閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

DMM光の契約はおすすめ?速度評判からメリット・デメリットまで紹介

DMM光

DMM光は光コラボレーションであり、DMMユーザーに対してさまざまなキャンペーンやサービスを実施しています。

今回はDMM光とはどんな回線か、契約するメリット・デメリット、料金や速度、申込方法
まで幅広く紹介します。

すでにDMM光を利用している方には、速度が遅い場合の原因や解約方法も紹介していますので、ぜひ一度ご覧ください。

DMM光とはどんな回線?サービスを紹介

DMM光とは、NTTのフレッツ光回線とプロバイダサービスをセットで提供する光コラボレーションサービスの1つです。

光回線とプロバイダの請求が1つにまとまりますので、家計管理がシンプルになるというメリットもあります。

DMM光で利用できるプロバイダはDMMのみ

NTTのフレッツ光のように複数のプロバイダから選択できる回線業者もありますが、DMM光ではDMMのプロバイダしか利用できません。

次の記事でも詳しく解説していますので、ぜひご覧ください。

DMMの動画・電子書籍のダウンロード・ストリーミングが速い

DMMには、光回線サービスだけでなく、動画配信サービスや電子書籍サービスも提供しています。

DMM光なら、DMM動画や電子書籍を提供しているサーバーと直接つなげますので、ダウンロードやストリーミングを非常にスピーディに実施できます。

DMM光を契約するメリット6つ

DMMのサービスをスピーディに利用できることだけでも、DMMユーザーにとっては嬉しいメリットですよね。

その他にも、DMM光には次の6つのメリットがあります。

  • 利用可能エリアが全国規模で広い
  • DMM mobileとのセット割がお得
  • IPv6とIPv4(PPPoE)が利用できるv6プラス対応
  • 利用者が少数のため回線の混雑しにくい
  • 開通工事費が無料
  • 利用期間が2年以上なら違約金が不要

DMM光のメリット1:利用可能エリアが全国規模で広い

DMM光は、光コラボであるため、NTTのフレッツ光が利用できる場所ならどこでも利用できます。

NTTのフレッツ光は日本最大の光回線網を保有するサービスですので、DMM光も、日本最大の利用可能エリアを持つ回線サービスだと言えますね。

DMM光の対象エリアは以下のとおりです。

NTT東日本エリア
NTT西日本エリア
北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県、茨城県、栃木県、群馬県、埼玉県、千葉県、東京都、神奈川県、新潟県、山梨県、長野
富山県、石川県、福井県、岐阜県、静岡県、愛知県、三重県、滋賀県、京都府、大阪府、兵庫県、奈良県、和歌山県、鳥取県、島根県、岡山県、広島県、山口県、徳島県、香川県、愛媛県、高知県、福岡県、佐賀県、長崎県、熊本県、大分県、宮崎県、鹿児島県、沖縄県

DMM光のメリット2:DMM mobileとのセット割がお得

DMMが提供する格安スマホサービスDMM mobileを利用している方は、月額料金が毎月500円割り引かれます。

DMMmobaileを利用している方にはうれしいサービスではないでしょうか。

セット割を利用しているユーザーの口コミを見てみましょう。

上記の口コミから、DMM mobileを使っているのなら、光回線サービスはDMM光がお得であることがわかりますね。

DMM mobileのプラン選びも大切です。

上記の方は、DMMmobileの最低料金に加えてセット割を利用しているため実質タダで使えているようです。

DMM光のメリット3:IPv6とIPv4(PPPoE)が利用できるv6プラス対応

DMM光は、従来型の接続方式IPv4だけでなく、次世代型のIPv6接続も利用できるv6プラスを利用できます。

DMM光 v6プラス

引用:DMM光公式サイト

v6プラスとは、従来の接続方式であるIpv4で利用できるIPアドレスが少なくなったことにより利用できるようになった接続方式です。

iPv4は利用者が増えたことにより、インターネット回線の経路が混雑し速度の低下が起きるようになりました。

対してv6プラスとは、混雑の少ない経路をとおることができるため、曜日や時間帯に関係なく、高速でインターネットを楽しめるのです。

v6プラスの設定方法については、次の記事で説明していますのでご覧ください。

DMM光のメリット4:利用者が少数のため回線の混雑しにくい

多岐にわたるサービスを展開しているDMMですが、プロバイダサービスを開始したのは2016年と遅いため、まだ利用者が多くはありません。

そのため、回線が混雑しにくく、通信速度が低下しにくいというメリットもあります。

DMM光を利用しており、速度が遅いと感じていないようです。

上記の方もDMM光の契約者が少ないことにより通信速度が速いということが分かっているようですね。

すぐに速度改善をしたいという方は、DMM光の契約をおすすめします。

北海道だけでなく他のエリアでも、まだ少ないようです。

回線混雑を回避したいなら、DMM光のように新しい業者と契約するのも良い方法ですね。

DMM光のメリット5:開通工事費が無料!

