閉じる

カテゴリから記事を探す
SNSでフォローする

フレッツ光でWi-Fiを利用する料金はいくら?スマホの通信制限対策にも

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

フレッツ光のWi-Fi活用で料金節約

NTT東日本とNTT西日本が提供するインターネット接続サービスであるフレッツ光ですが、安定した高速通信として定評があります。

他のインターネット光回線サービスに比べても全国規模でサービス提供エリアをカバーしていることから国内ナンバー1のインターネット光回線業者であることは間違いありません。

このフレッツ光でWi-Fiを最大限に利用することによって、通信機器の月額利用料金が節約できることを知っていますか?

今回は、フレッツ光でWi-Fiを利用して通信機器の月額利用料金を節約する方法をお教えします。

なお、これから新規でフレッツ光の契約をしたい方は、光コラボ(光コラボレーション)の契約もあわせてご検討ください

光コラボなら、スマホとのセット割のほか、高額キャッシュバックキャンペーンなど、さまざまな特典が用意されていますよ!

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

また、フレッツ光をご利用中の方も、光コラボレーションへは工事不要・無料で転用可能です!

光コラボはお得な上にフレッツ光と通信品質・エリアが同じ!

フレッツ光を新規に契約したい方、現在フレッツ光をご契約中の方には、光コラボ(光コラボレーション)がオススメです!

光コラボとは、フレッツ光と同じ回線を使用する光回線事業者のことです。

フレッツ光と通信品質や提供エリアは全く同じ一方で、セット割で毎月のスマホ代がお得になる、高額なキャッシュバックを受け取れるなどのお得な特典があります。

そのほかにも、光コラボには以下のようなメリットがありますよ!

  • 次世代通信規格「IPv6」で混雑を回避し通信速度がさらに安定する
  • フレッツ光より料金が安くなる
  • 他の光コラボ回線やフレッツ光に工事無料で乗り換えできる

なお、フレッツ光からであれば、光コラボへ工事不要・無料で乗り換え(転用)が可能です!

光回線の契約を検討している人、フレッツ光から光コラボへの乗り換えを検討している人は、ぜひ光コラボの契約をご検討ください。

各光コラボ事業者のキャンペーン内容は、以下よりご確認いただけます。

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

フレッツ光とWi-Fiとの相性や関わり

まずは、フレッツ光とWi-Fiとの相性や関わりについて考えていきたいと思います。

Wi-Fiというのは、無線LANルーターでつなぐインターネット環境のことです。

今やスマートフォンをはじめタブレット端末や携帯ゲーム機、オフィス機器までさまざまなものがWi-Fiでインターネットに接続されて利用されるようになりました。

これは外出先である駅のホームや空港、繁華街のカフェ、職場や商業施設内などさまざまな所でモバイル端末によるインターネット接続を可能にして、いつでもどこでもインターネットにより何かを調べたり、動画を視聴したり、オンラインでゲームを楽しんだりということができるようになりました。

むしろ今では有線でインターネットにつながれたパソコンは少数で、スマホやタブレットだけでなく家庭用のパソコンもほぼすべてWi-Fiでインターネットに接続されていることが多い状況です。

その中でいかにWi-Fiに安定的に接続できるかということがインターネット回線を選択する大きなポイントです。

フレッツ光は、現在の光コラボレーションのようにプロバイダと光回線が一体になっている契約ではなく、フレッツ光の光回線を使えるように工事して、別途インターネットを開通するためにプロバイダと契約することが必要ですが、安定した高速通信の利便性が確立されたインターネットサービスです。

光コラボレーションのようなインターネット回線とプロバイダが一体となったインターネットサービスが増えている中、フレッツ光のようなプロバイダと別途契約が必要なインターネットサービスには月額利用料が高くなったり、契約が手間などのデメリットを感じがちですが、フレッツ光のプロバイダのなかには、そこで契約することでお得なオプションサービスや特典がついてくることもあります。

たとえば写真や動画などのデータを無制限でバックアップしてくれるオプションサービスプランや、セキュリティソフトをお得な月額利用料金で利用できるなど、プロバイダによってさまざまなサービスが提供されているのです。

