閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

WiMAXの機種変更の判断ポイント3つを解説!解約から乗り換えまでの方法も!

wimax 機種変更

WiMAXを使い続けている場合、機種変更はどのタイミングで行うべきか気になる方も多いでしょう。

機種変更は、以下のタイミングで検討することをオススメします。

  • 速度やパフォーマンスに不満がある
  • 古い規格を利用している
  • 契約中のプロバイダの更新期間中

また、お得に機種変更を行うためにオススメなのは、プロバイダを一旦解約し、別プロバイダで新規に契約するという方法です。

本記事では、WiMAXルーターを機種変更するタイミングや、お得な機種変更の方法を解説します。

WiMAXを機種変更すべき?判断ポイントは3つ

WiMAXルーターの機種変更を考えている方は、現在使用中のルーターが、以下3つのポイントに当てはまるか確認してみてください。

  • 速度やパフォーマンスに不満がある
  • 古い規格を利用している
  • プロバイダの契約更新が迫ったら

速度やパフォーマンスに不満がある

WiMAXルーターもスマホやパソコンと同じように年々スペックが上がっています。

たとえば、2018年発売のW05と、2015年発売のW02では、下り最大速度は約3倍の違いがあります。

通信速度が遅いと感じた場合は、新しいWiMAXルーターに変えることで速度が改善されるケースもあります。

ただし、通信速度が遅い原因はWiMAXルーターそのものの問題に限らず、たとえば以下のことが原因である場合もあります。

  • 速度制限に引っかかっている
  • WiMAXを利用する場所の電波が悪い
  • 接続デバイス側のパフォーマンスなどの問題

WiMAXが遅いと感じたときの対処法を紹介した記事もありますので、あわせて参考にしてくださいね。

古い規格を利用している

2019年現在、WiMAXルーターの規格の主流となっているのは、2013年11月に登場したWiMAX2+です。

それに伴い、旧規格である「WiMAX」は2020年3月31日でサービス終了が予定されており、現在では少しずつ規模が縮小されています。

なお、2019年5月時点で販売されているWiMAXルーターはWiMAX2+を利用できますので心配することはありません。

旧規格しか使えないWiMAXの機種は、UQ WiMAXの公式ページに一覧が出ています。

→WiMAXの機種確認はこちらから

プロバイダの契約更新が迫ったら

機種変更をできるだけお得に行いたいと考えているのであれば、ベストなタイミングは契約更新月です。

契約中のプロバイダを解約し、別のプロバイダ新規契約と同時に機種変更をすれば、キャッシュバックや端末0円などのキャンペーンを適用できるためです。

とくに契約中のプロバイダにこだわりがないのであれば、プロバイダごと乗り換えてしまうのも手ですよ。

どのプロバイダであっても、機種や速度に違いはありません。

ただし、キャンペーン内容や月額料金はプロバイダによってさまざまなので、乗り換え先のプロバイダが端末0円のキャンペーンを展開しているか、気になるキャンペーンが他にもあるか、そして月々の料金が大幅に上がらないかどうかは事前に確認しておきましょう。

プロバイダを解約しない機種変更でも、一定期間の経過で無料に

プロバイダの解約および新規契約を行わずに機種変更を行う場合は、プロバイダの機種変更キャンペーンを利用しましょう。

契約から一定期間経過後の機種変更をすることで、新しいWiMAXルーターの端末代が無料です。

新しいWiMAXルーターの端末料金は、現在使用しているルーターの利用期間によって決まります。

利用期間が長くなるにつれて端末代が安くなるという点は全プロバイダ共通ですが、以下の表のとおり、端末代が無料になるタイミングはそれぞれ異なります。

プロバイダ名 新ルーターが無料になる条件
Broad WiMAX 契約から20ヵ月以上
UQ WiMAX 契約から22ヵ月以上
3 WiMAX プレミアムプラン(4年契約プラン)契約後、2年経過
GMOとくとくBB 契約から20ヵ月以上
BIGLOBE 契約から22ヵ月以上
So-net 契約から22ヵ月以上