新規にDMM光と契約する場合は、開通工事費が無料になります。

もちろん、フレッツ光から転用する場合も工事費不要ですので、誰でもお得にDMM光を始められますね。

ただし、オプションであるDMM光電話やDMM光テレビを利用する場合は工事費が発生しますので注意してください。

DMM光電話工事費
基本工事費
派遣工事:4,500円
無派遣工事:1,000円
ネットワーク工事費
(交換機等工事費)
基本機能:1,000円
付加サービス:2,000円
契約手数料
2,000円
DMM光テレビ工事費
新設工事費
移転工事費
光回線と同時に工事を行う場合:3,000円
DMM光テレビのみ工事を行う場合:7,500円
屋内同軸配線工事
単独配線工事:6,500円
共聴設備接続工事費:19,800円

DMM光のメリット6:利用期間が2年以上なら違約金が不要

DMM光は、最低利用期間が24ヶ月と定められていますので、24ヶ月以内に解約すると9,500円の解約違約金を請求されます。

他社の場合は、更新月を設けており、一定期間をすぎると定期的に訪れるその期間に解約しないと違約金が発生します。

しかし、DMM光なら25ヶ月目以降は、いつ解約しても違約金不要ですので、ややこしい更新期間などを計算する必要がありません。

DMM光を契約するデメリット3つ

優れた点が多いDMM光ですが、デメリットがないわけではありません。

特に気になるデメリットを3つ紹介します。

  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • キャッシュバック・キャンペーンが少ない
  • サポート窓口の対応が悪い

DMM光のデメリット1:支払い方法がクレジットカードのみ

DMM光の支払いは、クレジットカード決済のみとなっています。

DMM光で利用できるクレジットカードは以下のとおりです。

  • VISA
  • マスターカード
  • JCBアメックス
  • ダイナース

クレジットカードを持っていない方や現金払いを好む方は契約できないというのが難点ですね。

DMM光のデメリット2:キャッシュバック・キャンペーンが少ない

一般的に、公式サイトよりも代理店サイトの方が、キャッシュバックなどのキャンペーンが多く、お得に契約できます。

DMM光も公式サイトよりも代理店サイトの方がお得で、公式サイトではキャッシュバックは実施していませんが、代理店サイトを経由すると5,000円のキャッシュバックを受けられます。

とはいえ、何万円ものキャッシュバックを実施している回線業者もある中、5,000円だけでは少し寂しいですよね。

DMM光のデメリット3:サポート窓口の対応が悪い

気になるデメリットの3つめは、サポート窓口の対応の悪さです。

実際に利用した人の口コミを見ていきましょう。

DMM光のサポート窓口繋がらないようです。

どの程度の時間繋がらないのかは分かりませんが、この怒りようからすると相当な時間繋がらないのでしょう。

こちらも繋がらないようです。

25分も保留は困りますよね。

普通、朝はサポート窓口は空いているものなのですが、DMM光は朝すらも繋がらないようです。

そんなにDMM光で困った問題が起きているのでしょうか?

DMM光のサポート窓口の評判は総じて繋がらないというものばかりでした。
ネットに詳しくない人は、サポートへの連絡も多くなりますし、繋がらないというのは困りますね。

【戸建て・マンションタイプ別】DMM光の月額料金を紹介!

DMM光の月額料金は以下の通りです。

戸建て住宅では、データ通信量によって料金が2段階に決まる2段階定額プランも選択できます。

使い放題プラン
2段階定額プラン
戸建て住宅タイプ
4,820円
4,720~5,420円
マンションタイプ
3,780円

なお、2段階定額は3GBまで3,720円(税抜)、10GBまでは徐々に料金が上がっていって、10GB以上は5,420円(税抜)に固定されるしくみの、最大速度が100Mbpsのプランです。

2段階定額は通信速度・料金の面から見て、4,820円(最大速度1Gbppsのプラン)よりもコストパフォーマンスが悪いため、おすすめできません。

DMM光は他社回線より安い!月額料金を比較!