ただし違約金に関してはNTTとプロバイダで契約金期間内に解約した際に発生する違約金がそれぞれにかかってしまうというデメリットはあります。

料金を節約するには家でも外でもWi-Fiを有効活用することが最大の鍵

Wi-Fiを語る上で大きなポイントとなる切り口は2点あります。

  1. 家で快適にインターネットに接続できること
  2. 外出先でWi-Fiアクセススポットに接続できるオプション

Wi-Fiはスマートフォンなどのモバイル回線のデータ通信制限を補てんする上で大きな役割を果たします。

au、ソフトバンク、ドコモなどのキャリアのスマートフォンを契約するときに通常選ぶのがデータ定額制のプランです。

多くの人は月間通信量5GBのプランを選んでいるようです。

これよりも多めのデータ定額プランの7GB程度を契約しても、通信速度制限がかからないようにするには、大容量の動画を見ないなど利用するにあたり気づかいが必要です。

それに比べて自宅での固定回線でのインターネット接続では通信速度が安定している上にデータ通信量の制限がありません。

外ではモバイル回線を利用して自宅では固定回線に接続するケースが最近の主流であるといえるでしょう。

無線LANルーターはレンタルより購入するほうがコストが安い

フレッツ光を現在利用していてもインターネットの無線接続環境を整えずに、LANケーブルを使って有線でインターネットに接続しているという人は意外と多いものです。

無線LAN環境構築方法は、簡単で無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を取りつければ、すぐにフレッツ光の高速通信を屋内に張り巡らせ、無線のインターネットアクセス環境を作ることができます。

無線LANルーターでWi-Fi環境を構築

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を準備するだけで簡単に無線LAN設定ができるのですが、ここで注意しなくていけないポイントとしてNTT東日本やNTT西日本がレンタル機器として貸し出す無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を利用するよりも市販の無線LANルーター(Wi-Fiルーター)を購入した方が安上がりだという点です。

無線LANルーター(Wi-Fiルーター)は5,000円も出せばそこそこの機種が購入できるもので、安いものでは3,000円未満で購入できるものもあります。

さらに、有名なメーカーのバッファローの無線LANルーター(Wi-Fiルーター)は、無線LANの初期設定が簡単で、初心者の方にもオススメです!

逆にNTTからレンタルした無線LANを使うとレンタル期間によっては購入するよりも割高になってしまうケースもあります。

たとえばホームゲートウェイと呼ばれるONU信号一体型のモデムを利用したケースを見てみましょう。

フレッツ光ネクストファミリー・スーパーハイスピードタイプ隼のサービスでひかり電話を利用しない価格プランを見てみましょう。

この場合、ホームゲートウェイ本体のレンタル費用が250円かかります。そしてこのホームゲートウェイだけではWi-Fiに繋ぐことはできないので、無線LANカードのレンタルが必須です。月額レンタル料100円なので月々350円、それを24カ月利用すると8,400円かかります。

市販の無線LANルーターとレンタルの場合の料金比較
市販の無線LANルーター
(Wi-Fiルーター)
ホームゲートウェイ
レンタル料 本体機器
(250円 24ヶ月6,000円)
レンタル料 無線LANカード
(100円 24ヶ月2,400円)
購入代金 無線LAN 本体
(3,000円~6,000円)
3,000円~6,000円 8,400円

ただ、NTTがレンタルする無線LANルーターを利用してWi-Fiに繋ぐことのメリットももちろんあります。

たとえば無線LANルーターを利用していてネットワークトラブルがあったときに、市販の無線LANルーターに原因があるのか、NTTの回線に原因があるのか判断がつかないときがあります。

しかしすべてのWi-Fiアクセスに関してNTTの指定のものを利用していればどこに不具合があってもスムーズに対応してもらえるということです。

ここだけの裏ワザ「建物まるごとWi-Fiアクセス」

最近、賃貸物件のオーナーの間で話題になりつつあるのが、マンションやアパートなどの建物をまるごとWi-Fi化して格安でインターネット接続を可能にする方法です。

従来であればマンションやアパートは、戸建てよりもややインターネット接続料金が安くなるというメリットがありましたが、それでも1部屋に対して1つの契約をしなければなりませんでした。

しかし建物まるごとWi-Fi化はその物件に入居すればその日から工事なしでインターネット回線をWi-Fiで利用できます。フレッツ光の月額利用料金の設定は驚きの1,575円という情報です。

1,575円でフレッツ光が利用できるという点は、インターネット接続にかかる月額利用料金をすこしでも安くしたいと思っているユーザーにとってとても魅力的です。

それは通信速度に制限がなく安定したハイスピードを実現できるフレッツ光でのインターネットの導入を検討しているけれど月額利用料の面で契約をためらっているユーザーは多いからです。

またADSLはNTTの収容局からの物理的な距離が短ければ短いほど高いスピードをパフォーマンスできるのであえて月額利用料の高くなるフレッツ光に移行しないという人もいます。

