閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

WiMAX2+のエリアは狭い?エリア確認方法と確認前の注意点

WiMAX2+ エリア

最近ポケットwi-fiルータを使ったインターネット接続サービスが増えています。

家でも外出先でも全く同じインターネット環境で利用でき、便利ですよね。
自分の家や勤務先で利用できるのか、気になっている人も多いのではないでしょうか。

今回取り上げるのは「WIMAX2+」

エリア確認方法や、契約前に改めて確認しておきたいポイント、注意事項などをまとめました。
契約を検討している人は、ご覧になってみてください。

読む前にチェック!あなたにおすすめの
インターネットを
診断します!

おすすめネット診断なら、
情報収集をしなくても
サクッと解決!

WiMAX2+のエリア確認方法

WIMAX2+の利用が可能エリア情報は、サービス提供会社のUQコミュニケーションズのホームページで確認できます。


出典:UQコミュニケーションズ公式ホームページ

エリア情報ページには、UQ mobileとWIMAXのそれぞれのエリア情報が載っていますので、間違えずに「WIMAX」の方を選択してください。

ピンポイントエリア判定

WIMAX2+の利用が可能エリア情報では、一般的な情報に加えピンポイントエリア判定というものがあります。
これは住所を地番レベルまで選択することで、その場所でWIMAX2+が使えるかどうかをなるべく正確に判定するものです。

インターネットサービスでは、都道府県単位ではサービス提供エリアにもかかわらず、「一部エリアを除く」ということで使用できないこともありますが、WIMAX2+はより詳細なエリア判定ができるのがうれしいですね。

なお、ピンポイントエリア判定については下記のページでより詳細を記載していますので、チェックしてみてください。

圏外の場合はエリア改善の要望を出そう

エリアチェックの結果、ご自宅などが利用が可能エリアの範囲外だった場合、残念ながら今すぐはWIMAX2+を使用できません。

ただそういうときも、諦めるだけにせず、せめてエリア改善の要望を出すようにしましょう。
エリア改善要望は、UQコミュニケーションズのホームページにて出すことができます。

→エリア改善要望はこちらから

その地域での改善要望が他からも多くあがっているようであれば、優先的にエリア拡張の対応をしてくれるかも知れませんよ。

△の場合はTryWiMAXサービスを利用するのがおすすめ

エリア判定チェックをした際に、判定結果が「△」になった方がいるかもしれません。
これはまさに「使えるはずだが、もしかしたら使えないかも知れない」状態。
それでは契約するのをちゅうちょしてしまいますよね。

そんな方のために、WIMAX2+を15日間無料で使用できるサービスがあるのです。その名もTryWIMAX


出典:UQコミュニケーションズ公式ホームページ

登録料や通信料、機器レンタル料は無料、配送費用までかからないという超優遇対応が受けられます。
これなら本当に使えるか使えないかを、確実に知ることができますね。

プラン検討中の方にもおすすめです。
、本契約前のTryWIMAXを利用してみてください。

乗り換えキャンペーン

Broad WiMAXなら他社WiMAXの違約金を負担してくれる

月額料金が最安級のBroad WiMAXは違約金も19,000円まで負担してくれる!ギガ放題の最新機種を2,726円~!もちろん端末代金も無料・・・詳しく見る

WiMAX2+のエリア確認前におさえておきたいポイント

ここで改めて、WIMAX2+に関する基本的な情報を再確認したいと思います。


出典:Broad WiMAX公式ホームページ

新しい技術やサービスが次々と生まれてくるため、ふと気づくと知らない用語が飛び交っている昨今ですが、基礎的な情報は押さえておいて損はありません。
知っている方も、復習を兼ねて読んでみてください。

WiMAXの回線は「WiMAX」、「WiMAX2+」、「LTE」の3種類

ひとことでWIMAXと言っても、実際は3種類の回線を使用しています。
それぞれ「WiMAX」、「WiMAX2+」、「LTE」ですね。先ほど回線と表記しましたが、実際はこれらは「通信規格」です。
わかりやすくいうと、電波の種類が違うものです。


出典:UQコミュニケーションズ公式ホームページ

それぞれの特徴は下記のとおりです。
WIMAX…比較的昔からあるの無線通信技術。今となっては通信速度が遅いため、2018年に停波予定。今後はWIMAX2+に集約される。
WIMAX2+…WIMAXの後継。現時点ではWIMAXと併用されている。高速通信が可能。
LTE…スマホなどで使用する「SIM」でも採用されている。高速だが速度制限がかかりやすい。
 ※スマホをご利用中の方は、テザリング機能を使ってwi-fiルータと同様の使い方をしている人もいるかもしれませんね。

契約するサービスやルータの機種によって、どの通信規格を使用できるかが決まります。
普段の使用においてそれほど意識することはありませんが、念のため頭に入れておくと良いでしょう。

WiMAX2+は対応している端末が必要

WIMAX2+を使用したい場合は一点注意事項があります。

レンタルする端末(ルータ)によっては、WIMAX2+に対応していない可能性があるのです。
(なおほぼどんな機種でも、旧規格である「WIMAX」には対応しています)

そのため、WIMAX2+のエリア内にいても、端末がWIMAX2+に対応していない場合は低速通信しかできなくなってしまいます。

せっかく契約するのですから、高速通信を使用したいですよね。
契約前にレンタルするルータのスペックをしっかり確認し、WIMAX2+が確実に使用できることを事前確認しておいてください。

