閉じる

カテゴリから記事を探す

SNSでフォローする

特集 | おトクな光回線まとめてみました!さらにキャッシュバックをもらえるかも!?

更新

WiMAXの通信制限はゆるいって本当?プランごとに徹底解説!

WiMAX 通信制限

無制限プランの「ギガ放題」が契約できるWiMAXですが、他のモバイルWi-Fiルーターと同様に通信制限は存在します

通信制限の内容はゆるいという口コミをよく見かけますが、詳しくはわからない方もいらっしゃると思います。

この記事では、WiMAXのプランごとの通信制限内容や、その注意点を解説していきます。

WiMAXはすべてのプランで通信制限あり

 
WiMAXの契約プランには以下の2種類があります。

• ギガ放題プラン = 月間データ通信量が無制限
• 通常プラン = 月間データ通信量が7GBまで

月間のデータ通信量が7GBまでのプランは、WiMAX以外にもさまざまなモバイルWi-Fiルーターで取り扱われていますが、無制限プランは取り扱っているものは少なく、WiMAX「ギガ放題」は特徴的なプランになっています。

しかし、ギガ放題プランにも短期的な通信制限がありますので、ここではWiMAXの各プランについて解説していきます。

通常プランは月7GBできびしい通信制限

WiMAXの通常プランは、月7GBまでを通信量の上限としたプランになっており、7GBを超えた場合は、データ通信の最大速度が月末まで128kbpsに制限されてしまいます

また、WiMAXでは携帯電話キャリアやワイモバイルのように追加データの購入もできないため、通信制限がかかった場合には、解除されるまで待つしかありません

WiMAX 通常プラン(7GB)の詳細と他社との比較
モバイルWi-Fi名 WiMAX ポケットWi-Fi
(ワイモバイル)
プラン名 通常プラン Pocket WiFiプラン2
月間データ通信量 7GB
通信制限時速度 128kbps
短期速度制限 3日/10GB以上利用 なし
追加データ購入 不可 500MB/500円
月額料金 3,696円 3,696円

通信量7GBの目安

7GBでできる一般的な通信データ量の目安は以下の通りです。

7GB制限の通常プランでは、1カ月間の通信データ量をこの範囲内に収める必要があります
    

 通信量7GBの目安 一覧
スマホの場合 パソコンの場合
ホームページ閲覧 21,000回 2,800回
メール送信 500文字当り 45.5万通 21万通
動画視聴 360p 低画質 約30時間
480p 標準画質 約19.6時間
720p 高画質 約9時間
1080p 超高画質 約5時間
音楽視聴 320kbps再生 1曲/10~15MB(約3分) 約700~466曲

動画や音楽を再生しながら放置したり寝てしまったりすると、1日で1カ月分の通信量をすべて使い切ってしまうこともあります。

現在の音楽視聴は Amazon Music や AVA など、オンラインで音楽をストリーミング再生するのが主流になっており、一度再生すると次々新しい音楽が継続的に流れる仕組みになっています。

Youtubeなども動画を再生すると次々新しい動画が流れますので、データ通信量を意識して使わなければ、7GBはあっという間になくなってしまう可能性があります

ギガ放題は3日間10GBでゆるい通信制限

WiMAXのギガ放題プランは、月間データ通信量の上限がない無制限プランです。

しかし、3日間で10GB以上通信すると、10GBを超えた日の翌日18時頃~翌々日2時頃までの8時間、最大速度1Mbpsの通信制限がかかります

この通信制限は、通常プランのものと比べ非常にゆるい内容となっており、適用される時間も8時間のみです。

通常プランで7GBを超えた際の128kbps制限は、メールやSNSの送受信ぐらいしかできない通信速度になりますが、ギガ放題プランの1Mbps制限はインターネット閲覧や標準画質の動画視聴であればストレスなく行うことができます