このようにフレッツ光のインターネット接続の品質が高いとわかっていても月額利用料との兼ね合いで契約しないというユーザーは多いですが、1,575円という契約料金はあまりにも魅力的です。

建物まるごとWi-Fiアクセス
1,575円

これは世帯は違って契約も違っても同じ建物であるなら無線LANのアクセスポイントを共有してその建物にいれば誰でも使えるようにすることでこの低価格を実現しています。

ただ1,575円の「建物まるごとWi-Fiアクセス」にもデメリットもあって、これは契約者であっても有線が部屋の中に引っ張っておくことができないという点です。

Wi-Fiはケーブルなしでインターネットに接続できる便利なインフラですが、無線であるがゆえに通信障害を受けやすいという弱点があります。

たとえば電車の中だったり、車で地方の山奥に行ったときなどスマホがつながりにくくなることもあります。

また、家に帰れば快適なインターネット環境があり、ゲームや動画もストレスなく楽しめると思っていても、なんらかの原因でWi-Fi環境が不安定になってしまうと家でも快適なインターネット環境が実現しないということもあります。

無線LAN環境は有線よりもどうしても通信速度がやや遅くなってしまうものですが、フレッツ光の最大速度が1Gbpsだとすればその10分の1でも実測がクリアできればとてつもなく速いからです。

100分の1でも十分早いブロードバンドということができるので月額利用料金を極力おさえたいというユーザーにはとてもオススメのプランだということができます。

駅やカフェでインターネットが使い放題のフレッツ・スポット

NTTでは、フレッツ光のインターネットサービスの他にも、ひかりTV、フレッツ・テレビなどの映像サービスや、ひかり電話のサービス、さらに、Wi-Fi・モバイルサービスまでさまざまなサービスを提供しており、フレッツ光との同時契約で割引サービスを行っている場合もあります。

ここでは、たくさんあるサービスの中から、特にオススメしたいWi-Fiサービスとして、NTT西日本が提供しているフレッツ・スポットについて紹介したいと思います。

便利なオプションサービス
フレッツ・スポット

私たちが利用しているスマホの回線は、月々でデータ通信量の利用上限があることが多く、大量に動画を見たり、大容量のオンラインゲームを楽しむことはなかなか難しいのが現状です。

だから「YouTubeなどの動画を見るのは家に帰ってからにしよう。」と考える人は多いです。

しかし駅での待ち時間であったり、出張が多い人の新幹線での通勤だったり、カフェでの待ち時間であったりと時間のない人にとって家に帰らずとも出先の待ち時間で時間をつぶしたいと思うものです。

そんなときにまったり大容量の動画視聴をしたり、オンラインでゲームを楽しむ際に便利なのが、オプションサービスであるフレッツスポットなのです。

フレッツ・スポットのアクセスポイントであれば、スマートフォンだけでなく、タブレット、ゲーム機、ノートパソコンなどさまざまな無線LAN機能搭載機器で、Wi-Fiで快適なインターネット環境に接続が可能です。

気になるフレッツ・スポットですが、月額利用料金は210円です。

これはフレッツ光のインターネット接続サービスに加入していることを条件としているので、単独でフレッツスポットに加入しようとすると月額945円の利用料金がかかります。

また、NTTホームページに掲載されているIP通信網サービス契約約款などの資料も契約前に確認しましょう。

またフレッツ西日本ではこの月額利用料金が最大6カ月の間無料になるキャンペーンが行われているので注目したいところです。

そして実際に通信できる場所やサービス提供エリアですが、フレッツスポットは東京-新大阪間の新幹線のなかでも利用できます。

出張が多いサラリーマンにとってこういった新幹線の中で過ごす時間というものも重要なものになってきます。また移動時間だけでなく宿泊先のホテルに関しても安定的に通信ができるWi-Fiスポットがあると便利です。

アパホテルなどでも随時エリアが拡大しているので、出張先のホテル探しでも選択肢の一つに入れておきたいですね。

また、モバイルWi-Fiルーターなしでも、移動中にメールチェックや書類のチェック、データの送信などができる点はとても魅力的です。

Wi-Fiの接続設定方法も簡単で、カンタン接続アプリを使えば、フレッツ・スポット認証IDとフレッツ・スポット認証パスワードを入力するだけで、設定が完了します。

フレッツ・スポットへの接続
カンタン接続アプリ

また魅力的な部分として、フレッツ・スポット(公衆無線LANサービス)のWi-Fiアクセス契約は、いつ解約行為しても解約金などの違約金が発生しないという気軽さがあるという点です。