他の回線の使い放題プランと比較してみました。

DMM光
auひかり
ソフトバンク光
ドコモ光
戸建て住宅タイプ
4,820円
5,100円
5,200円
5,200円
マンションタイプ
3,780円
3,800円
3,800円
4,000円

戸建てタイプはどの回線も5,000円を超えているのに対し、DMM光は4,000円台とお得なことが分かりますね。

DMM光の速度を口コミでチェック!実測値は速い?

v6プラスが利用できるDMM光は、理論的には高速通信が可能ですが、実際のところはどうなのでしょうか。

口コミから探っていきましょう。

混みそうな時間帯でも、充分な速さが出ています!

上記のスピードが出ていれば、ネットサーフィンも動画視聴もスムーズに行うことができます。

通信速度が遅いと、オンラインゲームは楽しめませんよね。

しかし、DMM光で、満足できるスピードが出ているようです。

数値は低いですが、利用する上で問題はないようです。

上記のとおり、DMM光の通信速度に不満を持っている人はあまり存在しませんでした。

現在、通信速度が遅くて困っているという人は、DMM光の契約を検討してみてはいかがでしょうか。

なお、DMM光の評判は以下でも紹介していますので、気になる方はぜひ一度ご覧ください。

DMM光でv6プラスを利用する場合の申込方法

通信速度にこだわるのなら、v6プラスに申し込んでおきたいものです。

DMM光に申し込む際に、「v6プラスを使いたい」と申し入れるだけで利用できますので、かならず一声かけるようにしてくださいね。

なお、v6プラスについてはDMM光のメリット3:IPv6とIPv4(PPPoE)が利用できるv6プラス対応で詳しく紹介していますので一度ご確認ください。

v6プラスが利用できるホームゲートウェイ

DMM光で混雑緩和・高速通信が可能になるv6プラスを利用するために必要なホームゲートウェイ機器は、以下のとおりです。

  • RT-S300
  • PR-S300
  • PR-400
  • RT-400
  • RV-S340
  • RV-440
  • RT-500
  • PR-500
  • RS-500

上記のホームゲートウェイが自宅に設置されていない場合は、以下のレンタル料を支払って機器をレンタルすれば、v6プラスを使えるようになりますよ。

月額料金(税抜き)
ホームゲートウェイレンタル
200円(東日本ではDMM光電話申し込み時のみ選択可能)
無線LAN機能付きホームゲートウェイレンタル
300円

DMM光電話申し込みならそれぞれ100円引きになるのでお得です。

なお、手持ちのルーターがv6プラスに対応している場合は、ホームゲートウェイなどの機器をレンタルする必要はありませんのでご安心ください。

DMM光ではv6プラスルーターの設定が不要

DMM光でv6プラスを契約すれば、契約してから2~3日で自動的に接続がv6プラスに切り替わります。

v6プラス利用のための面倒な設定は不要なので便利ですよね。

ただし、もしも3日後に切り替わらない場合は、ルーターを初期化する必要があるので注意しましょう。

DMM光のv6プラス接続は一部利用できなくなるサービスがある

DMM光でv6プラスを導入すると、以下の4つのサービスが利用できなくなります。

  • 固定IPサービス
  • 特定のプロトコルやポートを利用する一部オンラインゲームなどのサービス
  • IPv4専用ページ
  • 自宅から外部へサーバーを公開するサービス

ただし、月額500円(税抜)のプロバイダハイブリッドオプションを利用すれば、上記のサービス利用に必要な「PPPoE」方式でのインターネット接続が併用できますよ。

最短2週間!DMM光の申込から開通までの流れ【新規・転用別】

DMM光の申し込みから開通までの流れは、次の通りです。

<新規申し込みの場合>

  1. DMM光にインターネットから申し込む
  2. サービスセンターから連絡が来る(v6プラスに申し込む場合は、このタイミングで!)
  3. 開通工事
  4. パソコンで接続設定

<フレッツ光から転用の場合>

  1. NTTに転用承諾番号を発行してもらう
  2. DMM光にインターネットから申し込む
  3. サービスセンターから連絡が来る(v6プラスに申し込む場合は、このタイミングで!)
  4. パソコンで接続設定

上記のとおり申し込みから開通までは簡単に行えます。

DMM光の速度が遅い!原因と対処法を紹介!