ギガ放題の通信制限時でも快適にできるデータ通信速度は以下をご参考にしてください。

WiMAXのギガ放題プラン(短期通信制限時)にできること目安
メールやSNS送受信 約 100kbps~1Mbps
ホームページ観覧 約 200kbps~2Mbps
動画視聴 144p 最低画質 約 300kbps以上
360p 低画質 約 500kbps以上
480p 標準画質 約 1Mbps程度
720p 高画質 約 1~2Mbps
テレビや最高画質動画視聴 × 約 3~5Mbps

通信量10GBの目安

WiMAXのギガ放題プランで通信制限のかかる、通信量10GBの目安は以下のとおりです。

通信量10GBの目安 一覧
できること スマホの場合 パソコンの場合
ホームページ閲覧 30,000回 4,000回
メール送信 500文字当り 65万通 30万通
動画視聴 360p 低画質 約43時間
480p 標準画質 約28時間
720p 高画質 約13時間
1080p 超高画質 約7時間
音楽320kbps再生 1曲/10~15MB(約3分) 約1000~666曲

WiMAXのギガ放題は、上記の内容を3日以内に使わなければ通信制限は適用されません。

超高画質の動画を継続的に視聴するような人でなければ、3日で10GBの通信制限は気にする必要がないといえます。

ハイスピードプラスエリアモードの通信制限に注意

 
3日で10GB以上のデータ通信を気にする必要がない方でも、WiMAXのオプションサービス「ハイスピードプラスエリアモード」の利用には注意が必要です

ハイスピードプラスエリアモードとは、通常のWiMAX 2+回線のほかにauの4G LTE回線で通信できるようになる機能のことで、WiMAXの電波が入りにくい場所でも快適に通信ができるのが特徴です。

大変便利な機能ですが、ハイスピードプラスエリアモードで月間7GB以上の通信をしてしまうと、無制限プランを契約している方でもすべての通信が最大速度128kbpsに月末まで制限されてしまいます

ハイスピードプラスエリアモードで適用される128kbps制限には、翌月初日0時に解除される以外の解除方法が設定されておらず、制限がかかった場合は、翌月まで128kbpsで通信するしかありません。

ギガ放題プランを契約してもメールやSNSの送受信ぐらいしかできなくなりますので、ハイスピードプラスエリアモードの通信量には最大限注意しましょう。

通信制限の解除方法は待つ以外に無し

Softbankやdocomoなどのルーターでは、月間通信量の上限を超えた際に通信データ量の追加購入ができますが、WiMAXでは通信データ量の追加購入はできません
速度制限がかかると解除されるまで待つしか方法がないのです。

通信制限内容はすべての機種・プロバイダで共通

WiMAXの通信制限は、WiMAXの回線自体にかけられるものです。

WiMAXは、サービスを提供しているUQ コミュニケーションズがすべての通信を管理しています。そのため、本家UQ WiMAXやau、GMO・biglobe・Broad WiMAXといったプロバイダなどの契約先によって通信制限の内容が変わることはありません

さらに、利用する機種による通信制限内容の違いもありません

現在WiMAXを利用していて、通信量を超えていないのに遅いと感じた場合は、通信制限とは別の原因を考慮しましょう。

WiMAXの通信制限にかからないための方法

WiMAXの通信制限にかからないためには、3点のポイントを意識しましょう。

通信量をこまめに確認する

WiMAXは、端末のディスプレイ上で通信したデータ量が確認できます

さらに、契約先プロバイダの会員ページでも通信量を確認できますので、利用しやすい方法でこまめに確認するようにしましょう。

端末のディスプレイで通信量を確認する場合は、利用している機種ごとに確認方法が異なります。

W05の場合は、ホーム画面より「通信量カウンター」を選択して、1カ月または3日間の通信データ量が確認できます。設定をすればホーム画面に通常表示されるデータ通信量を変更することも可能です。