WiMAX2+対応のおすすめの端末

WIMAX2+に対応し姑息通信が可能な端末の中で、おすすめは「Speed Wi-Fi NEXT W05」です。
端末としての最大通信速度は758Mbpsと、WIMAX2+の通信速度を最大限引き出すことができます。


出典:Broad WiMAX公式ホームページ

幅13cmと小柄で、薄くてスタイリッシュな外観。どこでもスマートに持ち運ぶことができますよ。
約9時間の連続使用ができるため、ちょっと時間のかかる外出でも安心ですね。
またパソコンやスマホのWi-Fi設定を簡単に切り替える「Wi-Fiお引越し機能」を搭載。面倒な通信設定をワンタッチで行うことができます。

通信量カウンターなど、心配性な人をサポートする機能もついてメリット盛りだくさん、使い勝手の良い端末ですね。

おすすめ窓口月額料金最安級!
2,726円~!
broadwimax月額最安トップページ
最安級!Broad WiMAX
月額料金2,726円~の業界最安級!
どこでもインターネットが使い放題!
当日発送、翌日から使える!
初期費用18,857円割引きキャンペーン中!

キャンペーンを詳しく見る

キャンペーンを詳しく見る

今後のWiMAX2+のエリア拡大予定

地方への出張などの外出が多く、移動先でもWIMAXを使いたい人にとっては、利用が可能エリアの拡大状況も気ですよね。

日々サービスエリアを拡大しているWIMAX2+ですが、その情報はホームページで常に公開されています。
定期的にチェックしてみると良いでしょう。

拡大情報を確認するには?

エリア拡大情報の詳細は、UQコミュニケーションズのホームページ内の、エリア判定のページにあります。

「エリア拡充情報(速報)!」と書かれたボタンがあると思いますので、そちらをクリックしてみてください。
サービスが拡充されしだい、情報が掲載されれうようになっています。


出典:UQコミュニケーションズ公式ホームページ

驚くべきはその更新頻度で、ほとんど毎週のように、多いときは週に何度もエリアの拡充情報が載っています。

WIMAX2+が現在、いかに力を入れてサービスを拡大しているかが伝わってきますね。
日本全国どこでも使用可能になる日も近いかもしれません。

海外でWiMAX2+が利用できるエリアは?

そんな魅力的で勢力拡大中のWIMAX2+ですが、海外では使用できるのでしょうか?
お仕事などの関係で、海外に頻繁に行く人も多いはず。そんな時に海外でも使えたらお得ですよね。

ただ現時点、WIMAX2+は海外で使用できません。
今のところ日本国内でしか使用できませんので、端末は日本から持ち出さないようにしたほうが良いでしょう。

海外のWiMAXの利用方法

WIMAX2+はそのままでは海外で使用できませんが、ちょっと方法を工夫することで端末を海外でも使用できます。

もっとも手軽で確実なのは、海外用のプリペイドSIMを端末に装着することです。
これにより、国内と同じ端末本体を使って海外でもインターネットを使用できます。


出典:UQコミュニケーションズ公式ホームページ

海外での使用については、その他の方法含め下記に情報をまとめてあります。気になる方はご覧ください。

【利用中の方向け】WiMAX2+がエリア内で「圏外・速度が遅くなる」場合の解決策

さて、この記事をお読みになっている方のなかには、すでにWIMAX2+の契約者の方もいると思います。

サービス提供エリア内にもかかわらず、たびたび圏外になったり、速度が異様に遅くなるという症状に悩んでいる人はいないでしょうか。
そういったWIMAX2+に起こる困った症状について、解決策を以下に掲載します。

圏外になってしまった場合の解決策

WIMAX2+利用エリア内なのに端末に「圏外」と表示されてしまう場合、電波の不具合や端末の不具合の可能性が一番高いでしょう。
(もし支払い漏れなどによる場合は、「圏外」マークが出たまま完全に繋がらなくなりますので)

クレードルを装着して電波の受信感度を向上させたり、端末の再起動で復旧することもあります。


出典:UQコミュニケーションズ公式ホームページ

症状別の原因と対策については、別途まとめてありますので以下のページをご参照いただければと思います。

速度が遅くなってしまった場合の解決策

圏外ではないものの速度が出ないという場合は、まずは感覚的に判断するのではなく、実際の速度を計測するところからはじめ

その上でやはり遅いという場合は、以下の原因が考えられます。

・WIMAX2+ではなく、旧WIMAX回線を使用してしまっている
・端末がWIMAX2+に対応していない
・プロバイダの速度制限に引っかかってしまっている

それぞれに対処法が異なりますので、以下のページを参照し適切な処置を取るようにしてください。

まとめ

新進気鋭のWIMAX2+についての情報をまとめました。

今後もインターネットは「いつでも、どこでも、高速に」という方向に強く進んでいくと思われます。
WIMAX2+はまさにその先端をゆくものといえるでしょう。

もしかしたら近い将来、固定回線に取って代わる存在になるかもしれません。

これから自宅用のインターネット回線を用意しようとしている人や、サービスの乗り換えを検討している人にとって、WIMAX2+は月額料金的にも十分検討に値する選択肢となっています。
今回ご紹介した内容を理解した上で、より自分に合ったサービスを契約できるといいですね。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

関連記事