通信速度が速いと評判のDMM光ですが、利用環境によっては速度が遅いこともあります。

例えば以下のような環境では、通信速度が遅くなりがちです。

  • パソコンが古い
  • LANポートやLANケーブルが高速通信に対応していない

いずれかに当てはまるときは、パソコンや周辺機器の買い替えを検討してみましょう。

なお、DMM光はv6プラスに対応していますが、PPPoE方式も選べるます。

しかし、PPPoE方式を選んでいる場合は速度が遅くなる可能性がありますのでご注意ください。

DMM光の解約方法

DMM光の解約は、以下のサービスセンターに電話をかけて申し込むだけで完了します。

レンタル機器がある場合は、電話で返却方法を尋ねておきましょう。

<DMM光サービスセンター>

電話番号
営業時間
0120-007-497
年末年始以外の毎日10:00~18:00

2年以内に解約する場合の解約金を抑える方法

解約する時には以下の料金を請求されることがあります。

  • 解約月の月額料金
  • サービス自体の解約違約金(開通後2年以内に解約する時)
  • オプションやキャンペーンの解約違約金

特に2年以内に解約すると解約時の費用が高くなってしまいますが、何らかの事情で2年以内にDMM光を解約しなくてはいけないときもありますよね。

解約時の費用を抑えたい方は、違約金負担キャンペーンを実施しているauひかりかソフトバンク光への乗り換えを検討してみてください。

auひかりなら3万円、ソフトバンク光なら10万円を上限に、解約時の費用を負担してくれますよ。

まとめ

動画視聴や電子書籍がストレスなく利用できるという特長をもつDMM光。

契約するメリットは以下のとおりです。

  • 利用可能エリアが全国規模で広い
  • DMM mobileとのセット割がお得
  • IPv6とIPv4(PPPoE)が利用できるv6プラス対応
  • 利用者が少数のため回線の混雑しにくい
  • 開通工事費が無料

v6プラスを利用できるのも、通信速度を重視したい人には魅力的ですよね。

また、月額料金も他社回線と比較して安価であることもDMM光の嬉しいポイントです。

しかし、反対にデメリットも存在します。

  • 支払い方法がクレジットカードのみ
  • キャッシュバック・キャンペーンが少ない
  • サポート窓口の対応が悪い

支払方法がクレジットカードのみのため、クレジットカードを持っていない人は契約ができないため注意が必要です。

また、サポートが繋がりにくいことやキャッシュバック額が少ないのもDMM光を契約するうえで注意しておきましょう。

DMM光を検討している人はメリット・デメリットを正しく把握してから契約に踏み切ってくださいね。

フレッツ光と同じ品質でフレッツ光より安くなる?おすすめ光回線3選

最近は、フレッツ光以外にも、auひかりや、NURO光コミュファ光など様々な光回線が人気を集めています。

人気な理由としては、フレッツ光よりお得な料金プランがあったり、独自のキャンペーンや割引サービスなどがあったりして、フレッツ光同等のインターネットサービスをとにかくお得に利用できるからです。

auひかりが行っている「スマートバリュー」という携帯電話の利用料金を割引するサービスなどが有名なところですね。
また、2015年からはNTTの光回線(フレッツ光の回線)を様々な事業者に卸し、その事業者独自プランとしてサービス提供する「光コラボ」も始まり、今では、数え切れないほどの光インターネットサービスが存在し、光回線市場の競争は激化しています。SoftBank光ドコモ光Biglobe光などがこの光コラボに当てはまります。

この競争を勝ち抜くために、各社様々なキャンペーンや割引サービスを実施してくれるおかげで、一昔前のインターネット契約時と比べ、今では圧倒的にお得にインターネットを利用することが可能になりました。

そんなインターネット戦国時代の今ネットを利用するなら、間違いなくフレッツ光よりもauひかりやNURO光、コミュファ光などの光回線か、SoftBank光やドコモ光などの光コラボの方が圧倒的にお得になるチャンスがありおススメです!