WX04の場合は、ホーム画面の「メニュー」から通信量表示を選択すれば、1カ月または3日間の通信データ量が確認できます。

ホーム画面に表示する通信量を変更する場合は、ホーム画面から「設定」を選択してデータ通信量設定→データ通信量表示機能と進んでいけば、ディスプレイに通常表示される通信量も変更できます。

サイトで確認する場合は、WiMAXを契約したプロバイダの会員ページにログインして通信量を確認します。

契約先のプロバイダによって確認方法が違いますので、契約先プロバイダで方法を確認してこまめにチェックしましょう。

ギガ放題プランを契約する

   
WiMAXの最大の特徴は、月間データ通信量が無制限の「ギガ放題」プランを契約できることです。

通信制限内容もゆるいため、WiMAXを契約するなら無制限で通信できるギガ放題が断然おすすめです

通常プランの月7GBという通信量は、ネットをあまり利用しない人でもすぐに使い切ってしまうデータ量です。

自分の利用するデータ量に不安がある人、月7GB以上利用するかもしれない人は迷わずギガ放題を契約しましょう

ハイスピードプラスエリアモードは極力利用をしない

ハイスピードプラスエリアモードは、あくまでもWiMAXの電波が弱い場所で一時的に通信するためのオプションサービスです。

せっかく無制限で通信できるWiMAXを契約しても、ハイスピードプラスエリアモードで7GB以上通信してしまうと通信制限がかかって使い物にならなくなりますので、ハイスピードプラスエリアモードは緊急時以外は極力使わないようにしましょう

まとめ

WiMAXの通信制限について、他のモバイルWi-Fiとの比較やWiMAXのプラン内容を解説しました。

WiMAXには2種類のプランが用意されており、ギガ放題プランは月間データ通信量が無制限で利用できる優れたプランです。

通信制限の内容が他のモバイルWi-Fiと比較して非常にゆるく、制限される時間帯は夜間8時間のみで、制限時もほとんど問題なく通信ができます。

モバイルWi-Fiをはじめて契約する方や利用するデータ通信量に不安がある方なら、WiMAXのギガ放題プランが断然おすすめです。

WiMAXを申し込むなら人気No.1の「Broad WiMAX」!

実際にいろいろなWiMAX事業者を調べても結局どれがいいか分からないし、調べて行くうちに事業者によっては数年後に一気に料金が上がり思っていたよりも高くなることを知ってあきらめる方も多いようです。

ちゃんと選べば断然おトクなWiMAXがあるのにもったいない…!

そんなあなたのために、今一番お得にWiMAXを申し込める窓口をご紹介致しましょう!

  • 月額費用が安くてお得!
  • 月間No.1の申し込み数!
  • 安心のアフターフォローサービス!

いいことづくしのそんなWiMAXは本当にあるのでしょうか?それは、、、、あります!
現在人気急上昇中のBroad WiMAXです!
では、安い安いと言っても実際どれくらい安いのでしょうか?

BroadWiMAXはWiMAX業界最安級!選ばれてNo.1!

月額、、、、2,726円!??
これは本当に安い、、、!従来のWiMAXは月額3,800円~5,000円前後が相場ですから、圧倒的にお得という事になります。それでいて、ギガ放題プランという月間データ量制限無しのプランという事らしく、まさに使い放題天国という事になります。 嘘だと思う方は、是非下記リンクよりサイトを確かめて、驚愕して下さい!知らなきゃ損ですよ!

おすすめ窓口BroadWiMAX

月額最安級の新プランも登場!
選ばれて人気No.1の「Broad WiMAX」!webフォームから月額最安プランをクレジットカード払いでお申込みの方はもれなく初期費用18,857円割引され、他社の窓口と比べても月々の利用料も断然おトクです!

▼おすすめ窓口限定キャンペーン

お申込みサイトを見る

フレッツ光ナビ限定!光回線ガイドブック

インターネット契約の無料ガイドブックプレゼント

メールマガジンで最新の記事情報をお届け

メールマガジンに登録する

関連記事