら

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

2位auひかり

2位

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりの申込み・相談はこちら

【注目】月額12ヶ月間1,000円割引開催中

3位NURO光

3位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月2,000円割引!

月額料金

4,743円~(税抜)

速度回線

下り最大 2000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション電話サービステレビサービスセキュリティサービス

▼この窓口限定キャンペーン

NURO光の申込み・相談はこちら

【注目】初期工事費が実質無料!

固定回線のお悩み解消!今大注目のモバイルルーター!

実際にいろいろ光回線を調べてきたけど結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに工事や手続きなど面倒なことがたくさんあることを知ってあきらめる方も多いようです。

断然おトクになるのにもったいない…!

そのほかに固定回線に申し込もうか踏みとどまっている方の理由を聞いてみる見ると・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

以上のことがデメリットで、なかなか変えたくても変えられない方が多いようです。
そんな不満を抱えた方達に人気・注目されているのが、いつでもどこでもネットが楽しめて 面倒なインターネット開通工事やお手続きの必要がない「モバイル回線」です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターは持ち運びができるから、いつでもどこでもネットが楽しめる!
さらに、通常の固定回線と違って専用の機器をご自宅に置くだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!
また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないので安心です。

特にUQコミュニケーションズという会社が提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器として非常に有名なサービスと口コミで広がっています。
その人気の秘密は、一般的なモバイルWiFiルーターが月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できる点にあります。
また無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度440Mbpsでフレッツ光などの固定のインターネット回線速度と比較してもほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

さらに魅力的なのはその価格!

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界最安級だから、うまくWiMAXを利用することで、月額のスマホ代を節約できたり、今までよりも快適なネット生活を送ったりすることができます! 固定回線で迷っている方は、ぜひメリットの多いWiMAXルーターの利用も検討してみてください!

WiMAX申込み人気No.1「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みがおトク!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクになっています!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る