WiMAXをお得に機種変更するための方法を解説

WiMAXの機種変更はできるだけお得な方法で済ませたいと思っている方も多いはず。

そこでオススメの方法は、契約中のプロバイダを解約し、新規で契約する方法です。

また、プロバイダを変更しなくても、一定期間が経過すれば無料で機種変更をすることも可能です。

それぞれの方法やメリット・デメリットについて、次の見出しからチェックしてみましょう。

プロバイダをいったん解約し、新規契約するのがお得

WiMAXルーターをお得に機種変更したい方は、現在契約中のプロバイダを解約し、別プロバイダに乗り換えて新規加入者向けの特典を受けることをオススメします。

解約違約金がかかってしまう場合でも各プロバイダのキャッシュバックや違約金負担キャンペーンなどでカバーができるため、更新月を待たずに機種変更をしてもお得な場合が多いのです。

どのプロバイダであっても、解約~新規契約までの流れは以下のとおりです。

  1. 契約中のプロバイダを解約する
  2. →当サイトの別記事にて解約方法の詳細を紹介しています

  3. プロバイダを新規契約する
  4. →当サイトの別記事にて申し込み方法の詳細を紹介しています

  5. 新しい端末を受け取り、使用開始

また、次の見出しからは、乗り換えにオススメのプロバイダを紹介します。

  • 違約金負担のあるBroad WiMAX
  • キャッシュバックがお得なGMOとくとくBB

WiMAXのプロバイダにはどのようなものがあるかが気になる方は、こちらのWiMAXのプロバイダについて紹介した記事も参考にしてくださいね。

オススメプロバイダ1:違約金負担のあるBroad WiMAX

Broad WiMAXは他プロバイダのWiMAXからの乗り換え特典として、機種変更をする際に解約違約金がかかった場合でも最大19,000円(税抜)まで負担してくれます。

そのため、旧プロバイダで契約更新月以外の期間であっても、実質無料で機種変更を行える可能性が高いです。

また、Broad WiMAXはキャッシュバックを実施していないぶん、月額料金を2,726円(税抜)からという業界最安レベルに設定しています。

はじめから月額料金の安いプロバイダで契約したいという人にはオススメのプロバイダです。

Broad WiMAXが気になるかたは、こちらのキャンペーンページをチェックしてみてくださいね。

オススメプロバイダ2:キャッシュバックがお得なGMOとくとくBB

GMOとくとくBBからWiMAXを申し込むと高額なキャッシュバックを受け取ることができます。

時期によってキャッシュバック額は変動しますが、最大31,000円から最大42,000円程度と、どのWiMAXのプロバイダよりも高額に設定されているのが特徴です。

なお、2019年5月現在のキャッシュバックの最大額は、36,150円です。

キャッシュバックを受け取れば現在利用しているWiMAXの違約金をカバーができますね。

ただし、キャッシュバックを受け取るためには契約月を含む11ヶ月後に送信されるメールからの手続きが必要ですので、リマインダーなどを利用して確実に受け取れるようにしましょう。

GMOとくとくBBが気になる方は、こちらのWebサイトをチェックしてみてくださいね。

機種変更キャンペーンを利用すれば端末代が無料になる

WiMAXルーターを機種変更する場合、機種変更キャンペーンを利用すると新しいWiMAXルーターの端末代が無料になるケースもあります。

新しいWiMAXルーターの端末代は、現在使用しているルーターの利用期間によって決まります。

利用期間が長くなるにつれて端末代が安くなるという点は全プロバイダ共通ですが、端末代が無料になるタイミングはそれぞれ異なりますので、先ほどご紹介した6プロバイダを例にそれぞれのタイミングを比較してみます。

プロバイダ名 新ルーターが無料になる条件
Broad WiMAX 契約から20ヵ月以上
UQ WiMAX 契約から22ヵ月以上
3 WiMAX プレミアムプラン(4年契約プラン)契約後、2年経過
GMOとくとくBB 契約から20ヵ月以上
BIGLOBE 契約から22ヵ月以上
So-net 契約から22ヵ月以上

