閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

WiMAX2+のエリア確認方法は?拡大の予定は?使い方は?

WiMAX2+ エリア

WiMAX2+はWiMAXが提供する高速のモバイルサービスです。WiMAX2+最近始まったサービスですが急速にサービスエリアが広がっています。

WiMAXの利用にはサービスエリアの確認が重要になってきます。いくら速くて便利でも利用が出来なければ無駄になってしまいます。

今回は、WiMAX2+のサービスエリアの確認の方法はもちろん、WiMAX2+のエリアについて詳しく探っていきます。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

WiMAX2+のエリア確認方法

WiMAXの回線は「UQコミュニケーションズ(以下、UQ)」という会社が運営しています。そのためエリアの確認はUQの公式HPで確認出来ます。

UQはWiMAXの対象エリアは全国全域をカバーしており、実人口率の99%をカバーしている、と公式アナウンスしています。これは単純に考えると日本の99%の人はWiMAXのエリア内に住んでいる、ということになります。

ピンポイントエリア判定

UQの公式HPにはWiMAXのエリアを確認できる「サービスエリアマップ」というページがあります。

サービスエリアマップを開くと日本地図が表示され、調べたい地域をクリックして少しずつ地図を拡大していく仕組みです。

同じページに「ピンポイントエリア判定」もあります。こちらは具体的な住所を少しずつ絞り込んでその住所の電波状況を〇、×、△で調べることが出来ます。より細かく調べることが出来るのは「ピンポイントエリア判定」のほうです。

ピンポイントエリア判定の詳しい利用方法は下記のおすすめ記事を参考にしてみてください。
【おすすめ】WiMAXのエリア確認は万全?契約で失敗しないための方法

圏外の場合はエリア改善の要望を出そう

「サービスエリアマップ」で自身の住所を調べてみて、もしも圏外だった場合はUQのサイトからエリア拡大の要望を送ることが出来ます。

もちろん送信すれば迅速対応してくれるとは限りませんが、WiMAX2+のエリアは拡大傾向にあるため、要望が多い所から優先される可能性は高いと思われます。

Broad WiMAXなら代替の回線を紹介してくれる

WiMAXのプロバイダの一つの「Broad WiMAX」は非常に手厚いサポート体制で人気のプロバイダです。

【関連記事】Broad WiMAXの評判からみるお客様満足度。選ばれる理由とは

Broad WiMAXの独自のサポートの一つに「ご満足保障」があります。このサービスはBroad WiMAXを契約してから、電波状況などに不満がある場合は相談すれば、解約違約金無しで解約出来て、さらにそのユーザーにピッタリの他社回線を紹介してくれるという内容です。

このため自身の住所がエリア内かどうか不安な場合はBroad WiMAXで契約するのも賢い選択です。

WiMAXなら工事不要!どこでもインターネット使い放題!

WiMAXがお得なポイント

  • Webフォームからの購入で初期費用18,857円割引き
  • 月額料金2,726円~
  • 通信制限無し!
  • 違約金保障サービス!

WiMAX2+のエリア確認前におさえておきたい注意点

WiMAX2+のエリアを確認する前におさえておいて欲しい点がいくつかあります。

WiMAXの回線には種類がある

現在、WiMAXは「WiMAX」、「WiMAX2+」、「LTE」の3つの回線を運用しており、サービスエリアマップはこの3回線のエリアをそれぞれ調べることが出来ます。

現在主流となっている回線は「WiMAX2+」です。旧規格の「WiMAX回線」は現在、新規受付を終了しているため今後は縮小していくと思われます。

「LTE回線」はWiMAXのオプションサービスの「「ハイスピードエリアプラスモード」」を利用する際に使う回線です。

これからWiMAXを契約する場合は必然的に「WiMAX2+」を利用することになるため、エリアの確認の際はWiMAX2+のエリアを調べましょう。

WiMAX2+は対応している端末が必要

実際にWiMAXを利用する際は端末機器であるモバイルルーターを使うことになります。このモバイルルーター機器がWiMAX2+に対応していないと事実上、使えません。

WiMAXの端末を契約と同時にプロバイダから購入する場合は問題ありませんが、自身で端末を用意する場合はWiMAX2+に対応した端末を用意しましょう。

初期費用無料キャンペーン中!WiMAXならどこでもインターネット使い放題!

BroadWiMAX端末料金18,857円割引き

WiMAXなら工事費不要、月額2,726円~どこでもインターネットが使い放題! Broad WiMAXのWebからのお申込みなら初期費用18,857円割引きキャンペーン実施中!・・・詳しく見る

今後のWiMAX2+のエリア拡大予定

WiMAXは現在もユーザー数は順調に増えており、エリアも拡大中です。

拡大情報を確認するには?

UQの公式HPにはWiMAXのエリアの拡大情報が掲載されています。
UQの公式サイトから、「ホーム」→「サービスエリア」→「速報!エリア拡充情報!」の順で確認できます。

「速報!エリア拡充情報!」でエリアの拡大情報を確認する際は是非とも自身の地域を絞り込み、細かく調べてみましょう。

海外でWiMAX2+が利用できるエリアは?

WiMAXのエリアは日本国内ならば実人口率の99%をカバーしています。

では、海外でWiMAXは使えるのでしょうか?つまり海外にはWiMAXのエリアは存在するのでしょうか?