しかしこんな声をよく聞きます・・・

  • 結局どの回線を選べば良いかわからない!
  • 速度や品質などが不安・・・
  • どこのサイトで申し込んでも同じような料金なんでしょ!?
  • 大して速度も変わりがないし、今使っている光回線で満足!

実は、それすごくもったいないですよ!
今の時代、本当に自分にあった環境で光回線を選ぶことで月々の利用料金を安く出来るんです!
しかも、光コラボに関してはフレッツ光と同じ回線を利用しているため、速度や品質も安心して利用できます!

今回は、まだまだ知られていないそんなお得な光回線を紹介するために、フレッツ光だけでなく、人気の光回線や光コラボとも比較をし、実際にどの光回線が選ばれているか「光回線ランキング」として厳選しました!

さぁ、いろんな光回線を比較して、あなたにとって一番ふさわしい光回線を選びましょう!
わたしのネットであなたに合った光回線を探して、快適インターネット生活をお過ごしください!

月額・キャッシュバックがお得

ソフトバンク光

2位

おうち割で最大2年間スマホ代が毎月最大1,080円割引!

月額料金

2,800円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション ホワイト光電話光テレビセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ソフトバンク光のWeb申込・相談窓口

【注目】12ヶ月月額料金が実質2,000円割引

auひかり

auひかり

最大2年間、スマホ1台あたり毎月2,000円割引!

月額料金

実質2,550円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービステレビサービスセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

auひかりのWeb申込・相談窓口

【注目】最大147,500円大幅還元!

ドコモ光

2位

ずっとドコモ割プラスで毎月最大2,500円割引!

月額料金

4,000円~(税抜)

速度回線

下り最大 1000Mbps(上り最大1000Mbps)

オプション 電話サービスひかりTVセキュリティ

▼この窓口限定キャンペーン

ドコモ光のWeb申込・相談窓口

dポイント最大10,000円相当プレゼント

その他光回線・光コラボ一覧

固定回線は工事がめんどくさい!モバイルルーターで解決

光回線とモバイルルーターで迷いませんか?

もちろんモバイルルーターが欲しくて選ぶ方もいると思いますが、利用したい光回線がエリア外であったり、住んでいるマンションでそもそも使える光回線が決められているなど、希望に沿わない理由もあると思います。

また固定回線の利用を迷う方の理由を聞くと・・・

固定回線に申し込もうか悩んでいる理由

以上のことがデメリットで、光回線に申し込みができない・乗り換えできない方もいます。

そんな光回線の申込みへ不満を抱えた方の代替え案として、「家でも、外でも、高速インターネットが楽しめ、面倒なインターネット開通工事や手続きが必要がない「モバイル回線」が人気です!

モバイル回線がおすすめな理由

Wi-Fiルーターはサイズも手のひらサイズのコンパクトで、持ち運びもラクラク!

さらに、通常の固定回線と違って専用の端末を持つだけなので、インターネット開通工事によって壁などに穴を空けたりすることもありません!

また、急な引越し時でもわずらわしいお手続きが発生することもないも嬉しいでよね!

おすすめはUQコミュニケーションズが提供しているモバイルWi-Fiルーターを販売する「Broad WiMAX」は、持ち運びができるインターネット通信機器のサービスで口コミで広がっています。

Broad WiMAXの人気のヒミツは、魅力的なのは毎月2762円(税抜)と業界最安級の月額料金!

さらに一般的なモバイルWiFiルーターは月間の通信量に制限があるのに対し、WiMAXのモバイルWi-Fiルーターは月間の通信量が無制限で利用できます。

無線通信機器にもかかわらず、下り最大速度758Mbpsで、フレッツ光などの固定回線と速度を比較しても、ほとんど差異がないその通信スピードも人気のポイントです。

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

WiMAX業界でも最安級の月額料金の設定で、WiMAXを上手に活用できれば、月額のスマホ代を節約できたり、プランによっては容量を気にせずネットを使えます!

固定回線で迷っている方は、WiMAXルーターを利用するのも1つの手段ですね!

WiMAXでおすすめは「Broad WiMAX」

おすすめ窓口BroadWiMAX

webからお申し込みでおトク!
多くの方に選ばれている「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いで申込めば初期費用18,857円割引適用され、他社の窓口と比べても月々の利用料もおトクです!

▼この窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る