UQ WiMAXなら「WiMAX」から「WiMAX2+」への機種変更は無料

旧WiMAX回線は前述のとおり、2020年の3月末でサービスの終了を予定しています。

そのため、旧規格のルーターを使用している方は、早めにWiMAX2+回線が受信できるルーターへ機種変更をしなくてはなりません。

現在UQ WiMAXの公式ホームページでは、無料でWiMAX規格からWiMAX2+規格へ機種変更ができる「お得に機種変更」というキャンペーンを行っています。

旧回線利用者がこのキャンペーンを利用すると、以下の費用3つが無料となるうえ、ギガ放題を3年間月額3,696円(税抜)で利用できるので、大変お得です。

  • 契約解除料
  • WiMAXのルーター費用
  • 機種変更に伴う登録料

プロバイダごとの機種変更窓口と手続き方法

すでにWiMAX2+回線を利用している方が、同一プロバイダで機種変更をする場合、契約先のプロバイダによって手続きの方法が違います。

そこで、この項目では大手5社の以下プロバイダ別に、WiMAX2+からWiMAX2+へ機種変更をする方法を紹介していきます。

  • UQ WiMAX
  • Broad WiMAX
  • GMOとくとくBB
  • BIGLOBE
  • So-net

UQ WiMAX

  1. 機種変更(WiMAX → WiMAX 2+)より機種変更を申し込む
  2. ルーターが届き次第、同封されている「UIMカードがお手元に届いたお客さまへ」を確認しながら9時~22時の間に旧機種からの移行を行う

Broad WiMAX

  1. 機種変更お申込みフォームより機種変更を申し込む
  2. ルーターが届き次第、同封されている手順書にしたがって回線の切り替え手続きを行う
  3. 同封されている新しいSIMカードを挿入する

GMOとくとくBB

  1. 機種変更はこちらからログインし、機種変更の申し込みを行う
  2. ルーターが届き次第、同封されている説明書にしたがってSIMカードの切り替え手続きを行う
  3. 回線切り替え完了後、SIMカードを挿し替える

BIGLOBE

  1. UQ WiMAXの公式サイト内の機種変更ページより、BIGLOBE WiMAX2+のページから機種変更の申し込みを行う
  2. ルーターが届き次第、SIMカードを挿し替える

So-net

  1. UQ WiMAXの公式サイト内の機種変更ページより、So-netモバイルWiMAX2+のページから機種変更の申し込みを行う
  2. ルーターが届き次第、SIMカードを新ルーターに挿し替える

旧端末は原則返却する必要はない

機種変更が無事完了したら、今まで使っていた端末は不要です。

旧端末は、プロバイダへ返却する必要はありません。

なぜなら、WiMAXの契約の際、WiMAXルーターは貸与ではなく、買い取りという扱いになっているためです。

機種変更後、利用しなくなった端末は、廃棄する・業者に買い取ってもらう、新機種が故障した場合の代替機としてとっておくなどの活用ができますよ。

WiMAXを機種変更する際にチェックしておくべき3つのポイント

WiMAXを機種変更する場合は、上記で紹介したどのような方法の場合でも注意すべき点かあります。

機種変更の前に必ず目を通しておくようにしてくださいね。

  • プロバイダ内の機種変更で月額料金割引やキャッシュバックは受けられない
  • プロバイダ内の機種変更で契約期間はリセットされる
  • WiMAXの乗り換え前の旧端末は再利用も可能