結論から述べると海外にもWiMAXの回線は存在するためエリアも存在します。しかしあくまで海外WiMAXであり、UQの運営ではありません。

海外のWiMAXの利用方法

worldwimax

参照:UQ WiMAX

海外でWiMAXを利用するには「WORLD WiMAX」に加入する必要があります。

海外では韓国でWiMAX回線が利用できるのですが、もちろん運営はUQでは無いため、「WORLD WiMAX」の加入が必要なのです。

「WORLD WiMAX」はUQなどの、日本のWiMAX提供しているプロバイダで申し込むことが出来ます。

「WORLD WiMAX」に加入しておけば普段日本国内で使っている端末機器を現地に持ち込み、その端末機器で現地のWiMAX提供会社と契約できるようになります。もちろん手続きの言語は現地の言語です。

「WORLD WiMAX」はアメリカと韓国で利用可能でしたが、2015年にアメリカの「WORLD WiMAX」を終了したため、現在は韓国でしか使えません。

「WORLD WiMAX」を利用しない場合は現地のWiMAX業者と直接契約するしかないため、かなりハードルの高い噺になります。

【関連記事】URL未決定 WiMAX 海外

【利用中の方向け】WiMAX2+がエリア内で「圏外・速度が遅くなる」場合の解決策

WiMAXはエリア内でも通信速度が遅かったり、たまに圏外だったり、通信が安定しない、という場合があります。

そのような場合でも解決策はありますのでご紹介します。

圏外になってしまった場合の解決策

WiMAXを使っていると、普段は普通に使えるのに突然圏外になってしまうことがあります。この問題で一番多いと思われる理由は「電波障害」です。

WiMAXの電波は基本的にまっすぐ飛びます。そのため基地局と自身のモバイルーターの間に鉄筋のビルなどがあると電波障害となり、電波が弱まり、場合によっては一次的に圏外になってしまうこともあり得ます。

電波障害の一番の解決方法は場所を移動することです。数メートル移動するだけでも解決する場合があります。

家の中で電波障害が起こりがちな場合はルーターの置く場所をいろいろと変えてみましょう。室内でも最も電波が良くなるポジションがあるはずです。

さらに詳しく知りたい人は下記の関連記事を参考にしてみてください。
【関連記事】助けて!WiMAXが圏外だ!今すぐ試せる解決方法の紹介!

速度が遅くなってしまった場合の解決策

WiMAXはギガ放題プランでも通信制限ルールがあるため、通信制限時には速度が遅くなります。まず大前提として、遅くなっているのは通信制限状態だからでは?という点を確認しましょう。

WiMAX回線は多くのユーザーが同時に使うと混雑するため、基本的に夜間などは混雑で通信速度が低下する傾向にあります。

詳しい解決方法は下記の関連記事を参考にしてみてください。
【関連記事】WiMAXの通信速度はどのくらい?遅くなる原因と改善策を一挙紹介!

圏外になったらハイスピードエリアプラスモードを使おう

WiMAXの通信速度がいつもよりも遅い時に有効なのがWiMAXのオプションプランで使える「ハイスピードエリアプラスモード」です。「ハイスピードエリアプラスモード」はWiMAX契約のオプションで、月額1,005円で利用できます。

使い方は、モバイルルーターを操作して「ハイスピードエリアプラスモード」にすると一時的にauの「4G LTE回線」を使ってインターネットアクセスするモードに切り替わり、通常のWiMAX2+の回線よりも速くて快適な通信環境を利用できます。

WiMAXのエリア外でも「ハイスピードエリアプラスモード」はエリア内の場合があり、そのような時に使うのも有効です。

「ハイスピードエリアプラスモード」の利用の注意点

「ハイスピードエリアプラスモード」は1ヶ月間に7GB分の通信量しか使えません。そのため後先考えずに使っていると通信量超過となり、いざという時に使えなくなってしまいます。

「ハイスピードエリアプラスモード」は対応するモバイルルーター端末じゃないと、たとえオプション加入していても使えないため注意です。

現在、各WiMAXプロバイダが公式に提供している機器なら全て対応していると考えてOKでしょう。自分で古い端末を用意して契約する場合は注意です。

ちなみにauのスマホを契約していると無料で「ハイスピードエリアプラスモード」のオプションが利用できます。

まとめ

WiMAXは現在、「WiMAX2+」という回線が主流になっており、エリアが拡大中です。

WiMAXの現在のエリアとエリアの拡大情報は運営元のUQコミュニケーションズの公式サイトでかなり細かく調べるとこが出来ます。

WiMAXは海外でも利用できますが運営元が違うために海外の運営会社と別途で契約する必要があります。回線自体は同じのため端末機器はそのまま使えます。

WiMAXの電波が弱い場合は電波干渉の可能性があるためルーターの場所を移動するのが基本です。回線が混雑して遅い場合は「ハイスピードエリアプラスモード」に切り替えるのが有効です。
「ハイスピードエリアプラスモード」は1ヶ月間に使える量が限られているため、使い所をよく考えて有効活用しましょう。

WiMAXなら工事不要!どこでもインターネット使い放題!

WiMAXがお得なポイント

  • Webフォームからの購入で初期費用18,857円割引き
  • 月額料金2,726円~
  • 通信制限無し!
  • 違約金保障サービス!

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事