一度利用してみてあまり使い勝手が良くないようであればすぐにそのオプションをはずすしてサービスの利用停止が可能なのです。

モバイル端末の回線が5GBの通信量があれば動画さえ見なければそれを超えることは稀なので公衆無線LANサービスを重要視する人は少ないとは思いますが、意外に重宝するサービスとの声が多いので検討してみるといいでしょう。

家でも外でも最大限にWi-Fiを活用してインターネットを満喫しましょう

このように自宅でフレッツ光のWi-Fi環境を構築しようと考えたときに無理にNTTのホームゲートウェイと無線LANカードをレンタルする必要はありませんが、ただホームゲートウェイを利用したいという場合にはNTTのサポートも手厚いので利用しても良いと思います。

そして外でのWi-Fi環境を重要視する際にも、フレッツ光の月額合計にプラス210円で利用できるフレッツ・スポットは魅力的です。

ただしフレッツ光の契約期間は2年契約であることが普通で、その期間内に解約すると違約金が発生します。

フレッツ光の最低利用期間はしっかり確認しておくことをオススメします。最低利用期間とは、利用開始月から解約月までの期間のことをいい、利用開始月は利用開始日を含む月とし、利用開始日は、フレッツ光が開通した日です。

この点は契約の利用年数がさらに長い縛りのある光コラボレーションなどもあるので、フレッツ光の契約期間のしばりがauひかりや光コラボレーションと比べてデメリットが高すぎるということはありません。

そのあたりの契約約款も適宜確認しておきましょう。また、フレッツ光をご契約の方は、別途契約しているプロバイダ情報も確認しておくと良いでしょう。

フレッツ光よりもお得に光回線を利用したい人は、光コラボもオススメです。

光コラボのキャンペーン内容は、以下よりチェックしてみてくださいね!

  • ドコモユーザーにオススメ「ドコモ光」
     →Webフォームからの申し込みだとオプション不要!翌月末に15,000円キャッシュバック
  • auユーザーにオススメ「So-net光」
     →3年間の合計で最大72,000円割引!毎月の料金が安い
  • ソフトバンクユーザーにオススメ「ソフトバンク光」
     →オプション不要で最短2ヵ月後に33,000円キャッシュバック

【最新】おすすめインターネット回線特集

インターネット回線の種類別にサービス特徴や選ぶポイントをご紹介していきます! フレッツ光だけでなく、利用シーンに合わせて月々ネット料金を安くおさえたり、回線速度を上げれたり・・と知っておいても損がない情報を集めました! また併せて各回線ごとにわたしのネット編集部が調査してわかったおすすめの窓口を紹介ていますので回線選びのご参考にしていただければと思います!

光コラボレーションでおすすめ

光コラボといえば、フレッツ光と回線を使っているのでフレッツ光と同品質で安心!さらに下記では携帯とセットでお得になる回線をピックアップ!

\ 【最新】光コラボレーションでおすすめ /
☞ 詳細記事はこちら「2019年最新版・光コラボの比較一覧表!料金・速度・キャンペーンを比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

エリアは限られているけど利用できるなら使いたい光回線

現在はフレッツ光だけではなく、独自回線を展開しているサービスがあります。キャンペーンも窓口によってさまざまです!口コミでも速度に定評のある光回線をまとめました!

\ 【最新】光回線で総合的におすすめ /
※東海エリアであればコミュファ光がおすすめ!(auユーザーは割引あり)
☞ 詳細記事はこちら「【2019年最新】オススメの光回線はどこ?人気回線10社を大比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

モバイル回線(Wi-Fi)でおすすめ

持ち運びできるWi-Fiや自宅で使うホームルーターなど利用する状況に応じて選ぶことが大事です!選ぶポイントは選びは「月額料金」「データ量」「通信速度」に注目!

\ 【最新】Wi-Fi選びで迷われている方へ /
※ソフトバンクユーザーであればネクストモバイルもおすすめ(20GB 2,760円~)!
☞ 詳細記事はこちら「2019年にオススメしたいポケットWi-Fiは?全9社の総合評価を比較」
※()の中はわたしのネット編集部がおすすめする窓口名です。

このページをお気に入りに追加する

このページをお気に入りから削除する

光回線窓口ランキング 2019年11月28日更新

※こちらのランキングは「キャッシュバック額」「受け取りやすさ」「受け取り時期」「手続き」方法で判定しています。

モバイルWiFiルーター窓口ランキング 2019年11月28日更新

ホームルーター窓口ランキング 2019年11月28日更新