プロバイダ内の機種変更で月額料金割引やキャッシュバックは受けられない

プロバイダを解約せずに機種変更を行った場合は、一定期間の経過によって端末が無料になりますのでお得です。

ただし上記の場合、プロバイダとの契約自体は継続扱いになりますので、新規契約者向けのキャンペーンは適用できません。

そのため、多くのプロバイダで行っている、最初の一定期間が月額料金が安くなるキャンペーンや、キャッシュバックを適用できません。

また、同じプロバイダ内で、一度解約をして再契約したとしても、最初の契約と同じ名義でなければキャンペーン対象外となってしまう可能性があります。

キャンペーン重視で機種変更を行うのであれば、プロバイダ内での機種変更や解約・再契約はオススメではありません。

WiMAXのプロバイダで受けることができるお得なキャンペーンについての記事もあわせて参考にしてくださいね。

プロバイダ内の機種変更で契約期間はリセットされる

プロバイダを解約せずに機種変更を行った場合、契約自体は継続扱いになります。

ただし、契約期間の扱いについては注意が必要で、機種変更後契約期間がいったんリセットされます。

機種変更後、2年契約の場合の契約更新月は25ヶ月後、3年契約の場合の契約更新月は37ヶ月後ですので、更新月のカウントを間違えないように気をつける必要があります。

WiMAXの乗り換え前の旧端末は再利用も可能

機種変更後、不要になった以前の端末はとくに返却する必要はありません。

以前の端末をどうするかについては、以下のような対処法があります。

  • 廃棄する
  • 中古業者などに買い取ってもらう
  • 新端末が壊れた場合の代替機としてとっておく

代替機として使う場合は、SIMカードを挿しなおすだけでインターネットが使えるようになるので便利です。

ただし、SIMカードの形状が旧端末と新端末で同じかどうかを確認しておきましょう。

また、以前の端末が旧規格のWiMAXのみ対応の機種だった場合は、現行規格であるWiMAX2+が利用できず、利用可能エリアが狭かったり遅かったりする点には注意してください。

WiMAXの機種変更にオススメの機種は?

WiMAXの機種変更を行ううえで、2019年5月時点のオススメの機種を紹介します。

  • 最速のモバイルルーター:W06
  • ホームルーターなら:HOME L02

WiMAXルーターの機種について詳しく解説した記事もありますので、一緒に読んでみてください。

最大1.2Gbps!持ち運びもしやすいW06

通信速度を重視したい人には、最新ルーターのW06がオススメです。

W06は、これまでのWiMAXの最大速度を超えた、なんと最大1.2Gbpsという高速通信を実現しています。

1.2GbpsというのはUSBケーブルで接続した場合の通信速度ですが、通常のWi-Fi接続時でも下り最大867Mbpsと、大差ない高速通信ができるのもうれしいところです。

また、約9時間の連続通信が可能なので、外出先でバッテリーの残量を気にすることもありません。

モバイルルーターをお探しなら、W06は間違いなく筆頭候補に入れておくべきです。

自宅のみの利用ならホームルーター HOME L02

自宅だけでWiMAXを利用するならホームルーターがオススメです。

WiMAXのホームルーターにはHOME L02とL01s、L01の3種類がありますが、性能の良さを求めるなら最新機種のL02がイチオシですよ。

HOME L02はL01sとL01に比べて通信速度も向上しており、光回線相当の最大1Gbpsを実現しているのもオススメのポイントです。

まとめ

WiMAXルーターの機種変更をする場合にオススメの方法は、現在のプロバイダを一度解約し、別プロバイダへ乗り換える方法です。

なぜなら、新規契約で適用できる解約違約金の負担や高額キャッシュバックといった特典で違約金を相殺することができ、プロバイダ内での機種変更よりもお得になるからです。

さらに、新規契約の場合は、最初の数ヶ月間は月額料金が安く設定されている場合が多いのもメリットです。

WiMAXルーターは年々スペックが向上していますので、ルーターの状態を確認しながら適切なタイミングで機種変更を行いましょう。

\ 【最新】WiMAXでおすすめするプロバイダ /
※支払い方法を口座振替でご希望ならBIGLOBE WiMAX
☞ 詳細記事はこちら「【最新版】WiMAXのオススメプロバイダ5社と最新機種、プラン選びを紹介!」